Echo Show 5(エコーショー5)はAmazonのスマートスピーカーに5.5インチのディスプレイを搭載したデバイスです。

普通のEcho Dotスマートスピーカーだと画面がないので、どんな状態で動いているのか把握しにくくなっていましたが、Echo Show 5はタブレットのように画面で操作もできるので、やっぱり便利ですよね。

ということで、ここではEcho Show 5のデザイン、使い勝手、どんなことが出来るのかなど詳しくレビューしています。

Echo Show 5 レビュー・評価

Echo Show 5は5.5インチのディスプレイ搭載型のスマートスピーカーです。

ディスプレイ搭載型のEchoは丸型の小型パネルを内蔵したEcho Spot、10.1インチの大型パネルを内蔵したEcho Showの3つのラインナップがありますが、Echo Show 5は真ん中に位置するちょうど良いサイズ感を実現したパネル付きスマートスピーカーとなっています。

Echo Show 5 外観のスタイル

Echo Show 5があれば何も操作しなくても画面を表示しておくだけで、今の時間、天気を確認できます。またメッセージ届いたら通知してくれますし、Amazonで買い物をした荷物の配送状況を教えてくれます。

もちろん、音声アシスタント・Alexaに対応しているので声で音楽や動画を再生してもらうこともできますし、スマートホームにも対応しているの設定次第では声を使って家のライトや家電を操作ができるようにもなる優れもの。

Echo Spotは画面が小さいこともありブラウザには非対応でしたが、Echo Show 5はブラウザに対応していてYouTubeもブラウザ経由で楽しむことができるようになっています。

Echo Show 5の特徴
  • 5.5インチ(960 x 480ピクセル)のディスプレイを搭載
  • MediaTek MT 8163プロセッサを搭載
  • 1.65インチのスピーカー(4W)を内蔵
  • 100万画素のインカメラを搭載(カメラカバー付き)
  • Alexa対応で声であらゆる操作が可能
  • スクリーン付きEcho同士でビデオ通話ができる
  • 各ストリーミング配信サービスを楽しめる
  • ブラウザを使ってYouTubeを観ることができる

本当にいろんなことができるデバイスなので全機能を書き出すことはできませんが、丸型のEco Spotよりも画面が大きくてブラウザにも対応しているので、出来ることの幅はより広くなっているのかなと思います。

やっぱり、画面サイズが大きいのは使いやすいですね。

Echo Show 5のデザイン

パッケージと付属品

Echo Show 5は水色のパッケージとなっています。FireタブレットはオレンジですがEcoシリーズはブルーなんですね。5.5インチのパネルを搭載したデバイスなので比較的コンパクトに収まっているのではないでしょうか。

Echo Show 5 パッケージと付属品
パッケージと付属品

付属品は説明書の他に電源ケーブルのみとなっていて、電源アダプタは15Wタイプとなっていてケーブルの長さは1.8mとなっています。

Echo Show 5 電源アダプタ
電源アダプタは15Wタイプ

Echo Show 5はバッテリーを搭載していないデバイスなので、常にコンセントに接続して使うことになります。

この辺りはFireタブレットとは明確に違うところであり、もしコードレスでEcho Showを使うことを想定するなら、Echo Showモードに対応しているFire HD 10を選んだ方がいいのかもしれません。

外観デザイン

Echo Show 5はスピーカーを内蔵しているのでタブレットと違って自立して置くことができるスクリーン付き端末です。

Fireタブレットだとスタンドなど使って立てかける必要がありますがEcho Show 5は単体で置くことができるので決まった場所に設置するのに適した構造となっています。

Echo Show 5 外観デザイン
スピーカー内蔵型のスクリーン付きスマートスピーカー

Echo Show 5は5.5インチのタッチパネル付きディスプレイを搭載しているので、筐体サイズは片手で軽々と持つことができる大きさとなっています。5.5インチといえばiPhone 8 Plusですが画面サイズはほぼ同じといっていいでしょう。

