EOS RPとEOS R、EOS Kiss M 違いを比較

キヤノンがエントリー向けのフルサイズミラーレスカメラEOS RPを2019年3月14日に発売することを正式発表しました。EOS RP ボディの価格が16万円ほど、レンズキット(RF35mm Macro)の価格は21万円ほどとなっており、この金額でフルサイズミラーレスカメラを購入できちゃう…めちゃくちゃ安くないですか?

ということで、フルサイズのEOS RPと上位機種のEOS Rと、下位機種でAPS-CサイズのEOS Kiss Mのデザイン、スペック、サイズの違いを比較してみたいと思います。これはかなり心揺れますね…。

 

EOS R・EOS RP・EOS Kiss M デザイン、スペック、価格の比較

Canonのカメラはプロフェッショナルモデル、ハイアマチュアモデル、ミドルクラスモデル、エントリーモデルの4つのクラスに分類されていますが、EOS RPは中間ランクに位置するミドルクラスモデルのフルサイズミラーレスカメラとなっています。

プロフェッショナルモデルのEOS-1D X Mark IIは省くとして、各モデルの位置付けと簡単なスペックはこんな感じになっています。

ハイアマチュアモデル
タイプイメージセンサー映像エンジン参考価格
EOS 5D Mark IV一眼レフフルサイズ:3,040万画素DIGIC6+432,500円
EOS 5Dsフルサイズ:5,060万画素デュアルDIGIC6468,000円
EOS 5Ds Rフルサイズ:5,060万画素(LPFLESS)498,000円
EOS Rミラーレスフルサイズ:3,030万画素DIGIC8237,500円
EOS 7D Mark II一眼レフAPS-C:2,020万画素デュアルDIGIC6138,000円

今回発売されるEOS RPはミドルクラスモデルに位置付けされており、EOS Rに採用された新型の3,030万画素のイメージセンサーの採用は見送られてEOS 6D Mark Ⅱと同じ2,620万画素のイメージセンサーを搭載しています。

ミドルクラスモデル
タイプイメージセンサー映像エンジン参考価格
EOS RPミラーレスフルサイズ:2,620万画素DIGIC8160,500円
EOS 6D Mark II一眼レフフルサイズ:2,620万画素DIGIC7225,000円
EOS 80DAPS-C:2,420万画素DIGIC6122,800円

ミラーレスカメラの新型モデルはどんどん登場していますが一眼レフのアップデートはしばらく行われていないので映像エンジンの性能は新しいミラーレスカメラの方が必然的に高くなっています。

エントリーモデル
タイプイメージセンサー映像エンジン参考価格
EOS Kiss MミラーレスAPS-C:2,410万画素DIGIC873,500円
EOS Kiss X9i/9000D一眼レフAPS-C:2,420万画素DIGIC797,500円
EOS M5ミラーレス98,600円
EOS M682,800円

他にももっと初心者向けのEOS M100、X90というのもあります。でも、個人的には初心者だからこそ性能の高いEOS Kiss Mとか選んだ方がいいと思っています。性能が低いと意外と撮影能力が求められるので…。

では、EOS RPとEOS R、EOS Kiss Mの違いを細かく比較してみましょう。

マウント、対応レンズの違い

EOS RP/EOS RとEOS Kiss Mではマウントが異なっており対応しているレンズが違うので、同じミラーレスカメラだからといってEOS Kiss Mを買ってからEOS RP/Rに乗り換えるとなるとレンズもすべて入れ替えないといけないことになってしまいます。

EOS RP/Rは新しく専用設計されたRFレンズに対応しておりマウントアダプターを使うことで従来の一眼レフで使われているEFレンズも使うことができるので、今まで一眼レフ(フルサイズ)を使っていた方は乗り換えはスムーズにすることができます。

