iMac 21.5インチとiMac 27インチ 違いを比較

iMacはディスプレイ内蔵型のデスクトップ型のMacで画面サイズを21.5インチか27インチのどちらかを選ぶことができますが、どちらのサイズのiMacを購入するべきか迷ってしまいますよね。

この記事ではiMac 21.5インチ(4K)とiMac 27インチ(5K)のサイズ、スペック、使いやすさの違いからどっちのサイズのiMacを選ぶべきか、おすすめのiMacはどれなのかを詳しく解説しています。

iMacを検討していて21.5インチか27インチかサイズで迷っている方は参考にしていただければと思います。

 

iMac 21.5インチ・27インチ おすすめはどっち?

iMacはディスプレイ内蔵型のMacなのでノート型のMacBookとは違い基本的には定位置に置いて使うパソコンとなります。

画面サイズは21.5インチと27インチの2つのモデルがあり、27インチは無印のiMacとプロ仕様のiMac Proの2機種ありますが、この記事ではiMacを中心に違いを比較していきたいと思います。

iMac 21.5インチとiMac 27インチ

簡単にスペックの違いを標準モデルで比較するとこんな感じ。21.5インチはフルHDモデルと4Kモデルの2つのモデルがあり、27インチは無印のiMacとiMac Proがあります。

iMac スペックの違い(標準モデルで比較)
iMaciMac Pro
画面サイズ21.5インチ27インチ
解像度1,920 x 1,0804,096 x 2,304(4K)5,120 x 2,880(5K)
CPU2コア
☆★★★
4コア
☆☆★★
6コア
☆☆☆★
8コア
☆☆☆☆
GPUIris Plus Graphics 640
☆★★★
Radeon Pro 555X(2GB)
☆☆★★
Radeon Pro 570X(4GB)
☆☆☆★
Radeon Pro Vega 56(8GB)
☆☆☆☆
RAM8GB 2,133MHz DDR48GB 2,400MHz DDR48GB 2,666MHz DDR432GB 2,666MHz DDR4 ECC
ストレージ1TB HDD1TB HDD1TB Fusion Drive1TB SSD
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
USB-A4ポート
USB-CUSB3.1(10Gb)・Thunderbolt 3(40Gb)× 2USB3.1(10Gb)・Thunderbolt 3(40Gb)× 4
イーサネット1Gb10Gb
SDカードSDXCSDXC(UHS‑Ⅱ)
サイズ52.8 × 45.0 × 17.5mm65.0 × 51.6 × 20.3mm
重量5.66g5.60g9.42g9.7g
価格120,800円142,800円198,800円558,800円

高性能なiMacが欲しいなら27インチモデル一択となってしまいますが、そこそこの処理速度があれば良いのであれば、画面サイズで21.5インチにするか、27インチにするかを選べば良いでしょう。

ただし、フルHDディスプレイのiMacはCPUなどの基本性能が低くて価格が安いだけのメリットがないので、可能ならiMac 21.5インチ(4K Retina)かiMac 27インチ(5K Retina)のどちらかを選ぶのがおすすめです。

おすすめのiMacはこれ
  • 大きな画面で効率よく作業したい → 27インチ(5K)
  • 処理速度の速いのは → 27インチ(5K)
  • 自分でメインメモリを増設したい → 27インチ(5K)
  • 資料作成や執筆作業がメイン → 27インチ (5K)、21.5インチ(4K)
  • 置く場所が限らている → 21.5インチ(4K)、21.5インチ
  • 安く買いたい → 21.5インチ(4K)、21.5インチ
  • 買ってはいけない → 21.5インチ

予算に余裕があるなら画面が大きくて処理性能が高いiMac 27インチを選ぶのがおすすめですが、資料作成や執筆がメインなら21.5インチサイズでも十分快適に作業することができます。

