Galaxy S20 デザイン・スペックを比較

Samsungがハイエンドスマホ「Galaxy S20」シリーズを発表しました!2020年モデルより名称の法則が変更となりGalaxy S11ではなく一気にS20まで繰り上げされてGalaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの3機種が発売となります。

ここではGalaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraのデザイン・スペックの違いをGalaxy S10・S10+と比較し何が進化しているのか見ていきたいと思います!

Galaxy S20・S20+・S20 Ultraのデザイン・スペック

デザインの違い

Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraのデザインを比較してみました。

Galaxy S20シリーズの基本デザインは同じでリアカメラは四角に縁取られたデザインとなっています。

カメラの数が少ないGalaxy S20は縦長のリアカメラになっていますが、Galaxy S20+とS20 Ultraは4つのカメラを搭載していることもあり主張の強いカメラデザインとなっています。

正直なところ…このデザインはどうなの?いつものように慣れるのかな?

なお、筐体の素材はいつもと同じガラスを採用していて本体カラーは以下のラインナップとなっています。

リスト
  • Galaxy S20:コスミックグレー、クラウドブルー、クラウドピンク
  • Galaxy S20+:コスミックブラック、コスミックグレー、クラウドブルー
  • Galaxy S20 Ultra:コスミックブラック、コスミックグレー

モデルによって選べるカラーが異なっていてハイエンドの中のエントリーモデルとなる Galaxy S20はピンクといったライトなカラーも選ぶことが可能となっています。

画面サイズの違い

Galaxy S20シリーズは3機種構成となっていてGalaxy S20が6.2インチ、Galaxy S20+が6.7インチ、Galaxy S20 Ultraが6.9インチの画面サイズとなっています。

Galaxy S20シリーズの画面サイズ
Galaxy S20シリーズの画面サイズ

Galaxy S10は6.1インチ、Galaxy S10+は6.4インチだったのでGalaxy S20シリーズは全体的に画面サイズがさらに大きくなったということになります。

Galaxy S20・Galaxy S10の画面サイズを比較
 Galaxy S20Galaxy S10
画面サイズ6.2インチ6.1インチ
解像度3,200 × 1,440ピクセル3,040 × 1,440ピクセル
ディスプレイ有機EL(リフレッシュレート120Hz)有機EL
本体サイズ151.7 x 69.1 x 7.9mm149.9 x 70.4 x 7.8mm
重量163g157g

Galaxy S20の本体サイズは縦は長くなりましたが横幅が70.4mm → 69.1mmに狭くなっているので持ちやすさは良くなってそう。

というか、Galaxy S10も十分に狭小ベゼルでしたけどどうやったんだろう?Galaxy S10も十分に手に馴染む筐体デザインでしたがGalaxy S20はさらに期待してよさそう。

Galaxy S20+・Galaxy S10+の画面サイズを比較
 Galaxy S20 UltraGalaxy S20+Galaxy S10+
画面サイズ6.9インチ6.7インチ6.4インチ
解像度3,200 × 1,440ピクセル3,040 × 1,440ピクセル
ディスプレイ有機EL(リフレッシュレート120Hz)有機EL
本体サイズ166.9 x 76.0 x 8.8mm161.9 x 73.7 x 7.8mm158.0 x 74.0 x 7.8mm
重量220g(5G:222g)186g(5G:188g)175g

Galaxy S20+は6.4インチ → 6.7インチに画面サイズが大きくなってますが本体横幅はGalaxy S10+よりも抑えられています。2020年モデルはGalaxy S20 Ultraも追加されて6.9インチというさらに大きい画面サイズのモデルを選ぶことができます。

Galaxy Note 10+よりも画面サイズが大きいのでNoteシリーズのメリットがなくなったようにも感じましたが、NoteシリーズにはSペンがあり差別化はされています。

まあ、Sペンを使わないのならGalaxy S20 Ultraを選ぶのもいいでしょうね。

画面解像度はどのモデルも3,200 × 1,440ピクセルと同じですが、リフレッシュレートが120Hzに向上し滑らかな画面でコンテンツを楽しむことができるようになっています。

\ドコモでGalaxy S20 5G 予約開始/

カメラ性能の違い

Galaxy S20は30倍望遠カメラに

Galaxy S20のリアカメラはトリプルカメラ仕様となっていて、Galaxy S10と同じ構成ですが、望遠カメラは6400万画素の高解像度センサーに刷新しています。

Galaxy S20・Galaxy S10のカメラを比較
 Galaxy S20Galaxy S10
広角カメラ1200万画素・f1.8(センサーサイズが大きくなった)1200万画素・f1.5/2.4 自動切替
超広角カメラ1200万画素・f2.21600万画素・f2.2
望遠カメラ6400万画素・f2.0(ハイブリッド光学3倍・デジタル30倍)1200万画素・f2.4(光学2倍・デジタル10倍)
インカメラ1000万画素1000万画素

Galaxy S10まであったF値を1.5/2.4の自動切替(デュアルアパーチャ)する機能は排除されましたが、Galaxy S20は大きいサイズのイメージセンサーを採用することで夜間撮影にも強いカメラに進化したようです。

