Galaxy A53・Galaxy M23 どっちがいい?サイズ・スペック・価格を比較

Galaxy A53 5Gがドコモ、au、UQ mobileで2022年5月に、Galaxy M23 5GがSIMフリーモデルとして2022年4月21日に発売となります。

Galaxyといえばキャリア販売しかしていないメーカーでしたが、ついに日本においてSIMフリーモデルが投入されることになります。

この記事では、Galaxy A53 5GとGalaxy M23 5Gのデザイン・サイズ・スペックの違いを比較しているので、どっちにするか迷っている方は参考にどうぞ。

Galaxy A53とGalaxy M23の違いを比較

デザインと本体カラーを比較

Galaxy A53はミドルハイスマホ、Galaxy M23はミドルレンジスマホで、Galaxy A53はインカメラがパンチホール型にベゼルの幅も狭いのに対し、Galaxy M23は雫型インカメラにベゼルの幅が少し太くなっています。

デザインから見てもGalaxy M23よりもGalaxy A53の方が格上になっていてスタイリッシュなスタイルに仕上がっています。

本体カラーはそれぞれ3色展開で落ち着いたカラー展開となっています。

筐体
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
カラー オーサムブルー、オーサムホワイト、オーサムブラック ディープグリーン、ライトブルー
スピーカー ステレオ モノラル
筐体素材 マット加工 樹脂素材
防水防塵 IP67(水深1m 30分) 非対応

内蔵スピーカーはGalaxy A53がステレオに対応しているのに対して、Galaxy M23はモノラルとなっていて、防水防塵にも非対応でスペックは削ぎ落とされています。

筐体サイズの違いを比較

画面サイズはGalaxy A53が6.5インチ、Galaxy M23は6.6インチと0.1インチ大きいですが、Galaxy A53はベゼルの幅が狭いため本体サイズは抑えられています。

Galaxy A53・Galaxy M23 筐体デザインとサイズ比較
筐体サイズと重量
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
サイズ  160 × 75 × 8.1 mm  165.5 × 77 × 8.4 mm
重量  189 g  198 g

本体の厚みもGalaxy M23は8.4mmあるのに対し、Galaxy A53は8.1mmと薄く、重量も10gほど軽量化されていて画面サイズが大きいのに扱いやすいサイズ感になっています。

生体認証の違いを比較

Galaxy A53、Galaxy M23ともに顔認証による画面ロック解除だけでなく指紋認証にもしっかり対応しています。

生体認証
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
指紋認証  画面内指紋認証  サイドボタン式指紋認証
顔認証  簡易型  簡易型

Galaxy A53は画面内指紋認証を採用、Galaxy M23はサイドボタン式指紋認証と方式が異なります。

画面内指紋認証の精度がどれくらいなのか不明ですが、精度や使いやすさはGalaxy M23の方がいいかも。いずれにしても、マスクをしながらもしっかり使えるスマホとなっています。

ディスプレイの違いを比較

Galaxy A53は6.5インチの有機ELディスプレイ、Galaxy M23は6.6インチの液晶ディスプレイを搭載していてい解像度はどちらもフルHD+と同じです。

ディスプレイの違いを比較
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
画面サイズ 6.5インチ 6.6インチ
パネル Super AMOLED(有機EL) 液晶
解像度 2,400 × 1,080ピクセル 2,408 × 1,080ピクセル
リフレッシュレート 最大120Hz 最大120Hz
画面明るさ 800ニト 600ニト
HDR
その他 Corning Gorilla Glass 5

どちらのモデルも120Hzのリフレッシュレートに対応し残像の少ないスクロールで快適な操作感を得ることができます。画面の輝度(明るさ)もGalaxy A53の方が明るいので屋外での視認性もいいでしょう。

SoCのスペック・性能を比較

Galaxy A53はExynos 1280、Galaxy M23はSnapdragon 750G 5Gを搭載し、メインメモリはどちらも6GB、ストレージ容量は128GBと同じです。

SoC 性能比較
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
SoC Exynos 1280 Snapdragon 750G 5G
RAM 6GB 6GB
ストレージ 128GB 128GB
プロセスルール 5nm 8nm
シングルコアCPU 725 660
マルチコアCPU 1900 2000
OpenCL GPU    
Antutu 約38万 約33万