また、27インチモデルは本体サイズが大きいので設置場所が限られてくることもあるので場所を取りたくないという方はiMac 21.5インチ(4K)がおすすめです。

なお、フルHDモデルは性能が低く画面の画質も粗くて見にくいので本体価格が安い以外のメリットがなくあまりおすすめできません。

では、具体的にどのようにiMacを選ぶべきかを詳しく見ていきたいと思います。

iMacの選び方

iMacは画面サイズ、CPU、ストレージのタイプ・容量、メインメモリの容量から選ぶことができますが、画面サイズ(21.5インチ、27インチ)、ストレージのタイプ(HDD、Fusion Drive、SSD)、メインメモリの容量の選び方が重要なポイントとなってきます。

画面サイズでiMacを比較する

iMac 21.5インチとiMac 27インチ 比較
左:iMac 21.5インチ(4K)、右:iMac 27インチ(5K)
iMac 画面サイズと解像度の違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
解像度1,920 x 1,0804,096 x 2,304(4K)5,120 x 2,880(5K)
カラーフルRGB(数百万色以上)広色域P3(十億色)

iMacは21.5インチ、27インチのどちらかの画面サイズから選べますが、27インチの方が解像度が高いだけでなく物理的に画面が大きく作業領域を広く確保できるのでウィンドウを複数並べてマルチタスクができるので作業効率は良くなります。

 

作業領域の違い

iMac 21.5インチ(4K)の画面解像度は4,096 x 2,304ピクセルの4K表示が可能で初期設定では2,048 x 1,152ピクセルの擬似解像度、iMac 27インチ(5K)の画面解像度は5,120 x 2,880ピクセルの5K表示が可能で初期設定では2,560 x 1,440ピクセルの擬似解像度となっています。

Safariのブラウザ画面を2つ並べてみると作業領域の違いがよく分かります。

iMac 21.5インチと27インチの作業領域の違い
左:iMac 21.5インチ(4K)、右:iMac 27インチ(5K)

iMac 21.5インチは重ねてウィンドウを並べることになるのに対して、iMac 27インチならウィンドウを重ねることなく並べて作業をできるほど作業領域に余裕があるのです。

まあ、macOSには画面を最適に分割してくれるSplit Viewが搭載されているので、21.5インチでも綺麗に2分割することができるので2画面でマルチタスクするのならあまり違いはないのかも。

macOSのSplit View
macOSのSplit Viewで2画面分割

とはいえ、物理的に画面サイズが大きい27インチの方が3ウィンドウを並べて作業することもできるので快適なのは間違いないです。

各モデルの擬似解像度は以下のとおり。

iMac 擬似解像度の違い
iMac 21.5インチ(4K)iMac 27インチ(5K)
文字を拡大1,280 x 7201,600 x 900
1,680 x 9452,048 x 1,152
デフォルト2,048 x 1,1522,560 x 1,440
2,304 x 1,2962,880 x 1,620
スペースを拡大2,560 x 1,4403,200 x 1,800

擬似解像度を「スペースを拡大」にすることで作業領域をさらに広くすることができますが、文字が小さくなってしまうので、執筆作業をメインでするなら「デフォルト」が使いやすいです。

デザインツールを使ったり動画編集をするなら「スペースを拡大」して作業領域を確保した方が作業はしやすいので、使用するツールによって擬似解像度を変更するのが賢い使い方と言えるでしょう。

非RetinaとRetinaの違い

iMac 21.5インチには非Retina(フルHD)を搭載したモデルとRetine(4K)を搭載した2つの機種が存在しますが、画質の差は歴然で非RetinaのiMacはドットが目視できるので文字が粗くなっています。

非RetinaとRetinaの画質の違い
左:フルHD(非Retina)、右:4K/5K(Retina)

非Retinaでも視認性が悪いわけではありませんが、文字がぼやけた感じで見えるので長時間作業だと目が疲れてしまいます。

しかし、Retineディスプレイを搭載したiMac 21.5インチ(4K)や27インチ(5K)ならドットを目視できなくらい高精細に表示できるので目に優しく長時間作業しても疲れにくいのです。

iMacの4K・5Kモデルは2017年モデルより広色域(P3)ディスプレイに対応したので色鮮やかな色表示が可能となっていて特に赤と緑の色が深く表現できるので写真の現像をする方にとっては嬉しいディスプレイ仕様となっています。

