iMacとMacBook Pro

Macが欲しいけど画面一体のデスクトップ型iMac、ノート型のMacBook Proのどっちを買ったらいいの?そう悩む方も多いかと思います。

僕は以前はMacBook Pro 15インチをメインに外部ディスプレイを接続して使ってましたが、今はiMac 27インチ(2019)をメインに使っています。実際にiMacとMacBook Proの両機種のメリット・デメリット・使い勝手の違いを比較したいと思います。

iMac・MacBook Proのどっちを選ぶか迷っているという方は参考にしてください!

iMac・MacBook Pro 違いを徹底比較

スペックの違い

iMacは21インチと27インチの2サイズから選ぶことができ、MacBook Proは13インチと15インチの2サイズから選ぶことができます。それぞれの標準モデルでスペックを比較してみました。

iMacとMacBook Pro スペック比較
モデルiMac 4KiMac 5KMacBook Pro 13インチMacBook Pro 15インチ
年式2019
Touch Bar×
インチ数21.5271315
ディスプレイ4,096 x 2,3045,120 x 2,8802,560 x 1,6002,880 x 1,800
十億色対応
500ニトの輝度
広色域(P3)
数百万色以上対応
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Tone×
CPU3.6GHz
4コア Core i3
3.0GHz
6コア Core i5
1.4GHz
4コア Core i5
2.4GHz
4コア Core i5
2.6GHz
6コア Core i7
eGPUIris Plus Graphics 645Iris Plus Graphics 655UHD Graphics 630
dGPURadeon Pro 555X
2GB
Radeon Pro 570X
4GB
Radeon Pro 555X
4GB
RAM8/16/32GB8/16/32/64GB8GB/16GB16GB/32GB
ユーザー交換不可ユーザー交換可ユーザー交換不可
ストレージ1TB HDD1TB Fusion Drive128GB SSD256GB SSD256GB SSD
ポートUSB3.0 x 4
Thunderbolt 3(USB-C)x 2
ギガビットEthernet
SDXCカードスロット
Thunderbolt 3(USB-C)x 2Thunderbolt 3(USB-C)x 4
3.5mmヘッドフォンジャック
価格142,800円198,800円139,800円198,800円258,800円

27インチの5Kディスプレイを搭載しているiMac 27インチとMacBook Pro 13インチの価格は198,800円と同じ価格となっています。ストレージがFusion Driveという違いはあるもののいかにiMacはコストパフォーマンスが高いのかが分かりますね。

CPUプロセッサの性能の違い

iMacとMacBook ProのCPUプロセッサの違いと性能の違いを比較してみました。スコアはGeekbench 4のものとなっています。

CPUプロセッサの性能比較
モデルiMac 4KiMac 5KMacBook Pro 13インチMacBook Pro 15インチ
年式2019
プロセッサデスクトップ版モバイル版
プロセッサ4コア
Core i3
3.6GHz
6コア
Core i5 3.0GHz
4コア
Core i5 1.4GHz
4コア
Core i5
2.4GHz
6コア
Core i7 2.6GHz
シングルコアスコア47095256465048435249
マルチコアスコア1406721001166841834223053

MacBook Proに搭載しているCPUプロセッサはモバイル版となっていますが、2018年モデルに搭載したプロセッサは大幅に性能が向上し、デスクトップ版のプロセッサを搭載しているiMacよりもMacBook Proの性能の方が高くなっているのが特徴となっています。

CPUの性能順で並べるとは6コア(Core i7)のMacBook Pro 15インチが一番高くなっており、次に6コア(Core i5)のiMac 27インチ、4コア(Core i5)MacBook Pro 13インチの順となっています。

標準仕様の場合
  • MacBook Proの方がCPUの性能が高い

ただし、iMacはカスタマイズでCPUの性能を一気に高めることもできるのでお金をかけるならiMacの方が性能の高いマシンを作り上げることができるのかなと思います。

カスタマイズしたの場合
  • iMacの方がCPUの性能が高い

Core i7とCore i5の違いはHyper-Threadingの有無です。Hyper-Threadingは4コアのCPUコアで8つのスレッドを処理することができる機能のことで、マルチタスク性能がより高めることが可能となります。