メーカーの異なるSoCなので単純比較はできないですが、性能差はほぼ同じと見ていいでしょう。ただ、Exynos 1280の方が5nmのプロセスルールで製造されたSoCなので電力効率はいいかも。

決して性能の高いSoCではないものの、普段使いにおいてはちょうどいいスペックでバッテリーライフも確保できるので扱いやすいちょうどいい性能のスマホと見ていいでしょう。

バッテリー容量と電池持ち

バッテリー容量はGalaxy A53、Galaxy M23ともに5,000mAhと同じですが、SoCが異なるので電池持ちが違う可能性があります。

バッテリー容量
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
SoC Exynos 1280 Snapdragon 750G 5G
バッテリー容量 5,000mAh 5,000mAh
ビデオ再生 最大時間 最大時間
オーディオ再生 最大時間 最大時間
充電 USB-C(急速充電25W) USB-C(急速充電25W)

プロセスルールが5nmのExynos 1280の方が電力効率はいいはずですが果たして?また、充電はUSB-Cポートに対応し最大25Wの急速充電にも対応しています。

リアカメラとインカメラ

Galaxy A53はクアッドカメラ、Galaxy M23はトリプルカメラを搭載しています。

ただ、Galaxy A53は深度カメラもあるので切り替えできる画角としてはトリプルカメラと同じとなっています。

カメラのスペック
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
広角カメラ 6400万画素・F/1.8 5000万画素・F/1.8
超広角カメラ 1200万画素・F/2.2 800万画素・F/2.2
深度カメラ 500万画素・F/2.4
マクロカメラ 500万画素・F/2.4 200万画素・F/2.4
インカメラ 3200万画素・F/2.2 800万画素・F/2.2
動画撮影 4K30fps フルHD 30fps

広角カメラはGalaxy A53は6400万画素、Galaxy M23は5000万画素とどちらも高画素センサーを搭載し、超広角カメラもGalaxy A53は1200万画素と大きく高精細な写真撮影ができます。

何気にインカメラも800万画素ではなく3200万画素あるので全体的にカメラのスペックはGalaxy M23よりもGalaxy A53の方が上となっています。

通信性能の違いを比較

Galaxy A53、Galaxy M23は5G通信にもしっかり対応していますが、Wi-Fi 6には非対応です。

通信性能
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
Wi-Fi Wi‑Fi 5 Wi‑Fi 5
5G Sub-6 Sub-6(N77、N78)
4G 4G LTE B1,2,3,4,5,8,12,17,18,19,26,28,38,40,41,42
Bluetooth 5.1 5.0
NFC Felica、おサイフケータイ対応 非対応

NFCもGalaxy A53はFelicaによるおサイフケータイに対応しているものの、Galaxy M23は非対応で電子決済ができません。ここはちょっと残念ですね。

Felicaに対応してないとSuicaなどの交通系カードを使うことができず

発売日・端末価格

Galaxy A53は2022年5月にドコモ、au、UQ mobileから発売します。Galaxy M23はAmazonなどでSIMフリーモデルとして2022年4月21日に発売します。

価格
モデル Galaxy A53 5G Galaxy M23 5G
ドコモ ?円
au ?円
ソフトバンク
楽天モバイル
UQ mobile ?円
ワイモバイル Amazon経由で40,975円(18,000pt還元)
Amazon 40,975円
楽天市場

Galaxy M23はAmazon経由でワイモバイルの契約ができて、18,000ptのAmazonポイントの還元ができて実質22,000円で手に入れることができます。

Galaxy A53 5Gの特徴

Galaxy A53 5Gの特徴
  • 6.5インチ有機ELディスプレイ
  • フルHD+(2,400 × 1,080ピクセル)
  • 120Hzリフレッシュレート対応
  • SoC:Exynos 1280
  • メモリ:6GB、ストレージ:128GB
  • 顔 + 画面内指紋のデュアル認証センサー
  • 広角 + 超広角 + マクロ + 深度 クアッドカメラ
  • おサイフケータイ(Felica)対応
  • IP67(水深1m30分)の防水防塵に対応
  • 内蔵スピーカー:ステレオ
  • サイズ:160 × 75 × 8.1 mm、189g
  • 販売:ドコモ、au
  • 端末価格:?