Echo Show 5の筐体サイズ
片手でも持ち運びできるサイズ感

バッテリー駆動はできないので基本は定位置に置いて使うことになるので、持ち運びのしやすさは関係ありませんが、これくらいの大きさなら作業机の上に置いて使っても気にならないサイズ感なのかなと思います。

操作パネルで操作できること

Echo Show 5は本体上部にいくつかのボタンを搭載しています。

Echo Show 5の操作パネル
操作パネルは本体上部に
操作ボタンの役割(左から)
  • マイク/カメラボタン ON-OFFボタン
  • 音量ボタン(-)
  • 音量ボタン(+)
  • カメラカバースライドボタン

「マイク/カメラボタン」を押すとマイクとカメラの機能がOFFになり、Alexaと呼びかけたとしても反応しなくなります。

マイクとカメラをオフにする
マイクとカメラをオフにする

生活するのにアレクサと呼ぶことはほぼないのであまり使うことはないとは思いますが、声でも操作をOFFにしたいときはボタン一つで簡単にすることができます。

カメラカバーを搭載しプライバシー保護

また、操作パネルの右側にはスライドボタンが搭載されていますが、これをスライドすることで白色のカメラカバーがインカメラの前に現れます。

echo show 5 カメラカバー
インカメラをカバーで隠すことができる

Echo Show 5は簡単に別のEcho端末とビデオ通話ができるようになっています。

なので、「マイク/カメラボタン」でカメラをOFFにできますが、カメラが剥き出しだと「見られてるんじゃないか…」と不安になってしまいますよね。でも、物理的にカメラを隠してしまうので、100%プライバシーを守ることができる…ということになります。

外部ポート

背面部分にある外部ポートは充電用ポート、MicroUSBポート、3.5mmオーディオジャックをとなっています。

Echo Show 5 外部ポート
外部ポートをいくつか搭載している

Echo Show 5は専用の電源アダプタ(15W)を使って電力供給を受ける仕組みとなっていて、Micro USBからの電源供給はできないので注意。あくまでメンテナンス用のポートとなっているので普段は使うことはないみたいです。

音質は思ってたより良い

Echo Show 5はスクリーン付きのスマートスピーカーですが、モノラルスピーカーを搭載しているので音質はあまり期待していなかったのですが、思っていたよりも音質は良いです。

Echo dotよりも大きなスピーカーを搭載しているので、少しだけ音質はいい感じですかね。

スピーカーのスペック
  • Echo dot:1.6インチスピーカー
  • Echo:2.5インチウーファー、0.6インチツイーター
  • Echo Plus:3インチウーファー、0.8インチツイーター
  • Echo Show 5:1.65インチ 4W スピーカー
  • Echo Show:2インチスピーカー(10W)× 2、パッシブラジエーター、Dolby デュアル スピーカー付き

スピーカーを二つ搭載しているEcho ShowやEcho、Echo Plusと比べると音質は劣りますが、バックミュージックとして音楽を楽しんだり、ニュースを観たり、YouTubeなどの動画を見るくらいなら十分な音質は確保できているのかなと思います。

外部スピーカーを接続することもできる

Echo Show 5のスピーカーじゃ満足できない…という方は3.5mmオーディオジャックやBluetoothを使って外部スピーカーに接続することもできるので、お気に入りのワイヤレススピーカーを使って音楽を楽しむことができます。

BluetoothスピーカーとEcho Show 5を接続
ワイヤレススピーカーと接続もできる

もちろん、ワイヤレスイヤホンに接続することもできます。ただ、それならスマホと接続した方がいいような気もしないでもないですが…!