GPUの性能の違い

MacBook Pro 13インチとiMac 21インチはIntelのCPUの内蔵GPUを使ってグラフィック処理をしているのに対して、MacBook Pro 15インチとiMac 27インチは外部GPU(Radeon)を使ってグラフィック処理をしています。

GPUの違い
  • iMac 21インチ、MacBook Pro 13インチ:CPU内蔵のGPU
  • iMac 27インチ、MacBook Pro 15インチ:外部GPU(Radeon)

内蔵GPUよりも外部GPUの方が基本性能が高く、グラフィック系のアプリやゲームの処理などで有利となり、デザイン制作やCG制作、動画制作などクリエイティブな作業をする人は迷いなくiMac 27インチやMacBook Pro 15インチを選んだ方がいいでしょう。

RAMの容量と換装について

MacBook Proは16GBのメインメモリを標準で搭載していますが、MacBook Pro 13インチとiMacの容量は8GBとなっています。

メインメモリの容量の違い
モデルiMac 4KiMac 5KMacBook Pro 13インチMacBook Pro 15インチ
年式2019
RAM8GB 2,400MHz DDR4
(16GBに変更可能)
8GB 2,400MHz DDR4
(16GB、32GB、64GBに変更可能)
8GB 2,133MHz LPDDR3
(16GBに変更可能)
16GB 2,400MHz DDR4(32GBに変更可能)
メモリ換装ユーザーで交換できないユーザーで交換できるオンボードなので交換できない

注意しないといけないのが、MacBook Proのメインメモリはマザーボードに直付されているのでAppleに持ち込んだとしても増設できないので、そこそこハードに使う可能性があるなら迷わず16GBにカスタマイズしておくのがおすすめです。

なお、MacBook Pro 15インチは最大32GBのメインメモリを積めるようになりました。

iMac 21.5インチもメインメモリを後から増設することはできませんがAppleに持ち込むで増設は可能となっています。

また、iMac 27インチはメインメモリがあるところにユーザーがアクセスできる構造になっているので自分で最大64GBまでRAMの容量を増やすことができるようになっています。

Macのメインメモリの必要性についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

iMacのメリット・デメリット

iMac 27インチ・21インチのメリットとデメリットを見ていきましょう。

画面が大きく作業スペースが広い

iMacは画面のサイズが大きいのが特徴となっていて、21.5インチモデルでもMacBook Proよりもはるかに作業スペースが広くなっています。

iMacとMacBook Proのサイズの違い
iMacとMacBook Pro 13インチ

iMac 27インチとMacBook Pro 15インチの画面の大きさ、作業スペースを比較してみました。

iMacとMacBook Proの作業エリアの比較
iMac 27インチとMacBook Pro 15インチ

MacBook Proは複数のウィンドウを並べることはできず重ねる必要がありますが、iMacなら広い作業スペースを活かして多くのウィンドウを並べて同時に作業をすることが可能です。

つまり、画面が大きく解像度の高いiMacはアプリの切り替えがスムーズにすることができてIllustratorやPhotoshopによるデザイン制作の作業がとてもしやすいのです。

よりクリエイティブな作業をするならiMacの大画面の方が断然に使いやすくておすすめです。

豊富なポート

MacBook Proは2016年モデルからUSB-A、SDカードスロットなどを廃止しUSB-Cのみとなりましたが、iMacは従来のポートを残しつつUSB-Cを搭載したので拡張性は非常に高いです。

iMac ポート
iMacはUSB-CとUSB-Aを使える

MacBook Proを使う場合はわざわざUSB-CとUSB-Aを変換するマルチアダプタSDカードリーダーを購入して対応しないといけませんが、iMacはそのまま使うことができるのとても便利ですね。

ポートが本体裏にあって使いにくい

ただし、iMac 27インチ・21インチの外部ポートは本体裏に搭載しているので使い勝手は悪いです。普段から接続しっぱなしの外付けHDDやプリンターならいいのですが、USBメモリやSDカードスロットのアクセスは間違いなく不便です。