対応レンズの違い
RFレンズEFレンズEF-MレンズEF-Sレンズ
フォーマットフルサイズAPS-C
EOS RP/R○(マウントアダプタ使用)×○(マウントアダプタ使用)
EOS Kiss M×○(マウントアダプタ使用)○(マウントアダプタ使用)
EOS 6D Mark Ⅱ…など×××
EOS X9i/9000D…など××

EOS Kiss MはAPS-Cサイズのミラーレス専用のEF-Mレンズとマウントアダプタを使うことで一眼レフのAPS-C専用のEF-SレンズとEFレンズを使うことができます。つまり、EOS RP/Rは同じミラーレスのEF-Mレンズを使うことはできないのです。

EOS RP/RはRFレンズとEFレンズ(マウントアダプター使用)を使うことができる仕様となっており、EFレンズに関してはタムロンやシグマなどから様々なレンズが発売されているので、これらのレンズを使うことができるのはEOS RP/Rを使う大きなメリットとなります。

デザイン、本体サイズの違い

EOS RPはより小型化

EOS R、EOS RP、EOS Kiss Mのデザインと本体サイズの違いを比較してみましょう。EOS RPとEOS Kiss Mはファインダー部分の出っ張りが大きくて縦に長いデザインとなっていますが、EOS RPは高さが少しだけ低くなっています。

EOS RP/RとEOS Kiss M サイズの比較

EOS R・RP・Kiss M サイズ比較
EOS REOS RPEOS Kiss M
本体サイズ135.8 x 98.3 x 84.4 mm132.5 x 85.0 x 70.0 mm116.3 x 88.1 x 58.7 mm
重量580g440g116.3g

EOS Rはミラーレスカメラにしては大きくて重いという印象がありましたが、EOS RPはダウンサイジングに大きく成功しており、EOS RP(132.5 x 85.0 x 70.0 mm 440g)はエントリーモデルの一眼レフカメラのEOS Kiss X9i(131.0 x 99.9 x 76.2 mm 485g)よりも小型化し軽くなっています。

EOS RPはAPS-CのKiss X9i/9000Dと同じサイズ感でフルサイズのレンズと画質を撮影できるということになるのです。これは素直に凄い。もちろん、サイズだけで比較するならEOS Kiss Mの方がはるかに小さいですが、豊富なレンズのことを考慮するとEOS RPを選ぶメリットはかなり大きいと言えそうです。

肩液晶はなくなりモードダイヤルに

EOS Rには肩液晶を搭載していましたがEOS RPは非搭載となり従来のモードダイヤルが搭載されています。また、EVF部分とグリップも少しだけ小型化しているのがわかります。

EOS R、EOS RP、EOS Kiss M グリップ比較

EVF・液晶も小型化へ

EOS RPのEVF(電子ビューファインダー)と液晶画面もEOS Rよりも少しだけ小さくなってします。

EOS R、EOS RP、EOS Kiss M 背面デザイン比較

EOS R・RP・Kiss M EVFと液晶画面の違い
EOS REOS RPEOS Kiss M
EVF0.5型(365万ドット)0.39型(236万ドット)
液晶サイズ3.15型(210万ドット)3.0型(104万ドット)
液晶仕様タッチパネル、バリアングル

EVFと液晶の解像度もEOS Kiss Mと同じレベルに落ちておるので撮影のしやすさを重視するならEOS Rとなるのかもしれません。ただ、EOS Kiss Mを実際に使っていますが0.39型(236万ドット)のEVFでも十分に見やすくて撮影にあまり支障がないので特に問題はないような気がします。

EOS RPもバリアングルタイプの液晶になっているのでファインダー撮影では難しいシチュエーションでも気軽に撮影することができるようになっています。

マルチファンクションバーは非搭載に

EOS Rで万を期して登場した新しい操作形態だったマルチファンクションバーですが、EOS RPは非搭載となりました。

これが不評だから搭載を見合わせたのか、下位モデルだから非搭載にしたのか…分かりませんが、プロ向けのEOS R上位モデルが登場した時にそのモデルにマルチファンクションバーが搭載されるかどうかで今後の動向が分かってきそうです。

