Samsungのエントリー向けスマホGalaxy A41が2020年6月25日に発売しました。4万円以下のミドルレンジクラスのスマートフォンですが、トリプルカメラや顔認証 + 画面内指紋認証を搭載して「使えるスマホ」となっています。

ここでは、Galaxy A41のデザイン、サイズ、カメラの画質、動作速度をレビューしています。同じくドコモなどで販売されてるGalaxy A20との違いも比較しています。

最近のスマホは4万円以下の端末でも使いやすいモデルが多くなっていて、Galaxy A41は6.1インチと比較的コンパクトなサイズで軽量モデルとなっているので普段使いで使いやすい端末に仕上がっていますよ。

Galaxy A41の特徴

Galaxy A41
Galaxy A41
Galaxy A41の特徴
  • 6.1インチの有機ELディスプレイ
  • 解像度は2,400 × 1,080 (431ppi)で高精細
  • CPUはMediaTek Helio P65/MT6768を採用
  • メインメモリ 4GB、ストレージ 64GB
  • microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • 超広角 + 標準 + 深度のトリプルカメラ
  • 顔認証 + 画面内指紋のデュアル生体認証
  • Felica(おサイフケータイ)に対応
  • IP68等級(水深1.5mに30分)の防水防塵
  • サイズ:153 × 70 × 8.1mm
  • 重量:約160g

Galaxy A41は6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したミドルレンジクラスの38,000円で買うことができるスマートフォンです。Galaxy A41は価格を抑えながらも使いやすさを重視したスマホとなっています。

全体的な性能は控えめなものとなっていますが、トリプルカメラを搭載することでそれなりの写真を撮影することができます。

また、顔認証と画面内指紋認証のデュアル生体認証にも対応しているので自宅では顔認証で画面ロック解除をして、外ではマスクをしながらでも指紋で画面ロック解除することができます。

物理センサーではなく画面内指紋認証なのでクセはありますが、それなりに使える精度に仕上がっています。

Galaxy A41の画面内指紋センサー

Galaxy A41は6.1インチの画面サイズでありながら筐体の横幅を70mm、厚みを8.1mm、重量を160gという軽量なので扱いやすい端末に。筐体の素材も樹脂素材なので高級スマホに採用されているガラスと違って割ってしまう心配もなく、安心して使うことができるでしょう。

\Galaxy A41をチェックする/

Galaxy A41のスペック比較

Galaxy A41とGalaxy A20のスペックを比較しました。

Galaxy A41のスペック比較
  Galaxy A41 Galaxy A20
画面サイズ 6.1インチ(20:9) 5.8インチ(19.5:9)
解像度 2,400 × 1,080ピクセル 1,560 × 720ピクセル
ディスプレイ 有機EL(OLED) 液晶(IPS)
CPU MediaTek Helio P65 MT6768 Exynos 7884B
メインメモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
生体認証 顔 + 画面内指紋認証 顔認証
リアカメラ 超広角 800万画素・F/2.2
広角 4800万画素・F/2.0 800万画素・F/1.9
望遠
深度カメラ 500万画素・F/2.4
動画性能 フルHD30fps
インカメラ 2500万画素(F/2.2) 500万画素(F/2.0)
モバイル通信 4G LTE
Wi-Fi 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
NFC おサイフケータイ対応(Felica)
防水防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
バッテリー容量 3,500mAh 3,000mAh
ワイヤレス充電
電池持ち時間 330時間 450時間
本体サイズ 153 x 70 x 8.1mm 150 x 71 x 8.1mm
重量 160g 151g
本体カラー ホワイト、ブラック、ブルー ホワイト、ブラック、レッド
取扱い docomo、au、UQ mobile docomo、au、UQ mobile

Galaxy A41は3.8万円、Galaxy A20は2.2万円で買うことができるスマホです。

端末価格帯は異なるので単純比較はできませんが、とにかく安い価格でスマホを手に入れたいならGalaxy A20、少しでも安く高性能なスマホが欲しいならGalaxy A41を選ぶことになるでしょう。