何よりも画面が綺麗だとテンションが上がって作業効率が良くなる(と思う)のも大きなメリットなのかなと感じています。

本体サイズでiMacを比較する

iMac 21.5インチと27インチでは本体の大きさがかなり違うので27インチだと設置場所が限られてくることがあります。

iMac 21.5インチとiMac 27インチ 本体サイズの違い

スタンドの大きさも27インチよりも21.5インチの方が少しだけ小さくなっています。

iMac 21.5インチと27インチ スタンドの大きさの違い

iMac サイズの違い
iMac 21.5インチ27インチ
モデルフルHD4K5K
サイズ52.8 × 45.0 × 17.5mm65.0 × 51.6 × 20.3mm
重量5.66g5.60g9.42g

小さめの作業机にiMacを置く場合は27インチだと大きくて置けない場合があり、21.5インチを選ばざるを得ない状況もあるのかなと思います。

なお、iMacは21.5インチ、27インチともにVESAマウントアダプタモデルを選ぶことができるので、モニターアームを活用することで小さめのテーブルでも27インチのiMacを設置することが可能になるかもしれないので検討してみてください。

処理性能でiMacを選ぶ

CPUの違い

iMacは画面サイズによって性能が異なります。

iMac CPUの違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
モデルフルHDRetina 4KRetina 5K
CPU標準第7世代 Core i5 2.3GHz(2コア)第8世代 Core i3 3.6GHz(4コア)第9世代 Core i5 3.0GHz(6コア)
上位第8世代 Core i7 3.2GHz(6コア)第9世代 Core i5 3.7GHz(8コア)
GPU標準Iris Plus Graphics 640Radeon Pro 555X(2GB GDDR5)Radeon Pro 570X(4GB GDDR5)
上位Radeon Pro 560X(4GB GDDR5)、Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2)Radeon Pro 580X(8GB GDDR5)、Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2)
RAM標準8GB 2,133MHz DDR48GB 2,400MHz DDR48GB 2,666MHz DDR4
上位16GB 2,133MHz DDR416/32GB 2,400MHz DDR416/32/64 2,666MHz DDR4

モデルによってCPUのコア数が違うので性能の違いがハッキリとしているので選びやすいかもしれませんね。各モデルの標準仕様に搭載されているCPUの性能は以下のとおりです。

CPU 性能の違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
モデルフルHD4K5K
CPU第7世代 Core i5 2.3GHz(2コア)第8世代 Core i3 3.6GHz(4コア)第9世代 Core i5 3.0GHz(6コア)
CPUシングルコア443646665235
マルチコア90581378521670

iMac 21.5インチのCore i5プロセッサは2コアCPUを搭載していて、デスクトップ型のMacなのにMacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)とほぼ同じ性能で処理速度は遅めとなっています。

2コアだとデザインツールや動画編集ツールの動作が遅いので、クリエイティブな作業をするにはツライので最低でもiMac 21.5インチ(4K)がおすすめです。

iMac 21.5インチ(4K)のCore i3プロセッサは4コアCPUを搭載していて、2017年モデルのiMac 27インチとほぼ同じ性能を持っているのでクリエイティブな作業でも普通に動作します。

iMac 27インチのCore i5は6つのCPUコアを搭載しさらに動作速度が向上。負荷のかかる作業も難なくこなすことが可能で、アプリの起動・動作もワンテンポ速い操作感を得ることができます。

CPUの性能でiMacを選ぶ
  • 資料作成や執筆作業がメイン → 21.5インチでも問題ない
  • デザイン作業や動画編集がメイン → 21.5インチ(4K)・27インチ
  • あらゆる作業を快適にしたい → 27インチ

少しでも快適にMacを使いたいのならiMac 27インチがおすすめです。

 

