Fire 7・Fire HD 8 サイズとスペックの比較

AmazonのFireタブレットを衝動買いしました。セールに出ていたFireタブレット・Fire 7とFire HD 8の2台とも買ってしまいました。安すぎでしょ。

Fire 7の端末価格は6,980円、Fire HD 8の端末価格が9,980円で、定期的に開催されるセールならさらに安い価格でFireタブレットを手に入れられます。

めっちゃくちゃ安い。そんな中で、Fire 7とFire HD 8は画面サイズで1インチしか差がないのでどちらを購入するべきか迷いますよね。

この記事では、Fire 7・Fire HD 8の2つの画面サイズ・スペック・使いやすさの違いを比較しているのでどっちにするか迷っている方は参考にどうぞ!

Fireタブレットに性能は期待できないものの普通に使える操作感となっていてプライムビデオで動画視聴、電子書籍を読む、ブラウジングするなら普通に使える性能を持っています。

Fire 7とFire HD 8の比較レビュー

では、Fireタブレットの違いについて詳しく紹介していきます。

本体デザインの違い

Fireタブレットの外観デザインは基本的には同じですが、Fire HD 8は2020年6月に新しくなって丸みのあるスタイルに、Fire 7も2022年6月に同じデザインに刷新されます。

Fire 7・Fire HD 8

画面サイズはFire 7よりもFire HD 8の方がディスプレイが大きいですが、縦で持った時の筐体の横幅が広いので片手で持てるかどうかのギリギリのサイズ感となっています。

Fire 7 vs Fire HD 8 画面サイズ比較
  Fire 7(2022) Fire HD 8(2020)
ディスプレイ 7インチ
1024 x 600
(171 ppi)
8インチ
1280 x 800
(189ppi)
サイズ 181 x 118 x 9.7mm 202 x 137 x 9.7mm
重量 282g 355g

Fire 7は片手サイズなので小説など電子書籍を読むのに適していて、気軽にどこにでも持ち歩くことができる大きさです。

Fire 7のサイズ感
Fire 7のサイズ感

男性用のパンツの後ろポケットにも入れられる大きさなのでFire 7なら持ち運びするときにそのまま持ち出せます。

Fire HD 8も8インチサイズのタブレットなので片手サイズといえばそうですが、Fire 7と比べるとワンサイズ大きい感じがします。

Fire HD 8のサイズ感
Fire HD 8のサイズ感

Fire HD 8は本体カラーを選べるのも魅力の一つです。

Fire HD 8 ホワイト
Fire HD 8は色が選べる

操作ボタンは端末を縦持ちした状態の上にまとめられていて、左部分に電源ボタン、音量ボタンがあります。なぜか配置が逆になっていますが。

Fire 7とFire HD 8の操作ボタン
Fire 7とFire HD 8の操作ボタン

右側にUSB-C(USB 2.0)、3.5mmオーディオジャックがあります。充電ポートはどちらもUSB-Cに対応しているので今使ってるスマホと同じ充電ケーブルで運用も可能です。

右側上部分にmicroSDカードスロットがあってFire 7、Fire HD 8ともに最大1TBまでストレージ容量を拡張できるようになっています。

microSDカードスロット

Fire HD 8のストレージ容量は32GB、Fire 7は16GBと少なくゲームなどいくつかインストールすると容量が少なくなる可能性があります。

もし、いくつもアプリを使う予定があるならmicroSDカードも併せて買っておくのがおすすめです。

Fireタブレットはプライムビデオ、プライムミュージックの動画や音楽データをmicroSDカードにダウンロードしてオフライン環境でもコンテンツを楽しむこともできます。

Fire HD 8はステレオスピーカー搭載

Fire 7はシングルスピーカーでモノラル再生、Fire HD 8のスピーカーが2個搭載しDolbyオーディオに対応したステレオサウンドを再生できます。

Fire 7とFire HD 8のスピーカー
Fire 7とFire HD 8のスピーカー

Fire HD 8のステレオスピーカーは思っていた以上に音質は良くて、タブレットサイズのスピーカーなので低音は出ませんが、Dolbyオーディオ技術のおかげかクリアで広がりのあるサウンドを楽めます。