 

イメージセンサーの違い

EOS RPはEOS Rと同じフルサイズのイメージセンサーを搭載していますが画素数は2,620万画素に抑えられています。おそらくEOS 6D Mark Ⅱと同等のイメージセンサーとなっているのでしょう。

EOS R・RP・Kiss M イメージセンサーの違い
EOS REOS RPEOS Kiss M
イメージセンサーフルサイズ(36.0 × 24.0mm)フルサイズ(35.9 × 24.0mm)APS-C(22.3 × 14.9mm)
画素数3030万画素2620万画素2410万画素
映像エンジンDIGIC 8
手ぶれ補正レンズ内手ぶれ補正、デュアルセンシングIS

映像エンジンはすべてのモデルが最新のDIGIG 8を搭載しており、ボディ内手振れ補正機能は非搭載ですが、レンズ側で対応していたりデュアルセンシングISで効率的に手ブレを抑えることができるようになっています。

デュアルセンシングISはイメージセンサーとレンズのズレを補正するキヤノン独自の手ぶれ補正方式でコンパクトカメラで採用されていたものです。EOS R/RPはボディ内手ぶれ補正は非対応ですが別のアプローチで手ブレを抑える仕組みを持っていることになります。

シャッター、オートフォーカスの違い

EOS R、RP、Kiss Mともにキヤノンが独自開発しているデュアルピクセルセンサーを搭載していてDIGIC 8との組み合わせで精度の高いオートフォーカス性能を発揮します。

EOS R・RP・Kiss M シャッター、AFの違い
EOS REOS RPEOS Kiss M
フォーカスデュアルピクセルCMOS AF方式
測距点5655ポジション4779ポジション143点
AFフレーム選択顔+追尾優先AF、1点AF、領域拡大AF(上下左右)、領域拡大AF(周囲)、ゾーンAF、ラージゾーンAF(縦)、ラージゾーンAF(横)顔+追尾優先AF、スポット1点AF、1点AF、領域拡大AF(上下左右)、領域拡大AF(周囲)、ゾーンAF顔+追尾優先AF、1点AF、ゾーンAF
顔追尾AFの性能瞳AFに対応サーボAF時の瞳AFに対応瞳AFに対応
ISO感度ISO100~40000(拡張:ISO50、ISO51200、ISO102400)ISO100~25600(拡張:ISO51200)
輝度範囲EV-6~18EV-5~18EV-2~18
シャッター速度1/8000~30秒1/4000~30秒
連続撮影速度8コマ5コマ10コマ
内蔵ストロボ手動ポップアップストロボ

EOS RPはEOS Rよりも少しだけAFの測距点が少なくなっていたり、シャッター速度、輝度範囲の性能が落とされています。特に連続撮影速度が8コマから5コマに少なくなっているのが気になるところですね。

シャッターの耐久性能も20万回から10万回に落ちているのでシャッターの構造自体がコストを下げるために違うものになっているのかもしれません。

性能が落とされてしまったEOS RPですが顔追尾AFはサーボAF時にも対応しさらに瞳AFでの追尾が可能となっているので、人物撮影はEOS RよりもEOS RPの方が使い勝手がいいかもしれませんね。

SDカード、通信性能、撮影可能枚数の違い

EOS RPはUHS-ⅡのSDカードに対応しているのでRAWで連続撮影しても快適に記録、転送することが可能となっています。スロット数は1つです。

EOS R・RP・Kiss M SDカード、通信、撮影可能枚数
EOS REOS RPEOS Kiss M
SDカードSD/SDHC/SDXC(UHS-Ⅱ、UHS-I対応)SD/SDHC/SDXC(UHS-I対応)
スロット数1
Wi-Fi802.11b/g/n
Bluetooth4.1
ポートUSB-CMicro USB、HDMI(D)
バッテリーLP-E6N/LP-E6LP-E17LP-E12
撮影可能枚数約350枚約210枚約235枚

