iMac 21.5インチとiMac 27インチ 違いを比較

iMacはディスプレイを内蔵したデスクトップ型のMacで21.5インチ・24インチ・27インチの画面サイズを選べますが、どのiMacを買うべきなのか迷ってしまいますよね。

この記事ではiMac 21.5インチ・iMac 24インチ・iMac 27インチのサイズ・スペック・使いやすさを比較していてiMacの選び方について書いているので、iMacを検討している方は参考にしてみてください。

最新iMac 21.5・24・27インチ おすすめは?

iMacはディスプレイ内蔵型のMacなのでノート型のMacBook Air・Proと違い基本的に定位置に置いて使うパソコンとなります。

画面サイズは21.5インチ・24インチ・27インチの3つのモデルがあります。

iMac 21.5インチとiMac 27インチ
iMac 21.5インチ・27インチ

かんたんにスペックの違いを標準モデルで比較してみました。21.5インチはフルHDモデルと4Kモデルの2つのモデルがありますが現在はフルHDモデルのみが販売されています。iMac Proは販売終了となっています。

iMac スペックの違い(標準モデルで比較)
 iMac
画面サイズ21.5インチ24インチ27インチ
解像度1,920 × 1,0804,096 × 2,3044,480 × 2,5205,120 × 2,880
SoCIntelM1Intel
CPU2コア
☆★★★
4コア
☆☆★★
8コア
☆☆☆★
6コア
☆☆☆★
GPUIris Plus Graphics 640
☆★★★
Radeon Pro 555X(2GB)
☆☆★★
M1(8コア)
☆☆☆★
Radeon Pro 5300(4GB)
☆☆☆☆
RAM8〜16GB8〜32GB8〜16GB(ユニファイド)8〜128GB
SSD256GB/1TB FD256GB〜2TB256GB〜8TB
Wi-Fi802.11ac802.11ax802.11ac
Bluetooth4.25.0
USB-A4ポート4ポート
USB-CUSB3.1/Thunderbolt 3 ×2USB3.2 ×2・Thunderbolt 4 ×2USB3.1/Thunderbolt 3 × 2
イーサネット1Gbps1 / 10Gbps
SDカードSDXCSDXC(UHS‑Ⅱ)
サイズ52.8 × 45.0 × 17.5cm54.7 × 46.1 × 14.7cm65.0 × 51.6 × 20.3cm
重量5.66kg5.60kg4.48kg8.92kg
価格132,800円154,800円213,800円

iMac 21.5インチは現在はフルHDモデルしか販売されておらず基本設計が古いモデルなのでおすすめはできません。基本的にM1チップのiMac 24インチ、IntelプロセッサのiMac 27インチのどちらかを選ぶことになります。

おすすめのiMacはこれ
  • 大きな画面で効率よく作業したい → 27インチ
  • 処理速度の速いのは → 27インチ・24インチ
  • M1対応のアプリしか使わない → 24インチ
  • Adobeのデザインツールを使う → 27インチ
  • 自分でメインメモリを増設したい → 27インチ
  • 資料作成や執筆作業がメイン → 27インチ 、24インチ
  • 置く場所が限らている → 24インチ
  • 安く買いたい → 24インチ
  • 買ってはいけない → 21.5インチ(フルHD)

現在、iMacは変革期となっていて選び方がとても難しくなっています。

今後、全てのMacがAppleシリコンのM1チップを搭載することになるので、現時点でおすすめできるのはiMac 24インチの一択となります。AppleのFinal Cut Proを使うのであればM1のiMac 24インチでかなり快適に作業できます。

ただ、Premier Proで動画編集したり、Adobeのツールでデザイン制作をするとなるとM1チップではパワー不足を感じることもあったり、M1に対応してないのでアプリ、プラグインで動作が不安定になることがあるのでIntelプロセッサのiMac 27インチを選ぶのがいいでしょう。