Galaxy A53は6.5インチの有機ELディスプレイを搭載し120Hzのリフレッシュレートにも対応したハイエンドに近いミドルハイスマホです。

見た目もスタイリッシュでカッコいいので上位モデルのGalaxy S22Galaxy S21までの性能は必要ないならちょうどいいスペックで最高の端末です。

画面が大きくて内蔵スピーカーもステレオに対応しているのでコンテンツを楽しむのに適しているスマホとも言えます。

生体認証も顔と画面内指紋認証が使えるのでマスクしながらも使えます。おサイフケータイも使えるので電子決済も可能ですし普段使いで使えるスマホです。

Galaxy A53の端末価格はまだ発表されてないですが、おそらく6〜7万円となるはずです。Galaxy M23よりも高くてGalaxy S22よりも安いミドルハイスマホとなります。

Galaxy M23 5Gの特徴

Galaxy M23 5Gの特徴
  • 6.6インチ 液晶ディスプレイ
  • フルHD+(2,408 × 1,080ピクセル)
  • 120Hzリフレッシュレート対応
  • SoC:Snapdragon 750G 5G
  • メモリ:6GB、ストレージ:128GB
  • 顔 + サイドボタン式指紋のデュアル認証センサー
  • 広角 + 超広角 + マクロ トリプルカメラ
  • おサイフケータイ(Felica)は非対応
  • 内蔵スピーカー:モノラル
  • サイズ:165.5 × 77 × 8.4 mm、198g
  • 販売:SIMフリー(Amazon)
  • 端末価格:40,975円

Galaxy M23は6.6インチの液晶ディスプレイを搭載し120Hzのリフレッシュレートを搭載したミドルレンジスマホです。

液晶なのでベゼルの幅は少し太めで見た目はGalaxy A53の方がいいですが普通に使うスマホとしては十分すぎるスペックとなっています。

ただし、内蔵スピーカーがモノラルでおサイフケータイにも非対応、防水防塵にも対応していないので注意してください。

電子決済を使っている方はメインスマホとしては使えないのが残念なところ。サブ機としてはちょうどいいスペックですが防水防塵非対応なのでお風呂スマホとしてサブ機として使えないので使い所が難しいかもです。

Galaxy A53・Galaxy M23 どっちがいい?

Galaxy A53とGalaxy M23、どっちを選ぶべきかまとめました。

どっちがいい?
  • 費用を抑えたいなら → Galaxy M23
  • サブ機として使うなら → Galaxy M23
  • 大画面をよりコンパクトに → Galaxy A53
  • キレイな画面で使いたい → Galaxy A53
  • 動画や音楽を聴く → Galaxy A53
  • おサイフケータイ使いたい → Galaxy A53
  • 台所など水回りで使いたい → Galaxy A53
  • キャリアで買うなら → Galaxy A53
  • Amazonで買うなら → Galaxy M23

単純に性能だけで見ればGalaxy A53を選んだ方がいいですが、端末価格が(おそらく)7万円前後になるので費用も考慮するとGalaxy M23の方がいいシチュエーションも出てきます。

費用を抑えたいならGalaxy M23

Galaxy M23は費用を抑えながらエントリー向けスマホよりも性能の高いスマホが欲しい方におすすめです。

電子決済ができないのでSuicaなどの交通系カードを使うことがない、QRコード決済しかしないならGalaxy M23はおすすめの端末です。

サブ機としてもGalaxy M23はおすすめですが、防水防塵に対応していないのでお風呂スマホとして使えないのが残念なところですね。

性能を重視するならGalaxy A53

7万円前後でそれなりに普段使いしたいならGalaxy A53の方がおすすめです。

全部入りスマホですし出来ることは上位モデルのGalaxy S22Galaxy S21と同じです。

動作速度やカメラの画質はそれなりですが、そこまでこだわりがないならGalaxy A53はちょうどいいスペックのスマホなのでおすすめです。

Galaxy S22Galaxy S22 Ultraはこちら

→ 価格の安いGalaxy A22はこちら