ポートはUSB-Cに対応しているのでケーブルを一本化することができますし、USB-Cに対応したiPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9インチ(第3世代)を直接接続して簡単にデータ転送することができます。

EOS RPは本体サイズが小さくなったのでバッテリーもワンランク小さいLP-E17となり撮影可能枚数がEOS Kiss Mよりも少ない210枚になってしまいました。一眼レフのEOS 6DからEOS RPに乗り換えると撮影枚数の少なさに驚いてしまうんじゃないでしょうかね。

撮影枚数の少なさはミラーレスカメラの最大の問題点でもありますが、バッテリーを何個か持ち歩くことになるでしょうね。それでも、本体サイズが小さくなって取り回しがよくなった方が使いやすいと思うので割り切ってこれでいいのではないでしょうか。

価格の違い

EOS RPの価格はとにかく安いですよね。フルサイズミラーレスカメラのボディが16万円で購入できちゃうってスゴい。

EOS R・RP・Kiss M 価格の違い(税別)
EOS REOS RPEOS Kiss M
ボディ価格237,500円160,500円73,500円
レンズキット389,750円(RF24-105mmF4 + EF-EOS R)268,380円(RF35 MACRO + EF-EOS R)88,500円(EF-M15-45)

ボディ単体ならEOS RPはEOS Rよりも77,000円も安く購入することができます。

これは買いではないでしょうか?フルサイズカメラでこの価格は安い!ということで、EOS RPを購入したのでレビュー記事を書いたので是非参考にしてください!

というか、EOS Kiss Mのレンズキットの価格の安さに驚きですね。フルサイズミラーレスはとても魅力的なんですけど、こだわりがないならレンズキットでもEOS RPよりも19万円も安いEOS Kiss Mでも十分です(笑)

でも、カメラ沼にハマる可能性があると感じている方は最初からフルサイズミラーレスのEOS RPを選んでおいたほうが結果的に安くつくことになると思います。

 

まとめ:EOS RPが欲しい…けど

僕はFUJIFILM X-H1をメインにCanon EOS Kiss Mをサブで使っています。かなり異色の組み合わせだと思うのですが、子ども達を撮るのはやっぱりFUJIFILMの色が最高すぎるのでX-H1を使っています。これは今後も変わらないと思います。(分からないけど。)

しかし、ブログでブツ撮り撮影するときはEOS Kiss M + EF-S 35mm Macroの組み合わせが寄れて気軽に撮影できるのでとても使い勝手がいいんですよね。あと、荷物をコンパクトにしたい時は最高にコンパクトなEOS Kiss Mを持ち出すことが多いのです。

で、今までフルサイズのカメラを使ったことがないので、これだけコンパクトになったEOS RPで試してみたい…という思いが強くなってきています。

レンズキットもRF35mm F1.8 MACRO IS STMという新しいマクロレンズなのでブツ撮りのカメラとしてかなり使えそうなんじゃないのかなー…。と思いつつ。どうしましょうか。でも、これ以上マウント増やすと収拾つかなくなってしまうと思いつつ。でも、欲しいよね。

(追記:EOS RPを購入しました。レビュー記事を書いたので是非参考にしてください!)

EOS RPは2019年3月14日に発売開始となります。ボディ単体、レンズキット(RF35mm Macro)、マウントアダプタ付きなどから購入することができます。

また、5,000台限定でEOS RP GOLD(ゴールドカラー)も発売されて各種キャンペーンも実施しているので結構お得に購入することができそうですよ。

ちなみに、フルサイズイメージセンサーのベースとなった35mmフィルムならNikon FM3Aで経験済みです。このカメラも最高なので大事に保管しています。たまにフィルムでも撮りたい。