しかし、この問題はUSBハブやカードリーダーを追加することで解決するので、そんなにデメリットにはならないのかなとも思います。僕はこんな感じで設置しているのでとても便利ですよ。

iMacにUSBハブを追加

SDカードスロットが一体化しているタイプのハブもあり、カメラを使っている方の利便性はこちらの方は高いでしょう。

ストレージ容量が多い

iMacは価格の割にストレージ容量が多いのも大きなメリットの一つです。

Fusion Drive 容量

iMacは最大で3TB Fusion Drive、または2TB SSDまでのストレージを選択することができますが、標準モデルは1TB Fusion Driveが採用されています。

Fusion DriveはSSDとHDDのハイブリッドストレージでよく使うファイルをSSDにキャッシュさせることで効率的にデータの読み書きができるようになっており、Fusion Driveの体感速度はHDDよりもかなり速く感じることができます。

MacBook Proの標準モデルのSSDは256GBなので容量は圧倒的にiMacの方が優位といえるでしょう。MacBook Proでも最大2TBのSSDに増設は可能ですが88,000円の追加資金が必要となってしまいます。(以前は12万円ほどしたので安くなりました。)

価格が安い

MacBook Pro 15インチの端末価格は258,800円〜ですが、iMac 4Kは142,800円〜で購入することができます。価格差は116,000円なので圧倒的にMacBook ProよりもiMacの方が安く購入することができるのです。

iMac 27インチは198,800円〜と少し高くなりますが、5Kディスプレイに、1TBのFusion Drive、高性能なGPUを搭載してMacBook Pro 15インチよりも安いことを考えるとコストパフォーマンスは高いといっていいでしょう。

  • iMac 4K:142,800円〜346,300円
  • iMac 5K:198,800円〜534,300円
  • MacBook Pro 13インチ:139,800円〜341,800円
  • MacBook Pro 15インチ:258,800円〜561,300円

またiMacは27インチはユーザー側でRAMの換装できるので、予算を抑えることができるのも大きなメリットです。Appleでカスタマイズするよりも自分でメモリを換装した方がはるかに安いですし、僕自身も40GBにRAMを増設しています。

とにかく安くMacを手にしたいのであれば、iMac以外に選択肢はないのかなと思います。

本気出せば圧倒的なパワーを持てる

最小構成ならMacBook ProよりもiMacの方が安く購入することができますが、逆に本気を出してフルカスタマイズすれば、MacBook Proのフルカスタマイズモデルよりも高性能マシンを手にすることができます。

27インチiMac 5Kと15インチMacBook Proのフルカスタムモデルを比較してみました。

モデルiMac 5K
フルカスタム
iMac Pro
10コアモデル
15インチMacBook Pro
フルカスタム
ディスプレイ27インチ
5,120 x 2,880ピクセル(5K)
十億色対応
500ニトの輝度
広色域(P3)
15インチ
2,880 x 1,800

500ニトの輝度
広色域(P3)
CPU3.6GHz 8コアIntel Core i93.0GHz 10コアIntel Xeon W2.6GHz 8コアIntel Core i9
GPURadeon Pro Vega 48(4GB HBM2)Radeon Pro Vega 64(16GB HBM2)Radeon Pro Vega 20(4GB)
RAM64GB 2,666MHz DDR464GB 2,666MHz ECC32GB 2,400MHz
ストレージ2TB PCIeベースオンボードSSD
価格534,600円971,300円561,300円

参考までiMac Proも入れてみましたが、もっと本気出せば(1,603,800円)さらなる高性能マシーンを手に入れることが可能となっています。まさにプロ中のプロマシンと言ってもいいかもしれませんね。

画面の高さ調整ができない

iMac 27インチ・21インチは構造上の問題で画面の高さを調節することができません。角度は細かく調整することができますが、高さが調整できないので、体格に合わない可能性もあるのです。

実際に27インチiMacを使ってみて若干画面が高いなーと感じるかもしれません。

僕はイスの高さを調整することで、なんとかジャストポジションに合わすことができましたが、もし高さ調整に敏感なのであればモニターアームを取り付けられうVESAマウントアダプタを搭載しているiMacを購入することをおすすめします。