資料作成や執筆、ブログの更新がメインならiMac 24インチでも十分快適に作業できますし、映画をみたりすることが多いなら6スピーカーシステムを搭載しているiMac 24インチがおすすめです。

iMac 21.5インチ(フルHD)は性能が低く画面の画質も粗くて見にくいので本体価格が安い以外のメリットがないのでおすすめできません。

最新iMacの選び方・比較

最新のiMacは画面サイズ、CPU、ストレージのタイプ・容量、メインメモリの容量から選ぶことができます。

画面サイズ(21.5インチ、24インチ、27インチ)、ストレージの容量、メインメモリの容量の選び方が重要なポイントとなってきます。iMac 27インチはCPU、GPUもカスタマイズできます。

画面サイズでiMacを比較する

iMac 21.5 vs 24 vs 27
iMac 全機種の比較
iMac 画面サイズと解像度の違い
 iMac
サイズ21.5インチ24インチ27インチ
解像度1,920 × 1,0804,096 × 2,3044,480 × 2,5205,120 × 2,880
表示色フルRGB
(数百万色以上)
広色域P3(十億色)
色温度調整True Toneテクノロジー
パネル光沢光沢(OPでNano-textureに変更可)

iMacは21.5インチ、24インチ、27インチの画面サイズから選べますが、27インチは解像度が高いだけでなく物理的に画面が大きく作業領域を広く確保できウィンドウを複数並べてマルチタスクができるので作業効率はiMac 27インチの方がダントツで上です。

また、iMac 27インチ、24インチは色温度を自動調整してくれるTrue Toneテクノロジーに対応し、iMac 27インチは映り込みを最小限に抑えるNano-textureガラスを+55,000円でカスタマイズできるようになっています。

画面作業領域の違い

iMac 21.5インチ(4K)の画面解像度は4,096 × 2,304ピクセルの4K表示が可能で初期設定では2,048 × 1,152ピクセルの擬似解像度となっています。

iMac 27インチの画面解像度は5,120 × 2,880ピクセル、初期設定で2,560 × 1,440ピクセルの擬似解像度となっています。Safariのブラウザ画面を2つ並べてみると作業領域の違いがよく分かります。

iMac 21.5インチと27インチの作業領域を比較
iMac 21.5インチと27インチの作業領域を比較

iMac 21.5インチはウィンドウを重ねて並べることになるのに対して、iMac 27インチはウィンドウを重ねることなく並べて作業をできるほど作業領域に余裕があるのです。

iMac 24インチは発売前ですが、iMac 27インチに24インチの実寸画像を壁紙にして擬似的に体験するとこれくらいの表示領域となります。

24インチの大きさはこれくらい

個人的には24インチでも十分快適な大きさなんじゃないかなと思っています。ただ、デザイン制作をガッツリするような方にとっては少し画面が小さいと感じることはあるかもしれません。

macOSには画面を最適に分割してくれるSplit Viewが搭載されているので、21.5インチでもキレイに2分割することができます。なので、2画面でマルチタスクするのなら意外と画面の小さい方が作業しやすいことがあります。

macOSのSplit View

とはいえ、物理的に画面サイズが大きい27インチの方が3つのウィンドウを並べて作業することもできるので快適です。

各モデルの擬似解像度は以下のとおり。

iMac 擬似解像度の違い
 iMac
サイズ21.5インチ24インチ27インチ
文字を拡大1,280 x 7201,600 x 900
1,680 x 9452,048 x 1,152
デフォルト2,048 x 1,1522,560 x 1,440
2,304 x 1,2962,880 x 1,620
スペースを拡大2,560 x 1,4403,200 x 1,800

¥擬似解像度を「スペースを拡大」にすることで作業領域をさらに広くすることができますが、文字が小さくなってしまうので、執筆作業をメインでするなら「デフォルト」が使いやすいです。

デザインツールを使ったり動画編集をするなら「スペースを拡大」して作業領域を確保した方が作業はしやすいので、使用するツールによって擬似解像度を変更するのが賢い使い方となります。

非RetinaとRetinaの違い

iMac 21.5インチには非Retina(フルHD)を搭載したモデルとRetine(4K)を搭載した2つの機種がありますが画質の差は歴然。非RetinaのiMacはドットが目視できるので文字が粗くなっているのが分かります。

非RetinaとRetinaの画質の違い
左:フルHD(非Retina)、右:4K/5K(Retina)

