シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ドコモ光はドコモのスマホを使って料金が安くなる!おすすめの理由と評判など!


ドコモ光はドコモのスマホと使うとお得

ドコモ光はドコモのiPhoneやスマートフォンを使っているのなら絶対に選んだ方が良いインターネット光回線となっています。というのも、ドコモを使っているとドコモ光セット割を適用することができてスマホ料金を最大3,500円割引してくれます。

ドコモのスマホ料金は格安SIMと比べると高いです。それでもドコモを使っているという方はいると思います。僕自身もメイン回線はドコモを使っているので光回線もドコモ光を利用しています。

ここではドコモ光を利用するメリットやデメリット、料金はどれくらいになるのかについて詳しく書いていきたいと思います。

 

ドコモのスマホ利用者はドコモ光を選ぶべき理由について

光回線の料金はどこを選んでもほぼ同じ

ドコモ光はコラボレーション光と呼ばれるインターネットサービスです。従来のフレッツ光と違ってプロバイダと回線が一本化されているので支払いが一つになるなど簡素化されているのが特徴となっています。auやソフトバンクも同様に光コラボのサービスを展開をしていますが、光回線の料金は基本的にどこを選んでもほぼ同じとなっています。

光コラボではなくフレッツ光とプロバイダの契約でも基本料金はほぼ同じといっていいでしょう。なので、光回線を引くなら好きなところを契約すればいいのですが、もし、あなたがドコモのスマホを使っているのならドコモ光を選ぶことでスマホ料金から割引をしてくれるのでトータルコストを下げることが可能となります。

ドコモ光の利用料金

ドコモ光は戸建ては月々5,200円〜、マンションは月々4,000円〜利用することができます。

ドコモ光の料金
  戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
単独タイプ 5,000円 3,800円
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円 -

ドコモ光ミニは1.2GBのデータ通信をすると上限の5,700円に達してしまうので使うメリットは100%ありません。また、単独タイプは対応プロバイダを利用しない場合の料金で別途プロバイダと契約する必要があるプランなのでほとんどの方は利用することがないプランです。

なので、ドコモ光を利用するならタイプAかタイプBのどちらかを利用するパターンが多くなるのかなと思います。

ドコモ光のメリット

好きなプロバイダを選べる

ドコモ光は数多くのプロバイダの中から好きなところを選ぶことができ、au光よりも対応しているプロバイダが多いので、ユーザーの環境に合わせてプロバイダを自由に選ぶことができます。

プロバイダにはタイプAとタイプBがあり料金が少しだけ違っておりタイプBの方が200円ほど高い価格設定となっています。

ドコモ光 タイプA
  • ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、So-net、DTI、@nifty、ic-net、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TiKiTiKi、@ネスク、COARA、U-Pa!、OCN、@TCOM、TNC、WAKWAK、AsahiNEt、@チャンプルネット
ドコモ光 タイプB
  • OCN、@TCOM、TNC、WAKWAK、AsahiNEt、@チャンプルネット

au光は7プロバイダーから選ぶことができますがドコモ光と比べるとかなり少なくなっています。

au光
  • au one、@nifty、so-net、BIGLOBE、DTI、ASAHIネット、@TCOM

ソフトバンク光はYahoo!BBのみとなっているので選びようがありません。完全にグループ会社で回している感じですね。

ソフトバンク光
  • Yahoo!BB

ドコモのスマホを利用しているときはもちろん料金が割引になりますが格安SIMを取り扱っているプロバイダ(OCN、Nifty、BIGLOBEなど)であれば格安スマホの料金も割引してくれるのでお得に使うことが可能となります。

  • ドコモのスマホを使っている場合の割引額:100円〜2,500円割引
  • 格安SIMのスマホを使っている場合の割引額:200円割引が多い

ドコモ光の場合はドコモのスマホの料金が大きく値引きされるのでドコモを契約していてドコモ光を使っていないのなら間違いなく契約した方がお得です。 

スマホのデータプランの容量を少なめにできる

光回線が自宅にあるとスマホのデータプランを少ない容量に落としても十分に運用することが可能となります。

ドコモ スマホのデータ量

スマホをほとんど使わないのであればスマホの低容量プランでも十分に使うことができるのかもしれませんが、SNSをしたり、インターネットを使ったり、動画をちらりと見るなら光回線を利用した方がお得になる場合があります。