追記:2019年にVESAマウントアダプタのiMacに乗り換えをしました。モニターアームを使って高さ調整ができるので、とても快適に作業できるようになりましたよ。

雷による停電が怖い

iMacはバッテリーを内蔵していないので、もし雷で電気が一時的に瞬停してしまったら…。はい。保存していないデータはぶっ飛んで消えてしまいます。

MacBook Proはバッテリーを内蔵しているので停電しても使うことできますし、データが消えてなくなることはないでしょう。

個人的にはこれがiMacの一番のデメリットじゃないのかなと思っています。しかも、僕は雷が多い北陸に住んでいるのでなおさらです。冬場の雷は本当に凄いですからね…。別途、UPS(無停電電源装置)を入れれば解決する問題かもしれませんが、場所も取るし面倒くさいですよね。

他機器の画像を表示できない

iMacの画面に表示させることができるのはMacのみです。ニンテンドースイッチやPS4といったゲーム機器やHDDレコーダーなどを接続して画面表示させることができません。

2014年モデルまでの旧型のiMacならターゲットディスプレイモードにして他機器の画面を表示させることができましたが、現在のiMacは外部ディスプレイとして使うことができないので、Macとして使うしかありません。

MacBook Proのメリット・デメリット

では、MacBook Proのメリットとデメリットを見ていきましょう。

バッテリー内蔵で持ち運びができる

MacBook Proの最大のメリットはバッテリーを内蔵しているので、どこにでも持ち出して作業ができる点でしょう。

MacBook Pro 持ち運び
持ち運びができる手軽さ

僕は外で作業をする時など13インチMacBook Proを持ち出していますが、家の中でも台所カウンターに置いて味噌汁を作りながら作業をしたり、家族がいる中で作業をすることもあります。

どこでもMacBook Pro
MacBook Proならどこでも作業ができる

MacBook Pro 15インチならiMac以上の性能を持っているので、どこでも最高のパフォーマンスで作業をすることができます同じ。

また、マシンを使うことでiMacの中にあったファイルをMacBook Proで開きたい時にファイルの移動をする必要もないので、効率はとても良いと思います。

ただし、現在はクラウドサービス(iCloud Drive、Dropbox、Adobe Creative CCなど)が発展して、必要なファイル群は常に同期させてiMac、MacBook Proのどちらでも、いつでも同じファイルにアクセスすることができるので、個人的にはあまり問題視はしていません。

停電でも大丈夫

バッテリー内蔵なので雷により停電が起きたとしてもMacBook Proなら数時間は問題なく作業をすることができますし、電源が落ちて保存していないデータが損失してしまうということもありません。

Touch IDを利用できる

MacBook ProにはTouch Barを搭載していて電源ボタンに指紋認証のTouch IDを内蔵しています。

MacBook ProのTouch ID
Touch Barを搭載している

Touch Barの必要性はあまり感じませんが指紋認証のTouch IDはとても便利です。画面のロック解除、1Password、Apple Pay、メモのロック解除などに利用ができ、パスワードをいちいち入力することなく解除することができます。

USB-Cポートしかない

MacBook Proは2016年モデルからUSB-A、Display port、SDカードスロットを廃止し、USB-Cポートのみに対応しました。

MacBook Pro USBポート
MacBook ProはUSB-Cポートのみ

以前に比べてUSB-Cは普及してきてスマートフォンの電源ポートに採用されることも増えてきましたが、外付けHDDやプリンターといった周辺機器はUSB-Aのケーブルが付属しているのが普通なので、USBのTYPE-AとTYPE-Cの変換アダプタを購入して対応する必要があるので注意が必要です。

ただし、最近のプリンターはワイヤレスで印刷することができるAirPrintに対応しているモデルが増えているので、これを機会に環境をワイヤレスに統一してしまうのもいいかもしれません。そうすることでケーブルレスで机の上がスッキリ綺麗になること間違いなしです。

好みの外部ディスプレイを接続できる

iMacは高さ調整することができないデメリットがありましたが、MacBook Proなら自分の好きな外部ディスプレイを追加することができます。(iMacでも外部ディスプレイを追加できるのでデュアルディスプレイ環境を整えたいなら良いと思います。)