非Retinaでも視認性が悪いわけではありませんが、文字がぼやけた感じで見えるので長時間作業だと目が疲れてしまうんですよね。

RetineディスプレイのiMac 21.5インチ(4K)や27インチ(5K)ならドットを目視できなくらい高精細に表示できるので目に優しく長時間作業しても疲れにくいのです。

また、iMac 21.5インチ、iMac 27インチは2017年モデルから広色域(P3)ディスプレイに対応し色鮮やかな色表示ができます。特に赤と緑の色が深く表現できるので写真の現像をする方にとっては嬉しいディスプレイ仕様となっています。

何よりも画面がキレイだとテンションが上がって作業効率が良くなる(と思う)のも大きなメリットなのかなと感じています。

本体サイズでiMacを比較する

iMac 21.5インチ・24インチとiMac27インチでは本体の大きさがかなり違うので27インチだと設置場所が限られてくることがあります。

スタンドの大きさも27インチよりも21.5インチの方が少しだけ小さくなっていますが、新型の24インチはらさらに省スペースで設置することが可能となっています。

iMac サイズ比較
 iMac
画面21.5インチ24インチ27インチ
サイズ52.8 × 45.0 × 17.5cm54.7 × 46.1 × 14.7cm65.0 × 51.6 × 20.3cm
重量5.44g4.46g8.92g

小さめの作業机にiMacを置く場合は27インチだと大きくて置けない場合があり、24インチを選ばざるを得ない状況もあるでしょう。このサイズなら小さめの机に置いて使うこともできますよ。

なお、iMacはVESAマウントアダプタモデルを選ぶことができるので、モニターアームを活用することで小さめのテーブルでも27インチのiMacを設置することが可能になるかもしれないので検討してみてください。

スペック・性能で比較する

CPUプロセッサの違い

iMacは画面サイズによってCPU・GPU・RAMの性能が異なります。

iMac CPUの違い
 iMac
モデル21.5インチ(FHD)21.5インチ(4K)24インチ27インチ
CPU標準7th Core i5(2コア)8th Core i3(4コア)M1(4+4コア)10th Core i5 (6コア)
上位8th Core i7(6コア)M1(4+4コア)10th Core i7(8コア)
CTO:Core i9(10コア)
GPU標準Iris Plus Graphics 640Radeon Pro 555X(2GB)M1(7コア)Radeon Pro 5300(4GB)
上位Radeon Pro 560X(4GB)・ Vega 20(4GB HBM2)M1(8コア)Radeon Pro 5500XT(8GB)・5700(8GB or 16GB)
RAM標準8GB 2,133MHz8GB 2,400MHz8GB(ユニファイド)8GB 2,666MHz
上位16GB 2,133MHz16/32GB 2,666MHz16GB(ユニファイド)16/32/64/128GB 2,666MHz

iMac 21.5インチ、27インチはIntelプロセッサ、iMac 24インチはAppleシリコンのM1チップを搭載しています。M1チップはARMアーキテクチャをベースとしたSoCとなっていて、アプリケーションが対応していない場合はエミュレーション動作となります。

軽いアプリなら問題はないですが、Adobeのデザインツールなどで動作が遅くなる、安定しないといったこともあります。また、M1はWindowsの仮想化環境を構築するのも難しいので色々と問題はあります。

とはいえ、性能はかなり高くてGPU、NPU、RAM、コントローラーチップがワンチップに収まっていることもあり性能が高く27インチのCore i5-9600Kに迫るスペックを持っています。

CPU 性能の違い
 iMac
モデル21.5インチ(FHD)21.5インチ(4K)24インチ27インチ
CPU7th Core i5 7360U8th Core i3 8100M110th Core i5-1050010th Core i5-9600K10th Core i9-10910
コア数2コア4コア4 + 4コア6コア8コア10コア
CPUシングルコア8729191729110012341250
マルチコア208332727049560074358800

フルHDのiMac 21.5インチのCore i5は2コアプロセッサでデスクトップ型MacなのにMacBook Pro 13インチ(TBなし)とほぼ同じ性能で処理速度は遅めとなっています。

CPUコア数が2つだとデザイン製作ソフトや動画編集ソフトの動作速度が遅く、クリエイティブな作業をするにはツライので21.5インチを選ぶなら4Kモデルがいいです。(が、現在は販売が終了となってしまいました。)

