Google Pixel 3a レビュー

安かろう悪かろう。そんなスマホの時代は終わったのかも…!

Googleのスマートフォン「Google Pixel 3a」が2019年5月17日に発売しました!Pixel 3aは48,600円と少しだけ安いスマホでPixel 3の廉価版モデルとなっています。いや〜、これ本当に廉価版スマホなの?

コンパクト、軽い、カメラの画質いい、めちゃくちゃ使いやすい!

この記事ではPixel 3aの外観デザイン、CPUの性能、実際の動作速度、カメラの画質・使い勝手についてレビューしています。

 

Google Pixel 3a レビュー

Google Pixel 3aの背面デザイン
Google Pixel 3aの背面デザイン

Google Pixel 3aは5.6インチのFHD+ディスプレイを搭載したスマホで、スマホの大画面化が進んでいる中でPixel 3aは程よい大きさのディスプレイとなっています。

Pixel 3aは上位モデルのPixel 3のほぼ半額で買うことができるスマホとなっていますが、Pixel 3で話題になったAIカメラでの撮影が可能となっており安いのに高機能なスマートフォンとなっています。

上位モデルのPixel 3と今回発売されたPixel 3aのスペックの違いは以下のとおりです。

Pixel 3aとPixel 3の違い
Pixel 3a Pixel 3
ディスプレイ 5.6インチ
FHD+(2220 x 1080)OLED
5.5インチ
FHD+(2160 x 1080)OLED
CPU Snapdragon 670 Snapdragon 845
RAM 4GB LPDDR4X
ストレージ 64GB
リアカメラ 1220万画素(ƒ/1.8)・光学式手ブレ補正・AIカメラ・4K30p動画撮影
フロントカメラ 800万画素(ƒ/2.0)・AIカメラ 800万画素(ƒ/2.2)+ 800万画素(ƒ/1.8)
Pixel Visual Core
通信性能 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
LTE通信 Cat.11 受信600Mbps
Cat.5 送信75Mbps
Cat.16 受信1Gbps
Cat.5 送信75Mbps
オーディオ ステレオスピーカー・3.5mmオーディオジャック デュアル前方放射型ステレオスピーカー
バッテリー容量 3000mAh 2915mAh
Qiワイヤレス充電対応
充電ポート USB-C
(18W急速充電・USB 2.0)
USB-C
(18W急速充電・USB-C 3.1 Gen1)
防水防塵 IP52 IP68
本体サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2mm・147g 145.6 x 68.2 x 7.9mm・148g
筐体素材 ポリカーボネート アルミフレーム + ガラス(Corning Gorilla Glass 5)
価格 48,600円 95,000円 → 69,000円に値下げ

Google Pixel 3aはキャリアではドコモとソフトバンクで購入ができるようになっており、以下の価格となっています。

Google Pixel 3a キャリア版の価格
  • ドコモ:43,200円(36回払い:1,200円)
  • ソフトバンク:52,889円(48回払い:1,102円)

ドコモ版の方が安くGoogle Pixel 3aを購入することができるようです。また、ドコモだとGoogleのオリジナルトラベルBoxが先着3,000名で貰うことができますよ。

↓ Pixel 3aをソフトバンク/ドコモで ↓

この

大きな違いを簡単にまとめるとこんな感じ。

Pixel 3aはPixel 3よりも…
  • CPUの性能が少し低い(SMD845 → SMD670)
  • AIカメラの処理に少し時間がかかる(Pixel Visual Core非搭載)
  • 筐体素材がガラスではなくポリカーボネート(落としても割れない)
  • 防水性能が少しだけ下がった(IP68 →IP52)
  • ワイヤレス充電は非対応に
  • 3.5mmヘッドフォンジャックを搭載した
  • 端末価格が48,600円と安い(Pixel 3より20,400円安い)

CPUの性能が低いのは嫌だなーって思っていましたが、Pixel 3aは思っていた以上に快適に動作するので普通に使うなら全く問題ないでしょう。

おそらく、他メーカーのスマホと違って純粋なAndroidなので動作が軽いんでしょうね。とにかくサクサク快適に使うことができます。

また、Pixel 3aはAIカメラを使って撮影ができます。

Pixel 3aのAIカメラ
Pixel 3aのAIカメラ

Pixel 3と違って専用のチップ(Pixel Visual Core)が非搭載となっていて撮影後の処理時間が少しだけかかってしまいますが連続して撮影できるので特に問題ありません。