Galaxy S20 Ultraは1億800万画素に100倍望遠

Galaxy S20 Ultra・Galaxy S20+はトリプルカメラ + 深度カメラ(ToF)のクアッドカメラ仕様となっています。

Galaxy S20 Ultraの広角カメラは1億800万画素の超高解像度撮影に対応、さらに望遠カメラが光学10倍・デジタル100倍になるなどカメラの性能が大幅に向上しています。

Galaxy S20+・Galaxy S10+のカメラを比較
 Galaxy S20 UltraGalaxy S20+Galaxy S10+
広角カメラ1億800万画素・f1.8(センサーサイズが3倍大きく)1200万画素・f1.8(センサーサイズが大きくなった)1200万画素・f1.5/2.4 自動切替
超広角カメラ1200万画素・f2.21600万画素・f2.2
望遠カメラ4800万画素・f2.2(ハイブリッド光学10倍・デジタル100倍)6400万画素・f2.0(ハイブリッド光学3倍・デジタル30倍)1200万画素・f2.4(光学2倍・デジタル10倍)
インカメラ4000万画素(1000万画素に切り替え可能)1000万画素1000万画素

デジタルズームとはいえ100倍ズームとはスゴイですね。どれくらい拡大することができるのかこちらの動画がわかりやすいでしょう。

こんなに小さい箇所をそこそこの解像感を維持しながら拡大できてしまうとは恐るべしですね。さらに、Galaxy S20 Ultraの1億800万画素の高精細な写真を撮影することができます。どれほどのクオリティを維持することができるのかまだわかりませんが…どんな時に使うのだろうか?

8K/30Pの動画撮影に対応

なお、Galaxy S20シリーズは8K/30Pの動画撮影ができるようになりました。

Galaxy S20は8K動画撮影に対応
Galaxy S20は8K動画撮影に対応

8K動画撮影ってスゴいですね。再生するモニターがないという。どうやって確認すればいいのか(笑)

8K動画の撮影だけでなく、データから3300万画素の写真を切り出しできるので、シャッターチャンスが難しい場面で8K30Pで撮影して後から切り出して写真にする…なんていう使い方もできるのかもしれません。

シングルテイクで動画で写真切り出し

Galaxy S20シリーズは10秒ほどの動画を自動的に切り出して写真にしてくれるシングルテイクという新機能を搭載しています。

動画を撮影していれば勝手に写真を量産してくれます。なんか、写真の撮り方がどんどん変わっていってしまいますね。動画で撮影しても見返すことってあまりしませんが写真ならGoogle Photoの一覧でパッと確認することができるし、いいかも。

スーパー手振れ補正でアクションカメラ並にぶれない

Galaxy S10シリーズにもスーパー手ぶれ補正を搭載してましたが、Galaxy S20は大きなイメージセンサーを搭載して洗練されたAIによりさらに手ブレ補正に磨きがかかっているようです。

Galaxy S10のスーパー手ぶれ補正もスゴい印象がありましたが、ジンバル要らずになってしまうのでしょうか。

他にも車のヘッドライトの軌跡を撮影できるハイパーラプスを搭載するなどカメラの機能はかなり強化されているようです。

4G LTEモデルと5Gモデル

Galaxy S20シリーズは全モデルで4G LTEモデルと5Gモデルから選べるようになります。

Galaxy S20はSub-6の帯域の5G、Galaxy S20+とGalaxy S20 Ultraは超高速通信ができるミリ波にも対応しています。

カメラの新機能
  • Galaxy S20:Sub-6(3.6~6GHz帯)
  • Galaxy S20+:Sub-6(3.6~6GHz帯)、ミリ波(30~300GHz帯)
  • Galaxy S20 Ultra:Sub-6(3.6~6GHz帯)、ミリ波(30~300GHz帯)

ミリ波は高周波帯域を利用することで超高速通信ができる規格の5Gですが、既存設備を使うことができるSub-6が先に運用されると思う(ちゃんと調べてないので後で調べる!)ので問題はなさそう。

そもそも、日本では5Gが地方で使えるようになるのはまだまだ先の話だろうし…。

\ドコモでGalaxy S20 5G 予約開始/

Wi-Fi 6に対応

Galaxy S20シリーズの4G LTEはCat.20(下り2Gbps/上り150Mbps)に対応して、Wi-Fi 6(802.11 a/b/g/n/ac/ax)に対応し最大1.2Gbpsの通信に対応しています。

Galaxy S20・Galaxy S10の通信性能を比較
 Galaxy S20シリーズGalaxy S10シリーズ
4G LTECat.20(下り2Gbps/上り150Mbps)
Wi-FiWi-Fi 6(最大1.2Gbps)
Bluetooth5.0

この辺りの通信仕様はGalaxy S10ですでに対応していたので変化なしですね。

CPU・メインメモリ・ストレージの違い

Galaxy S20シリーズは2020年主流になるとみられるSnapdragon 865を搭載しています。これはシリーズ共通となっています。

Galaxy S20・Galaxy S10のスペックを比較
 Galaxy S20Galaxy S10
CPUSnapdragon 865Snapdragon 855
メインメモリ4G:8GB
5G:12GB
8GB
ストレージ128GB(microSD 1TBまで)128GB(microSD 512GBまで)

