ドコモのスマホおかえしプログラムでiPhoneを安く買える?

ドコモが2019年6月からスタートした新料金プランは端末割引なしのプランになってしまったので高くなったイメージがありますが、ドコモでは「スマホおかえしプログラム」という端末購入補助サービスを開始しています。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」を使うとiPhoneをいくらで使うことができるのかを詳しく書いていくので、これからドコモに乗り換えをするという方は参考にしていただけたらと思います。

スマホおかえしプログラムでiPhoneはいくらになる?

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは

スマホおかえしプログラム

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は新料金プランと合わせて開始された新しい端末購入補助サービスです。

iPhoneを返却で残債を免除

「スマホおかえしプログラム」は36回払いで購入する端末を24ヶ月使った後に端末を返却することと残りの12回の支払いが免除されるサービス。

スマホおかえしプログラムのイメージ
端末をレンタルするイメージに違い

端末を返却しないといけないのでスマホをレンタルするイメージに近いかもしれませんね。「スマホおかえしプログラム」を使うことで端末代金の2/3の金額でiPhoneを使うことができることになります。

スマホおかえしプログラム
  • 36回払いで購入した端末を24ヶ月後に返却すると
  • 最大12回分の支払いが不要になる
  • ハイエンドモデルが対象機種となっている

25ヶ月後にiPhoneを返却して新しいiPhoneを買う必要があるので端末代金は支払い続けることになりますが、24ヶ月ごとに新しいiPhoneを使いたい方にとってはありがたいサービスです。

24ヶ月ごとに新しいiPhoneに一定額を支払い続けて機種変更できるのなら、まあ悪くないのかな?

対象のiPhoneは

「スマホおかえしプログラム」を適用できる端末はiPhone 12シリーズ、iPhone SE(第2世代)の5機種となっています。

スマホおかえしプログラムを適用できるiPhone

iPhone SE(第2世代)は2020年3月に発売した端末で64GBモデルが一括価格・57,024円となっていますが、端末購入割引が11,000円で46,024円となりスマホおかえしプログラムを使うことで30,688円で手に入れることができます。

高性能なチップを搭載したモデルが3万円くらいで手に入れることができるのは、なかなかいいですよね。

注意点について

「スマホおかえしプログラム」を適用するにはいくつかの注意点があるのでまとめました。

スマホおかえしプログラムの注意点
  • 36回払いする場合のみ「スマホおかえしプログラム」に加入できる
  • 後から一括払いすると適用外になる
  • 端末購入時に「スマホおかえしプログラム」に加入する必要がある
  • 端末が故障した場合は故障利用料22,000円が必要になる(保障サービスに加入で2,200円)

24ヶ月以内に画面割れや故障などすると追加費用が必要になるので注意して使わないといけないですね。

\オンラインで契約手数料が無料/

スマホおかえしプログラム + iPhoneの端末価格

iPhone XS/XS Max

iPhoneの端末価格 と「スマホおかえしプログラム」を適用した時の料金は以下のとおりです。

iPhone 12 Pro Maxの端末価格(税込)
モデル ストレージ容量 24回払い
36回払い
一括
スマホおかえしプログラム
実質負担額
iPhone 12 Pro Max 512GB 7,623円
5,082円
182,952円
5,082円
121,968円
256GB 6,501円
4,334円
156,024円
4,334円
104,016円
128GB 5,940円
3,960円
142,560円
3,960円
95,040円

上位モデルのiPhone 12 Pro Maxは36回払いでも高いので購入する方は限られてきますが「スマホおかえしプログラム」の組み合わせで128GBモデルなら実質95,040円で使うことができます。

iPhone 12 Proの端末価格(税込)
モデル ストレージ容量 24回払い
36回払い
一括
スマホおかえしプログラム
実質負担額
iPhone 12 Pro 512GB 7,623円
5,082円
182,952円
5,028円
121,968円
256GB 56,501円
4,334円
156,024円
4,334円
104,016円
128GB 5,940円
3,960円
142,560円
3,960円
95,040円

iPhone 12 Pro(128GB)は36回払いで3,960円となり「スマホおかえしプログラム」を組み合わせることで128GBモデルなら実質95,940円で使うことができます。

iPhone 12の端末価格(税込)
モデル ストレージ容量 24回払い
36回払い
一括
スマホおかえしプログラム
実質負担額
iPhone 12 256GB 5,148円
3,432円
123,552円
3,432円
82,368円
128GB 4,554円
3,036円
109,296円
3,036円
72,864円
64GB 4,224円
2,816円
101,372円
2,816円
67,584円

iPhone 12(64GB)は36回払いで2,816円となり「スマホおかえしプログラム」を組み合わせることで64GBモデルなら実質67,584円となり、それなりに安い価格で手に入れることができます。

iPhone 12 miniの端末価格(税込)
モデル ストレージ容量 24回払い
36回払い
一括
スマホおかえしプログラム
実質負担額
iPhone 12 mini 256GB 4,587円
3,058円
110,088円
3,058円
73,392円
128GB 3,993円
2,662円
95,832円
2,662円
63,888円
64GB 3,663円
2,442円
87,912円
2,442円
58,608円

