HomePod mini レビュー

Appleのスマートスピーカー・HomePodは音質はいいけど筐体サイズが大きいので設置場所に困る…なんてことがありました。

そんな中で、りんごサイズの小型スマートスピーカー・HomePod miniが2020年12月に発売。しかも、価格が10,800円(税込 11,880円)と低価格なので2台買っても2万円ちょいで揃えられるコスパパフォーマンス最強のスマートスピーカーです。

Homekitに対応したスマート家電とHomePod miniを接続することで声での操作もできるので、初めてのスマートホームのハブマシンとして使うのもアリとなっています。

ここでは、Appleの小型スマートスピーカー・HomePod miniのデザイン、音質、使いやすさについてレビューしています。iPhoneやiPadを使っていて音響周りを強化したい方におすすめですよ。

HomePod mini レビュー

HomePod miniの特徴

HomePod mini
HomePod mini
HomePod miniの特徴
  • りんごサイズの小型スマートスピーカー
  • ネオジム磁石を採用したフルレンジスピーカー
  • 360度に広がる豊かなサウンドを奏でる
  • Apple S5チップを搭載している
  • 2台ペアリングでステレオサウンドに
  • HomeKitでスマート家電を操作できる
  • 84.3 × 97.9mm 重量が345gと小型軽量
  • スペースグレイ・ホワイトの2色から選べる
  • 端末価格が10,800円と安い

従来のHomePodは本体サイズが大きくて置き場所に少し困りましたが、HomePod miniはりんごを少し大きくしたサイズ感なのでどこにでも置いて使うことができる汎用性の高いスピーカーとなっています。

とくにiPhoneiPadの相性は抜群でコントロールセンターから簡単に切り替えて音楽を楽しむことができます。また、HomePod miniは端末が小さいので2台揃えて気軽にステレオ環境を構築できるのが最大のメリットかもしれないですね。

価格も10,800円とかなりお手頃なので、予算に余裕があるなら2台導入がおすすめです。音の広がり方が全く異なるので満足することができますよ。

端末との遅延もほぼないのでiPhone、iPadで動画を見るときにHomePod miniから音声出力することで迫力のサウンドを楽しむことができます。

もちろん、スマートスピーカーなので「ヘイ!Siri!」で音声アシスタントを起動してスマートホームデバイスを起動するといった使い方も可能となっています。

パッケージと付属品

HomePod miniは本体カラーに合わせてパッケージデザイン、カラーが異なります。色が違うだけで違うデザインにしてしまうって凄いですよね。Appleもこの価格なら2台同時購入する人が多いと目論んでいたのかもしれません。

HomePos miniのパッケージデザイン
HomePos miniのパッケージデザイン

同梱品はApple 20W USB-C電源アダプタと説明書となっています。

Apple 20W USB-C電源アダプタ
Apple 20W USB-C電源アダプタ

HomePodはAC電源ケーブルが本体から伸びてましたが、HomePod miniはUSB-Cポートが本体から伸びている感じとなっています。

HomePod miniの電源ケーブル
電源ケーブルはUSB-Cを採用している

スピーカーからUSB-Cケーブルを取り外すことはできないので、基本的には据え置きで使うことを前提としたスピーカーとなっています。小さいサイズですが、リビングや自分の個室など落ち着いた場所にHomePod miniを設置するのが良さそうです。

HomePod miniは付属のApple 20W USB-C電源アダプタを使って電力供給するのが一番いいのですが、このタイプの電源アダプタは横幅が長く嵩張るので電源タップを使っている場合は少し邪魔になってしまいます。

電源タップが圧迫しない多ポート内蔵の電源アダプタを使って電力供給をしてあげたいところですが出力が18W以下になるとオレンジ色のLEDが表示して動作しません。

なので、供給電力にはシビアなようで実際の出力が20Wを上回る電源アダプタを使う必要があり、例えば90Wほどの2ポートの電源アダプタを使って2台のHomePod miniを接続するなど大きめの容量の電源アダプタを用意しましょう。

追記:アップデートで18Wの電源アダプタでも使えるようになりました。これは嬉しい改善点だ!