テーブルの上に直置きしてYouTubeで音楽を再生すると音が広がるのでとてもいい感じでコンテンツを楽しめますよ。

画面サイズの違いを比較

画面サイズはFire 7が小説の文庫本に近いサイズ、Fire HD8が漫画の単行本に近いサイズとなっています。

Fire 7、Fire HD 8、単行本の大きさを比較
Fire 7とFire HD 8の画面サイズ比較

FireタブレットでKindle本を読むなら、小説を読むことが多いのか、漫画を読むことが多いかで決めてもいいです。

個人的には小説でも漫画でも本体サイズが小さくて重量が軽い7インチのFire 7の方が読みやすいです。8インチのFire HD 8は少し大きく手で持って読まないといけないKindle本には適していません。

Fire 7 vs Fire HD 8 Kindle本
Fire 7・Fire HD 8 電子書籍の画面比較

そもそも、Kindle本を読むのならFireタブレットではなく電子ペーパーを採用している電子書籍リーダーのKindleの方が絶対にオススメです。

Kindle vs Fire HD 8
KindleとFire 7の画面比較

予算が許すなら解像度のより高いKindle Paperwhiteが文字が読みやすくていいですよ。

画面解像度と見やすさを比較

Fire 7は7インチの1024 × 600ピクセル(171ppi)のIPSパネル、Fire HD 8は8インチの1280 × 800ピクセル(189ppi)のIPSパネルを搭載しています。

Fire HD 8の方が解像度が高いのでYahoo!Japanのトップ画面の細かい文字もFire 7よりは見やすくなっています。

Fire 7 vs Fire HD 8 ディスプレイ解像度
Fire 7とFire HD 8のYahooのトップ画面

ただ、Fire HD 8の方が解像度が高いのに表示領域はあまり違いはなくてFire HD 8の方が画面が大きくて解像度が高いのでキレイな表示が可能です。

以前はプライムビデオの画面表示の領域がFire 7が広かったのですが、修正が入ったのか表示領域はFire 7、Fire HD 8ともに同じとなっています。

Fire 7とFire HD 8のプライムビデオ
Fire 7とFire HD 8のプライムビデオ

YouTubeは再生画面についても同じです。画面が小さいか、大きいかだけの違いとなっています。

Fire 7とFire HD 8のYouTube
Fire 7とFire HD 8のYouTube

Fire HD 8は2020年からPiP(ピクチャーインピクチャー)に対応しYouTubeの再生画面を小窓表示にして別のことをしながら再生も可能です。

Fire HD 8はPiPに対応している
Fire HD 8はPiPに対応している

AmazonのアプリはFire 7の方が表示領域が広いようです。縦表示が少しだけ長く表示しています。まあ、ほんのわずかな差ではありますが。

Fire 7とFire HD 8のAmazonアプリ
Fire 7とFire HD 8のAmazonアプリ

とはいえ、Fire HD 8の方が物理的に画面サイズが大きいので、見やすくて操作がしやすいので、操作性に関してはFire 7よりもFire HD 8の方が上といっていいでしょう。

なお、Fire HD 8は2画面表示機能に対応しています。

Fire HD 8 2画面表示機能
Fire HD 8は2画面表示機能が使える

マルチタスクの画面でアプリアイコンをタップすると「画面を分割」という項目が表示されるのでここから2画面表示にできます。

2画面表示でアプリを使える
2画面表示でアプリを使える

8インチの画面サイズなので少し表示領域は狭めで使いにくいですが、Twitterしながら動画コンテンツを同時に楽しむことができます。

色合いの違いを比較

液晶パネルのメーカーが違うのでしょうか。Fire 7とFire HD 8の液晶の色合いがかなり異なります。

左からFire 7、Fire HD 8Fire HD 8 Plusですが、真ん中のFire HD 8のみ緑味のかかった色合いになっているように見えます。

液晶画面の色合いについて

画面の色合いはFire 7、Fire HD 8 Plusは白っぽくて見やすいですが、Fire HD 8は少し暗めのディスプレイとなっています。(ロットによっても異なる可能性あります。)