例えば家族4人でドコモのスマホを利用する場合で固定回線を引いていない場合はそこそこのデータ量のあるプランでないと運用は難しいでしょう。

我が家の場合だと夫婦二人で固定回線を引いていても5GBで足りなくなることがあるので、もし固定回線がなかったら少なく見積もっても15GBのデータ量は必要になると思います。

夫婦二人で固定回線を引いていない場合
 
基本プラン カケホーダイライト:1,700円 1,700円
データプラン ベーシックシェアパック:12,000円(〜15GB) シェアプラン:500円
IPS 300円 300円
合計 14,000円 2,500円
二人合わせて 16,500円

固定回線なしで夫婦二人で15GBのデータ量を分け合って使うと月々の支払いは16,500円になります。

家でSNSしない、インターネットしない、動画見ないという素晴らしい習慣を持った方なら光回線は必要ないのかもしれませんが、スマホで色々と楽しく過ごしたいという方は固定回線なしでスマホ回線のみだと有料のデータ量をじゃんじゃか使うことになり、ウルトラシェアパックを使うことになるかもしれません。

シェアパックの料金
  • ベーシックシェアパック(〜30GB):15,000円
  • ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円
  • ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
  • ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円

ドコモの場合は最大100GBまでのプラン「ウルトラシェアパック100」がありますが月額25,000円とかなり高額です。なので、こうなる前にドコモ光の光回線を引いてしまうことで通信費用を大きく節約することが可能です。

ドコモ光は戸建てで月額5,200円、マンションなら4,200円で利用が可能となっています。

ドコモ光で固定回線を引いてしまえばスマホのデータプランの容量は一番少ないベーシックシェアパック(〜5GB)で十分です。実際に我が家では夫婦二人で5GBのデータ量があれば十分に1ヶ月快適にスマホを使うことができています。(結構ギリギリなんですけどね。)

夫婦二人でドコモのスマホ+ドコモ光にした場合
 
基本プラン カケホーダイライト:1,700円 1,700円
データプラン ベーシックシェアパック:6,500円(〜5GB) シェアプラン:500円
IPS 300円 300円
合計 8,500円 2,500円
二人合わせて 11,000円

5GBのベーシックシェアパックで二人合わせて11,000円となり、ここにドコモ光の5,200円がプラスされることになり合計で16,200円となります。まあ、安くはないですけどこれで自宅でインターネットし放題になりデータ量を気にしなくてもバンバン動画を見ることが可能となります。

ドコモのスマホとの組み合わせで最大3,500円割引に

上記の料金からさらに安くすることができ、ドコモのスマホとドコモ光を組み合わせることで月々100円〜3,500円の割引を受けることが可能となります。スマホの料金プランに応じて割引金額が異なる仕組みとなっています。

ドコモ光セット割の割引金額(一人で使う)
  • ベーシックパック 〜1GB(2,900円):-100円
  • ベーシックパック 〜3GB(4,000円):-200円
  • ベーシックパック 〜5GB(5,000円):-800円
  • ベーシックパック 〜20GB(7,000円):-800円
ドコモ光セット割の割引金額(家族で使う)
  • ベーシックシェアパック 〜5GB(6,500円):-800円
  • ベーシックシェアパック 〜10GB(9,000円):-1,200円
  • ベーシックシェアパック 〜15GB(12,000円):-1,800円
  • ベーシックシェアパック 〜30GB(15,000円):-1,800円
  • ウルトラシェアパック30(13,500円):-2,500円
  • ウルトラシェアパック50(16,000円):-2,900円
  • ウルトラシェアパック100(25,000円):-3,500円