このようにMacBook Proをメインとして外部ディスプレイをサブとしたデュアルディスプレイ環境も構築できます。

MacBook Proと外部ディスプレイ

クラムシェルモードにしてワイヤレスキーボードとマウスを追加することで外部ディスプレイをメインとして使うこともできます。

MacBook Pro クラムシェルモード
MacBook Proをメインマシンとして使う

このように、自分が作業をしやすい環境を構築しやすいのがMacBook Proのメリットです。

また、外部ディスプレイがあればMacだけではなくニンテンドースイッチPS4・PS4 Proといったゲーム機器を接続して遊ぶこともできるのもMacBook Proを選ぶメリットとなりますね。

画面が小さい

iMacと比べると画面が小さいのはノート型なので仕方ありません。しかし、画面が小さいというデメリットは上に書いたように外部ディスプレイを追加することで解決できる問題でもあります。

個人的にはブログやサイトの文章を書くときは作業スペースの大きいiMacよりも作業スペースの狭いMacBook Proの方が効率が良いと思っています。というのも、iMacだと作業スペースが広いだけウィンドウが散乱して集中できないことが多いんですよ。

画面の小さいMacBook Proなら基本的にエディターしか表示できませんし、ウィンドウの切り替えが面倒くさいので、文章書きに集中することができます。

MacBook Proでブログ更新
MacBook Proは作業に集中できる

画面が小さいはデメリットでもありメリットでもあるのです。

価格が少し高い

MacBook ProはiMacと比較すると購入価格は少し高いです。

  • iMac 4K:142,800円〜346,300円
  • iMac 5K:198,800円〜534,300円
  • MacBook Pro 13インチ:139,800円〜341,800円
  • MacBook Pro 15インチ:258,800円〜561,300円

MacBook Proを使っていると絶対に外部ディスプレイを追加で欲しくなります。間違いありません。仮にLGの4Kディスプレイ24UD58-B(約30,000円)を追加するとさらに支出は増えることになってしまいます。

iMac・MacBook Proどっちがいい?

iMacとMacBook Proのどっちがいいのか、使い方次第になってしまいますがまとめたいと思います。

iMacを買うべき人

iMac 5K
iMac 27インチ
iMacを選ぶべき人は
  • グラフィックデザイン、動画編集などクリエイティブ作業がメイン
  • 作業場所は決まっている
  • メモリを後から増設したい(27インチのみ)
  • 費用はできるだけ抑えたい

作業場所が変わることがないのであれば、性能が高くて5Kディスプレイを搭載していて、費用を抑えることができるiMacがベストマシンです。

iMac 21.5インチ、27インチのどっちを選ぶべきか、どのモデルを選ぶべきかはこちらの記事に詳しく書いています。

MacBook Proを買うべき人

MacBook Pro
MacBook Pro 13インチ
MacBook Proを選ぶべき人は
  • ブログ更新、写真編集などの作業がメイン
  • 作業場所が決まっていない(自分の部屋、リビング、スタバなどで使いたい)
  • 机の上をスッキリさせたい
  • 自分に合った外部ディスプレイを使いたい

iMacも一体型のパソコンなので机の上がスッキリしますが、バッテリー駆動が可能なMacBook Proは完全にケーブルレスで作業をすることができます。これで作業をするととても気分が良いんですよね。

外で作業をして自宅で外部モニターに接続して使うならMacBook Proがベストマシンです。性能を重視するなら15インチ、モバイル性能を重視するなら13インチのMacBook Proで決まり!

Macは新品はかなり高いので整備済製品で条件のあるモデルを見つけて購入するのがお得でオススメです。

基本的にはカスタマイズされていないモデルが多いですが、たまにメモリが16GBに増設されたものとか販売していることがあるので、検討している方は確認してみてください。

最後になりますが、僕なら1台のMacにまとめるならモバイル性能を重視して13インチモデルのMacBook Proを選びます。このサイズ感は本当に絶妙で素晴らしいですよ。

MacBook Proを買ったら揃えて起きたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!