高性能、安定性を求めるのなら現時点ではiMac 27インチのCore i5(8コア)を選ぶことになります。

デザインツールなどをあまり使わない、動画編集はAppleのFinal Cut Proを使うのであればM1チップを搭載しているiMac 24インチがおすすめです。かなり快適に動作しますし、4K動画の編集も軽々とこなしてしまいます。

CPUの性能でiMacを選ぶ
  • 資料作成や執筆作業がメイン → 21.5インチでも問題ない
  • デザイン作業や動画編集がメイン → 24・27インチ
  • あらゆる作業を快適にしたい → 27インチ

少しでも快適にMacを使いたいのならiMac 27インチがおすすめですが、長い目で見るのであればiMac 24インチもおすすめです。今度、M1に対応するアプリが100%になって数年後にはIntelモデルが対応しない可能性も否定できません。

GPUの違い

iMac 21.5インチとiMac 27インチなら外部ディスクリート型のRadeon Proの5000 ProシリーズのGPUを搭載しているので快適に動作します。iMac 24インチのM1チップもAppleの高性能なGPUを内蔵しているのでサクサク動作します。

iMac GPUの違い
GPUの性能比較
 iMac 21.5インチ(4K)iMac 24インチiMac 27インチ
グレードCTO上位標準上位標準CTO上位標準
GPURadeon Pro Vega 20Radeon Pro 560XRadeon Pro 555XM1:8コアM1:7コアRadeon Pro 5700・5700XTRadeon Pro 5500 XTRadeon Pro 5300
メモリ4GBHBM24GB GDDR52GB GDDR5共用共用8GB・16GB GDDR68GB GDDR64GB GDDR6
OpenCL2256518781132891963617120553984100335033
Metal2493917241134242181918703747684173732016

M1のGPUはベンチスコアで比較するとiMac 21.5インチ(4K)の標準モデルと比べると1.4倍ほど性能が高くなっていますが、iMac 27インチと比較すると2倍以上も差を付けられることになります。

さらに、ゲームはM1に対応してないタイトルの場合はエミュレーションを挟んで動作するので動作はかなり厳しいものになってしまいます。

Final Cut Proで4K動画(27分)を書き出しをした結果はこんな感じとなっています。

  • iMac 27 Intel (Core i7 + Radeon Pro 5500 + 64GB RAM):29:51
  • MacBook Air(M1・7コアGPU・8GB RAM):37:54
  • Mac mini(M1・8コアGPU + 8GB RAM):36:40

iMac 27インチなら29分で書き出しが完了できるところ、M1チップを搭載したモデルだと37分ほどの時間がかかってしまいます。これは、iMac 24インチのM1もおそらく同じでしょう。

フルHDの動画ならM1でもかなり高速書き出しできるので問題はないですが、4K動画を扱うことが多いならM1のiMac 24インチは少し厳しいところがあるかもしれません。iMac 21.5インチは論外ですね。

iMac 27インチ(2020)は標準モデルがRadeon Pro 5300(4GB GDDR6)、上位モデルがRadeon Pro 5500 XT(8GB GDDR6)となり、CTOカスタマイズでRadeon Pro 5700XTの16GB GDDR6にアップグレードできるので、さらに高度なデオ編集、3Dワークフローが必要な場合も対応することができます。

iMac 21.5インチ(フルHD)のGPUはCPU内蔵型のIntelIris Plus Graphics 640なのでデザイン制作や動画編集に使うには厳しいです。

参考までにiMac 27インチ(2019)のCTOモデルで選択できるRadeon Pro Vega 48とRadeon Pro 580を搭載したiMacでPhotoshopのRAW画像の処理速度を比較してみました。

CPUのコア数も違うので単純比較はできませんが、18枚のRAW画像をPhotoshopで起動し表示する時間とフィルターをかける時間はRadeon Pro Vega 48を搭載しているiMacの方が高速に処理できています。

このような画像処理をしたり動画編集することが多いなら、より高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。