Galaxy A41 レビュー・評価

パッケージ・付属品

この記事ではドコモ版のGalaxy A41(SC-41A)をレビューしているので、au・UQ mobile版とパッケージなど若干の違いはあるかもですが、基本スペックは同じなので、参考にしていただけたらと思います。

Galaxy A41 パッケージ
Galaxy A41 パッケージ

Galaxy A41の付属品はクイックスタートガイド、SIMカードピン、クリアケースとなっています。

Galaxy A41の同梱品
Galaxy A41の同梱品

Galaxy A41の筐体はプラスチック製なのでガラス製のスマホのように落として割れることはないのでケースなしでも十分です。

ただ、サイズがぴったりの純正のクリアケースが付属しているので傷から筐体をしっかり守りたい方も安心して使うことができます。わざわざケースを探さなくてもいいので楽ですよね。

さらに、3.5mmのオーディオジャック対応のイヤホンも同梱しています。

Galaxy A41の有線イヤホン
Galaxy A41の有線イヤホン

音質はあまり期待はできないですが、コントロールスイッチ付きのイヤホンなので快適に使うことができると思います。Galaxy A41はキャリアで販売している価格の安いスマホではありますが、アクセサリーはしっかり付属しているのは好印象です。

外観デザイン

Galaxy A41は6.1インチのベゼルレスディスプレイ(没入型Infinity-U Display)を搭載したスマホです。端末価格安めの端末ですが、ベゼルの幅が狭めで可愛らしい雰囲気に仕上がっています。

Galaxy A41 正面デザイン
Galaxy A41 正面デザイン

インカメラは滴型のノッチスタイルとなっています。このカメラにより顔認証機能も使うことができるので、顔を向けるだけで簡単に画面ロック解除ができるようになっています。

滴型のノッチスタイルを採用
滴型のノッチスタイルを採用

背面パネルはプラスチック素材(樹脂)を採用していて人間工学に基づく背面のカーブにより手にフィットしやすいスタイルに。とにかく持ちやすい。

Galaxy A41の背面パネル
Galaxy A41の背面パネル

プラスチック素材ですがヘアラインが入っていたり、光の当たり方によって色合いが変化したりとチープ感はありません。また、筐体の厚みが7.9〜8.1mmと薄型ボディなので手になじみやすいスタイルとなっています。

サイドフレームもプラスチック素材を採用していて、筐体右側に音量ボタンとサイドボタンを搭載しています。

Galaxy A41のサイドボタンと音量ボタン
サイドボタンと音量ボタン

筐体上部には3.5mmオーディオジャックとマイクロフォンがあります。

Galaxy A41の3.5mmオーディオジャック
サイドボタンと音量ボタン

筐体の下側に充電用のUSB-Cポートと内蔵スピーカーを搭載しています。

Galaxy A41のUSB-Cポート
USB-Cポートを搭載している

最大15Wの急速充電に対応しているので、18W以上のUSB-C PD対応の電源アダプタを使うことで素早く充電することが可能となっています。

筐体左側にSIMカードスロットを搭載しています。

付属のピンを使うことでスロットを開けることができます。

nanoSIMに対応していてSIMロック解除することでドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応したSIMカードを入れて通信ができます。ただし、ドコモ版とau版では対応バンドが異なるので注意です。

楽天アンリミットは楽天回線網は問題ないようですが、auパートナー回線になるとドコモ版が対応していないので、楽天モバイルでの使用を検討している場合はau・UQ mobile版を選んだ方がいいでしょう。

\Galaxy A41をチェックする/

高精細な有機ELディスプレイを搭載

Galaxy A41の画面サイズは6.1インチ(2,400 × 1,080ピクセル)となっています。4万以下のスマホですが、有機ELディスプレイを搭載しているのが特徴となっています。

Galaxy A41のディスプレイ
6.1インチ有機ELディスプレイを搭載している

Galaxy A20は5.8インチ(1,560 × 720ピクセル)の液晶ディスプレイだったのに対して、Galaxy A41は解像度がフルHD+(431ppi)になってコントラストも向上し画質が向上、パッと見でわかるくらい見やすい画面になっています。

