Galaxy S9 レビュー

新型のGalaxy S10が海外で発売されるなどしていますが、旧型のGalaxy 9はドコモの購入サポートとオンラインの特典を適用することで月々400円(9,600円)で購入できるのでかなり安く手に入れることができます。

Galaxy S9はSamsungのフラグシップスマホでとても使いやすい性能を持っており、この金額で購入できることに少し驚きでもあります。ということで、Galaxy S9を手にすることができたのでデザイン、スペック、使いやすさについてレビューしていきたいと思います。

 

Galaxy S9(SC-02K) レビューと評価

Galaxy S9は5.8インチの有機ELディスプレイ(OLED)とSnapdragon 845の高性能なCPUプロセッサを搭載したフラグシップスマホです。

Galaxy S9 手で持った感覚

本体サイズの大きさからAppleのiPhone XSが比較対象となりますが、Galaxy S9は曲面3Dディスプレイを搭載していることもあり手で持った感覚がよりスリムで持ちやすい印象があります。

Galaxy S9 スペックを比較

性能から見てもSONYのXperia XZ3も比較対象になってくるのかなと思うのでGalaxy S9、Xperia XZ3、iPhone XSのスペックを比較してみました。いずれの機種も有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したハイエンドスマホとなっています。

Galaxy S9・Xperia XZ3・iPhone XS スペック
Galaxy S9 SC-02K Xperia XZ3 SO-01L iPhone XS
OS Android iOS
サイズ 5.8インチ 6.0インチ 5.8インチ
ディスプレイ 有機ELディスプレイ(OLED)
解像度 2,960 × 1,440ピクセル 2,880 × 1,440ピクセル 2,436 × 1,125ピクセル
CPU Snapdragon 845 A12 Bionic
RAM 4GB
ストレージ容量 64GB(microSDで400GBまで増設可能) 64GB(microSDで512GBまで増設可能) 64/256/512GB
リアカメラ 1220万画素(F/1.5⇔F/2.4)、光学式手ぶれ補正 1920万画素(F/2.0) 1200万画素(広角:F/1.8・望遠:F/2.4)、光学式手ぶれ補正
フロントカメラ 800万画素(F/1.7) 1320万画素(F/1.9) 700万画素(F/2.4)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11ac(2×2MIMO)
LTE 988Mbps
docomo Premium 4G
844Mbps
docomo Premium 4G
テレビ ワンセグ・フルセグに対応
防水防塵 IP68
サイズ 148 × 69 × 8.5 mm 158 × 73 × 9.9 mm 143.6 × 70.9 × 7.7 mm
重量 161g 193g 177g

Galaxy S9とGalaxy XZ3は同じCPU(Snapdragon 845)を搭載していることもありほぼ同じ性能となっており、Galaxy S9の方が画面サイズが少しだけ小さいのでコンパクトな本体サイズとなっているので片手で操作することが多い方はGalaxy S9の方が使いやすいと感じるかもしれません。

また、iPhoneはワンセグ・フルセグを見ることができませんが、GalaxyとXperiaは国内仕様のスマホになっているので地上波テレビをアンテナをつなぐことで観ることができるのも特徴となっています。

ドコモでGalaxy S9をチェックする

Galaxy S9 外観デザイン

3D曲面ディスプレイの小型スタイル

Galaxy S9はOLED(有機ELディスプレイ)の3D曲面ディスプレイを搭載しているので左右のディスプレイが少しだけ丸みを帯びたスタイルになっています。

Galaxy S9 正面デザイン

ディスプレイが本体ギリギリまで搭載されているのが分かります。

Galaxy S9 画面下部

画面サイズはiPhone XSと同じ5.8インチですがGalaxy S9の方がベゼルの幅が狭いので2mmほど本体サイズが小さくなっています。

Galaxy S9 画面上部のデザイン

また、画面上部のフロントカメラがある部分はiPhone XSのようにノッチ(切り欠き)を設けるスタイルではなく素直に上下のベゼルに幅を持たせているのでスッキリしています。

Galaxy S9の背面パネルはガラス素材ですが光の当たり方によってプリズム風の光を発することがあるので、なかなかカッコイイですよ。

Galaxy S9 背面パネル

もちろん、背面パネルも左右に丸みがあるので手に馴染む持ちやすいスタイルを実現しています。

本体右側に電源ボタンがあります。

Galaxy S9 右サイド 電源ボタン

Galaxy S9のサイドフレームは3D曲面ディスプレイを搭載していることもあり、かなりスリムなスタイルとなっていますね。ホールド感はしっかりあるので持ち心地はかなりいいのかなと思います。