外観デザインと本体サイズ

HomePod miniの筐体はネットに覆われた球状の可愛らしいデザインとなっています。360度、どこから見ても同じデザインとなっていてネットの部分も質感が高く部屋に置くだけでオシャレ感が出ていい感じですね。

HomePod miniのデザイン

筐体の大きさは84.3 × 97.9mmとなっていて本物のリンゴくらいの大きさを想像していただければ分かりやすいかと思います。

HomePodはかなり大きなスピーカーだったので設置場所に少し悩むところがありましたが、HomePod miniはどこにでも置いて使うことができて使いやすいサイズ感になっています。

林檎サイズのHomePod mini
林檎サイズのHomePod mini

本体の裏にはAppleのロゴマークが印字されていています。

本体の底にAppleのロゴマークがある
本体の底にAppleのロゴマークがある

HomePod miniは1台でもちゃんと使うことができますが、2台並べて使うことでステレオ再生ができるようになり、音質が格段に良くなります。音質が良くなるというか音の広がりが数倍も良くなるといった感じでしょうか。

HomePod mini スペースグレイとホワイト
スペースグレイとホワイト

電源に繋ぐだけで自動的に起動して操作パネルの部分が白く光ります。

もし、サードパーティ製の電源アダプタを使って電力不足になる場合はオレンジ色に光ってエラー表示となるので、純正の電源アダプタを使うか出力の高いアダプタに入れ替えをしましょう。

HomePod miniの設定方法・使い方

HomePod miniはiPhoneまたはiPadがあれば簡単にセッティングすることができます。HomePod miniの電源が入った状態でiPhoneを近づけると自動的に設定画面が表示されます。

HomePod miniのペアリング

HomePod miniを設置する部屋を選びます。ホームアプリで部屋ごとで制御ができるようになるので管理がしやすくなりますよ。

HomePod miniの設置場所
設置場所を設定する

アカウントが自動的に表示されるので「設定を転送」をタップすることで設定が完了します。

アカウントと設定

2〜3分ほど待つと「HomePodの準備完了」という画面が表示されるので、これで初期設定完了です。HomePod miniが2台ある場合はもう一台を続けて設定することができます。

同じようにiPhoneの画面に設定画面が表示されるので設定していきます。

もう1台のHomePod miniを設定する

2台目の設置場所で先ほど設定したHomePod miniと同じ部屋に設定すると「ステレオのペアとして使用」という項目が表示されます。

HomePod miniをステレオペアリング設定

HomePod miniが2台あるということは、ステレオ設定してステレオサウンドで楽しみましょう。どちらの端末を左チャンネルにするか、右チャンネルにするかを設定できますし、後からどちらが設定されていたかも確認できるようになっています。

ワイヤレススピーカーのステレオペアリング設定はどっちがどっちか分からなくなったり、電源を入れるたびに設定をしないといけないなど設定が面倒くさいことがありますが、HomePod miniはさすがAppleのスマートスピーカーだけあって、設定はとても簡単にすることができますね。

HomePod miniの設定が完了

これでHomePod miniの設定が完了しました。ワイヤレスイヤホンのAirPodsAirPods Proと同じように簡単な設定で使えるようになるのは、とっても優しいですよね。

HomePod miniの音質

HomePodは複数のスピーカーを搭載し高音質システムを実現していましたが、HomePod miniはAppleが設計したネオジウム磁石のフルレンジドライバの1つのスピーカーのみとなっています。

HomePod miniのスピーカー
HomePod miniのスピーカー

スピーカーは1つのみですが、独自のアコースティックウェーブガイドが底部から音を響かせて360度の音場を作り出すだけでなくフォースキャンセリングパッシブラジエータによりサイズ以上の低音再生が可能となっています。

HomePod miniはApple Watch SEに採用されているS5チップを搭載しリアルタイムに音質をチューニングして音楽を再生しています。

実際の音質は10,800円という価格を考慮すると価格以上のものはあると感じますが、1台再生だと少し音がこもった感じなので音質が良いとは言い切れず、少し物足りなさはあります。

そこはフルレンジスピーカーなので低音の豊かさ、高音の伸び、クリアさは正直言ってイマイチです。まあ、この価格のスピーカーなので仕方ないといえばそれまでなんですが過度な期待はしないでおきましょう。

ただ、音を聞いた第一声は「大したことないな」なんですが、使っていくうちに不思議と「あれ?音良くなってない?」に変わっていくのがAppleマジックとでもいうべきところでしょうか。

HomePod miniは低音や高音を無理に再生させようとはしておらず、中音域の音質はしっかりした芯がある聞きやすいスピーカーに仕上がっています。つまり、ボーカル域の音質がいいので聴きやすいサウンドになってるんですね。

長時間の音楽再生も疲れないですし、いずれにしても、iPhoneやiPadの内蔵スピーカーの音質と比べると数倍も良いのでHomePod miniを使うことで気軽に音楽体験を高めることはできるんかなと思います。

可能であればHomePod miniを2台揃えて音楽を楽しむのがおすすめです。

HomePod miniをステレオ再セオ
HomePod miniをステレオで再生できる

HomePod miniは中音域の再生を得意とするフルレンジスピーカーを下側に配置することで音の広がりを感じることができます。これが2台になってステレオ再生されるとボーカルが際立って音場に包まれているかのような感覚が生まれまれるのです。