4Gモデルと5Gモデルでメインメモリの容量が異なっていて、4Gモデルは8GBですが、5Gモデルは12GBとなっています。

Galaxy S20+・Galaxy S10+のスペックを比較
 Galaxy S20 UltraGalaxy S20+Galaxy S10+
CPUSnapdragon 865Snapdragon 855
メインメモリ4G:12GB
5G:16GB
4G:8GB
5G:12GB
8GB
ストレージ512GB(microSD 1TBまで)128GB(microSD 1TBまで)128GB(microSD 512Bまで)

Galaxy S20 Ultraはさらに上をいく12GB・16GBとまさにパソコン以上の容量のメインメモリを搭載しています。スマホとしてオーバースペックかもしれないですがパソコンモード(DEX)なら快適に使うことができそうですね。

バッテリー・その他

Galaxy S20シリーズは大容量バッテリーを内蔵していてワイヤレス充電にも対応しています。

Galaxy S20・Galaxy S10のバッテリー容量を比較
 Galaxy S20Galaxy S10
バッテリー容量4000mAh3300mAh
電池持ち122時間
急速充電45W対応(同梱充電器は25W)18W
防水防塵IP68IP68
本体サイズ151.7 x 69.1 x 7.9mm149.9 x 70.4 x 7.8mm
重量163g157g

本体サイズほとんど変わらないのに3300mAhから4000mAhにバッテリー容量が大幅に増えてるってスゴイですよね。同じくGalaxy S20+も4000mAhから4500mAhにバッテリー容量が増えているので、電池持ちが改善されていそうです。

Galaxy S20・Galaxy S10のバッテリー容量を比較
 Galaxy S20 UltraGalaxy S20+Galaxy S10+
バッテリー容量5000mAh4500mAh4000mAh
電池持ち142時間
急速充電45W45W18W
防水防塵IP68IP68IP68
本体サイズ166.9 x 76.0 x 8.8mm161.9 x 73.7 x 7.8mm158.0 x 74.0 x 7.8mm
重量220g(5G:222g)186g(5G:188g)175g

Galaxy S20 Ultraは本体サイズが大きいのさらに大容量バッテリーとなる5000mAhとなっています。

なお、Galaxy S10まであった3.5mmオーディオジャックはGalaxy S20はついに廃止となりました。有線イヤホンを使っている人は悲しいですね…。まあ、Samsungもワイヤレスイヤホンを次々と投入してるのでそろそろ無線に移行してほしいというのが本音なのかも。

Galaxy S20/S20+・S20 Ultraの価格・発売日

Galaxy S20シリーズはグローバル市場で2020年2月14日発売となります。

Galaxy S20シリーズの価格
  • Galaxy S20 5G(12GB/128GB):999ドル(約101,000円)
  • Galaxy S20+ 5G(12GB/128GB):1,199ドル(約132,000円)
  • Galaxy S20 Ultra 5G(12GB/128GB):1,399ドル(約154,000円)

日本版の5Gモデルは10万円オーバーになるのかな。4G LTE版はもう少し安い価格で買うことができるので、地方に住んでいる僕は普通に4G LTE版を買ったほうがいいのかもしれない。

日本ではドコモ・au・ソフトバンクが取り扱うと思いますが、Galaxy S10と同様に5月頃の発売になる可能性が高そうですね。

\ドコモでGalaxy S20 5G 予約開始/

Galaxy S20/S20+・S20 Ultraはどうなの?

Galaxy S10 → S20 乗り換えはアリ?

Galaxy S10からS20への乗り換えするメリットとして…

Galaxy S10 → S20に乗り換えメリット
  • 電池の持ちが大幅に良くなる
  • 本体の幅が狭くなるので操作しやすくなる
  • Snapdragon 865で更に快適に(たぶんわからない)
  • いち早く5G通信を体感することができる

…といったところでしょうか。

1番の目玉は5G通信に対応した端末があるところでしょう。なので、都心部に住んでいて5Gサービスインしてすぐに体感したい方はGalaxy S20に乗り換えるメリットは大いにあります。

ただ、僕のように地方に住んでいて5Gが使えるまで時間があるという方は、わざわざ乗り換えるほどの端末ではないでしょう。ただ、バッテリー持ちがかなり良くなってると推測できるのでモバイルバッテリーを持ちたくないならいいかも?(高い…)

Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultra どっち?

Galaxy S20 Ultraは1億800万画素の広角カメラに100倍望遠カメラなどGalaxy S20+にはない魅力的なスマホとなっています。

カメラの性能を求めるなら間違いなくGalaxy S20+よりもGalaxy S20 Ultraがいいと思いますが、本体サイズがとにかく大きいのでただ単純に大きい画面のスマホが欲しいならGalaxy S20+を選んだほうがいいかもです。

でも、スマホが好きな人は分かるはず。1億800万画素。100倍望遠。2〜3万円の差なら。わかるよね?