春は子どもが進級・進学してスマホデビューする季節ですよね。もしかしたら「せっかくだからiPhoneが欲しい!」と言ってくるかもしれませんが、「ドコモのロング学割」を組み合わせることで月々の料金を抑えることができます。

また、iPhoneのラインナップも豊富で、iPhone 12・12 Proだけでなく価格の安いiPhone SE(第2世代)を選ぶことが可能となっています。

ここではスマホデビューするお子さんがドコモのロング学割、またはウェルカムスマホ割でiPhoneを購入すると月々の料金はいくらになるのか試算をしてみたので参考にしていただけたらと思います。

ドコモのロング学割でiPhoneを買うといくら?

ドコモのロング学割とは

ドコモのロング学割は2020年10月30日(金)~2021年5月31日(月)に申し込みができるサービスとなっていて「5Gギガホプレミア」は最大6カ月間、月々1,078円に、「ギガホプレミア」は最大6カ月間、月々990円で大容量データ通信ができます。

ドコモのロング学割の料金
 5Gギガホプレミアギガホプレミア5Gギガライト
データ量無制限60GB1〜7GB → 3〜9GB
基本料金7,315円7,205円3,465円〜6,765円
家族割(3回線)-1,100円-1,100円-1,100円
光セット割-1,100円-1,100円0円〜-550円〜-1,100円
dカード割-187円-187円-187円
学割①(22歳まで)-440円-550円
学割②(半年間)-3,850円-3,388円-550円
月々の料金(6ヶ月間)1,078円990円1,078円〜3,278円
月々の料金(7ヶ月目〜)4,928円4,378円1,628円〜3,828円

ドコモのロング学割は半年間限定で割引を受けることができるサービスとなっていますが、4Gのギガホプレミアだと22歳までずっと440円の割引を受けることができるので、少しでも月々の料金を抑えたいなら5Gではなく4Gのスマートフォンを選ぶのがいいでしょう。

5Gギガライト、ギガライトは通常は1GB〜3GB〜5GB〜7GBというステップ型のプランですが、ドコモのロング学割を適用することで容量が2GBも増えます。

学割でギガライトの容量アップ
  • 1GB → 3GB
  • 3GB → 5GB
  • 5GB → 7GB
  • 7GB → 9GB

しかも、上限設定オプションを使うことができるので3GBまでに制限を入れておくことで1,078円(7ヶ月目以降は1,628円)よりも料金が上がるのを防ぐことも可能となっています。

5GB〜20GBの容量を使うのであればギガプランではなく、ahamo(アハモ)を選んだ方がいいのかもしれません。子どもがこれで満足してくれるかどうかは親の腕の見せどころかもしれませんね…。(どう説得するのか。)

\オンラインで契約手数料が無料/

ドコモで選べるiPhoneの種類は

ドコモで取り扱っているiPhoneは最新機種となるiPhone 12シリーズとiPhone SE(第2世代)の5機種となっています。

ドコモで購入できるiPhone

iPhone 12シリーズは基本性能はほぼ同じで画面サイズ、カメラの数が違うという認識でいいかと思います。とにかく、費用を抑えたいのならiPhone SE(第2世代)を選ぶのがいいでしょう。

iPhoneのスペック
iPhoneSE212 mini 1212 Pro12 Pro Max
画面サイズ4.7インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
CPUA13 BionicA14 Bionic
メインメモリ3GB4GB6GB
ストレージ容量64GB・128GB・256GB128GB・256GB・512GB
リアカメラ広角超広角 + 広角超広角 + 広角 + 望遠(光学2倍) + LiDAR超広角 + 広角(47%大きいセンサー) + 望遠(光学2.5倍) + LiDAR
リアカメラの手ぶれ補正光学式イメージセンサー式
生体認証指紋認証顔認証
モバイル通信4G LTE5G(Sub-6)、4G LTE
Wi-FiWi-Fi 5(ac)Wi-Fi 6(ax)
Apple PayFeliCa、予備電力機能付きエクスプレスカード
耐水防塵IP67(水深1mに30分)IP68(水深6mに30分)
ワイヤレス充電Qi:最大7.5WMagsafe:最大15W、Qi:最大7.5W
サイズ138.4 × 67.3 × 7.3mm131.5 × 64.2 × 7.4mm146.7 × 71.5 × 7.4mm160.8 × 78.1 × 7.4mm
重量148g133g162g187g226g
本体カラーブラック、ホワイト、レッドブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、レッドシルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルー

iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Maxはとにかく高機能な端末となっているので価格もそれなりに高いです。