GPUの違い

iMac 21.5インチ(フルHD)のGPUはCPU内蔵型のIntelIris Plus Graphics 640なのでデザイン制作をしたり動画編集に使うには厳しいですが、iMac 21.5インチ(4K)と27インチなら外部ディスクリート型のRadeon Proの500シリーズのGPUを搭載しているので問題ありません。

iMac GPUの違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
モデルフルHDRetina 4KRetina 5K
GPU標準Iris Plus Graphics 640555X(2GB GDDR5)570X(4GB GDDR5)
上位560X(4GB GDDR5)
Vega 20(4GB HBM2)
580X(8GB GDDR5)
Vega 48(8GB HBM2)

21.5インチ(4K)のRadeon Pro 555Xはメモリが2GBしかないので動画編集をしたりデュアルディスプレイ環境にするのならメモリを4GBある560Xにカスタマイズした方が快適に作業できると思います。

なお、2019年モデルのiMacよりRadeon Pro Vegaシリーズを選ぶことができるようになりました。このGPUは高帯域幅を持ったHBM2メモリを内蔵し高速なグラフィックス性能を発揮し、ビデオ編集、3Dワークフローがさらに快適にすることができます。

参考までにRadeon Pro Vega 48とRadeon Pro 580を搭載したiMacでPhotoshopのRAW画像の処理速度を比較してみました。

CPUのコア数も違うので単純比較はできませんが、18枚のRAW画像をPhotoshopで起動し表示する時間とフィルターをかける時間はRadeon Pro Vega 48を搭載しているiMacの方が高速に処理できています。

このような画像処理をしたり動画編集することが多いのならRadeon Pro 5xxではなくRadeon Pro Vega xxを選んだ方がより快適になると思います。

ストレージの種類でiMacを比較する

iMacにはHDD(5400ppm)、Fusion Drive(FD)、SSDの3つのストレージのタイプが存在しています。

iMac ストレージの違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
モデルフルHDRetina 4KRetina 5K
ストレージ標準1TB HDD1TB FD1TB/2TB FD
カスタマイズ1TB FD
256GB SSD
1TB FD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
3TB FD
256GB SSD
512GB SSD
1/2TB SSD

ストレージのデータの読み込み・書き出し速度はSSDが高速となっています。

データ転送速度の違い
  • SSD >> Fusion Drive > HDD

データの転送速度が速いとmacOSの起動、アプリの起動、全体的な動作速度が高速化されます。HDDだとアプリを起動するだけでも数秒〜数十秒待たされることがありますが高速なSSDなら一瞬でアプリを起動することができます。

Fusion Driveについて

Fusion DriveはHDD(ハードディスク)にSSDを内蔵したハイブリッドストレージで、使用頻度の高いアプリ・データファイルを速度が速いSSDに自動的に格納されるのでアプリの起動やファイルの読み込み時間をHDDを搭載したiMacよりも短縮されます。

普段からよく起動するアプリといえば、メールやSafari、Chromeといったブラウザ、メモアプリなどがありますがFusion Driveを搭載したiMacであれば起動時間をかけずに使うことができます。

Fusion Driveはストレージ容量によってSSDの容量が異なっており1TB Fusion Driveは32GBのSSDを内蔵しているのに対して、2TB Fusion Driveは128GBのSSDを内蔵しています。

Fusion DriveのSSD容量
  • iMac 21.5インチ 1TB Fusion Drive → SSD 32GB
  • iMac 27インチ 1TB Fusion Drive → SSD 32GB
  • iMac 27インチ 2TB Fusion Drive → SSD 128GB

残念なことにiMac 21.5インチは2TB Fusion Driveを選べないので、可能であればSSDにカスタマイズした方が快適に使うことができます。

SSDとFusion Driveの違い

Fusion DriveはHDDがベースのストレージなので使っていくうちに動作速度が遅くなってしまうのでiMac 27インチでもSSDにカスタマイズするのがおすすめ。とくにデータ量の大きいファイルを起動するときにFusion DriveだとHDDからデータを転送することになるため起動に時間がかかってしまいます。

SSDとFusion Driveの転送速度の違いをDiskSpeed Testで比較してみました。

SSDとFusion Driveの速度の違い
左:SSD、右:Fusion Drive
DiskSpeed Test スコア
iMac 27インチ(2019)iMac 27インチ(2017)
ストレージ1TB SSDにカスタマイズ2TB Fusion Drive
書き込み速度1940.5 MB/s620.9 MB/s
読み込み速度2428.0 MB/s2375.9 MB/s