我が家ではベーシックシェアパック 5GBを利用しているので月々の支払いから800円割引を受けています。たったの800円と思ったかもしれませんが、実はまだまだ割引サービスがあります。

ドコモの利用年数に応じてスマホ料金が安くなる

ドコモのスマホは利用年数に応じて料金が安くなる「ずっとドコモ割プラス」という仕組みが整っています。利用年数に応じて料金が安くなるやつですね。

ずっとドコモ割プラス(一人の場合)
継続年数 4年未満 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ステージ 1st 2nd 3rd 4ht プラチナ
ベーシックパック(〜1GB) - - - - -200円
ベーシックパック(〜3GB) - - - - -600円
ベーシックパック(〜5GB) - -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(〜20GB) - -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック - -100円 -200円 -600円 -800円
ウルトラデータLLパック - -100円 -200円 -600円 -800円
ずっとドコモ割プラス(家族の場合)
継続年数 4年未満 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ステージ 1st 2nd 3rd 4ht プラチナ
ベーシックシェアパック(〜5GB) - -100円 -200円 -600円 -900円
ベーシックシェアパック(〜10GB) - -400円 -600円 -800円 -1,000円
ベーシックシェアパック(〜15GB) - -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(〜30GB) - -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ウルトラシェアパック30 - -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック50 - -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円
ウルトラシェアパック100 - -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円

4年未満は割引なし...ケチ臭い。と思った方は多いと思います。確かにまともに長期割引を受けようと思ったら4年以上ドコモユーザーでないといけないことになります。

ドコモポイントの獲得数によってスマホ料金が安くなる

しかし、ドコモの長期割引はdポイントの獲得数によってショートカットすることができ、dカードのGOLDを組み合わせることでドコモユーザーになってたった半年で10年以上の4thステージに上がって割引を受けることができる仕組みとなっています。

ドコモのステージと獲得ポイント数

dポイントはドコモのスマホの支払い料金に応じて1%の還元してくれるポイントでローソンやマクドナルド、スタバ、エネオス、JALなど特約店なら支払い金額の2%のポイントをもらうことができます。

6ヶ月の累計ポイント600ptで2ndステージに上がることができるということは1%の還元率だったとして1ヶ月に100ptのポイント還元 = 10,000円をdカードを使って支払いをするかdポイントカードでポイントを貯めるだけで2ndステージにランクアップできるのです。

3rdステージなら1ヶ月に300ptのポイント還元 = 30,000円、4thステージなら1ヶ月に500ptのポイント還元 = 50,000円、プラチナステージなら1ヶ月に10,000ptのポイント還元 = 100,000円を利用すればステップアップすることができます。

dカードGOLDでスマホ料金とドコモ光の料金の10%ポイント還元

そんなにポイント貯めれないし...。と思われるかもしれません。そんな方はドコモのスマホの支払いに「dカードGOLD」を利用しましょう。年会費10,800円が必要となりますが、dカードGOLDにするとドコモのスマホ料金とドコモ光の料金の10%のポイント還元を受けることができます。

dカードGOLD 概要
  • 年会費:10,800円(税込)
  • ドコモのスマホ料金から10%ポイント還元
  • ドコモ光の料金から10%ポイント還元
  • 通常の買い物:1%ポイント還元
  • 特約店での買い物:2%ポイント還元

ドコモのスマホは少なく見積もっても月々6,000円ほどかかってしまいます。ドコモ光との組み合わせで月々11,000円ほどになります。しかし、dカードGOLDで支払いをすることで1,100ptをもらうことができるので6ヶ月で6,600ptほど貯めることができます。

つまり、dカードGOLDを作って支払いに使うだけでたった半年で10年以上の長期ユーザーと同じステージ4thにショートカットすることができるのです。

dポイント 4thステージに

僕の場合は普通にdカードGOLDでスマホとドコモ光の支払いをしているだけで4thステージに昇格しています。

dカードGOLDの年会費は10%のポイント還元でほぼペイすることができるので実質無料にすることができます。dポイントはドコモの支払いにも使ったりローソンなどでポイント払いで使うこともできるのでいろんな場面で使うことはできるでしょう。