この記事ではカメラの画質だけではなく、AIカメラの処理時間にどれくらいかかるのかなど細かいこともレビューしているので、Google Pixel 3aのカメラに興味がある方は参考にしていただけたらと思います。

パッケージ・付属品

Pixel 3aは白を基調としたパッケージに本体のカメラに焦点を当てたデザインとなっていおり、端末、充電アダプタ、充電ケーブル、USB C-A変換アダプタ、説明書、ピン、Googleのシールが入っています。

Pixel 3aのパッケージと付属品
Pixel 3aのパッケージと付属品

Pixel 3aはUSB-Cに対応していますが、しっかりとUSB-Cケーブルが付属しているので購入してすぐにPixel 3aを充電して使うことが可能となっています。

充電アダプタの出力は最大18WとなっておりPixel 3aを急速充電できるようになっています。

 

外観デザイン

本体カラーとスタイル

今回購入したGoogle Pixel 3aは「ジャストブラック(Just Black)」です。

Pixel 3a 背面のデザイン
ツートンスタイルのPixel 3aの背面パネル

他にもパープルが入った白が鮮やかな「Purple-ish」、淡い白の「Clearly White」があります。

Pixel 3a 本体カラーラインナップ
Pixel 3aのカラーラインナップ

ホワイト系のカラーは電源ボタンがアクセントとなっていて可愛らしさがありますね。

Pixel 3aの筐体はツートンカラースタイルとなっていて、指紋センサーより下はマットな素材、上は光沢のある素材となっています。

Pixel 3aの指紋認証センサー
背面中央上に配置された指紋認証センサー

ポリカーボネート素材のユニボディスタイルなので手に馴染みやすい筐体となっています。

Pixel 3aの電源・音量ボタン
本体右側に電源/音量ボタン

上位モデルのPixel 3はアルミフレームとガラス素材となのに対してPixel 3aはポリカーボネート素材なのでチープ感があるのかなと思っていましたが、思ってたよりも悪くないんですよね。

正直なところPixel 3と比べてみても遜色ない質感があるのかなと思います。(ここでは比較できてませんが、実際に両手に持って見比べてみました。)

リアカメラとフロントカメラ

リアカメラはシングルカメラでLEDフラッシュも搭載しています。iPhoneほどではないですが出っ張りレンズとなっていますね。

Pixel 3a リアカメラ
シングルカメラのPixel 3a

フロントカメラは画面正面の左側に搭載しています。

Pixel 3a フロントカメラ
画面上部にフロントカメラ

フロントカメラはあくまで自撮り用のカメラとなっていて顔認証機能は搭載していません。顔認証機能については上位モデルのPixel 3にも搭載されていません。

この点についてはちょっと残念なポイントといっていいかもしれませんね。簡易型でもいいから顔認証機能を搭載して欲しかった。やはり、背面の指紋認証のみだと机の上に置いた時などちょっと使いにくいんですよね。

USB-Cポートを搭載

Pixel 3aの充電ポートはUSB-Cとなっているので、最近のパソコンやタブレットの充電ケーブルと共有することが可能です。Pixel 3aは18Wの急速充電に対応しているので素早くバッテリーを充電することができます。

Pixel 3aの充電ポート
USB-C対応のPixel 3aの充電ポート

USB-Cポートの両隣にある長細い穴はスピーカーとなっていて受話レシーバーの部分もスピーカーになっているので、動画や音楽をステレオサウンドで楽しむことができるようになっています。

Pixel 3はデュアル前方放射型ステレオスピーカーですがPixel 3aは普通のステレオスピーカーなので音質にあまり期待してませんでしたが、内蔵スピーカーでも迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

3.5mmオーディオジャックを搭載

最近は価格の安いモデルにヘッドフォンジャックを採用されることが多いですが、Pixel 3aも3.5mmオーディオジャックを搭載しています。

Pixel 3a 3.5mmオーディオジャック
3.5mmオーディオジャックは本体上部左側に

なので、Pixel 3aを充電しながら有線イヤホンを使って音楽を楽しむことができますね。また、ハイレゾサウンドに対応したヘッドフォンを接続して高音質なサウンドを楽しむことも可能となっています。