このように並べて比較しない分からないレベルですし、低価格のFireタブレットに画面のキレイに期待してはいけないかもしれません。

カメラの画質の違いを比較

両モデルともリアカメラは200万画素のイメージセンサーを採用しています。なので基本的な写りは同じはずですが、少しだけ違う色合いで撮影されるようですね。

リアカメラ画質1

どちらが良いかは分かりませんが。

リアカメラ画質2

若干異なり色合いになっています。

リアカメラ画質3

200万画素のカメラなので画質は「う〜ん。」って感じですしノイズも多め。とりあえず写真を撮ることができるレベルです。記録用ならまあ使えるのかもしれませんね。

個人的にはカメラを省いてしまう代わりにCPUの性能を上げたり、ディスプレイの品質を上げた方が、Fireタブレットの顧客満足度は上がるのではないのかなとも思います。

SoCの性能の違いを比較

Fire 7Fire HD 8の内部スペックを比較してみます。ともに同じSoC(システムオンチップ)となるMediaTek MT8168Aを搭載しています。

SoCのスペック比較
モデル Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 8 Plus
SoC MediaTek MT8168V/B(64ビット)
CPU ARM Cortex-A53(4コア)
GPU ARM Mali-G52
メモリ 2GB 3GB
ストレージ 16GB 32/64GB
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n/ac
バッテリー 10時間 12時間
OS Fire OS 8(Android 11) Fire OS 7(Android 9)

Fire HD 8よりもFire 7の方が画面解像度が低いこともあってSoCの負荷が少なくFire 7の方が動作速度が少し速い可能性はあります。体感では分からないですが。

Geekbench 5でCPU、GPUの性能を比較してみました。

Fire 7・Fire HD 8 Geekbench 5性能比較
Geekbench5 性能比較
モデル Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 8 Plus
SoC MediaTek MT8168V/B(64ビット)
メモリ 2GB 3GB
シングルコアCPU 169 136 135
マルチコアCPU 558 432 437
GPU(OpenCL) 539 532 529

同じSoCを搭載しているのでFire 7、Fire HD 8ともにほぼ同じ性能となっています。

ちなみに、Fire 7(2019)→ Fire 7(2022)になってCPUで2.5倍も処理性能が向上しています。GPUも計測できなかったのがちゃんと数値を出すことができるまでに性能が向上しています。

Antutuでも性能を比較してみました。

Antutu 性能比較
モデル Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 8 Plus
SoC MediaTek MT8168V/B
メモリ 2GB 3GB
トータル 105790 101440 101860
CPU 29757 24942 24840
GPU 19810 20242 20062
MEM 24454 25208 25633
UX 31769 31048 31325

Antutuもいずれも同じ性能となっているので、どのモデルを選んでも動作速度はほぼほぼ同じと見ていいでしょう

メインメモリはFire 7Fire HD 8ともに2GBあるのでブラウジング、電子書籍を読む、Amazonプライムの視聴をするのは十分快適に動かすことが可能。Fire HD 8 Plusは3GBになってさらに快適な操作感となります。

実際の動作速度について

実際にどれくらいの動作速度で動かすことができるのかFire 7を操作しているところを動画にしました。

Fire HD 8はこんな感じです。

ブラウザ、Twitterなどは少しモッサリ感があるのはどちらもほぼ同じですよね。

とはいえ、旧型のFire 7(2019)から比べると普通に動作するので、ちょっと調べ物をするなら十分使えるスペックですし、プライムビデオや電子書籍を読むなら普通に使えます。

各アプリの起動時間の違いを比較

ベンチマークスコアだけでは実際の操作感が分からないと思うので各アプリの初回起動時間を計測してみました。

モデル Fire 7(2022) Fire 7(2019) Fire HD 8(2020)
メモリ 2GB 1GB 2GB
YouTube 約6秒 約7秒 約6秒
Amazonビデオ 約5秒 約6秒 約6秒
アプリストア 約3秒 約4秒 約4秒
Silkブラウザ 約6秒 約9秒 約6秒
ミュージック 約10秒 約11秒 約10秒
カレンダー 約2秒 約2秒 約2秒
写真 約4秒 約8秒 約4秒
Amazon 約8秒 約11秒 約6秒

それでもブラウザやAmazonアプリなどデータ量が大きいアプリになってくるとFire HD 8の方が動作が速く、メインメモリの容量の多いFire HD 8の方がアプリの切り替え速度も速くなっています。

Fire 7(2022)のSoCはFire HD 8とおそらく同じなので解像度の低さも相まってより快適に動作するかもしれません。

Fire 7・Fire HD 8 どっちがいい?