我が家はドコモのスマホ、ドコモ光、dカードGOLDの組み合わせによって通常料金から1,400円の割引を受けています。

ドコモのスマホ、ドコモ光、dカードGOLDの割引
  • ドコモ光セット割:-800円
  • 4thステージ:-600円
  • 合計割引額:-1,400円

ドコモ光の月額料金をドコモ光セット割と4thステージの割引をドコモ光の料金から引くと戸建ては5,200円 → 3,800円、マンションは4,000円 → 2,800円で使うことができる計算となります。なので、もしドコモのスマホを利用していて別の通信会社の光回線を使っているとしたら損をしている可能性があるのでドコモ光への乗り換えを検討してみてもいいのでしょう。

格安SIM + 光回線の方が安いのは?

ドコモ光はドコモのスマホとの組み合わせでトータルで料金が安くなる仕組みとなっていますが、格安SIMと光回線との組み合わせの料金が気になるところですよね。ということで「UQ mobile + auひかり」と「ドコモ + ドコモ光 + dカードGOLD」で料金を比較してみました。

参考としてiPhone 6sを他社からMNPで乗り換えで購入した場合でシミュレーションしています。

UQ mobile 2人分(iPhone 6s) + auひかり
 
プランS(3GB + 5分かけ放題) 2,980円(1年目 1,980円) 家族割:2,480円(1年目 1,480円)
iPhone 6s(32GB) 2,300円 × 24(55,300円) 2,300円 × 24(55,300円)
マンスリー割 -800円 × 24 -800円 × 24
auひかり 6,300円
月々の支払い(1年目) 12,760円(一人当たり6,380円)
月々の支払い(2年目) 14,760円(一人当たり7,380円)
月々の支払い(3年目) 11,760円(一人当たり5,880円)

auひかりは料金が少し高いのでもっと料金の安いコラボ系の光回線を使えばもう少し安くすることができます。UQ mobileは光回線との割引サービスがないので複数のサービスを組み合わせるとドコモの料金とさほど差がないんですよね。

NTTドコモ 2人分(iPhone 6s) + ドコモ光
 
カケホーダイライト + ISP 2,000円 2,000円
ベーシックシェアパック(〜5GB) 6,500円 シェアプラン:500円
iPhone 6s(32GB) 1,650円 × 24(39,600円) 1,650円 × 24(39,600円)
docomo with(割引) -1,500円 × ずっと -1,500円 × ずっと
ドコモ光 5,200円
ドコモ光割 -800円
4thステージ(割引) -600円
月々の支払い(1年目) 15,100円(一人当たり7,550円)
月々の支払い(2年目) 15,100円(一人当たり7,550円)
月々の支払い(3年目) 12,100円(一人当たり6,050円)

ちなみにドコモなら新型のiPhone XRをiPhoneデビュー割やオンラインショップ10周年特典などの組み合わせで追加料金1,000円くらい払うだけで最新のiPhone XRを手に入れることができます。

NTTドコモ 2人分(iPhone XR) + ドコモ光
 
カケホーダイライト + ISP 2,000円 2,000円
ベーシックシェアパック(〜5GB) 6,500円 シェアプラン:500円
iPhone XR(64GB) 3,600円 × 24(総額86,400円) 3,600円 × 24(総額86,400円)
購入サポート -2,275円 × 24 -2,275円 × 24
iPhoneデビュー割 -325円 × 24 -325円 × 24
オンラインショップ10周年特典 -200円 × 24 -200円 × 24
ドコモ光 5,200円
ドコモ光割 -800円
4thステージ(割引) -600円
月々の支払い(1年目) 16,400円(一人当たり8,200円)
月々の支払い(2年目) 16,400円(一人当たり8,200円)
月々の支払い(3年目) 14,800円(一人当たり7,400円)

月々8,200円は高いようにも感じますが86,400円(24回払いで3,600円)もするiPhone XRを手にすることができるので、回線価格は4,600円です。ドコモ回線と光回線の二つを使うことができると見ればかなり安いのかなと思います。