読み込み速度はFusion Driveでも意外と速いですが長時間使用すると速度が低下していってしまいますし、大容量のデータファイルを開くときはHDDからデータを読み込むので起動に時間がかかります。

分かりやすいのがパラレスデスクトップでWindows 10を起動するときでしょうか。

SSDのiMacは26秒ほどでWindows 10を起動できているにに対してFusion DriveのiMacは3分もの時間を要しています。

CPUプロセッサの違いも速度に影響しているかもですが、外付けSSDにパラレスデスクトップとWinodws 10のファイルデータを移動させて起動すると1分以内に起動できるので、やはりFusion Driveの読み込み速度の遅さがボトルネックになっているといえそうです。

実際にWindows 10を起動するたびに3分も待たされていましたが2019年に購入したiMacはSSD搭載モデルにしたのでとにかく快適になりました。

macOSの起動時間にも差が出てきます。

macOSの起動時間だけでなくスリープモードから復帰もSSDモデルの方が速いので全体的な操作感は間違いなくFusion DriveよりもSSDを搭載しているiMacの方が快適といっていいでしょう。

SSD vs Fusion Drive
パラレスデスクトップ(Windows 10)の起動時間macOSの起動時間
SSD約26秒約39秒
Fusion Drive約3分約48秒

iMacの標準モデルはFusion DriveかHDDとなっているので、SSDにするには購入時にカスタマイズする必要があります。

iMacのストレージ構成
標準モデルストレージをカスタマイズ
iMac 21.5インチ
1TB HDD
1TB FD:+11,000円
256GB SSD:+22,000円
iMac 21.5インチ(4K)
1TB HDD
1TB FD:+11,000円
256GB SSD:+22,000円
512GB SSD:+44,000円
1TB SSD:+88,000円
iMac 21.5インチ(4K)
1TB FD
256GB SSD:+11,000円
512GB SSD:+33,000円
1TB SSD:+77,000円
iMac 27インチ(5K)
1TB FD
2TB FD:+22,000円
3TB FD:+33,000円
256GB SSD:+11,000円
512GB SSD:+33,000円
1TB SSD:+77,000円
iMac 27インチ(5K)
2TB FD
3TB FD:+11,000円
512GB SSD:+11,000円
1TB SSD:+55,000円
2TB SSD:+121,000円

どのiMacを基準にするかでストレージ価格が変わってくるのですが最低でも512GB SSDにカスタマイズすると容量も余裕がある快適にiMacを使うことができるかと思います。

iMacのストレージの選び方
  • 予算に余裕あるなら1TB SSDがおすすめ
  • 少しでも安くしたい →  256GB SSD + 外付けの1TB SSD

少しでも安くしたいなら256GB SSDにカスタマイズして外付けSSDを別途購入すれば容量の問題は解決できます。SSDはAmazonなどにある外付けタイプのものであれば1TBでも13,000円ほどで購入できるのでかなりお得ですよ。

USB-C対応のSSDケースを使うことで外付けSSDとして使うことができます。

メインメモリでiMacを比較する

iMacのメインメモリ(RAM)は全てのモデルで8GBしか搭載されていません。

iMac メインメモリの違い
iMac 21.5インチiMac 27インチ
モデルフルHDRetina 4KRetina 5K
RAM標準8GB 2,133MHz DDR48GB 2,400MHz DDR48GB 2,666MHz DDR4
上位16GB 2,133MHz DDR416/32GB 2,400MHz DDR416/32/64 2,666MHz DDR4

SSDモデルなら8GBのRAMでもそこそこ快適に動作しますが、少しでも快適に使うならメインメモリの増設は必須となります。

例えば、動画編集アプリのAdobe Premiere Pro CCの起動時間は8GBのRAMだと1分15秒かかってしまうところ、40GBのRAMを搭載していれば23秒と3倍近く短縮されます。

