AmazonのFireタブレット・Fire HD 10(2021)が2021年5月26日に発売となりました。

基本スペックは従来モデルのFire HD 10(2019)とほぼ同じですが、メインメモリが3GBになって2画面表示機能が使えるようになり「Fireタブレットで出来ることが増えた」ことになります。さらに上下左右のベゼルの幅が統一されたデザインに一新した新しいモデルとなっています。

ということで、この記事ではFire HD 10(2021)のレビューをし実際の使い勝手はどうなのかを確かめてみました。お手頃価格のタブレットを検討している方は参考にしてみてください。

Fire HD 10(2021)の特徴

Fire HD 10(2021)
Fire HD 10(2021)
Fire HD 10(2021)の特徴
  • 10%明るくなった10.1インチの液晶ディスプレイ
  • 画面解像度は1,920 ×1,200ピクセル
  • MediaTekのオクタコアCPUを採用
  • メインメモリは3GBに増量し動作が安定
  • ストレージ容量は32/64GBから選べる
  • 2画面表示機能に対応しマルチタスクが可能に
  • リアカメラは500万画素のイメージセンサーに
  • 専用のキーボード付きカバーでパソコンとして
  • USB-Cの充電ポートに対応している
  • 端末価格:15,980円〜(32GB)

Fire HD 10(2021)は筐体デザインを一新して横持ちで使うことを想定したタブレット端末に生まれ変わっています。

心臓部のSoC(システム・オン・チップ)は従来モデルと同じですがメインメモリが2GB → 3GBに。メモリに余裕が生まれたことで2画面表示機能に対応したのは大きな進化となっています。

従来モデルはシングルタスクでしか操作出来なかったところ、新型のFire HD 10(2021)は二つのアプリを同時に使うことができ、ブラウザを見ながらTwitterをする、ショッピングをしながら情報を検索して調べるといった使い方ができます。

この2画面表示機能はFire HD 10をパソコンとして使うときに便利な機能ともいえます。今回のFire HD 10(2021)は専用のキーボードとMicrosoft 365 Personal(1年無料)がセットとなったエッセンシャルセットを選ぶことができます。

ついに、Excel、Word、PowerPointをFire HD 10を使って作業することができる時代になりました。さすがに画面が10.1インチと小さいので視認性はあまりいいとはいえないですが、資料をササッと作成するくらいであれば普通にすることができます。

キーボードもしっかりしたキーを搭載しているので意外とタイピングはしやすいものとなっていますよ。


Fire HD 10(2021)レビュー

よりコンパクトになった筐体サイズ

Fire HD 10(2021)は10.1インチのディスプレイを搭載したタブレット端末です。

Fire HD 10 正面デザイン
10.1インチのディスプレイを搭載している

背面パネルは樹脂素材を採用していてサラサラとした手触りの良い筐体となっています。普通に使っていると傷が付いてきますがそんなにプラ素材なので落としても割れることはないですし、そんなに高い端末でもないので雑に扱っても問題ありません。

Fire HD 10 背面デザイン
サラサラとしたプラ素材を採用している

実際に4年前に買ったFire HD 10(2017)を子ども用の端末として現役で使っています。もう、そこらじゅう傷だらけですがちゃんと動作しているので製品寿命はとても長いのかなと感じています。

Fire HD 10(2021)はデザインを一新してディスプレイのベゼルの幅が上下左右統一されたスタイルとなり本体サイズが変更となっています。

Fire HD 10(2021)の大きさ
Fire HD 10(2021)の大きさ
Fire HD 10(2021)本体サイズ
  Fire HD 10(2021) Fire HD 10(2019)
サイズ 247 × 166 × 9.2mm 262 × 159 × 9.8mm
重量 465g 500g

ブラウジング、SNSをしたりタブレットとて縦持ちする場合は横幅は159 → 166mmと大きくなりました。

Fire HD 10(2021)縦持ち
縦持ちした時のサイズ感

YouTubeなど動画を見る、ゲームをするために横持ちする場合は横幅は262 → 247mmと小さくなったのでコンテンツを楽しむには持ちやすい端末になったのかなと感じます。

Fire HD 10(2021)横持ち
横持ちした時のサイズ感

背面パネルに刻印されているAmazonのロゴマークが縦から横向きに変更となっています。

Fire HD 10(2021)は横持ちして使うことを想定した端末になっていることがわかります。なので横持ちした時のサイズがコンパクトになったというのは頷けるのではないでしょうか。