IPv6 + IPv4(V6プラス)で通信速度が爆速に

ドコモ光はV6プラス(IPv6 + IPv4)を利用することができるので基本的に通信速度はとても速いです。

従来のインターネット接続はIPv4(PPPoE)がメインでしたがプロバイダの網終端装置と呼ばれるところが混み合うことから夜間になると通信速度が遅くなっていましたが、V6プラス(IPoE + PPPoE)ならそこをスルーすることができるので通信速度が落ちることがありません。

実際に我が家のドコモ光の通信速度を計測してみました。プロバイダはGMOです。

V6プラス 通信速度

計測するサービスによって通信速度が違いますが、Googleスピードテストは100Mbps前後、RBB SPEED TESTなら150Mbps以上の速度が出ていました。回線の混み合う夜でもこの高速速度を維持しているのでドコモ光 + GMOのV6プラスに乗り換えて通信速度が遅いと悩んだことは一度もないです。

V6プラスに関しては以下の記事でIPv4(PPPoE)とV6プラス(IPoE + PPPoE)の速度の違いなど詳しくレビューしているので是非参考にしてください。

なお、ドコモ光でV6プラスを利用する場合はプロバイダのオプション(無料)から申し込む必要があります。V6プラスが有効化されたらIDとパスワードなしでルーターに接続するだけで自動識別してインターネットが使えるようになるので、設定がめちゃくちゃ楽になるのでオススメですよ。

ドコモ光の事務手数料と工事料について

ドコモ光に申し込む際は契約事務手数料と工事が必要の場合は工事費用が別途必要となってきます。

ドコモ光の手数料
  • 事務手数料:3,000円
  • 工事費用:15,000円〜18,000円

しかし、こちらからドコモ光を申し込むことで契約事務手数料と工事費用が無料になります。さらに15,000円のキャッシュバックと最大10,000円のdポイントも貰えるのでめちゃくちゃお得にドコモ光を使うことができるようになります。

ドコモ光の解約違約金について

ドコモ光は2年で契約することで月々5,200円で使うことができるようになっており、25ヶ月目の契約更新期間に解約をしないと違約金が必要となってきます。

ドコモ光 違約金
  • 戸建て:8,000円
  • マンション:13,000円

ドコモ光でV6プラスを利用すれば通信速度に不満が出ることはほぼないと思います。なので解約したいと思うことはほぼないような気がしますが、もし解約するときは違約金がかかってしまうことを頭に入れておきましょう。

ドコモ光の評判は?

僕だけの意見じゃ偏りがちなのでドコモ光を使っている方々の評判についてまとめてみました。

ドコモ光でもV6プラスにしないと通信速度はさほど速くないのでV6プラスのオプション申し込みはマジで必須です。たまにドコモ光が遅いという声もあるのですがV6プラスを設定していないことが多いんですよね。

まとめ:ドコモのスマホ使ってるならドコモ光はおすすめ!

ドコモでスマホを使っている、これからドコモに乗り換えることならdカードGOLDを作ってドコモ光の固定回線を設置することをおすすめします。ドコモ以外でも格安SIMのOCNモバイルONEかNifMoなら月々200円の割引を受けることができます。

各サービスに新規加入すると還元も結構大きいので初期費用よりもキャッシュバックやポイントバックで逆に儲かりますw

  • ドコモ光:新規で15,000円キャッシュバック・10,000円分のポイント還元
  • dカードGOLD:新規入会で11,000円分のdポイント還元

ドコモ光はきちんとした固定回線です。ソフトバンクが通信障害してしまったときに携帯電話回線を利用したSoftbank Airも同時に回線ダウンしていました。

きちんとした固定回線も自宅やマンションに引いておけば、もしどちらかの回線が通信障害を起こしてしまったとしてもどちらかの回線が利用できる可能性は高いのでリスクヘッジとしても「携帯電話回線 + 光固定回線」を利用するメリットは大きいのかなぁと思います。