 

有機ELで綺麗なディスプレイ

Google Pixel 3aを手にして感じたのが画面が綺麗ということだったのですが、Pixel 3aは48,600円という安めの端末価格でありながら有機ELディスプレイ(OLED)を搭載しています。

iPhone XRに搭載されている液晶(LCD)も十分綺麗な色鮮やかな表現ができるディスプレイでしたが、やはり有機EL(OLED)はさらに上行く色鮮やかさがありますね。

画面の明るさを最大にしてみるとiPhone XRは白っぽくなってしまいますが、OLEDは締まった色をしっかりと表現することができています。

有機ELと液晶の色合いの違い
Pixel 3a(OLED)・iPhone XR(LCD)

Pixel 3aのディスプレイはカラーモードを変更することができます。

Pixel 3a ディスプレイのカラーモード
Pixel 3aはカラーモードを調整できる
Pixel 3a カラーモード
  • アダブティブ
  • ブースト
  • ナチュラル

初期設定は「アダブティブ」となっていて一番色鮮やかなカラーモードとなっています。落ち着いた色にしたい場合は「ナチュラル」に設定することで目に優しい自然な色合いにすることができます。

プロセッサのスペック性能と動作速度

Pixel 3aのCPUプロセッサ
Snapdragon 670を搭載している

Pixel 3aのCPUプロセッサはミドルレンジクラスのSnapdragon 670を搭載しているのですが、高性能コア(2.0GHz)が2つ、高効率コア(1.7GHz)が4つ内蔵した8コアプロセッサとなっています。

プロセッサの性能の違い

Pixel 3aのCPUプロセッサの性能をGeekbench 4で計測してみました。

Pixel 3aのCPUプロセッサの性能
Snapdragon 670の性能(Geekbench 4)
CPUの性能(Geekbench 4)
Pixel 3a Pixel 3(参考値)
CPU Snapdragon 670 Snapdragon 845
GPU Adreno 615 Adreno 630
RAM 4GB LPDDR4X
シングルコアスコア 1616 2415
マルチコアスコア 5155 9054
GPUスコア 6409 13022

スコアで比較するとPixel 3aはPixel 3の半分くらいの性能しか持っていないことになりますね。

Antutuでも性能を計測してみました。

AntutuでCPUプロセッサの性能を計測
Antutuのスコア結果
CPUの性能(Antutu)
Pixel 3a Pixel 3(参考値)
CPU型式 Snapdragon 670 Snapdragon 845
トータル 157513 292245
CPU 60973 92062
GPU 44229 126320
UX 40795 64132
MEM 11516 9731

トータルで見るとSnapdragon 670は845の50%ほどの性能に収まっていて、CPUは60%ほど、GPUは30%ほどの性能となっているのでしょう。

実際の動作速度・操作感

これだけスコアが低いと実際の動作速度は大丈夫なのか不安になってしまいますが、通常アプリの動作は全く問題ないレベルで動作するので大丈夫だと思います。

Pixel 3a(Snapdragon 670)とiPhone XS Max(A12)で比較してみました。

ブラウザくらいのアプリなら動作速度に差はないので快適にPixel 3aを使うことができます。本当に快適に動作するのでPixel 3aをメインに使ってもいいんじゃないかなと思い始めています。

ゲームに関しては荒野行動を実際に遊んでみましたが普通に動作しますしフレームレートに60fpsに設定すれば滑らかに動きます。ただし、混み合う場所に行くとレート落ちがあるのでそこそこ遊べるといったレベルだと思います。

↓ Pixel 3aをソフトバンク/ドコモで ↓

カメラの性能と画質

Pixel 3a リアカメラ
Pixel 3aのリアカメラ

Google Pixel 3aは廉価版モデルでありながらGoogleのAIカメラを使って綺麗な写真を撮影できます。

カメラのスペック
Pixel 3a Pixel 3
リアカメラ 1220万画素(ƒ/1.8)・光学式手ブレ補正・AIカメラ・4K30p動画撮影
フロントカメラ 800万画素(ƒ/2.0)・AIカメラ
Pixel Visual Core