Galaxy A41の画面サイズ・解像度
  Galaxy A41 Galaxy A20
サイズ 6.1インチ 5.8インチ
画面比率 20:9 19.5:9
解像度 2,400 × 1,080ピクセル 1,560 × 720ピクセル
スペック 有機ELディスプレイ 液晶

Galaxy A41は0.3インチほど大きくなり画面が見やすくなりました。画面の大きさだけでなく画質も向上しているので視認性の高いスマホへと進化を果たしています。

Galaxy A41は有機ELディスプレイを搭載したことによって画面モード(画面の色合い)を細かく調整できるようになりました。

画面モードで画面の色調整ができる

「画面モード」の「鮮やか」で鮮やかな色合いに、「ナチュラル」で自然な色合いで表示できます。また、「ホワイトバランス」を調整することで画面の白さも自由にカスタマイズすることも可能となっています。

解像度がHD+ → フルHD+に高精細になり、画面比率が19.5:9 → 20:9と少しだけ縦長になったことで2画面表示にしても見やすく、使いやすい端末となっています。

Galaxy A41の2画面表示機能

2画面表示機能を使うことでYouTubeを見ながらネットサーフィンしたり、SNSしたりすることができるのでながら作業に持ってこいの機能ですよね。Androidスマホであれば基本的に使うことができる機能となっています。

片手操作しやすいサイズ

Galaxy A41は6.1インチの大画面サイズのディスプレイを搭載していますが、筐体サイズは70mmに抑えられています。さらに、筐体がプラスチック素材ということもあり重量が160gと軽く、とても扱いやすい端末となっています。

Galaxy A41は片手で使えるサイズ感
片手で使えるサイズ感
Galaxy A41の筐体サイズ
  Galaxy A41 Galaxy A20
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ
本体サイズ 153 × 70 × 8.1mm 150 × 71 × 8.1mm
重量 160g 151g

画面サイズの小さいGalaxy A20よりもGalaxy A41の方が筐体横幅が小さくなってるんですね。有機ELディスプレイを採用したことによりベゼルの幅を狭くすることができたのでしょう。

有機ELと液晶ディスプレイ
有機ELと液晶ディスプレイ

片手操作のサイズ感はこんな感じです。

手で持った時のサイズ感
手で持った時のサイズ感

さすが画面端に指は届かないサイズ感ではありますが片手キーボードやフローティングキーボードを設定しカスタマイズすることで、ある程度扱いやすい環境に仕上げることはできるでしょう。

顔認証と指紋認証のデュアル生体認証

Galaxy A41はインカメラを使った顔認証機能と、画面内指紋認証による画面ロック解除ができます。

顔認証と画面内指紋認証に対応
顔認証と画面内指紋認証に対応

4万円以内のスマホでありながらハイエンドモデルのGalaxy S20Galaxy S10などに搭載している画面内指紋認証を搭載してくるとは驚きですよね。画面に指を乗せるだけで指紋を読み取って画面ロック解除してくれます。

Galaxy A41は画面内指紋認証に対応
画面内指紋認証に対応している

これなら、マスクしてても大丈夫ですね。

ただし、指紋の読み取り精度の高い超音波方式ではなく光学式を採用しているため読み取り速度、精度はGalaxy S20などと比較すると劣っています。

Galaxy A41の画面内指紋認証はこれくらいの認証速度で画面ロック解除することができます。

焦らずに、じっくり指を当てて待てば基本的に認証してくれるのでマスクをすることが多い今のご時世は顔認証のみのスマホと比べるとはるかに使いやすいものとなってます。

さらに、インカメラを使った顔認証による画面ロック解除にも対応しています。3Dによるスキャンではないので正確さないかもしれないですが、画面ロック解除くらいなら十分に使える精度を持っています。

