iPad(第5世代)とiPad Pro 9.7インチ

iPad(第5世代)は2017年3月に価格の安いエントリー向けモデルとして発売しました。今までは5万円以上していたiPadが37,800円で購入できるようになり、iPadを気軽に手にすることが可能となったモデルです。

この記事ではiPad(第5世代)のデザイン、スペックのレビューとiPad Air 2、iPad Pro 9.7インチの違いを比較しています。

なお、現行モデルはiPad(第7世代)となっています。

iPad(第5世代)レビュー!iPad Air 2/Pro との比較も!

iPad(第6世代)とiPad(第5世代)の違い

2018年3月28日にiPad(第6世代)が発売されたので第5世代はラインナップから消えましたが、たまにApple公式サイトの整備済製品で販売していることがあります。

iPad(第5世代)はApple Pencilを使うことはできませんがかなり安く手にれることができるので、タブレットを使いたいのならオススメできるモデルです。

iPad(第5世代)からiPad(第6世代)になったことで進化した点は以下の3点のみとなっています。

 モデルiPad(第6世代)iPad(第5世代)
CPUA10 FusionA9
RAMLPDDR4 2GB
LTE
(セルラーモデルのみ)
LTE(23バンド)
最大300Mbps
LTE(21バンド)
最大150Mbps
Apple Pencil使用可能使用不可
サイズ240 × 169.5 × 7.5 mm
重量469g(Wi-Fi)、478g(Wi-Fi+Cellular)

iPad(第6世代)のCPUはiPhone 7にも採用されているA10 Fusionプロセッサとなっていて、現行のiPad(第7世代)にも搭載されているので現役のプロセッサといってもいいでしょう。

また、LTEの通信速度が300Mbpsと高速化されていて、今までiPad Proでしか使えなかったApple Pencilを使うことができるようになりiPadでメモ、ノートを取ることができるようになりました。

iPad(第5世代)はかなり古いモデルなので販売していないので、少しでも安いiPadが欲しいならiPad(第6世代)をiPad整備済製品で買うのがいいでしょう。

iPad(第5世代)の外観はiPad Airと同じ

iPad(第5世代)のストレージ容量は32GBか128GBから選ぶことができ、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のカラーラインナップから選ぶことができます。

iPad(第5世代)箱

箱を開けるとiPad(第5世代)がお披露目です!

iPad(第5世代)開封

付属品は10W出力の充電器とLighteningケーブルとなっています。

iPad(第5世代)付属品

iPad Air 2やiPad Pro 9.7インチとパッと見で見分けつきませんが、手に持つと明らかにiPad Air 2やiPad Proに比べて分厚くて重量感があることに気付きます。

iPad(第5世代)正面

もし、iPad Air 2からiPad(第5世代)に乗り換えると「ん?重い…」と感じるかもしれません。

背面パネルにはいつも通りAppleのリンゴマークとiPadのロゴマークがあり、背面カメラはフラットなのでテーブルに置いたとしてもiPad Proのようにガタついてしまうことはありません。

iPad(第5世代)背面パネル

本体下部にLighteningコネクタと内蔵のステレオスピーカーが搭載されていますが、この辺りの仕様はiPad Air 2と変わっていないと思います。

iPad(第5世代)ステレオスピーカー

リアカメラは800万画素のイメージセンサーにf/2.4のレンズを搭載し、iPad Air 2と同等のスペックとなっています。その前のiPad Airの背面カメラは500万画素だったのでiPad Airからの比較でiPad(第5世代)はスペックアップしていると言えるでしょう。

iPad(第5世代)iSightカメラ

3.5mmヘッドフォンジャックは本体右上部分に搭載されているので有線で音楽を楽しみたい方は問題なく使うことができます。

iPad(第5世代)ヘッドフォンジャック

iPad(第5世代)は特徴的なところは特になくとてもシンプルなデザインに仕上がっていますが、今回のiPad(第5世代)の本体はiPad Air 2よりも本体の厚さが分厚くなるなど、本体スペックとしてはiPad Air 2から比較すると劣化しているので乗り換えを検討している方は注意をしてください。

iPad(第5世代)・iPad Pro/Air 2の外観比較

本体サイズの違い

せっかくなので、iPad(第5世代)とiPad Pro 9.7(2016)、iPad Air 2の3機種で外観のデザインの違いを比較してみました。普通に並べるとどれがどの機種なのか全く見分けることができません。

iPad(第5世代)とiPad ProとiPad Air 2
左からiPad(第5世代)、iPad Pro 9.7、iPad Air 2

本体の薄さがiPad Air 2とiPad Proが6.1mmなのに対し、新型モデルのiPad(第5世代)は7.5mmと1.4mmも増加してしまいました。このスペックはiPad Airと同じ厚みということになります。

iPad(第5世代)とiPad Air 2の本体厚み 比較
左:iPad 第5世代、右:iPad Air 2

本体サイズを比較します。

Wi-Fi
モデル
iPad Pro 9.7(2016)iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad Air 2(2014)iPad Air(2013)
高さ

厚さ
重量
240mm
169.5mm
6.1mm
437g
240mm
169.5mm
7.5mm
469g
240mm
169.5mm
6.1mm
437g
240mm
169.5mm
7.5mm
469g

本体サイズは全モデル同じとなっていますが、本体の厚みはiPad AirとiPad(第5世代)が7.5mmと同じで重量も同じになっていることが分かります。つまり、iPad(第5世代)はiPad Air(2014)の筐体をそのまま流用したモデルということになります。

エッジ部分の加工が非光沢に!