Fire HD 10(2021)は筐体を横向きした状態で右側にUSB-Cポート、操作ボタンがあります。

Fire HD 10(2021)操作ボタンの位置
操作ボタンの位置が変わった

電源ボタン、3.5mmオーディオジャックの位置が変更となっていますが、これは横持ちをした時の使いやすさを考慮したっぽいですね。

従来モデルは横持ちをすると電源ボタンが右下にあったことから操作しづらいものとなってましたがFire HD 10(2021)は電源ボタンが右側中央上にあるので操作しやすくなっています。

Fire HD 10(2021)のインカメラの位置も横持ちした時に上にカメラが来るような位置に変更となっています。

インカメラの位置も変更となった

今回のモデルはキーボードを接続してパソコンとして使うことも想定しているので、オンライン会議などでインカメラを使うときはより自然な位置で使うことができるのでいいのかもしれません。

もちろん、ZOOMを使うことができるので仕事でリモートワーク用のタブレットとしても使うことができそうです。

Fire HD 10(2021)はmicroSDカードにも対応しています。

最大1TBのmicroSDカードに対応
最大1TBのmicroSDカードに対応

本体ストレージが32GB・64GBと少なめなのでパソコンとして使うには足りなることがあるかもしれないですが、microSDカードで対応することは可能となっています。

充電器とケーブル

Fire HD 10(2021)は9Wの充電器とUSB-A to Cケーブルが付属してくるので、すぐに使えるようになっています。USB-CポートなのでAndroidスマホのケーブルと統一して使うのもいいかもしれません。

10%明るく色合いが向上したディスプレイに

Fire HD 10(2021)は10.1インチのディスプレイを搭載しています。

Fire HD 10(2021)と(2019)の画面
Fire HD 10(2021)と(2019)
ディスプレイの仕様
  Fire HD 10(2021) Fire HD 10(2019)
画面サイズ 10.1インチ
解像度 1,920 × 1,200ピクセル、224ppi
パネル 液晶(10%明るい) 液晶

これは、従来モデルと同じとなっていますが、画面の明るさが10%明るくなって視認性が向上します。

Fire HD 10(2021)と(2019)の画面の明るさ
Fire HD 10(2021)と(2019)の画面の明るさ

画面が明るくなっただけでなく色合いも自然になったので、かなり見やすいディスプレイになったように感じます。従来モデルは白が少し緑みのかかった色合いとなっていたので色がイマイチと感じることがあっただけに嬉しい改良点です。

Fire HD 10(2021) スペックと性能

Fire HD 10 (2017)はクアッドコアプロセッサでしたが、Fire HD 10 (2019)はオクタコアプロセッサを搭載し性能が大幅に強化しています。Fire HD 10 (2021)も同じSoCを搭載しています。

Fire HD 10 2019 vs 2017 CPU性能比較
Fire HD 10 2019 vs 2017 CPUの性能を比較
Fire HD 10 新旧のスペック比較
  Fire HD 10
  2021 2019 2017
CPU オクタコア
64bit ARM MT8183
@2.0GHz
クアッドコア
64bit ARM MT8173
@1.8GHz + @1.4GHz
GPU Mail-G72 MP3 PowerVR GX6200
RAM 3GB 2GB
シングルコア 1610 1546 1446
マルチコア 6536 6574 3114

旧型のFire HD 10(2017)のCPUの性能はシングルコアが1446、マルチコアが3114でしたが、Fire HD 10(2019)はシングルコアが1546、マルチコアが6574に性能が2倍に向上しました。

新型のFire HD 10(2021)は従来モデルと同じチップを採用しているため性能の向上はなく据え置きとなっています。ただ、メインメモリが3GBに増えたのでマルチタスク性能はおそらく向上しているかと思います。

ただし、タブレットとして使って見た感じでは動作に違いを感じることはなかったです。なので、2017年モデルから2021年モデルに乗り換えるなら体感で分かるくらい動作が快適になりますが、2019年モデルから乗り換えとなると違いを感じることはできないかもしれません。

いずれにしても、FireタブレットのFire OSは軽量OSなのでスペックが低くてもAmazonプライムビデオの動画視聴、インターネット閲覧、電子書籍の閲覧をするくらいなら問題ないレベルで使うことができます。

実際にどんな操作感なのかFire HD 10(2019・8コア)と(2017・4コア)の動作速度を比較してみました。


Fire HD 10(2019)はオクタコアプロセッサを搭載していることもあり全体的な動作速度が高速化しています。15,800円で買うことができるタブレットでこれだけ滑らかに動作すればタブレットとして十分快適に使うことができそうです。

アプリの切り替え、すべての動作において安定した速度で動作しているので、快適に使うことができますよね。実際に我が家では子どもの動画視聴用タブレットとしてFire HD 10を使っていますが、十分すぎるくらい快適に使うことができています。