「画面ロックを維持」という項目を「OFF」にすることでスライドしなくても顔認証が通った段階で画面ロック解除することができます。

「手前に傾けスリープ解除」を組み合わせることでスマホを持ち上げるだけで画面ロック解除ができるので、とても便利ですよね。わざわざスライドしなくてもすぐに使えます。

\Galaxy A41をチェックする/

CPU・CPUのスペック・性能

Galaxy A41は台湾メディアテック製のSoC「MT6768」に4GBのメインメモリを搭載しています。Galaxy A20は自社製の「Exynos 7884B」でしたが、社外製のプロセッサを採用したことになりますね。

Geekbench 5でCPU、GPUの性能を計測してみました。

Galaxy A41・A20のCPU性能比較
Galaxy A41・A20のCPU性能比較
Galaxy A41のCPUのスペック・性能
  Galaxy A41 Galaxy A20
CPU MediaTek Helio P65 MT6768 Exynos 7884B
メインメモリ 4GB 3GB
ストレージ容量 64GB 32GB
シングルコア 351 238
マルチコア 1215 870
グラフィック(OpenCL) 961 807

CPUの性能が 870 → 1215 と40%ほど、GPUの性能も20%ほど向上しているのが分かります。MT6768はSnapdragonに置き換えるとSnapdragon 660くらいの性能を持ったプロセッサとなっています。

Snapdragon 665のXperia 10 Ⅱと比較すると少しだけスコアは劣る感じとみていいでしょう。

AntutuでMT6768とExynos 7884Bの性能を比較してみました。

Galaxy A41のCPUのスペック・性能
  Galaxy A41 Galaxy A20
CPU MediaTek Helio P65 MT6768 Exynos 7884B
メインメモリ 4GB 3GB
ストレージ容量 64GB 32GB
トータル 167062 113089
CPU 64539 45149
GPU 33751 15208
MEM 34535 28789
UX 34237 23943

トータルの性能で60%、CPUが30%、GPUが200%ほど処理速度がMT6768を搭載しているGalaxy A41の方が上となっています。グラフィックの性能が大きく向上しているようですね。

また、メインメモリの容量、ストレージ容量が増えていることもスコアが向上した要因となっているでしょう。

実際の動作速度

Galaxy A41がどれくらいの速度で動作するのかGalaxy A20と比較してみました。この動画の(11:55)あたりから比較動画を見ることができます。

ハイエンドスマホと比較すると動作が遅いと感じてしまいますが、ネットサーフィン、SNS、動画を見るといった一般的な使い方であれば、Galaxy A41は普通に使える動作速度となっています。

スマホゲームのPUBGモバイルは「HD画質・フレームレート高」でプレイすることができます。

Galaxy A41でPUBGモバイル
PUBGモバイルが普通に遊べた

動作的に厳しいのかなと思っていましたが、Snapdragon 665を搭載しているXperia 10 Ⅱよりも画質設定を上げることができるのでキレイな画面でPUBGモバイルを遊ぶことができるようです。

\Xperia 10 Ⅱをチェックする/

標準 + 超広角 + 深度のトリプルカメラを搭載

Galaxy A41のリアカメラは3つのカメラ(標準・超広角・深度)を搭載しています。

深度カメラは被写体の背景をぼかすライブフォーカスで使用されるカメラなので、実質的には標準と超広角カメラのデュアルカメラとして扱っても問題ないかと思います。

Galaxy A41のカメラスペック
  Galaxy A41 Galaxy A20
標準カメラ 4800万画素・F/2.0・1/2型 800万画素・F/1.9・1/4型
超広角カメラ 800万画素・F/2.2・1/4型
深度カメラ 500万画素・F/2.4・1/5型
望遠カメラ
インカメラ 2500万画素・F/2.2・1/2.7型 500万画素・F/2・1/5型

ミドルレンジクラスのスマホでありながら標準カメラはセンサーの大きさが1/4型 → 1/2型と大型化した4800万画素の高精細なイメージセンサーを搭載しています。

さらに、800万画素の超広角カメラを搭載しているので、視野の広い写真を気軽に撮影することも可能となっています。

4800万画素モードの撮影について

Galaxy A41の標準カメラは4800万画素のイメージセンサーを搭載していますが通常撮影時は1200万画素での撮影となります。これは、上位モデルのGalaxy S20でも同じ仕様となっていて、一般的な使用用途であれば通常モードのカメラで撮影するのがおすすめです。