従来のiPadと違う点としてダイヤモンドカットをしているエッジ部分の加工が「光沢あり」から「光沢なし」に仕様が変更されています。光沢がなくなったので、少しだけ落ち着いた雰囲気になっているといえるでしょう。

iPad(第5世代)のエッジ部分の加工
上:iPad Air 2、下:iPad(第5世代)

iPhone 5sからiPhone SEになった時も同じようにエッジ部分の加工処理が変更されていましたが、iPad(第5世代)も同じようにはiPhone SEのようなエントリーモデルとしての位置付けのデバイスであることは間違いなさそうです。

iPad、iPad Pro、iPad Air 2の比較

iPad(第5世代)、iPad Pro 9.7、iPad Air 2を細かく比較してみたいと思います。まずは本体下部のデザインです。

iPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2 比較1
上からiPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2

充電用のLightningポート、スピーカーの位置はiPad Air 2と同じになっています。

右側面です。

iPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2 比較2
上からiPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2

音量ボタンの間が少しだけ広がってボタンの厚みが少しだけ増したでしょうか。iPad Airと同じになったということなのかな?iPad Airが手元にないので確認しようがないのですが。

iPad(第5世代)は小さなマイクの穴の位置が細かく変更されています。

iPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2 比較3
上からiPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2

背面パネル中央のiPadロゴマークはフォントが変更されています。

iPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2 比較 ロゴ書体
上からiPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2

フォントの種類がコロコロと変更しているのが少し気になるところですが、iPad Air 2のロゴは太く力強い書体でしたが、iPad Pro 9.7で細い書体に変更、そして今回のiPad(第5世代)では少しだけ太い書体に変更されています。(標準の太さになった?)

背面カメラです。

iPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2 カメラの比較
上からiPad(第5世代)、iPad Pro、iPad Air 2

カメラのレンズはフラットタイプとなっていてLEDフラッシュは非搭載です。

画素数はiPad Air 2と同じ800万画素でLive Photosや4K動画撮影もできないので、カメラの機能や画質にこだわるのであればiPad Pro 9.7インチを選んだ方がいいでしょう。

モデルiPad ProiPad(第6・第5世代)iPad Air 2iPad Air
背面カメラ1200万画素
ƒ/2.2のレンズ
Live Photos
True Toneフラッシュ
広色域キャプチャ
Focus Pixels AF
4K動画撮影
800万画素
ƒ/2.4のレンズ
500万画素
ƒ/2.4のレンズ
前面カメラ500万画素
ƒ/2.2のレンズ
Retina Flash
120万画素
ƒ/2.2のレンズ

マイクの小さな穴の位置がカメラ周りから中央に変更されていますね。

画面への光の反射は酷くなってしまった

iPad(第5世代)は廉価版モデルなので、iPad Air 2に採用されていたフルラミネーションディスプレイやiPad Proの広色域ディスプレイ(P3)が省かれたディスプレイを搭載しています。

 iPad ProiPad
(第6・第5世代)
iPad Air 2iPad Air
サイズ・解像度9.7インチ 2,048 x 1,536ピクセル
耐指紋性撥油
コーティング
フルラミネーション
ディスプレイ
××
反射防止
コーティング
××
広色域ディスプレイ
(P3)
×
True Tone
ディスプレイ
×
耐指紋性撥油
コーティングイ
×

フルラミネーションディスプレイはLCD・タッチパネル・保護ガラスを統合したディスプレイで部品の隙間が狭くなっていて乱反射が少なく発色も良いパネルとなっていますが、iPad(第5世代)は対応していません。

また、iPad(第5世代)のディスプレイの保護パネルには反射防止コーティングが施されていないので外光が反射しやすく外で使うと視認性の良くないディスプレイとなっています。

iPad 第5世代とiPad Proの画面の反射
左:iPad(第5世代)、右:iPad Pro

このように明るいところで使うとiPad(第5世代)は光を思いっきり反射してしまいます。

iPad Pro、iPad 第5世代、iPad Air 2の画面反射 比較
左からiPad Pro、iPad 第5世代、iPad Air 2

黒色の画面になった時の黒の締まり具合が全然違いますよね。

20170330155157j:plain
左からiPad Air2、iPad 第5世代、iPad Pro

このようにiPad(第5世代)は廉価ディスプレイを採用しているので光の反射が激しくなってしまいます。

20170330161354j:plain
上からiPad Air2、iPad 第5世代、iPad Pro

iPad Air 2のディスプレイは少しだけ青っぽい反射になっていますがiPad Proの加工も少しだけ異なるのかもしれません。なお、現行のiPad(第7世代)もフルラミネーションディスプレイは採用されていません。