バッテリーの持ちについて

Fire HD 10(2021)は公式では12時間ほどのバッテリー駆動時間があるとしていますが、どれくらいの電池持ちなのか実際に計測してみました。

Fire HD 10(2021)電池持ち
  • ブログの執筆を1時間(ブラウザ経由エディタ):41% → 34%(7%消費)
  • YouTubeを1時間閲覧:33% → 25%(8%消費)

iPad Proでブログ執筆をすると1時間で12%ほど電池が消費してましたが、Fire HD 10は7%の消費量に抑えられています。YouTubeの閲覧は1時間で8%ほどの消費量だったので12時間くらいは使えるのかもしれません。

普段使いのタブレットとしては十分な電池持ちといっていいかもしれません。この端末で長時間作業をすることはないとは思いますが、ブラウジングや動画を見るということはあると思います。大丈夫そうです。

2画面表示機能でマルチタスクに対応した

Fire HD 10(2021)は2画面表示機能に対応しました。これは2021年モデルのFire HD 10しか使うことができない機能となっています。マルチタスクの画面から「画面分割」を選択して二つのアプリを同時に使うことができます。

マルチタスクから画面分割
マルチタスクから画面分割

2つのアプリを同時に使えるのでYouTubeとツイッターを同時に起動して使うこともできます。

Fire HD 10で2画面表示機能
Fire HD 10で2画面表示機能

YouTubeのアプリを表示しながらツイッターをしたり、Kindleアプリで電子書籍を読むということもできるので、従来モデルにはない新しい使い方ができるようになりました。

パソコンとしても使うことができる

2021年5月にMicrosoft 365がFire OSに対応してアプリストアからOffice(Excel、Word、PowerPointなど)をインストールできるようになりました。

Office 365がFire OSで使える
Office 365が使えるように

Bluetoothのキーボードを接続すれば従来モデルもOfficeを使うことができますが、Fire HD 10(2021)はFintieの専用キーボードとOffice 365(1年無料)のエッセンシャルモデルがあってかなりお得にOfficeを使うことができます。

なお、Fire HD 10は10.1インチなのでOffice 365を無料で閲覧と編集(一部だけ)はできるようになっています。これはこのサイズの魅力なのかもしれません。

また、2画面表示機能にも対応しているので資料を見ながらExcelにデータを打ち込むといった使い方もできるので、使い方の幅が広がりますよね。

Excelとブラウザの2画面表示
Excelとブラウザを同時に使う

ただし、動作速度はお世辞にも早いとはいえません。日本語変換ソフトもかなり微妙です。変換がどう頑張ってもおかしくなることがあります。

ただ、癖のようなものを習得すれば意外と作業できないこともありません。また、エッセンシャルモデルのキーボードもしっかりとしたキーを内蔵していますし、文字を遅延なく入力できます。ただし、文字を消すときは少しラグがあるかも…。

Fire HD 10でブログの執筆
Fire HD 10でブログの執筆もできる

実際にこの記事をFire HD 10(2021)のこのキーボードを使って執筆しましたがタイピング感はとてもいいので文字を入力するという作業はとてもしやすかったです。

Fire HD 10 エッセンシャルセット
深いタイプのキーを採用し打ち心地よし

おそらく、日本語キーボードの配列がいいんだと思います。JIS配列には珍しくセンターポジションがしっかりと中央にあって言語切り替え(Shift + Space)の時に使うスペースキーも大きいので小型サイズのキーボードとしてはかなり使いやすいですね。

なので、ちょっとした資料作成、執筆作業であればFire HD 10(2021)を使って問題なく作業することはできます。

キーの音はこんな感じです。

そもそも、Fireタブレットはコンテンツ消費の端末なのに、こういう使い方は意味があるのかと思ってしまいます。パソコンを買うほどじゃないけどたまにこういう作業があるという方は2.2万円くらいでこのセットを手に入れることができるのは魅力になるのかもしれません。

なお、このキーボードケースはスタンドキック式ではなく可動ヒンジがしっかりとあるので自立してディスプレイを立てることができるようになっています。

Fire HD 10を
自立して画面を立てることができる

意外とこのキーボードケースは質感もいいですし、しっかりしていて使いやすいですね。折り畳むとそれなりにガッチリとしたパソコンに見えなくもないです。

Fire HD 10(2021)を装着した状態の重量は1,090gとなっているのでそれなりに重くはなります。ただ、もともとの筐体サイズが小さいので持ち運ぶに困るほどではないのかなと感じます。