4800万画素で撮影したい場合は写真比率を変更するメニュー項目をタップして「48MP」に切り替えることで可能です。

4800万画素モードは補正がかからない素に近い写真となり、画像サイズ差はこれだけあります。(画像クリックで拡大できます。)

12Mと48Mの写真サイズの比較
12Mと48Mの写真サイズの比較

画素密度が4倍になってるので高精細になってるのは間違いないですが、部分拡大してやっと違いが分かるのでスマホの写真にここまで求める必要性はないのかもしれません。

4800万画素で高精細な写真撮影ができる

4800万画素モードで撮影すると画素数が多く写真データが20MB近い容量になってしまうだけでなく、Google Photo(無料プラン)で結局のところ圧縮されてしまい使い勝手が悪くなってしまいます。

1200万画素と4800万画素の写真容量
  • 通常モード(1200万画素):約2〜5MB
  • 高精細モード(4800万画素):約10〜20MB

また、4800万画素モードでの撮影だとズーム機能が使えなくなるなど制限が多くなり実用性は低くなってしまうのが実情です。4800万画素のイメージセンサーのメリットは高精細な写真を撮影できるだけでなくズームしても画質を維持できるというところでしょう。

Galaxy A41は望遠カメラ非搭載でありながら最大8倍のデジタルズームまで対応し、意外と綺麗な拡大写真を撮影できるようになっていますよ。

リアカメラの画質

Galaxy A41のリアカメラの1200万画素の通常モードで撮影してみました。

Galaxy A41の標準カメラで金沢駅のバスターミナルを撮影
標準カメラで金沢駅のバスターミナルを撮影

1200万画素とはいえ4800万画素のイメージセンサーからダウンサイズした画像だけあってミドルレンジクラスのスマホとは思えない高精細な写真を撮影することが可能となっています。

Galaxy A41の標準カメラで金沢駅の西口を撮影
標準カメラで金沢駅の西口を撮影

写真の色合いはさすがSamsungといったところでしょうか。シャッターを切っただけで綺麗な写真に仕上げることが可能となっています。

Galaxy A41の標準カメラで大きなヤカンを撮影
標準カメラで大きなヤカンを撮影

F/2.0の明るめのレンズに1/2型の大型センサーを搭載しているので、室内撮影も比較的明るく手ブレしにくいキレイな写真に仕上げることができます。

GalaxyA41の標準カメラで改札を撮影
標準カメラで改札を撮影

ハイエンドのGalaxy S20などと比べるとノイズは出やすいので、画質に過度な期待はしてはいけませんが、それなりにキレイな写真を撮影することができます。

超広角カメラで視野の広い写真を

Galaxy A41は800万画素の超広角カメラも搭載しているので標準カメラでは撮影できない視野の広い写真をかんたんに撮影することができます。標準カメラで撮影するとこの画角となりますが…。

Galaxy A41の標準カメラの画角
Galaxy A41の標準カメラの画角

超広角カメラなら、こんなにも広い視野で撮影することができます。

Galaxy A41の超広角カメラの画角
Galaxy A41の超広角カメラの画角

ただし、画素数が800万画素と標準カメラと比較すると劣るのでぼやけた感じに写ってしまいます。ですが、雰囲気を伝えるのに十分な画質となっているので普通に使うことはできると思います。

デジタルズームも意外とキレイに撮影できる

望遠カメラは搭載していないですが、4800万画素の高精細なイメージセンサーを搭載しているので、デジタルズームしても、そこそこ画質を維持した写真を撮影することができます。