ストレージの違い

iMacにはFusion Drive(FD)、SSDの2つのストレージのタイプが存在していましたが、2020年8月に全てのiMacがSSDストレージを搭載したモデルに刷新されていて、21インチのみFusion Drive 1TBに変更することができます。

iMac ストレージの違い
 iMac
モデル21.5インチ24インチ27インチ
ストレージ標準256GB SSD
1TB Fusion Drive
256/512GB
1/2TB SSD
256GB/512GB
1/2/4/8TB SSD

ストレージのデータの読み込み・書き出し速度はSSDが高速となっています。

データ転送速度の違い
  • SSD >> Fusion Drive > HDD

データの転送速度が速いとmacOSの起動、アプリの起動、全体的な動作速度が高速化されます。HDDだとアプリを起動するだけでも数秒〜数十秒待たされることがありますが高速なSSDなら一瞬でアプリを起動することができます。

Fusion Driveについて

Fusion DriveはHDD(ハードディスク)にSSDを内蔵したハイブリッドストレージで現在はiMac 21.5インチのみに選択できるストレージとなっています。

使用頻度の高いアプリ・データファイルを速度が速いSSDに自動的に格納されるのでアプリの起動やファイルの読み込み時間をHDDを搭載したiMacよりも短縮されます。

普段からよく起動するアプリといえば、メールやSafari、Chromeといったブラウザ、メモアプリなどがありますがFusion Driveを搭載したiMacであれば起動時間をかけずに使うことができます。

Fusion Driveはストレージ容量によってSSDの容量が異なっており1TB Fusion Driveは32GBのSSDを内蔵しているのに対して、2TB Fusion Driveは128GBのSSDを内蔵しています。

Fusion DriveのSSD容量
  • iMac 21.5インチ 1TB Fusion Drive → SSD 32GB
  • iMac 27インチ 1TB Fusion Drive → SSD 32GB
  • iMac 27インチ 2TB Fusion Drive → SSD 128GB

残念なことにiMac 21.5インチは2TB Fusion Driveを選べないので、可能であればSSDにカスタマイズした方が快適に使うことができます。

SSDとFusion Driveの違い

Fusion DriveはHDDがベースのストレージなので使ってくうちに動作速度が遅くなってしまうのでiMac 27インチでもSSDにカスタマイズするのがおすすめです。

とくにデータ量の大きいファイルを起動するときにFusion DriveだとHDDからデータを転送することになるため起動に時間がかかってしまいます。

SSDとFusion Driveの転送速度の違いをDiskSpeed Testで比較してみました。

SSDとFusion Driveの速度の違い
左:SSD、右:Fusion Drive
DiskSpeed Test スコア
 iMac 27インチ(2020)iMac 27インチ(2019)iMac 27インチ(2017)
ストレージ1TB SSDにカスタマイズ1TB SSDにカスタマイズ2TB Fusion Drive
書き込み速度2712.6 MB/s1940.5 MB/s620.9 MB/s
読み込み速度2353.8 MB/s2428.0 MB/s2375.9 MB/s

iMac 27インチ(2020)はSSDの性能が高速化し、さらにデータ転送速度が向上しています。これだけデータ転送速度が速くなるとメインメモリが少ない状態でも意外と動作が遅くならないのでとても快適に作業することができます。

Fusion Driveの読み込み速度は意外と速いですが長時間使用すると速度が低下しますし、大容量のデータファイルを開くときはHDDからデータを読み込むので起動に時間がかかります。

分かりやすいのがパラレスデスクトップでWindows 10を起動するときでしょうか。

SSDだと26秒ほどでWindows 10を起動するのに対してFusion Driveは3分もの時間を要しています。外付けSSDにパラレスデスクトップとWinodws 10のデータを移動させて起動すると1分以内に起動できるので、やはりFusion Driveの速度の遅さがボトルネックになっているようです。

実際にWindows 10を起動するたびに3分も待たされていましたが2019年に購入したiMacはSSDを搭載モデルにしたのでとにかく快適になりました。

macOSの起動時間にも差が出てきます。

macOSの起動時間だけでなくスリープモードから復帰もSSDモデルの方が速いので全体的な操作感は間違いなくFusion DriveよりもSSDを搭載しているiMacの方が快適といっていいでしょう。

SSD vs Fusion Drive
 パラレスデスクトップ(Windows 10)の起動時間macOSの起動時間
SSD約26秒約39秒
Fusion Drive約3分約48秒

