シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ドコモ版iPhone 8の値下げは本当に安いのか他キャリアと料金を比較!


ドコモ版iPhone 8/8 Plus 値下げ

もうすぐ新型のiPhoneがリリースされますが、この時期は間もなく旧型になろうとしているiPhoneを安く買うことができる時期でもあります。ドコモがiPhone 8とiPhone 8 Plusの実質端末価格の値下げして、モデルによってはなんと1万円くらいでiPhone 8を手に入れることも可能となりました。

  • 実際に月々の通信料金はいくらになるのか?
  • 本当にドコモでiPhone 8を買うのが安いのか?
  • アップルストアでiPhone 8を買って格安SIMにした方が安いのではないか?

など、まとめてみました。

 

ドコモのiPhone 8/8 Plusは本当に安い?

値下げされたiPhone 8/8 Plusの端末実質価格

MNP(端末購入サポート)

iPhone 8/8 Plusは2018年9月1日よりMNPによる他社からの乗り換えで適用することができる端末購入サポートの割引金額が増えて値下げされました。

モデル Apple Store MNP端末購入サポート
2018年8月31日まで
MNP端末購入サポート
2018年9月1日から
iPhone 8 64GB 77,800円 21,000円 9,600円
iPhone 8 256GB 95,800円 37,800円 26,400円
iPhone 8 Plus 64GB 89,800円 31,800円 20,400円
iPhone 8 Plus 256GB 95,800円 48,600円 37,200円

MNPで乗り換えすると月々サポートの割引はありませんが、12ヶ月間の継続利用を条件にドコモが端末代金の一部を負担してくれるので最初から安い金額でiPhone 8を買うことができるようになっています。

iPhone 8(64GB)が9,600円で買うことができるってめちゃくちゃ安いですよね。

ただし、12ヶ月以内に機種変更などをしてしまうと解除料がかかってしまいます。例えば、iPhone 8(64GB)の解除料36,300円を支払う必要があります。とはいえ、従来の月々サポートも途中で機種変したら割引が消えてしまい端末代金だけが残ってしまうので、さほど違いはないように感じます。

新規・機種変更(月々サポート)

新規契約と機種変更の場合は端末購入サポートではなく基本料金から割引をしてくれる月々サポートが適用されますが、こちらも2018年9月1日より割引金額が増えて値下げされています。

参考までにApple Storeの価格も合わせて書いています。

モデル Apple Store 新規・機種変更 月々サポート
2018年8月31日まで
新規・機種変更 月々サポート
2018年9月1日から
iPhone 8 64GB 77,800円 28,800円 18,000円
iPhone 8 256GB 95,800円 46,200円 35,400円
iPhone 8 Plus 64GB 89,800円 40,200円 29,400円
iPhone 8 Plus 256GB 95,800円 57,000円 46,200円

新規・機種変更でも18,000円でiPhone 8(64GB)を手に入れることができます。Apple Storeで買うと77,800円もすることを考えるとめちゃくちゃ安いように見えます。

各キャリアのiPhone 8の料金プラン

では、基本料金込みの月々の料金を比較してみましょう。

5分かけ放題 + 3GBデータプラン

iPhone 8(64GB)をドコモ、au、ソフトバンクで購入した場合で国内通話5分かけ放題と3GBのデータ通信をした場合でシミュレーションしてみました。ソフトバンクの場合は2GB以上のデータ通信は50GBまでデータ通信できるギガモンスター+の方がお得になるので、こちらで計算しています。

iPhone 8(64GB) ドコモ(MNP) au(MNP) ソフトバンク(MNP)
基本料金 カケホーダイライト
1,700円 + 300円
auピタットプラン(スーパーカケホ)
5,480円(1年目 4,480円)
準定額プラン
2,000円
データ通信 ベーシックパック
 〜3GB
4,000円
〜3GB ギガモンスター 50GB
5,980円(1年目 4,980円)
端末代金 400円(24回払い) 1,555円(24回払い)
アップグレードプログラム:390円(24回払い)
1,819円(48回払い)
月々の通信料金 1年目:6,400円
2年目:6,400円
3年目:6,000円
6,425円
7,425円
7,425円
8,799円
9,799円
9,799円

ドコモなら月々の通信料金は6,400円となり、端末代金の支払いが終わる3年目以降は6,000円でiPhone 8を使うことが可能となります。

auはiPhone XS/XS Maxのリリース前にiPhone 8/8 Plusを48,600円割引、iPhone 7/7 Plusを37,800円割引することを発表し、48回払いにしなくても24回払いでまあまあ安い金額で使うことができるようになりました。