Echo Show 5で出来ること

Echo Show 5で出来ること

Echo Show 5で出来ることをいくつか紹介していきたいと思いますが、公開されているスキルをインスールすることで、出来ることは無限に広がっていくのであくまで純正状態で出来ることをいくつか書いていきたいと思います。

時計として使う

Echo Show 5を時計として使う
時計として使う

スマートスピーカーのEchoシリーズはスピーカーだけなので部屋に置いててもなんか違和感がありますが、Echo Show 5はディスプレイを内蔵していて常に時間と天気情報を表示できます。

なので、置いておくだけで役に立つガジェットとして使えるので邪魔にはならないですよね。また、そこまでしてニュースを知りたいかという問題はありますが定期的にニュースを文字で表示してくれたりもします。

音楽を楽しむ

Amazonプライム会員になっているならプライムミュージックを聴くことができます。「アレクサ、音楽をかけて!」と話しかければおすすめのプレイリストを自動的にかけてくれます。

Echo Show 5でAmazonプライムミュージックを聴く
Amazonミュージックを聴く

Amazonミュージックだけでなく、Spotifyやdヒッツ、さらに2019年6月にApple Musicの再生にも対応したので、iPhoneでApple Musicのサブスクリプションに加入しているならEcho Show 5でも再生ができます。

Apple Musicを使うにはiPhoneにAlexaアプリをインストールして、ここからApple Musicのスキルを検索して「設定」してリンクすることで使うことができます。

Apple Musicの設定
Apple MusicのスキルをEcho Show5にインストール

設定が完了したら「アレクサ、Apple Musicでヨルシカをかけて!」といえばApple Musicで音楽をかけてくれます。Apple Musicと付けないとAmazonミュージックを起動しようとするのでちょっと注意ですね。

プライムビデオを楽しむ

プライム会員に加入していれば動画配信サービスのプライムビデオをEcho Show 5で楽しむことができます。

Echo Show 5でプライムビデオ
プライムビデオを楽しむ

5.5インチのディスプレイなので大きな画面ではありませんが、流し見しながら映画やちょっとした動画コンテンツを楽しむのなら十分すぎる大きさではないでしょうか。

ブラウザを使ってインターネットができる

下位モデルのEcho Spotは画面が小さすぎるがゆえにブラウザを使うことができませんが、Echo Show 5はsilkかFirefoxのウェブブラウザを使ってインターネットができるようになっています。

silkかFirefoxのウェブブラウザ
silkかFirefoxのウェブブラウザを使用可能

「アレクサ、ブラウザで検索して」とお願いするとsilkかFirefoxのどちらかのブラウザを使うか聞いてくるので、好きな方を選ぶことができます。

ブラウザでインターネット
普通にサイトを閲覧できる

試しにFireFoxで当ブログをGoogle検索して表示させてみましたが、普通に見ることができました。画面が少し横長なので画面が見にくいですけどね。

スマホ持っている人がほとんどなので使用頻度は少ないとは思いますが、スマホを持っていない祖父母の家とかにあると便利なのかも?

ちなみに、文字入力はソフトウェアキーボードか音声入力でします。

音声入力
音声入力で検索をかける

音声入力用のボタンが中央にあり基本は声で検索するのが楽でいいのかなと思います。これなら子どもでも簡単に使うことができるので、いいのかもしれません。

ブラウザ経由でYouTubeも観れる

YouTubeアプリはありませんがブラウザを使えるようになったことでYouTubeをブラウザ経由で楽しむこともできます。

Echo Show 5でYouTube
ブラウザ経由でYouTubeが観れる

もう、ほぼタブレットですね(笑)集中して見るにはちょっとサイズが小さいので微妙ですが流し見するのなら便利なのかもしれません。

最新のニュースを見る

「アレクサ、ニュースを見せて」ってお願いするとNHKニュースかYahoo!ニュースを自動的に再生してくれます。Yahoo!ニュースはニュースを読み上げるだけですが、NHKニュースは動画で配信してくれるので、より分かりやすくなっています。

NHKニュース
ニュースを読み上げてくれる

これ、受信料とかどうなるんだろう?