2020年8月よりiMacはすべてのモデルがSSDストレージが標準仕様となりました。iMac 21.5インチは256GB SSDか1TB Fusion Driveのどちらかを選べるようになっています。

iMacのストレージ構成
標準モデルストレージをカスタマイズ
iMac 21.5インチ
256B SSD
1TB FD:0円
iMac 21.5インチ(4K)
256GB SSD
1TB FD:0円
512GB SSD:+22,000円
1TB SSD:+44,000円
iMac 27インチ(5K)
256GB SSD
カスタマイズ不可
iMac 27インチ(5K)
512GB SSD
1TB SSD:+22,000円
2TB SSD:+66,000円
4TB SSD:+132,000円
8TB SSD:+264,000円

どのiMacを基準にするかでストレージ価格が変わりますが、最低でも512GB SSDにカスタマイズすると容量も余裕がある快適にiMacを使うことができるでしょう。

iMacのストレージの選び方
  • 予算に余裕あるなら1TB SSDがおすすめ
  • 少しでも安くしたい →  256GB SSD + 外付けの1TB SSD

少しでも安くしたいなら256GB SSDにカスタマイズして外付けSSDを別途購入すれば容量の問題は解決できます。外付けSSDは価格がかなり下がっているので、簡単にストレージ容量を増やすことができるのでおすすめです。

NVMe M.2のSSDを使うことで高速ストレージを手に入れることもできますよ。

メインメモリでiMacを比較する

iMacのメインメモリ(RAM)は全てのモデルで8GBが標準となっています。

iMac 27インチはユーザーがメモリを換装・交換することができますが、iMac 21.5インチ、24インチは後から増設できないので購入時にカスタマイズしておきましょう。

iMac メインメモリの違い
 iMac
モデル21.5インチ(FHD)21.5インチ(4K)24インチ27インチ
RAM標準8GB 2,133MHz8GB 2,400MHz8GB(ユニファイドメモリ)8GB 2,666MHz
CTO16GB 2,133MHz16/32GB 2,400MHz16GB(ユニファイドメモリ)16/32/64/128GB 2,666MHz

SSDストレージを搭載したiMacなら8GBのメインメモリでもそこそこ快適に動作します。

というのも、iMac 27インチはディスクリート型のGPUを搭載していてグラフィック用のメモリを搭載しMacBook Air・Proよりもメインメモリの依存度が低くテキストベースの作業なら8GBのメインメモリでも意外と大丈夫です。

さらに、M1チップはSoCにメモリが埋め込まれているためデータの転送速度が大きく向上してるため、8GBのメモリでFinal Cut Proの動画編集もかなり快適にすることができます。

ただ、メモリ容量に余裕があった方がマルチタスクでの作業が快適になるので同時進行でアプリを起動し使うことがあるのならメモリは増設しておいた方がいいでしょう。

例えば、動画編集アプリのAdobe Premiere Pro CCの起動時間は8GBのRAMだと1分15秒かかってしまうところ、40GBのRAMを搭載していれば23秒と3倍近く短縮されます。

10分ほどのフルHDの動画の書き出し速度も8GB RAMだと5分かかるのに対して、40GB RAMなら3分57秒で完了してしまいます。

IntelプロセッサのiMacは最低でも16GBのメインメモリに増設しておくのがおすすめですが、M1チップのiMacは8GBのメインメモリがあれば十分快適に使うことができます。

iMacのメインメモリ構成
標準モデルメインメモリをカスタマイズ
iMac 21.5インチ
8GB 2,133MHz DDR4
16GB:+22,000円
iMac 24インチ(4.5K)
8GB ユニファイドメモリ
16GB:+22,000円
32GB:+66,000円
iMac 27インチ(5K)
8GB 2,666MHz DDR4
16GB:+22,000円
32GB:+66,000円
64GB:+110,000円
128GB:+286,000円

iMac 21.5インチはユーザーが自分でメモリを換装して増設できないので購入時に16GBにするのがおすすめです。

iMac 24インチはブラウジング、SNS、動画鑑賞、オンライン会議、ちょっとした資料作成くらいの用途であれば8GBのままでもいいでしょう。無理して16GBに増設しなくてもそこそこ快適に使えます。