間違いなくHomePod miniは1台で音楽を楽しむよりも音のクオリティが数段レベルアップして驚くようなサウンドを楽しむことができるようになるので、予算に余裕があるならHomePod mini 2台でステレオペアリングして楽しむのがいいでしょう。

Siriを使って操作ができる

HomePod miniはスマートスピーカーです。声で「ヘイ!Siri!」と呼びかけることでレインボーに輝きながら音声アシスタントのSiriさんを呼び出すことができます。

もちろん、呼びかけをしなくてもトップ部分を指で長押しすることでもSiriを起動することができます。

HomePod miniでSiriを起動
長押しでSiriを起動する

HomePod miniは4つのマイクを内蔵していることもあり、音楽をかけながらいつもと同じ声量で「ヘイ!Siri」と呼びかけをしてもしっかりと反応してくれる耳を持っています。

本体上のガラス部分に触れることで以下の操作が可能となっています。

  • タップ:音楽またはSiriを再生/一時停止
  • ダブルタップ:次の曲にスキップ
  • トリプルタップ:前の曲にスキップ
  • 長押し:Siriを呼び出す
  • +・-:音量調節ボタン

声による操作は楽ですが、タッチコントロールでの操作ができるようになっているのは嬉しい仕様といえます。

なお、iPhoneとiPadからもHomePod miniの操作がコントロールセンター、ホームアプリからできるようになっているので画面を見ながら楽曲を探すということもできます。

HomePod miniで出来ること

HomePod miniで出来ることは多いので一部抜粋しました。

情報収集をする

スマートスピーカーとして使うことができるHomePod miniですが、AmazonのAlexa端末のようにニュースを聞いたり、天気予報、株価情報などを調べたりすることができます。

朝に忙しい時間にiPhoneの画面を見ることなく「ヘイ!Siri!今日の天気」と聞いて確認することもできます。

タイマー、アラームをかける

また、HomePod miniはタイマーをかけたり、時間になったら教えてくれるアラート機能を使うこともできます。

基本的にiPhoneがあれば必要のなさそうな機能ではありますが、HomePod miniならついつい画面を見て気が散ってしまうことがないので使い勝手は意外といいです。

また、料理をしていて時間を測りたい時に手が離せない時にも声でタイマーセットができるのは料理をしている方にとっては救世主となりますよね。

メッセージの作成・送信

HomePod miniは音声機能を使ってメッセージを作成して送信することができます。メッセージの読み上げもできるので、例えば料理をしているときにメッセージが入ってきたときに手を離さずに読み上げから返信までできてしまいます。

また、iPhoneを経由してハンズフリーで通話もできるようになっています。

スマートホームとの連携機能

Home Kitに対応した家電を使うことでHomePod miniからSiriを呼び出してスマート家電を操作することもできます。

例えば、KEDランプのPhilips HueNature Nature Remo miniMeross Wi-FiスマートプラグなどはHomeKitに対応しているのでHomePod miniを使って操作することができます。

実際にSwitchBotというIoTロボットを使ってエアコンを動作させたり、テレビを付けたり、お風呂を沸かしたりなど、そういったことをiPhoneだけでなく音声操作が実際にできてしまいます。

設定もとても簡単にすることができるので、意外と気軽に既存の家電をiPhoneやHomePodから操作できてしまうことに端末の進化を感じてしまいます。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

インターコム機能で各部屋を繋ぐ

HomePod miniはインターコム機能を搭載していて各部屋に設置してある端末を使って会話をすることができます。

各部屋にHomePod miniを設置することが前提となりますが、リビングから簡単に子どもの部屋に声をかけられるのは便利かもです。さらに、外出中もiPhoneから家のHomePod miniにアクセスして会話することもできます。

音楽を広がりのあるサウンドで楽しむ

HomePod miniは単体でApple Music、Apple Music Radio、Apple Podcastなど再生できます。

ハンドオフ機能を搭載しているので、iPhoneで聞いていた楽曲を家に帰ってきてHomePod miniにiPhoneをかざすだけで続きを楽しむこともできます。

ハンドオフ機能で続くをHomePod miniで
ハンドオフ機能で続きをHomePod miniで

iPhoneを画面ロック解除してわざわざ切り替え作業をしなくても、かざすだけで続きの音楽を楽しめるのはかなり使いやすいですね。サッと切り替えができます。

また、HomePod mini単体による再生だけでなく、iPhone、iPadを使ってAirPlay2 経由から音楽再生できます。この場合、Apple MusicだけでなくYouTube、Spotifyなどの他社のストリーミングサービスを使えます。