 

BIxbyボタンとは

本体左側に音量ボタンとBixbyボタンというGalaxyのオリジナルのボタンを搭載しています。

Galaxy S9 左サイド 音量ボタン

BIxbyボタンを押すことで「Bixby Home」というアプリを起動することができて、Galaxyのアカウントを取得することで天気予報、カレンダー、ニュースなどの最新の情報をカード形式で表示させることができます。

アカウントが必要になるのが面倒くさいところではありますが、いわゆるウェジェットの高機能アプリといったところでしょうかね。他にもカメラを使ってリアルタイムに翻訳をしてくれる機能があったり、食べ物のカロリーを推定したりすることも可能になっています。

使いこなせば便利そうなBixbyですが「Bixbyなんて使わないし」 という方は「bxActions」というサードパーティ製アプリを使うことで専用ボタンとして割り当てすることもできます。

例えば、Bixbyボタンを押してホーム画面に戻ったり、ブラウザの前のページに戻ったり、カメラを起動させたり…といった機能を割り当てることができるので設定次第ではかなり便利にGalaxy S9を使うことができるのかなと思います。

Galaxy S9 Bixbyボタンに割り当て

個人的には「戻る」の機能を割り当てるのがとても便利かな。

USB-Cポートに対応している

Galaxy S9はUSB-Cポートに対応していてUSB 3.1 Gen1(5Gbps)の通信ができます。また、USB-PDによる急速充電(最大15W)にも対応しているのでバッテリーが少ない時でも短時間でバッテリーを充電することが可能となっています。

Galaxy S9 USB-Cとヘッドフォンジャック

なお、DisplayPort Alternate Modeにも対応しているのでUSB-Cに対応したモニターやDisplayPortの変換アダプタを介することでケーブル一本でGalaxy S9の画面を外部モニターに表示させることもできます。

ヘッドフォンジャックを搭載している

また、Galaxy S9はヘッドフォンジャックを搭載しているので有線でヘッドフォンやイヤホンを使いたいという方も安心して使うことができます。今はワイヤレスイヤホンが普及してきていますが、ハイレゾ音声など音質にこだわるなら有線に勝るものがないので有難い仕様といっていいでしょう。

急速ワイヤレス充電に対応している

Galaxy S9は急速ワイヤレス充電に対応しているのでQiに対応した充電器であればGalaxy S9を置くだけで簡単に充電することができます。

Galaxy S9 ワイヤレス充電

Galaxy S9の充電のいいところは充電完了までの時間が表示される点でしょうか。これは有線充電の場合でも充電完了までの時間が表示されるのでどれくらい待てばいいかスケジュールが立てやすいですね。

シングルカメラを搭載している

Galaxy S9は指紋認証センサーの上部に1220万画素のシングルカメラを搭載しています。隣にLEDフラッシュはAFのセンサーなどが搭載されていますね。

Galaxy S9 シングルカメラ

シングルカメラですが背景をぼかすことができる機能も搭載しているので、ポートレートカメラとしても普通に使うこともできます。カメラの画質についてはあとで紹介しますが、1220万画素とは思えないくらい高精細で綺麗な写真を撮影することが可能となっています。

マイクロSDカード・nanoSIMカードスロット

Galaxy S9は本体上部にmicroSDカードとnanoSIMカードを入れることができるスロットを搭載しているので付属のピンを使うことでアクセスすることができます。

Galaxy S9 nanoSIM・microSDカードスロット

Galaxy S9は防水仕様なのでスロットのふちにしっかり防水パッキンが取り付けられているので安心感があります。

CPUプロセッサの性能

Snapdragon 845を採用している

Galaxy S9はフラグシップスマホによく採用されているSnapdragon 845プロセッサを搭載しているので基本的にサクサク動作するので快適にスマホを使うことができるでしょう。

Galaxy S9のCPUの性能をGeekbench 4で計測してみました。参考までにXperia XZ3、iPhone XRのCPUの性能も記載しています。

CPUの性能をGeekbench 4で比較
Galaxy S9 SC-02K Xperia XZ3 SO-01L iPhone XS
CPU Snapdragon 845 A12 Bionic
RAM 4GB
CPU シングルコアスコア 2345 2402 4776
CPU マルチコアスコア 8974 9014 11448
GPU 13047 13012 22489