Fire 8 HDのおすすめポイント

Fire HD 8
Fire HD 8

Fireタブレットは7インチと8インチともに本体サイズの小さい方に分類されるタブレットでどちらも持ち運びに困ることはないので、少しでも画面が大きく、ステレオの音を楽しめるFire HD 8がおすすめです。

Fire HD 8 おすすめポイント
  • 画面が大きいのでコンテンツ消費に最適
  • ステレオスピーカーで動画視聴に適している
  • HD画質でコンテンツの画質がよりキレイ

YouTubeやプライムビデオを楽しむ用途では確実にFire 7よりもFire HD 8の方が見やすくステレオサウンドで楽しめますし、漫画を読むにしても8インチあった方が見やすいですしバランスの取れたサイズ感になっています。

こんなケースを画面も見やすくなるので使うと良いかもしれません。Fireタブレットはどちらかというと指紋が付きやすいので、ケースを付けた方がストレスを感じることはなさそう。

Fire 7のおすすめポイント

Fire 7
Fire 7

Fire 7は本体サイズが小さくて持ち運びがしやすく、価格が安くて6,980円で買えるのが最大の魅力です。電子書籍端末のKindle並みにコンパクトなのでジーンズのお尻ポケットに入れて持ち運べます。

Fire 7 おすすめポイント
  • 本体サイズが小さくて持ち運びしやすい
  • コンパクトで電子書籍を読むのに適している
  • 子どもの動画専用機としても使える
  • 6,980円と端末価格が安い

どこでも気軽にコンテンツを楽しめる端末としては魅力な1台ですし、端末価格が安いので子どもの動画を見せる用の端末としてもおすすめです。

Fireタブレットは性能はそんな期待してはいけませんが、普通に使えるタブレットでAmazonプライムビデオを見たり、電子書籍を見たり、インターネットするくらいなら十分に使えるタブレットです。

子ども向けのFire タブレットキッズモデルもあって専用ケースが付属し、キッズコンテンツを楽しめるFreeTime Unlimitedを1年間無料で使えます。

Fireタブレットの全モデルにキッズモデルがあるので、違いを比較しています。FreeTime Unlimitedで何ができるかも書いているので是非参考に!

Fire HD 8Fire 7の個別レビューはこちらから!

Fire HD 10・Fire HD 8の比較はこちら

Fire HD 10Fire HD 10 Plusはこちら

Fireタブレットをお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならプライム会員になってクレジットカードでAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするとお得です。

クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」でチャージ時に0.5%ポイントが貯まります。(2022年12月31日(土)23時59分まで)このポイントは次回の買い物で使えるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券をチャージをしておきましょう!

プライム会員になってプライムビデオが見放題

年額4,900円必要となりますがAmazonプライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツを無料で見ることができるAmazonプライムビデオが見放題となります。

すべての動画が見放題になるわけではありませんが、相当数の映画やアニメなどの番組を見放題となるのでかなりお得だと思います。

Fireタブレットとプライムビデオの相性が良いのでFire HD 8を買う前にプライム会員になっておくことをおすすめします!時期にもよりますが割引価格で買うことができたりします。

↓ 30日間無料体験できる ↓

Amazonプライムのメリットはこちらの記事をどうぞ!

https://www.sin-space.com/entry/amazon-Cyber-Monday-2017

電子書籍だけ見るならKindleがおすすめ

Amazonの電子書籍だけ楽しみたいならFireタブレットではなくてKindleを選んだ方がコンパクトですしいいでしょう。こちらの記事で詳しく書いているので是非とも参考にしていただければと思います。

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?

オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。