iMacのメインメモリの選び方
  • インターネット、メール、SNS、動画を見るのが多い → 8GB
  • 資料を作成したり、ブログを更新したり作業する(Intel) → 16GB
  • 資料を作成したり、ブログを更新したり作業する(M1) → 8GB
  • デザイン制作、写真の現像、動画編集する(Intel) → 32GB
  • デザイン制作、写真の現像、動画編集する(M1) → 16GB
  • あらゆる操作を快適にしたい(Intel) → 64GB

iMac 27インチはユーザーでメインメモリを換装し最大128GBまで増設できます。自分でメモリを買って増設すると費用が抑えらえるので27インチを購入する方は自分で増設しましょう。

カスタマイズで64GBのRAMにすると10万円かかってしまいますが、Amazonで16GB 2,666MHz DDR4のメモリを4枚買えば34,000円で64GBに増設することができます。めっちゃ安い…。

メインメモリの増設方法はこちらの記事をどうぞ!

おすすめの最新iMacはこれ!

各モデルの特徴をまとめながらどの機種がおすすめなのか使い方から選んでいきたいと思います。

iMac 21.5インチはおすすめしない

iMac 21.5インチがおすすめ

iMac 21.5インチにはフルHDモデルと4Kモデルの2機種あり、120,800円で購入できるiMacは最新モデルでありながら時代遅れのフルHDディスプレイを搭載したモデルで画面の画質が粗くて少し見にくいです。

また、2コアCPUのプロセッサにCPU内蔵のGPUを搭載していてデスクトップ型のマシンの割に処理速度は遅いので注意が必要です。

iMac 21.5インチ(FHD)特徴
  • フルHDディスプレイなので画質は粗い
  • デュアルコアCPU(内蔵GPU)なので処理速度は遅い
  • メインメモリを後から増設できない
  • 本体サイズが小さいので置き場所に困らない
  • 132,800円と安いが今となっては割高

このiMac 21.5インチモデルのメリットは価格が安いだけです。CPUも2017年以来刷新されていないので性能が低い。

とにかく安くディスプレイを内蔵しているデスクトップ型Macが欲しいという方以外はおすすめできない機種。よっぽどの理由がない限り手を出してはいけないモデルです。

iMac 21.5インチ(4K)がおすすめの方

iMac 21.5インチ 4K おすすめ

iMac 21.5インチを買うなら4Kモデルがおすすめですが、現在はApple Storeで買えなくなってしまいましたが、Amazonなどではまだ販売されています。

iMac 21.5インチ(4K)は4K Retineディスプレイを搭載していて画質はかなり綺麗で文字も滑らかに表示できるので目に優しく執筆作業が捗ること間違いなしです。

iMac 21.5インチ(4K)特徴
  • 4Kディスプレイで画質が綺麗
  • クアッドコアCPU + 外部GPUで処理速度は速め
  • メインメモリを後から増設できない
  • 本体サイズが小さいので置き場所に困らない
  • 販売が終了となった

動画を見るなどエンタメ機として使ったり資料作成やブログ更新といった作業がメインなら、iMac 21.5インチ(4K)があれば十分こなすことが可能です。CPUプロセッサを6コアにカスタマイズすることもできるので動画編集も快適にす得ることができるでしょう。

iMac 21.5インチは自分でメインメモリのカスタマイズができないので可能であれば購入時に8GB → 16GBに増設しておくのがいいでしょう。

また、本体サイズが27インチと比べるとコンパクトなので、設置スペースがあまりない、少しでも費用を抑えたい方はiMac 21.5インチ(4K)を選ぶのがおすすめです。

iMac 24インチがおすすめの方

iMac 24インチはAppleシリコンのM1チップを搭載したモデルです。

M1にちゃんと対応しているアプリはかなり快適に使えますが、Adobeの Illustrator、Premier Proなどは正式対応していないので動作が遅く、安定感が欠けることもあるので注意です。

iMac 24インチの特徴
  • 24インチ(4.5K)で絶妙な画面サイズ
  • M1チップを搭載し処理速度はかなり速い
  • 新しいデザインで可愛らしい新世代モデル
  • カラーバリエーションが7色と豊富
  • ちゃんと動作しないアプリがあるかも
  • 価格が154,800円〜とそれなりに安い