Galaxy S9とXperia XZ3は同じCPUプロセッサを搭載しているのでほぼ同じ性能となっています。iPhone XSに搭載しているA12 Bionicは桁違いの性能を持っていますね…。

Antutuによる性能比較もしてみました。

CPUの性能をAntutuで比較
Galaxy S9 SC-02K Xperia XZ3 SO-01L iPhone XS
CPU Snapdragon 845 A12 Bionic
RAM 4GB
CPU 89368 89571 125789
GPU 106805 125272 142822
UX 57372 63757 66537
MEM 9791 10007 8100
トータル 263336 288607 343248

OSが違うので一概に比較することはできないかもしれませんが、Antutuの動画テストの比較だとGalaxy S9よりもiPhone XSの方が明らかに3Dグラフィックスの動作が滑らかに動作していました。

 

カメラの画質

高精細で綺麗な写真を撮影できる

Galaxy S9は1220万画素のシングルカメラを搭載しています。画素数は控えめですが、かなり高精細な写真を撮影することができます。

Galaxy S9 リアカメラの画質 高精細

動画性能も高くなっていて4K/60fpsの撮影をすることが可能となっています。Xperia XZ3は4K/30fpsの動画撮影だったので、動画性能はGalaxy S9の方が上ということになりますね。

Galaxy S9のカメラは明るさに応じてレンズの絞りがF/2.4からF1.5に可動するので暗いところでもノイズが少なく綺麗な写真を撮影することができるのです。

Galaxy S9 夜間撮影

スペック上はあまりにも普通のカメラなので画質にさほど期待はしていませんでしたが、Galaxy S9に搭載されているカメラの性能はかなり良いのかなと思います。

背景をボカす機能も搭載している

また、シングルカメラでありながら「選択フォーカス」というモードにすることで背景をぼかすことができます。被写体から50cm以内であれば背景をぼかすことができるので、人だけではなくブツ撮りにも使うことができそう。

Galaxy S9 背景ぼかす

細かいボカシ具合の調整はできませんが、撮影後にパンフォーカスにするか単焦点・長焦点にするかを調整することができます。シングルカメラでも精度はかなり高いので自然な写真を簡単に撮影することができるのかなぁと感じます。

食事モードで美味しそうな写真に

また、Galaxy S9のカメラには「食事」というモードが搭載されていて、ご飯を美味しそうに撮影することができます。

Galaxy S9 カメラ 食事モードで撮影

よく見ると背景にボカシが入っているので全体的に柔らかい雰囲気の写真に仕上がっていますね。これは、気軽にインスタ映えしそうなご飯の写真を撮影することができそうでいいかもしれないですね。

なお、顔追尾機能も普通に搭載していて動作速度も速くて安定しています。顔色の色合いもかなりいいのでお子さんの写真も綺麗に撮影できるのかなと思います。

ディスプレイのカラーモードを変更できる

Galaxy S9はディスプレイのカラーモードを「最適化」、「AMOLEDシネマ」、「AMOLEDフォト」、「標準」の4つから選択することができます。

Galaxy S9 カラーモード

個人的には「最適化」は少し緑っぽい画面になってしまうので、やはり「標準」が一番色合いが自然になるのかなぁと感じます。まあ、好みによって画面の色合いを変更できるはいいですよね。

背面パネルの指紋認証に対応

Galaxy S9は背面のリアカメラの下に指紋認証センサーを搭載しています。

Galaxy S9 背面パネル 指紋認証

手で持った時にちょうど人指し指が当たるので自然に指紋認証で画面ロック解除をすることができます。

顔認証と虹彩認証に対応

Galaxy S9は顔認証による画面ロック解除もすることが可能となっているので、指紋認証と顔認証の組み合わせで画面のロック解除をスムーズにすることができます。

Galaxy S9 顔認証と虹彩認証

また、顔認証だけでなく瞳の虹彩認証にも対応しているので、セキュリティを高めたい方も安心して使うことができるでしょう。ただし、虹彩認証はスリープ解除から認証までの速度が顔認証よりもかなり遅いので注意です。また、顔認証と虹彩認証を同時に使うこともできません。(追記:Android 9.0にアップデートで顔認証と虹彩認証を同時認証することができるようになりました!)