Kindle本を読み上げてくれる

個人的に驚いたのがこれ。所持しているKindle本を読み上げてくれる機能を搭載しているんですよね。オーディオブックサービスのオーディブルが必要なくなるのでは…?と思ってしまいました。

Echo Show 5にKindle本を表示
所持しているKindle本の一覧を表示

持っているKindle本をAlexaが読み上げてくれます。

AlexaがKindle本を朗読してくれる
Kindle本の中身を読み上げてくれる

スゴイ…。確かにオーディブルと違ってAlexaの発音は少しおかしいので聴きにくいところも多いですが、内容は普通に把握することができるので読むのが面倒くさい時に、Alexaに朗読してもらうのもいいのかもしれませんね。

Amazonで買い物ができる

「アレクサ、モバイルバッテリーをAmazonで買いたい。」とお願いすると、Amazonで売れているモバイルバッテリーのランキングを表示してくれます。

Echo Show 5のAmazonで買い物をする
おすすめ商品のランキングを表示

しかも、おすすめポイントもAlexaが教えてくれるんですよね…。これは便利だわ。あとは、購入手続きをEcho Show 5からできるので買い物が完了してしまいます。

細かい仕様を調べるには向いていませんが、スペックをあまり気にしない人ならササっとAmazonで買い物できてしまうのでとても良いと思いますよ。

Echo同士でビデオ通話ができる

Echo同士でビデオ通話ができる
ビデオ通話ができる

自宅の2階にEcho Show 5、1階のリビングにEcho Spotがあれば「アレクサ、リビングにつないで」とお願いすればビデオ通話ができます。リビングから2階にいる子どもを呼び出したりする時に使えそうかな?

昔あった固定電話の子電話みたいな感じですね。あまり使い道を見出せないですが、Echoシリーズが複数台あればこんな使い方もできるということになります。

まとめ:完成度が極まったスクリーン付きスマートスピーカー

Echo Show 5は5.5インチのディスプレイを搭載したスマートスピーカーですが、感覚としては据え置きのスマホ…といった感じです。(ちょっと違うかw)

声で操作することを基本としているので、細かいことはできませんが動画や音楽コンテンツを楽しむのなら十分に使うことができるデバイスです。

Echo Show 5のおすすめポイント
  • 視認性の高い5.5インチ(960 x 480ピクセル)の画面を搭載
  • 音質が思ったほど悪くないので単体でも楽しめる
  • カメラカバーが何気に安心できる
  • Kindle本を読み上げてくれる機能がある
  • Apple Musicなどの音楽配信サービスにも対応している
  • ブラウザでYouTubeを観ることができる
  • 端末価格が9,980円と安めの設定

なお、Echo Show 5に搭載しているCPUプロセッサは64bitのMediaTek MT 8163となっていてFire HD 8・10と同じものとなっています。なので、普通に動作はするので、ストレスが溜まることはないのではないでしょうか。

で、この記事では紹介していませんが、スマートホーム家電との組み合わせや定型アクションをうまく設定することでEchoシリーズは本領を発揮できるデバイスでしょう。

例えば、スマートLEDと連携させれば声で家のライトをコントロールすることができます。また、スマートリモコンのNature Remoを使えば既存の家電をコントロールすることもできるようになります。

スマートホームって未来のものなのかなと思っていましたが、今ある技術を組み合わせることで普通に使うことができるものなんですね。まだ、詳しく試せていないのですが家電の一部を少しずつスマートホーム化してみたいものです。

Fireタブレットについてはこちらの記事をどうぞ!

Fire HD 10とFire 7はAlexaに対応していてFire HD 10はEcho Showモードに切り替えもできます。タブレットなのにEchoとしても使えるのはとても便利で良いと思うんですよね。

Echoをお得に買い物をする方法

Fireタブレットを買うならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

Amazonプライム会員になってプライムビデオが見放題に

Amazonプライム会員は3,900円の年会費が必要となりますが一部の映画やアニメなどの動画コンテンツをその年会費のみで見れるAmazonプライムビデオが見放題となります。

すべての動画が見放題になるわけではありませんが、相当数の映画やアニメなどの番組を見放題となるのでかなりお得です。また、Fireタブレットとプライムビデオの相性が良いのでFire HD 10を買う前にプライム会員になっておくことをおすすめ!時期にもよりますが割引価格で買えますよ。

Amazonプライムのメリットはこちらの記事をどうぞ!

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。