CPUプロセッサの性能比較

iPad(第5世代)にはiPhone6s/6s Plus/SEに搭載されていたA9プロセッサが搭載されています。メインメモリ(RAM)の容量は2GBであることが明らかになっています。

 iPad ProiPad
(第6世代)
iPad
(第5世代)
iPad Air 2iPad Air
CPUA9XA10A9A8XA7
RAMLPDDR4 2GBLPDDR3
2GB
LPDDR3
1GB

GeekBench 4でプロセッサの性能をiPad Air 2、iPad(第5世代)、iPad Pro 9.7で比較してみました。

20170330160548j:plain
左からiPad Air 2、iPad 第5世代、iPad Pro
 iPad ProiPad(第6世代)iPad(第5世代)iPad Air 2
CPUA9XA10A9A8X
シングルコア2885332724521742
マルチコア4718563541454081

iPhone 6s/6s Plus/SEと同じA9チップを搭載しているチップで、A8Xよりも少しだけ性能が高くなっていることが確認できます。

GPUの性能を計測することができるAntutuでのスコアは以下のとおり。

20170330160942j:plain
 iPad Air 2iPad(第5世代)iPad Pro
CPUA8XA9A9X
総合101070124372159252
3D312463280847167
CPU333554190548894
RAM9314870210169

A9チップ(デュアルコア)はのA8X(トリプルコア)よりも高い性能となっていて、GPUの性能もA8Xとほぼ同じとなっています。

メインメモリも2GBあるのでiPad(第5世代)の性能はiPad Air 2と同等レベルと見ていいでしょう。

A9チップのプロセスルールは16nm FinFET(14nm FinFET)に微細化されていて消費電力も少ないのでバッテリー駆動時間も長いものになってそうです。(公式ではすべてのモデルが10時間となっています。)

Apple Pencilは使えない

iPad(第5世代)はApple Pencilは使えません。無印のiPadが使えるようになったのは後継機種のiPad(第6世代)からとなっています。

最新のiPad(第7世代)はApple PencilだけでなくSmart Keyboardも使うことができるので、ちょっとしたパソコンとして使うことも可能となっています。

iPad(第5世代)レビュー:まとめ

iPad(第5世代)はスペックが抑えられた廉価版モデルとなっていて、iPad Air 2ではなくiPad Airの後継機といっていいでしょう。系譜にするとこんな感じです。

  • 普及モデル:iPad(第4世代)→ iPad Air → iPad (第5世代)→ iPad(第6世代)→ iPad(第7世代)
  • 上位モデル:iPad(第4世代)→ iPad Air → iPad Air 2→ iPad Pro 9.7 → iPad Pro 10.5 → iPad Pro 11インチ

フラグシップモデルはiPad Proに役目を渡すことでiPad(第5世代)は機能を抑えることで価格を安くなっています。

 iPad(第6世代・第5世代)iPad Air 2iPad Air 3
32GB37,800円42,800円
64GB58,800円
128GB48,880円52,800円
256GB71,800円

iPad(第5世代)はスペックは抑えられたものになっていますが、タブレットとしてネットサーフィンしたり、SNSしたり、動画を見るくらいなら十分使える端末になっています。

ただ、iPad(第5世代)は販売終了していてiPad(第6世代)なら整備済製品で買うことができるかもしれません。

ただ、2020年現在はiPad(第7世代)がエントリーモデルとして34,800円で販売されています。以前よりも安い価格で買うことができるので今買うならiPad(第7世代)を選ぶのがいいでしょう。

iPad ProとiPadの中間モデルとしてiPad Air 3が出たのでプロの性能はいらないけどキレイな画面で動画を見たい方も安心して選ぶことができるようになっています。

iPad(第5世代)から乗り換えるならどれ?

いま現在、iPad(第5世代)を使っていて動作が遅くなってきたから買い換えたい…という方はどのモデルを選ぶべきか?

iPad(第5世代)からの乗り換えには
  • 同じようなコトができればいい → iPad(第7世代)
  • キレイな画面でコンテンツを楽しみたい → iPad Air 3
  • 動画や音楽を快適に楽しみたい → iPad Pro 10.5インチ
  • 動画編集・イラストを描きたい → iPad Pro 11インチ

基本的にタブレットとして使うのならiPad(第7世代)を選べばOKです。画面サイズが9.7インチ → 10.2インチと大きくなってより快適に使うことができます。

パソコンとして資料作成したりブログを更新したりするならiPad Air 3を選ぶことでより快適に作業することができるでしょう。もし、動画編集もするならUSB-Cポートに対応しているiPad Pro 11インチを選ぶのがいいです。

旧型のiPadは整備済製品としてAppleの公式サイトで販売されているので旧型モデルでもいいけど新品のiPadが欲しいという方はおすすめです。安いモデルなら3万円ほどでiPadを手に入れることもできます。

最新iPadの比較・おすすめはこちらです。

iPad Pro 11インチ・12.9インチの比較はこちらをどうぞ。