ホームボタンからロック解除もできる

Galaxy S9は物理ボタンはありませんが、画面下にソフトウェアのホームボタン、戻るボタン、マルチタスクボタンを搭載しています。他の機種と違って戻りボタンが右側にあるのがとても使いにくいのですが…。普通は左じゃない?

Galaxy S9 ホームボタン

また、ホームボタンは「設定」の「ディスプレイ」→「ナビゲーションバー」→「ホームボタンの押し込み」をONにして「ホームボタンでロック解除」を有効にすることで、スリープ状態からホームボタンの部分を強く押し込むことでスリープ解除をすることができます。

Galaxy S9 ホームボタンで画面ロック解除

顔認証を設定しておけば電源ボタンを押すことなく画面上で画面のロック解除することができるのでかなり便利に使うことができそうです。

Galaxy S9の端末価格

Galaxy S9はドコモとauで購入することができます。どちらも割引をしているので意外と安く購入することができますが、ドコモなら購入サポートとオンラインの特典を適用することで月々400円(9,600円)で購入できるのでかなり安く手に入れることができます。

Galaxy S9の端末価格(税抜き)
  • 端末価格:92,400円
  • 端末購入サポート:-82,800円
  • オンラインショップSPECIAL特典:-4,800円
  • 実質価格:9,600円(400円 × 24回)

なお、購入サポートに対応したGalaxy S9は購入から12ヶ月以内に機種変更、契約解除、SIMロック解除すると解約金と割引額の半額に相当する金額の解除料を支払う必要があるので注意してください。

Galaxy S9のメリット・デメリット

Galaxy S9

最後にGalaxy S9のメリットとデメリットをまとめたいと思います。

Galaxy S9のメリット
  • 画面サイズが大きい割に本体サイズがコンパクトで使いやすい
  • 高性能プロセッサで動作が速くて快適に使うことができる
  • OLEDで色鮮やかなディスプレイを搭載している
  • 高精細な写真・4K動画(60fps)撮影ができる
  • 3.5mmイヤホンジャックを搭載している
  • 急速ワイヤレス充電に対応している
  • 端末価格が安い(ドコモで実質9,600円で購入できる)

Galaxy S9はあまりデメリットはない優等生なスマホに仕上がっているように感じます。悪い点を絞り出そうと思ったのですが、あまりないんですよね。あえて悪い点を挙げるとしたらこの2点でしょうか。

Galaxy S9のデメリット
  • 「戻るボタン」が右側にあるので使いにくい
  • 負荷のかかるアプリを使うと発熱する

ホームボタンの隣にある戻るボタンの位置が一般的なAndroidスマホと違い右側にあるのが残念なポイントではあります。ただ、これについてはBixbyボタンに「戻る」機能を割り当てできるので問題は解決できるでしょう。

まとめ:端末価格が安いのに高性能なスマホ

Galaxy S9は端末価格が同性能のスマホと比べてもかなり安いので高性能なスマホをできるだけ安く手に入れたいならおすすめのスマホです。5.8インチの大型のディスプレイを搭載すつつも手で持った感覚は非常にコンパクトなので女性の方でも簡単に扱うことができるのではないでしょうか。

また、高性能なSnapdragon 845プロセッサを搭載しているので3Dグラフィックを多用したゲームも問題なく動作するので、格安スマホでありがちがスペック不足で後から後悔することもないのではないでしょうか。

ドコモでGalaxy S9をチェックする

ドコモのdocomo withはドコモで機種変更をしなければ永年1,500円の割引を受けることができるので、新しい端末が欲しくなったらApple StoreでSIMフリー版のiPhoneを購入してSIMカードを差し替えて使うことも可能です。

ドコモオンラインショップのメリットはこちらで詳しく書いています。契約手数料と頭金を無料で手続きすることができるのでお得です。

SONYのXperiaの方が好きという方はこちらをどうぞ!

なお、Xperiaの2019年モデルはXperia 1、Xperia 10、Xperia 10 Plus、Xperia L3の4モデルが発売します。おそらく日本はXperia 1、Xperia 10/10 Plusの3機種になるのかな?詳しくはこちらの記事を参考にしてください!

安い端末でいいのならAmazonなどでnova lite 3やP20 liteなどの格安スマホを購入するのもいいと思います。



関連記事

最新記事

画面上へ