ただし、HomePod miniのステレオ再生はMacではApple Music、Apple TVといった純正アプリのみ対応となっており、ブラウザ経由のYouTubeなどの音は片方のHomePod miniからの再生となるので注意です。

どのサービスであってもステレオサウンドで楽しみたいならiPhone、iPadを使うのがおすすめです。どちらもステレオサウンドで音楽を楽しめるのでMacよりもiPhone、iPadとの相性の方が良いといっていいかもですね。

iPadとHomePod mini
iPadとHomePod mini

ちなみに、AirPlay 2は複数の対応スピーカーを同時再生できるのでHomePodもあれば同時再生が可能です。

HomePod miniだけだと低音が弱い…もっと迫力サウンドにしたいという場合はコントロールセンターから簡単にHomePodを拡張し同時再生させることができます。

複数のHomePodを同時再生する
複数のHomePodを同時再生する

HomePod mini(ステレオ) + HomePod(1台)の再生にすることで低音と高音が強化されて格段に音質が良くなりテンションが上がります。もちろん、HomePodが2台追加することもできます。

もし、HomePodを持っていてHomePod miniを買ってしまって活用方法を模索しているならスピーカーを拡張するといった使い方もいいのではないでしょうか。

Macの場合はApple Musicであれば複数のHomePod、Macのスピーカーからも同時再生させることができます。

MacとHomePod miniで同時再生
MacとHomePod miniで同時再生

iMac 27インチ + HomePod mini(ステレオ)で音楽再生ができます。2020年モデルのiMac 27インチのスピーカーは音がよくなっていますがスピーカーが下向きに搭載されているため音の広がりがイマイチな部分がありました。

しかし、HomePod miniと同時再生させることで音が格段に広がり、低音と高音も強化されてHomePodとの組み合わせにも負けないくらい迫力のサウンドを手にすることができます。

iMac 27インチのスピーカーを向上させたい時にHomePod miniをちょっと追加することで簡単に音質アップができるので、iMacの音質に不満を感じている方は試してみてください。

HomePod mini レビュー:まとめ

HomePod miniは小型サイズのスマートスピーカーです。本体サイズが小さくデザインがオシャレなので1部屋に1個設置したくなりますね。

HomePod miniのメリット

HomePod miniは本体サイズが84.3 × 97.9mmと少し大きめのリンゴくらいの大きさなので、どこにでも気軽に設置して使うことができるお手軽スマートスピーカーとなっています。

HomePod miniの良いところ
  • 本体サイズが小さくどこにでも設置できる
  • 動画再生も音の遅延が少なくて見やすい
  • ステレオ設定で臨場感あるサウンドを体感できる
  • iPhone / iPadとの相性が良く使いやすい
  • スマート家電を声で操作できる
  • 価格が安いので2台揃えやすい

本体サイズがとにかく小さいので設置スペースがない机の上も気軽に置いて使えるし、iPhone/iPadならYouTube、AmazonプライムビデオをいったApple以外のアプリの音も再生できます。

音質は価格相応といったところですが、2台揃えてステレオ再生に設定することによって2万円前後の一般的なスピーカーと比べても広がりのある臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

iPhone、iPadの内蔵スピーカーは筐体が小さいわりに音質はいいですが、HomePod miniはちゃんとしたスピーカーを搭載していることもあり、スマホで味わうことができないサウンドを楽しむことができます。

HomePod miniのデメリット

HomePod miniは価格の安さを考慮すると完成度はかなり高い端末になっているように感じますが、接続の安定性がHomePodと比べると不安定さを感じてしまいます。

HomePod mini の惜しいところ
  • MacからはApple Musicのみ対応

HomePod miniはiPhone、iPadならApple Musicだけでなくサードパーティのアプリの音声もきちんと出力することができますが、MacからだとApple Musicしかちゃんと出力ができません。

これは単純にBluetoothでの接続ではなくAirPlay 2での接続になってるためで、利用に少し制限があるのが気になるところですよね。

とはいえ、HomePod miniは10,800円(税込:11,880円)という価格で買うことができ、気軽にiPhone、iPadのオーディオ環境をアップグレードできるのでちょっと背伸びをしていい音を手に入れたいという方はHomePod miniを使ってみてください。

音質にこだわるならHomePodがおすすめです。

HomePodはスマートスピーカーというよりもちょっと便利なワイヤレススピーカーとして見られることが多いですが、HomeKitに対応した端末であれば声でスマートホーム家電の操作ができるのでかなり可能性を感じることができるスマスピなのかなと感じます。

声でエアコンを付けたり、電気を付けたり消したりすることができるのはほんとに便利なので是非挑戦して見て欲しいところです。

ワイヤレスイヤホンのAirPods・AirPods Proはこちらです。