10分ほどのフルHDの動画の書き出し速度も8GB RAMだと5分かかるのに対して、40GB RAMなら3分57秒で完了してしまいます。

今までの経験上として、資料作成やブログ更新といった軽作業ならメインメモリの容量は16GBもあればストレスなく動作しますが、動画編集やデザイン制作をするなら最低でも32GBの容量のメインメモリは積んでおいた方がいいのかなと感じます。

iMacのメインメモリ構成
標準モデルメインメモリをカスタマイズ
iMac 21.5インチ
8GB 2,133MHz DDR4
16GB:+22,000円
iMac 21.5インチ(4K)
8GB 2,400MHz DDR4
16GB:+22,000円
32GB:+66,000円
iMac 27インチ(5K)
8GB 2,666MHz DDR4
16GB:+22,000円
32GB:+66,000円
64GB:+110,000円

とくに21.5インチモデルはユーザーが自分でメモリを換装して増設することができない仕様となっているので購入時に16GBか32GBに増設しておくことをおすすめ。

iMacのメインメモリの選び方
  • インターネット、メール、SNS、動画を見るのが多い → 8GB
  • 資料を作成したり、ブログを更新したり作業することが多い → 16GB
  • デザイン制作、写真の現像、動画編集することが多い → 32GB
  • あらゆる操作を快適にしたい → 64GB

27インチモデルなら購入後にユーザー側でメインメモリを換装して最大128GBまで増設することができます。

なによりも自分で増設した方が安くすることができるので27インチモデルを購入する方は自分で増設しましょう。

カスタマイズで64GBのRAMにすると11万円かかってしまいますが、Amazonで16GB 2,666MHz DDR4のメモリを4枚買えば6万円以内に抑えることができます。

メインメモリの増設方法はこちらの記事をどうぞ!

おすすめのiMacはこれ!

各モデルの特徴をまとめながらどの機種がおすすめなのか使い方から選んでいきたいと思います。

iMac 21.5インチはおすすめしない

iMac 21.5インチがおすすめ

iMac 21.5インチにはフルHDモデルと4Kモデルの2機種あり、120,800円で購入できるiMacはフルHDディスプレイを搭載したモデルで画面の画質が粗くて少し見にくいです。

また、2コアCPUのプロセッサにCPU内蔵のGPUを搭載していてデスクトップ型のマシンの割に処理速度は遅いので注意が必要です。

iMac 21.5インチの特徴

  • フルHDディスプレイなので画質は粗い
  • デュアルコアCPU(内蔵GPU)なので処理速度は遅い
  • HDDなのでアプリの起動や保存速度が遅い(Fusion Drive・SSDに変更可)
  • メインメモリを後から増設できない
  • 本体サイズが小さいので置き場所に困らない
  • 価格が120,800円と安い

このiMac 21.5インチモデルのメリットは価格が安いだけです。CPUも2017年以来刷新されていないので性能が低い。

とにかく安くディスプレイを内蔵しているデスクトップ型Macが欲しいという方以外はおすすめできない機種。よっぽどの理由がない限り手を出してはいけないモデルです。

iMac 21.5インチ(4K)がおすすめの方

iMac 21.5インチ 4K おすすめ

iMac 21.5インチ(4K)は4K Retineディスプレイを搭載していて画質はかなり綺麗で文字も滑らかに表示できるので目に優しく執筆作業が捗ること間違いなしです。

iMac 21.5インチ(4K Retina)特徴

  • 4Kディスプレイで画質が綺麗
  • クアッドコアCPU(外部GPU)なので処理速度は速め
  • HDDなのでアプリの起動や保存速度が遅め(Fusion Drive・SSDに変更可)
  • メインメモリを後から増設できない
  • 本体サイズが小さいので置き場所に困らない
  • 価格が142,800円なのでコスパ良し