また、画面を外して使うこともできます。

タブレットカバーとしても使うことができるので、 Fire HD 10をパソコンとして使うことも想定しているのならキーボードとOffice 365がセットになったエッセンシャルモデルがおすすめです。

内蔵スピーカーの音質

Fire HD 10(2021)は横持ちにした時に筐体の上左右に内蔵スピーカーがあるのでステレオサウンドで音楽や動画を楽しむことができます。

Dolby Atmosに対応しているので立体感のある音を楽しむことができますが音質はそんなに良くはありません。中音〜高音域重視のスピーカーとなっているので低音はほぼ鳴っていません。

とはいえ、中音域はしっかり再生できているので声主体のYouTubeの動画コンテンツを楽しむなら十分なスピーカーになっているでしょう。

カメラの画質・性能

Fire HD 10(2021)はリアカメラ、インカメラを搭載しているので、写真を撮ったり、オンライン会議のカメラとして使うことも可能となっています。

Fire HD 10 カメラのスペック比較
  Fire HD 10
世代 2021 2019 2017
リアカメラ 500万画素・F/2.5 200万画素・F/2.5
フロントカメラ 200万画素 VGA(約30万画素)

従来のモデルはリア、インカメラともに200万画素のカメラでしたが、Fire HD 10(2021)はリアカメラが500万画素に高画素化し画質が向上しています。

ただ、明るさは従来モデルの方が明るいです。画素数が増えてセンサーの画素ピッチが狭くなって暗くなってしまってる可能性はありそうですね。

ただ、拡大してみると従来モデルは明らかに画素数不足を感じてしまってたのが写真としてちゃんと見れるレベルになったような気がします。

あと、画角が少し違うようです。同じ場所から撮影したのですが、Fire HD 10(2021)の方が広い視野で写真を撮影することができました。500万画素あるのでズームして使うこともできるのかもしれません。

ただ、スマホのカメラと比べると画質は良くないのであまり使うことはなさそうですよね。使ってもQRコードを読み取るとか、そういった使い方になるのではないでしょうか。


Fire HD 10で出来ること

動画閲覧用のタブレットとして使う

Fire HD 10はFireタブレットの中で最も大きなフルHDディスプレイを搭載しているので、Amazonプライムビデオを十分楽しむことができる性能を持っています。

Fire HD 10とMacBook Pro のサイズ差
Fire HD 10(2019)で動画閲覧

CPUプロセッサの性能もそこそこ高性能で動作もサクサクしていますし動画検索も快適です。保護ガラスの光の反射は多いのでライトの多いところや外でも使用は適してないですが、ちゃんとした画質で映画を見ることができるでしょう。

内蔵スピーカーもステレオに対応していて立体オーディオのDoldy Atmosにも対応していて、見た目以上の音質でのサウンドを楽しむことができます。

Kindle端末として使う

Fire HD 10は電子書籍端末としても使うことができます。

Fire HD 10をKindleとして使う
電子書籍端末として使う

10.1インチの画面サイズは雑誌を見たり、漫画を見開きで読むのにちょうどいいサイズで小説よりも雑誌や漫画など読むことが多い方におすすめのタブレットとなっています。

小説が向いていないというわけではなく、大きな文字で広く表示することができるので細かい文字が読みにくいという方は文字を拡大しても表示領域を確保できるFire HD 10は良い電子書籍端末といってもいいのかもしれません。

それに、電子ペーパーを採用しているKindleと比べても表示レスポンスが高くて読み飛ばしもしやすいので、効率よく読書をする方にいいかもしれないですね。

子どものタブレットとして

例えば、「子どもに動画を見せるためにタブレットが欲しい…。でも高い…。」という悩みもFire HD 10なら価格が安いので気軽に使うことができますよね。

Fire HD 10 キッズモデル

Amazonプライムビデオ、Kindleによる電子書籍だけでなくゲームなんかも問題なくプレイすることができるので、そこそこ遊べるタブレット端末に仕上がっています。

なお、Fire HD 10のキッズモデルにすることで「Amazon FreeTime Unlimited」を1年間無料で使うことができるのでお得ですよ。

Echo showとして使う

音声アシスタントのAlexaは2017年モデルのFire HD 10も2019年4月に配信されたのアップデートで使えます。Amazon Alexaは声で操作することができる機能で、Echo Show 5Echo Show 8Echo Show 10で出来ることがFire HD 10でもできます。

例えば、天気を知りたいときに「アレクサ、今日の天気を教えて」と話しかけるだけで天気を知ることができますし、料理のレシピもFire HD 10に触れることなく知ることができます。