1220万画素のデュアルピクセルのイメージセンサーを搭載していてオートフォーカスの精度・速度も文句なしのものとなっています。ただし、顔追従機能は非搭載となっています。

映像エンジンのPixel Visual Coreの有無がPixel 3とPixel 3aの違いとなっていますが、Googleのお姉さんによると画質には差はないそうです。

Pixel 3/3aのAIカメラは撮影後に処理をするのですぐに写真を見ることができない仕様になっています。例えば「夜景モード」で撮影をしてすぐに写真を見ると処理中となります。

通常モードでも処理中となるので全ての写真においてAIが処理をして最適な写真に現像してくれているようですね。

Pixel 3aは撮影後の処理に少しだけ時間がかかるだけで処理時間の差は数秒となっています。(撮影する写真によって処理時間は違いますが実際に比較してみたところ1〜2秒くらいの差がありました。)

撮影してすぐに写真を見ないのであればそのまま連写撮影ができるので特に問題はなさそうです。

高精細な色鮮やかな写真に

Pixel 3aは1220万画素のイメージセンサーを搭載しています。1220万画素はさほど高精細な画素数ではありませんが、引き締まった綺麗な風景を撮影することができます。

Pixel 3aのリアカメラの画質(風景写真)
Pixel 3aで街並みを撮影

iPhone XS Maxでも撮影してみました。

iPhone XS Max リアカメラの画質(風景)
iPhone XS Maxで街並みを撮影

ほぼ同じ画素数なので繊細さ同じですが絵作りはかなり異なります。iPhoneは明るめな写真に仕上がる傾向がありますが、Pixel 3aはちょっと暗めのシックなカッコイイ感じの写真に仕上がることが多い。

個人的にはPixel 3aのシックな雰囲気のある色合いの方が好きです。

Pixel 3a リアカメラの画質(花)
Pixel 3aで花を撮影

Pixel 3aは写真やシチュエーションに合わせてGoogleの膨大な写真データからAIがどんな色合いがいいか判断しているらしいので精度はかなり高いみたいですね。

iPhone XS MaxのスマートHDRも素晴らしいんですけど、シチュエーションによっては少し白っぽいメリハリのない写真に仕上がることがあるのがちょっと…って思うことがあります。

光学式手ぶれ補正+AIカメラで夜も綺麗

Pixel 3aは光学式手ぶれ補正を内蔵しているのでブレの少ない写真を撮影できます。もちろん夜間撮影もブレずに綺麗に撮影可能となっています。

Pixel 3a リアカメラ 夜間撮影
Pixel 3aで夜の橋を撮影

夜景モードを搭載していて長時間露光することで暗いところでもHDRっぽい写真を簡単に撮影することができます。

Pixel 3a 夜景モード
Pixel 3aの夜景モードと通常モードの比較

手持ち撮影で2〜3秒ほどのシャッター速度になっていると思うので普通なら完全にブレているはずですが、AIが上手いこと画像を合成しているのかブレの少ない写真に仕上がっています。

明るい繁華街では夜景モードの効果は少なめですが、Pixel 3aの夜景モードはビルの外壁などより明るく描画されているので綺麗ですね。

Pixel 3a 夜景モードの画質
Pixel 3a・iPhone XS Maxの夜間撮影

電光看板の文字が白とびすることもありません。5万円のスマホで10万オーバーのiPhone XS Max以上の画質といってもいいのかも…。

ポートレートモードも自然な表現が可能

Pixel 3aは背景をボカすことができるポートレートモードを搭載しています。シングルカメラ仕様ですがAIの力によってソフトウェアで背景をいい感じにボカしてくれます。

Pixel 3aのポートレートモード(花)
ポートレートモードで背景をボカす

ポートレートモードはどのスマホも草花は苦手ですよね。Pixel 3aも茎が消えてしまったりしています。

Pixel 3a ポートレートモード 苦手分野
草花をボカすのは苦手

でも、花が消えることはないみたいなので雰囲気だけはいい感じに仕上がっているのではないでしょうか。

Pixel 3aはiPhone XS/XS Maxのように撮影距離に制限がないので寄って撮影することもできます。

Pixel 3aとiPhone XS Maxのポートレートモードの違い
Pixel 3aのポートレートモードは寄って撮れる

iPhone XS Maxはこれ以上寄ってしまうと「離れてください」と警告が出て背景をボカすことができませんが、Pixel 3aはまだまだ寄って撮影することができるので、撮影の幅が非常に高いんですよね。