標準カメラでデジタル2倍ズーム
標準カメラでデジタル2倍ズームで撮影

Galaxy A41は4800万画素のイメージセンサーを搭載しているので、デジタル2倍ズームくらいなら画質を維持することができるようです。

デジタルズームで最大8倍まで拡大して撮影ができます。

標準カメラでデジタル8倍ズームで撮影
標準カメラでデジタル8倍ズームで撮影

さすがにノイズが出てしまいますが、光学の望遠カメラ非搭載でここまで鮮明に写し出すことができるのは流石といったところ。

薄暗い電車のホームもキレイに撮影できる
薄暗い電車のホームもキレイに撮影できる

2倍ズームくらいなら十分普段使いできる画質を維持してくれます。

ナイトモード非搭載、意外と暗くても大丈夫

Galaxy A41はナイトモードは非搭載ですが、標準カメラは1/2型のイメージセンサーを搭載し意外と明るく撮影することができます。

この画像は夜中の22時頃に撮影したもので、実際はもっと暗いシチュエーションですが、ちゃんと撮影することができました。

Galaxy A41 暗いところでの撮影
暗いところでもある程度なら撮影可能

大型センサーなのでノイズ感は少なく、デジタルズーム2倍でもこれくらいの明るさで撮影することができます。

デジタル2倍ズームで暗所撮影
デジタル2倍ズームで暗所撮影

同じ標準カメラを使っての撮影なので基本的に同じ画質です。4800万画素 + 1/2型のイメージセンサーが意外と優秀のようですね。

ちなみに、iPhone 11 Proの標準カメラは1/2.55型のサイズなので、Galaxy A41はさらに大きなセンサーを搭載していることになります。

ただし、超広角カメラは800万画素に1/4型の小さいセンサーなので画質はイマイチになってしまいます。

Galaxy A41の超広角カメラは暗所に弱い
超広角カメラは暗くなってしまう

自動HDRによる撮影は可能となっていますが、思ったほど白トビを抑えることはできないようですね。

やはり、暗所撮影になってくるとGalaxy S20などのハイエンドモデルと比べてたら物足りない表現力となっています。

Galaxy A41の端末価格

Galaxy A41はドコモ、au、UQ mobileで買うことができます。端末価格は3.7万円〜4万円くらいとなっています。

Galaxy A41 端末価格
  • ドコモ:37,224円
  • au:39,660円
  • UQ mobile:39,600円

ドコモ版のGalaxy A41が一番安い価格となっていますが、au版はかえトクプログラムを適用することができ実質31,470円でGalaxy A41を手に入れることが可能となっています。

Galaxy A41 レビュー・評価:まとめ

Galaxy A41
Galaxy A41

Galaxy A41は6.1インチの有機ELディスプレイにトリプルカメラ、顔認証 + 画面内指紋認証を搭載したスタンダードモデルのスマホです。

Galaxy A41 良いところ
  • 片手で使えるサイズ感
  • 筐体が軽いので扱いやすい
  • 顔 + 画面内指紋認証で画面ロック解除
  • トリプルカメラを搭載している
  • 3.5mmオーディオジャックを搭載
  • おサイフケータイに対応している
  • IP68の防水防塵性能を備えている
  • 端末価格が3.8万円と安い

価格の安い端末でありながら全部入りのGalaxy A41はとても使いやすい端末に仕上がっています。筐体サイズは70mmに収まっていて重量が160gと軽量なので、とても扱いやすいサイズ感となっています。

Galaxy A41 惜しいところ
  • ワイヤレス充電ができない

この価格帯でワイヤレス充電できる端末はあまりないので仕方ないかもですね。ワイヤレス充電に対応して欲しかったな。それ以外は価格相応なスペックになっていると思うし、普通に使うスマホとしては優等生な仕上がりになっていると感じます。

Galaxy A41
■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
4
■ 持ちやすさ:
4.5
■ 処理性能:
3.5
■ カメラ性能:
4
■ 電池の持ち:
4
■ 価格の安さ:
4
\Galaxy A41をチェックする/

Galaxy S20Galaxy S10のレビューはこちらをどうぞ。

4万円以下のスマホでRedmi Note 9smoto g8Xperia 10 ⅡAQUOS sense4などがあります。

ドコモのおすすめスマホはこちら。