他にも色んなスキルをインストールすることができるて路線情報をリアルタイムに調べたり、英語の勉強に使ったりと使い方次第では便利に使うことができます。

Fire HD 10はコントロール画面から「Showモード」に切り替えると、ホーム画面をEco Showと同じ画面に切り替えることができます。

Fire HD 10はEco Showと違って端末が薄いので壁にフックでも取り付けて本体を置けるようにして、Showモードにしておけば高機能な時計としても使うことができるのでいいかもしれません。

Fire HD 10(2021)レビュー:まとめ

Fire HD 10(2021)は8コアプロセッサに3GBのメインメモリを搭載したこと以前のモデルと比べるとそれなりに使えるタブレットになっています。

Fire HD 10のメリット

Fire HD 10

Fire HD 10は他メーカーのタブレットと比較するとスペックは劣りますが、2019年モデルで8コアプロセッサを採用したことで大きく性能が向上したコスパ最強タブレットとなっています。

Fire HD 10のメリット
  • 画面が10.1インチと大きくて見やすい
  • 画面が明るく色合いも自然で見やすい
  • 8コアCPUでそれなりに快適に動く
  • 2画面表示機能を使うことができる
  • 映画など動画を観るのに適している
  • 雑誌や漫画を見るのに良い
  • 丈夫なので子ども用タブレットに適している
  • 端末価格が15,980円と安く買える
  • Office 365が無料で使える
  • エッセンシャルセットがお得

Fire HD 10は資料作成や動画編集といった何かを生み出すことは苦手な端末ではありますが、動画を見たり雑誌や漫画を見る、ゲームをするといったコンテンツ消費に最適なタブレット端末です。

また、2021年モデルは2画面表示機能に対応したことでYouTubeを見ながらTwitterをするといった使い方もできるようになり、使いやすい端末になったのは間違い無いでしょう。

Microsoft Officeも使えるようになったのでエッセンシャルセットの24,980円はかなりお得です。

というのも、Fire HD 10 + キーボード + Office 365 Personal(1年)で通常価格は33,979円です。11,000円も安く手に入れることができますし、最大5台まで同時使用ができるのでWinodws、Mac、iPadにExcel、Wordなどを使うことができます。

1年限定だけどお得ですよね。ちなみに、Fire HD 10は10.1インチとギリギリOffice 365が無料で使える画面サイズとなってます。編集機能は一部しか使えないですが、ちょっと使うくらいならいいかもしれませんね。(商用利用はサブスク契約が必要。)

Fire HD 10のデメリット

Fire HD 10のデメリットはGoogle Playが入っていないのでGoogleストアにあるアプリをインストールできないところでしょう。

Fire HD 10のデメリット
  • Google Playのアプリが使えない
  • スペックが他のタブレットに比べて弱い
  • 生体認証機能はない

Google Playストアにあるアプリを普通に使いたいならFir HD 10は向いていません。とはいえ、Amazonプライムビデオ、Kindle、Fire OSに対応したゲームだけでもそこそこ楽しめたので個人的にはあまり問題はなかったです。

また、価格の安いタブレットなので画面は反射しやすいですし、外で使うには少し見にくいと感じることがあるかもしれませんが、屋内で使うなら問題ありません。画面が明るくなって色合いも良くなったので見やすくなっています。

他のモデルについてはこちらをどうぞ!

なお、子ども向けのFire HD 10 キッズモデルもあります。キッズモデルは専用ケースが付属しているだけでなく、キッズコンテンツを楽しめるFreeTime Unlimitedを1年間無料で使うことができます。

Fireタブレットの全モデルにキッズモデルがあるので、違いを比較しています。また、FreeTime Unlimitedで何ができるかも書いているので是非参考に!

カバーを使うことでFire HD 10を立て掛けることができるので動画を見ることが多い方は併せてゲットしておくのがおすすめです。

Amazonの有料プラン・プライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツを無料で見ることができるAmazonプライムビデオを使うことができます。

すべての動画は見放題になりませんが、かなりの数の映画やアニメなどの番組をプライム会員の年会費のみで見放題となるのでかなりお得です。

Fire HD 10とプライムビデオの相性が良いのでFire HD 10を買う前にプライム会員になっておきましょう!時期にもよりますが割引価格で買うことができることもあります。

Amazonプライムのメリットはこちらの記事をどうぞ

Fire HD 10を買うならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができ、ポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

電子書籍だけ楽しみたいならFireタブレットではなくてKindleを選んだ方が幸せになれると思います。こちらの記事で詳しく書いているので是非とも参考にしていただければと思います。