動画を見るなどエンタメ機として使ったり資料作成やブログ更新といった作業がメインなら、iMac 21.5インチ(4K)があれば満足できます。

また、本体サイズが27インチと比べるとコンパクトなので、設置スペースがあまりない、少しでも費用を抑えたい方はiMac 21.5インチ(4K)を選ぶのがおすすめです。

iMac 27インチがおすすめの方

iMac 27インチ おすすめ

iMac 27インチモデルは5,120 x 2,880ピクセルの解像度を持つディスプレイを搭載していますが、単体モニターとしても5K解像度を持ったディスプレイはほとんどないので5Kモニターで作業をしたいという方には打って付けのモデルです。

というか、5Kディスプレイを搭載したMacが20万円で購入できるのはスゴイです。

iMac 27インチ(5K)の特徴

  • 5K解像度で画質が綺麗で作業領域が広大
  • 6コアCPU(外部GPU)で処理速度はかなり速い
  • Fusion Driveでアプリの起動や保存速度がそこそこ速い(SSDに変更可)
  • メインメモリを自分で増設可能(最大128GB)
  • 本体サイズが大きいので置き場所に困ることもある
  • 価格が198,800円なのでコスパ良し
  • CTOカスタマイズでiMac Proに迫る性能にできる

設置スペースに問題がないのならiMac 21.5インチ(4K)よりもiMac 27インチを選ぶのが満足できるのでおすすめです。

iMac 4K → iMac 5K
  • ディスプレイ:21.5インチ(4K)→ 27インチ(5K)
  • CPU:4コア → 6コアで1.6倍も性能が高く
  • GPU:Radeon Pro 555X(2GB)→ 570X(4GB)
  • RAM:2,400MHz DDR4 → 2,666MHz DDR4
  • ストレージ:1TB HDD → 1TB Fusion Drive
  • 本体価格:142,800円 → 198,800円

本体価格は5.6万円ほど高くなってしまいますが、この価格差でこれだけのアップグレードがあるのはコストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。

iMac 27インチは僕のメイン環境でもあり仕事をする上で欠かすことができない愛用マシーンとなっています。2017年モデル、2019年モデルの個別レビューをしているので、参考にしていただけたらと思います。

 

まとめ:適材適所のiMacを購入しよう

どのタイプのiMacであろうとmacOSがインストールされているので使うことができるアプリケーションや出来ることはどの機種も全く同じですが、画面サイズや性能が違うことで快適度が全く違います。

用途別でどのiMacがおすすめかをまとめました。

用途別おすすめのiMac
21.5インチ(フルHD)21.5インチ(4K)27インチ(5K)
日常使いに(インターネット、メール、動画閲覧とか色々)
資料作成・ブログ更新
写真現像・編集
デザイン制作・動画編集
設置スペース
価格120,800円〜142,800円〜198,800円〜
おすすお度★★★☆☆★☆☆☆

iMacは21.5インチと27インチのサイズから選べるのでお使いの場所に適したサイズを選んで使用用途に合わせてスペックをカスタマイズしましょう。

個人的にはiMac 27インチの1TB SSDにカスタマイズモデルを購入して後から自分で16GBのメインメモリを2枚追加して40GBに増設するのがおすすめです。

1TB SSDにすると55,000円アップになってしまい高いのでiMac 27インチの標準モデルにして外付けSSDを追加購入するのもコストパフォーマンスが高くていいと思いますよ。

iMacの標準モデルならAmazonや楽天などで買えるので普通に買うよりも安く購入できますし。(実際に2017年にiMacを購入した時は楽天で購入して大量にポイントをもらいました。)

iMacを少しでも安く買う方法についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

高性能なiMacが欲しいとなると27インチ一択なので設置場所の問題で27インチが厳しい場合はVESAマウントアダプタモデルを購入してモニターアームを組み合わせて使えるかどうか確認するのもいいかもしれません。

個別レビューはこちらからどうぞ!

iMacとMacBook Proのどっちを買うか迷っている方はこちらをどうぞ!

iMac 27インチのメインメモリの交換方法やメモリ量による動作速度の違いなど比較した記事はこちら!

旧型のMacを外付けSSDを使って高速化する方法についてはこちら。旧型を延命させたい方にはおすすめです。

iMacとiMac Proの違いについてはこちらをどうぞ!