iPhone 12 mini(64GB)は36回払いで2,442円となり「スマホおかえしプログラム」を組み合わせることで64GBモデルなら実質58,608円となり、iPhone 12シリーズで最も安く買うことができる端末となっています。

iPhone 12シリーズはdocomo 5Gに対応してるため、5G WELCOME割により11,000円の割引を受けることができます。新規契約、20,000ptのポイント還元、MNPのりかえは22,000円の端末割引となります。

iPhone SEの端末価格(税込)
モデル ストレージ容量 24回払い
36回払い
一括
スマホおかえしプログラム
実質負担額
iPhone SE2 256GB 3,135円
2,090円
75,240円
2,090円
50,160円
128GB 2,607
1,738円
62,568円
1,738円
41,712円
64GB 1,917円
1,584円
46,024円
1,584円
38,016円

iPhone SE(第2世代)は2020年3月に発売された最新のプロセッサを搭載しながらも価格を抑えたiPhoneとなっています。

64GBモデルなら一括・46,024円となっていますが、機種変更なら端末購入割引で11,000円の割引、新規契約は20,000pt、MNP乗り換えも20,000ptのポイント還元を受けることができます。

3Gからの機種変更なら「はじめてスマホ購入サポート」によりさらに40,000ptの還元があり、めちゃくちゃ安い価格でiPhone SEを手に入れることができます。

[adiphone8]

実際の月々の料金

では、iPhoneをドコモで購入した場合、実際の月々の通信料金はどうなるのかシミュレーションしました。

iPhone 8とiPhone XR
iPhone 8とiPhone XR

iPhone 12とiPhone SE(第2世代)で比較をしてみました。まずは一人でiPhoneを購入した場合で60GBのデータ通信ができるギガホプレミアを契約した場合です。

一人で使う場合の料金(税別)
 iPhone 12iPhone SE2
ギガホプレミア7,205円7,205円
5分かけ放題770円770円
端末代金(36回払い)2,816円1,584円
月々の料金(〜3年まで)10,791円9,559円
月々の料金(4年〜)7,975円7,975円

36回の支払いが終われば端末代金が単純になくなるので7,975円でiPhone 12を使えるようになります。

まとめ:「スマホおかえしプログラム」のメリット・デメリット

ドコモのスマホおかえしプログラムとiPhone
ドコモのスマホおかえしプログラムとiPhone

ドコモの「スマホおかえしプログラム」はメリットもあればデメリットもあるのでしっかりと確認しておきましょう。

スマホおかえしプログラムのメリット
  • スマホを2/3の価格で使うことができる
  • 定期的に新機種に機種変更ができる
スマホおかえしプログラムのデメリット
  • ずっと端末代金を支払い続ける必要がある
  • 手元に使ってきた端末が残らない

最後に、「24回払い・36回払いの分割購入するのがいいのか?」、「スマホおかえしプログラムを使うのがいいのか?」をまとめたいと思います。

36回払いで購入するのがおすすめ

個人的には「スマホおかえしプログラム」を使わずに36回払いでiPhoneを購入して長く使うパターンがおすすめ。

最近のiPhoneは性能が高くて丈夫なので長く使えるし、実際に妻は2014年に発売したiPhone 6も5年経過した今も普通に使っています。

24回払い・36回払いがいい人
  • iPhoneを長く使いたい
  • 長期的に料金を安く抑えたい
  • 古くなったiPhoneをサブ機として使う
  • 自分でiPhoneを売却できる

ドコモの新プランは端末代金の支払いが終わったら月々の料金がグッと下がるのが分かりやすくてGoodです。

新プランは「割引が終わるから新しい端末を購入しないといけない…。」の呪縛から解き放たれることができるのです。

また、端末をきちんと自分のモノにすることができるので新しいiPhoneに機種変更したとしても旧端末をサブ機として使ったり、子どもに譲ったり、売却することもできます。

普通にヤフオクやメルカリに売却した方がお得だと思うし。自分でiPhoneを売却するなら24回払いでもいいかもですね。早い方が高く売ることができるのでお得だと思います。

「スマホおかえしプログラム」のおすすめポイント

2年に1回は必ず新しいiPhoneに機種変更していきたい、売却とか自分でできないという方は「スマホおかえしプログラム」で定期的に機種変更をしていくのがいいでしょう。

スマホおかえしプログラムがいい人は
  • 定期的に新型のiPhoneに機種変更したい
  • 古いiPhoneを使うことはない
  • 自分でiPhoneを売却するのは面倒くさい

手間をあまりかけたくないなら「スマホおかえしプログラム」を使うのが楽でおすすめです。端末は手元に残らないですが、サッパリとした性格の方にはいいのではないでしょうか。

なお、ドコモの「スマホおかえしプログラム」は旧プランのdocomo withとの併用ができるので、旧プランを使っている方はお得に機種変更できるようになっています。

ドコモの新料金プランについて、ドコモ・au・ソフトバンクの料金の違い5G料金の比較などの比較はこちらをどうぞ。

ドコモのおすすめスマホはこちらです。

iPhoneの比較はこちらです。