ソフトバンクってギガモンスタープランが登場してからめちゃくちゃ料金が高くなりましたよね。家族4人でソフトバンクにするなら「みんな家族割」を適用することができて上記金額から2,000円割引することができるので1年目なら6,799円にすることができますがちょっと敷居が高いように思います。

従量制通話 + 1GBデータプラン

次に従量制通話 + 1GBデータ通信で各キャリアで一番安い料金プランで比較してみました。

iPhone 8(64GB) ドコモ(MNP) au(MNP) ソフトバンク(MNP)
基本料金 シンプルプラン
980円 + 300円
auピタットプラン(シンプル)
2,980円
通話基本プラン
1,500円
データ通信 ベーシックパック 〜1GB
2,900円
〜1GB ミニモンスター 1GB
2,480円(1年目 1,480円)
実質端末代金 400円(24回払い) 2,154円(48回払い) 1,819円(48回払い)
月々の通信料金 1年目:4,580円
2年目:4,580円
3年目:4,180円
5,134円
5,134円
5,134円
4,799円
5,799円
5,799円

各キャリアともだいぶ安くなりましたが、ドコモは端末購入サポートの割引金額が増えたことでさらに安い金額でiPhone 8を使うことができるようになったようです。1GBのデータ量は少ないですがドコモ回線をiPhone 8の端末代込みで使うことができるのはなかなか安いのではないでしょうか。

ドコモは家族で使うとさらにお得に

ドコモは家族で使う場合にデータ量をシェアすることができるシェアプランを使うことができるので、使い方次第ではかなりお得にiPhoneを使うことができます。例えば、夫婦二人と息子一人みんなでiPhone 8(64GB)に乗り換えた場合の通信料金はこんな感じ。

iPhone 8(64GB) メイン回線(夫) 子回線(妻) 子回線(息子)
基本料金 シンプルプラン
980円 + 300円
シンプルプラン
980円 + 300円
シンプルプラン
980円 + 300円
データ通信 ベーシックシェアパック 〜5GB
6,500円
シェアオプション
500円
シェアオプション
500円
実質端末代金 400円(24回払い) 400円(24回払い) 400円(24回払い)
月々の通信料金 1年目:8,180円
2年目:8,180円
3年目:7,780円
1,780円
1,780円
1,280円
1,780円
1,780円
1,280円

旦那さんのメイン回線は高くなりますが月々の料金は1台あたり3,913円となります。iPhone 8の端末代込みでこの料金って結構安いと思うんですよねー。もちろん、かけ放題プランにしたりデータ容量を増やしたら料金は上がってしまいますが、LINEの無料通話機能を駆使すればかけ放題は必須ではないので使い方次第では十分に節約することは可能だと思います。

 

格安SIMの方が安いのでは?

確かにApple StoreでiPhone 8を買って格安SIMを使った方がトータルで見ると料金をさらに下げることができます。例えば、Apple StoreでiPhone 8を買ってmineo(マイネオ)にすると月々の料金はこうなります。

iPhone 8(64GB) ドコモ(MNP) Apple Store + mineo(マイネオ)
基本料金 カケホーダイライト
1,700円 + 300円
Dプラン デュアルタイプ + 10分かけ放題
1,600円 + 850円
データ通信 ベーシックパック
 〜3GB
4,000円
3GB
端末代金 400円(24回払い) 3,242円(24回 0%金利ローン払い)
月々の通信料金 1年目:6,400円
2年目:6,400円
3年目:6,000円
5,692円
5,692円
2,450円

1〜2年目の料金はドコモとマイネオで1,000円も金額差がないんですよね。3年目以降も同じiPhoneを使い続けるのならドコモではなくマイネオの方が安いです。さらに、9月に新型iPhoneがリリースされるとiPhone 8は値下げされると思うのでさらにお得になるかも。

とはいえ、家族みんなで使ってドコモ光にしてしまえばトータルで見てドコモの方が安くなりますし、2年ごとに新しいiPhoneに乗り換えるつもりならそんなに差はないのかなと思います。差がないなら間違いなくドコモの方が快適にiPhone 8を使うことができるのでドコモの方がいいのかなという判断になります。どうでしょう。

ちなみに我が家はドコモ、ドコモ、ドコモ回線の環境となっており全部合わせて11,000円ほどで運用しています。

  • 僕:ドコモ(主回線)
  • 妻:ドコモ(docomo withでデータシェア)
  • 息子:キッズ携帯
  • 家:ドコモ光

詳しくはこちらの記事に書いているので参考にしてくださいませ。

旧型iPhone 6sならdocomo withに対応したので実質3,600円でiPhoneを使うことができます。さらに端末代金支払い後もずっと1,500円の割引を受けることができるので安い!