あと、Google Pixel 3aのポートレートモードはズームしながらでも使うことができるので、撮影できる範囲がかなり高いの使いやすいメリットです。

Pixel 3aのポートレートモードは髪の毛もきちんと認識してくれます。

背景がシンプルというのもありますがPixel 3aはキレイに髪の毛を表現してくれます。ただし、背景がゴチャゴチャしてると違和感はあります。

Pixel 3a・iPhone XS Maxのポートレートモード 髪の毛の表現
背景がゴチャゴチャしてるとやはり難しいか

iPhone XS Maxは境目をボカして柔らかい雰囲気にしていますが、Pixel 3aは果敢に髪の毛を描画してやるぞという意気込みを感じることができますね。どっちが好きかは好みが分かれそう。

超解像デジタルズーム

Pixel 3aはシングルカメラで広角レンズしか搭載されていませんが、デジタルズームで約8倍まで拡大して撮影することができます。

で、Pixel 3aのデジタルズームは超解像技術によってズームしてもノイズが少なくクッキリとした写真を撮影することができるのですが、iPhone XS Maxと撮り比べをしてみたところ…

Pixel 3aのデジタルズームの画質
Pixel 3aはデジタルズームも超解像技術でキレイに

シングルカメラのPixel 3aの方が解像しているという…。スゲー。Pixel 3aのAIカメラ。物理的には望遠レンズを搭載しているiPhone XS Maxの方が画質有利なはずなんでしけどね…。

カメラってGoogleのいうとおりシングルカメラで十分なのかも。

ARナビに対応している

Google Pixel 3aはGoogleマップの新機能・ARナビにいち早く対応していて、このように実際の街並みに進むべき方向を示してくれる機能となっています。

Pixel 3a GoogleマップのARナビ
Pixel 3aはGoogleマップのARナビを使える

これが、めちゃくちゃ便利!

地図でナビゲーションは道順が分かっても方向が分からなくなることがありますが、GoogleマップのARナビなら方向を間違えようがないので、方向音痴な僕でも快適に道を調べることができるのです。

GoogleマップのARナビはアップデートで他社のスマホでも使えるようになりますが、現時点ではアルファバージョンとなっていてGoogle Pixel 3シリーズが先行して使うことができる機能となっています。

 

Pixel 3aの便利な機能

画面回転ボタンが各アプリで使える

画面の自動回転をONにしておくと横になった時は思わぬ時に画面が回転してしまい使いにくのでOFFにしている方も多いでしょう。

Pixel 3aはアプリに依存していますが、自動回転OFFの状態でも画面の角度を変えることで画面回転のアイコンが表示されるようになっていて、タップすることで簡単に画面を回転させることができます。

これってAndroid 9.0の機能なんでしょうかね。HUAWEI nova lite 3も同じような機能が搭載されています。

Felicaを搭載している

Pixel 3aでdカード(iD)が使える
dカード(iD)に対応したPixel 3a

Pixel 3aはFelicaに対応しているので日本の電子マネー各種と交通系カードを登録して支払い決済することができます。

今まではdカードのiDに対応してませんでしたdカードも使えるようになりました。ただし、本家のドコモのSIMカードがPixel 3aに入っていないと登録できないので注意です。

購入できるところ・端末価格

Pixel 3aはドコモとソフトバンクで購入することができます。

さらに、GoogleストアでSIMフリー版のPixel 3aを購入できます。Amazonなどではまだ販売はされていませんが、Pixel 3はあるのでいずれ購入できるようになりそうです。

Pixel 3aの端末価格は以下の通りです。

Pixel 3a 端末価格(税込)
  • Googleストア:48,600円
  • ソフトバンク:57,120円(24回:2,380円、48回:1,190円)
  • NTTドコモ:46,656円(36回:1,296円)