ただ、今後数年で全てのMacがM1チップに対応したモデルに置き換わることを考えると、アプリケーションも普通に使えるようになっていきますし、むしろIntelのiMacに対応しなくなる可能性もあります。

今、買うならiMac 24インチは一番のおすすめです。

iMac 27インチがおすすめの方

iMac 27インチ おすすめ

iMac 27インチは5,120 × 2,880ピクセルの解像度を持つディスプレイを搭載していますが、単体モニターとしても5K解像度を持ったディスプレイはほとんどないので5Kモニターで作業をしたいという方には打って付けのモデルです。

5Kディスプレイを搭載したMacが20万円で購入できるのはコスパ最強です。

iMac 27インチの特徴
  • 5K解像度で画質がキレイ、作業領域が広い
  • 6コアCPU(外部GPU)で処理速度はかなり速い
  • 最大3.2GB/sの高速SSDでアプリの起動や保存速度が速い
  • メインメモリを自分で増設可能(最大128GB)
  • 本体サイズが大きいので置き場所に困ることもある
  • 価格は213,800円〜と性能の割にコスパが良い
  • CTOカスタマイズでiMac Proに迫る性能にできる

iMac 27インチの標準モデルはSSDストレージが256GBと少なめなので、ストレージは512GBか1TBにカスタマイズするのがいいでしょう。CPUやグラフィックチップに関しては標準仕様のままで十分快適に作業できるでしょう。

メインメモリは後から自分で安く増設することができるので心配しなくてもいいでしょう。

iMac 27インチは僕のメイン環境でもあり仕事をする上で欠かすことができない愛用マシーンとなっています。2017年モデル、2019年モデルの個別レビューをしているので、参考にしていただけたらと思います。

まとめ:適材適所のiMacを購入しよう

どのタイプのiMacであろうとmacOSがインストールされているので使うことができるアプリケーションや出来ることはどの機種も全く同じですが、画面サイズや性能が違うことで快適度が全く違います。

用途別でどのiMacがおすすめかをまとめました。

用途別おすすめのiMac
 21.5インチ(フルHD)24インチ27インチ
日常使いに(インターネット、メール、動画閲覧とか色々)
資料作成・ブログ更新
写真現像・編集
デザイン制作
動画編集
設置スペース
価格132,800円〜154,800円〜213,800円〜
おすすお度★★★☆☆★☆☆☆

2021年春現在、iMacを買うなら24インチの一択といってもいいくらいですが、どうしても大きな画面サイズのiMacが欲しいなら2021年秋に発売されるであろうと噂されている27インチの後継機種まで待った方がいいです。

どうしても待てない場合はiMac 27インチを買ってもいいと思いますが、可能なら中古などの型落ちを狙って費用を抑えるのが得策です。

個人的におすすめなiMacはこちらです。

  • iMac 24インチ(8コアCPU+8コアGPU・16GB RAM・512GB SSD):221,800円
  • iMac 27インチ(Core i5 + 8GB RAM・512GB SSD):238,800円

このどちらかです。iMac 27インチはユーザーでメモリを増設できるので8GBのままでいいです。

本当はストレージ容量は1TBあると安心ですが、1TB SSDにすると22,000円アップになってしまう、それなら外付けSSDを追加で購入した方が費用を抑えることができるのかなと思います。

iMacの標準モデルならAmazonや楽天などで買えるので普通に買うよりも安く購入できますし。(実際に2017年にiMacを購入した時は楽天で購入して大量にポイントをもらいました。)

iMacを少しでも安く買う方法についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

高性能なiMacが欲しいとなると27インチ一択なので設置場所の問題で27インチが厳しい場合はVESAマウントアダプタモデルを購入してモニターアームを組み合わせて使えるかどうか確認するのもいいかもしれません。

iMacとMacBook Proのどっちを買うか迷っている方はこちらをどうぞ!

旧型のMacを外付けSSDを使って高速化する方法についてはこちら。旧型を延命させたい方にはおすすめです。

最新のiMac 27インチとiMac Proの違いについてはこちらをどうぞ!