端末価格だけで比較するとNTTドコモでPixel 3aを購入するのが安くなっています。36回払いなら1,296円でPixel 3aを購入することができます。

料金プラン込みの価格はこうなります。

月々の支払い
ドコモ ソフトバンク Googleストア + Y!mobile
端末 46,656円 57,120円 48,600円
データ通信 〜5GB:5,378円 〜5GB:6,998円(1年目:5,918円) 〜9GB:4,298円(1年目:3,218円)
音声通話 5分かけ放題:756円 5分かけ放題:540円 10分かけ放題
月々の支払い 6,134円 7,538円(1年目:6,458円) 4,298円(1年目:3,218円)
1年目の合計 120,264円 134,616円 87,216円
2年目の合計 73,608円 90,456円 38,616円

GoogleストアでPixel 3aを購入してY!mobileの回線を使うのが一番安いのは間違いないですね。Y!mobileはSIMカード単体で契約することができ、上記金額からさらに割引をしてくれるのでかなり安くなります。

ただし、SIMカードをPixel 3aに入れたり設定をしないといけないなど少々面倒くさいところがあるので、よく分からないという方は大手キャリアでPixel 3aを手に入れるのがいいのかもしれません。

ドコモとソフトバンクで料金を比較した場合はドコモにした方がPixel 3aを安く手に入れることができるでしょう。

↓ Pixel 3aをソフトバンク/ドコモで ↓

Google Pixel 3a レビューのまとめ

Google Pixel 3a
Google Pixel 3a

Google Pixel 3a、ヤバイ。ちょうど良い画面サイズで片手で扱える大きさ、本体の厚みが薄くて重量も軽い。普通にサクサク動くしめちゃくちゃ使いやすい。

今までiPhone XS Max + iPhone 8の2台体制でしたが、ついにiPhone 8 が陥落してiPhone XS Max + Pixel 3aの2台体制となってしまいました。iPhone 8よりもPixel 3aの方がいいなと思った点をまとめるとこんな感じ。

Pixel 3aの良いポイント
  • 5.6インチという画面サイズが丁度いい
  • 有機ELディスプレイで画面がとても綺麗
  • 本体が軽くてサブ機として最高(メイン機でも全然使えるよ。)
  • AIカメラの画質が綺麗(iPhone XS Maxよりもキレイ?)
  • ポートレートモードが使いやすい
  • 素のAndroid 9 Pieが使いやすい

端末が使いやすいというのもありますが、Androidもかなり成熟してきているのか昔に比べてかなり使いやすくなっているのも大きなポイントの一つです。

iOSではできない機能とか何気に便利だったりします。Twitter見ながらYouTubeとかさ…。

Androidのマルチタスク機能
Twitter眺めながらYouTubeを観る

Androidを使ってきていた人は当たり前なんでしょうけど(笑)ってか、びしょ濡れってなにごと。

残念な点も一応書いておきます。

Pixel 3aの残念ポイント
  • 顔認証機能に対応していない
  • ワイヤレス充電に対応していない(Pixel 3を使いましょう)

やはり顔認証は対応して欲しかったかな。今時、指紋だけってのは…ねえ。それ以外の不満点はPixel 3aには特にないかな。って感じです。

Pixel 3aがおすすめな人
  • コンパクトで軽い端末が欲しい人
  • 価格安めでも快適にスマホを使いたい人
  • キレイな写真を撮影したい人
  • ケースを付けずにスマホを使いたい人

Pixel 3aは端末価格が安いですが必要十分な性能を持ったスマホなので使いやすくておすすめ。背面パネルがガラスではなく樹脂なのでケースを付けずに使っても割れることがないのも良いポイントとなっています。

↓ Pixel 3aをソフトバンク/ドコモで ↓

Pixel 3aの保護ケースや保護フィルムもあります。

上位モデルのPixel 3とビックサイズモデルPixel 3a XL/3 XLとの違いについてはこちらをどうぞ!

ドコモのスマホ(2019年夏モデル)はハイエンドモデルが5機種、スタンダードモデルが4機種あります。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

ソニーモバイルのXperia 1がドコモ、au、ソフトバンクから、コンパクトモデルのXperia Aceはドコモより発売します。