価格の安いiPhone SE(第2世代)が使えないってことはなく、指紋認証センサーのTouch IDも搭載していますし十分使える端末になっているかと思います。電池の持ちがあまり良くないという欠点はあるものの、普通に使っていて夜ま持たないということはないでしょう。

もし、電池が持たないのならスマホ使いすぎという注意もできるのでiPhone SE(第2世代)という選択肢はいいと思います。

ドコモのiPhoneの端末価格

ドコモで買うことができるiPhoneの価格をまとめました。まずは価格の安いiPhone SE(第2世代)、iPhone 12 mini、iPhone 12です。

ドコモのiPhoneの価格
iPhoneSE212 mini12
64GB
スマホおかえし
57,024円
38,016円(1,584円×24回)
87,912円
58,608円(2,442円×24回)
101,376円
67,584円(2,816円×24回)
128GB
スマホおかえし
62,568円
41,712円(1,738円×24回)
95,832円
63,888円(2,662円×24回)
109,296円
72,864円(3,036円×24回)
256GB
スマホおかえし
75,240円
50,160円(2,090円×24回)
110,088円
73,392円(3,058円×24回)
123,552円
82,368円(3,432円×24回)
割引(新規)dポイントで20,000pt還元
割引(MNP)-22,000円端末価格から割引

新規契約の場合は端末割引としてdポイントで20,000ptの還元、MNPのりかえは22,000円の端末割引を受けることができるので、iPhone SE(第2世代)なら実質 37,024円で買うことができます。

さらに、スマホおかえしプログラムを使うことで25ヶ月目に端末の返却が必要となりますが、実質 18,016円となるのでとてもお得にiPhoneを使うことができます。

iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの価格はこんな感じです。

ドコモのiPhoneの価格
iPhone12 Pro12 Pro Max
128GB
スマホおかえし
129,096円
86,064円(3,586円×24回)
142,560円
95,040円(3,960円×24回)
256GB
スマホおかえし
142,560円
95,040円(3,960円×24回)
156,024円
104,016円(4,334円×24回)
512GB
スマホおかえし
169,488円
112,992円(4,708円×24回)
182,952円
121,968円(5,082円×24回)
割引(新規)
割引(MNP)-22,000円端末価格から割引

やはり高いですよね。しかも、新規契約でも還元ポイントがなかったりするのでかなり厳しい価格となっています。なので、子どもに使ってもらう端末としてはiPhone SE(第2世代)かiPhone 12 mini、iPhone 12のいずれかを選ぶのがいいでしょう。

iPhone SE(第2世代)の月々の料金

iPhone SE(第2世代)を新規、スマホおかえしプログラムで買った場合の月々の料金を試算してみました。家族3人でドコモ光セット割を適用している場合で計算しております。

iPhone SE2の月々の料金
iPhoneギガホプレミアギガライト(〜3GB)
基本料金7,205円3,465円
データ量60GB〜3GB
家族割-1,100円-1,100円
光セット割-1,100円
dカードお支払い割-187円-187円
端末価格1,584円×24回
学割-3,388円
-440円
-550円
-550円
月々の料金(〜6ヶ月)2,574円2,662円
月々の料金(7ヶ月〜)5,962円3,212円

使いはじめの6ヶ月はギガホプレミア、ギガライトともに料金に差はほとんどありませんが、7ヶ月目以降はギガホプレミアは5,962円、ギガライトは3,212円となります。

24ヶ月のトータルで見るならギガライト(〜3GB)にすることで出費を抑えることができそうです。また、新規契約なら20,000ptのポイント還元、MNPのりかえなら22,000円の端末割引を受けることができます。

iPhone 12の月々の料金

iPhone 12にした場合の月々の料金はこうなります。

iPhone 12の月々の料金
iPhone5Gギガホプレミア5Gギガライト(〜3GB)
基本料金7,315円3,465円
データ量無制限〜3GB
家族割-1,100円-1,100円
光セット割-1,100円
dカードお支払い割-187円-187円
端末価格2,816円×24回
学割-3,850円-550円
-550円
月々の料金(〜6ヶ月)3,894円3,894円
月々の料金(7ヶ月〜)7,744円4,444円

最初の6ヶ月間は4,000円以内に収まるので端末代金込みの価格として考えるなら悪くない金額です。ただ、7ヶ月目以降になると高い方の学割が終了するので5Gギガホプレミアだと7,744円と高くなります。

iPhone 12 miniの月々の料金

iPhone 12 miniにした場合の月々の料金はこうなります。

iPhone 12 miniの月々の料金
iPhone5Gギガホプレミア5Gギガライト(〜3GB)
基本料金7,315円3,465円
データ量無制限〜3GB
家族割-1,100円-1,100円
光セット割-1,100円
dカードお支払い割-187円-187円
端末価格2,442円×24回
学割-3,388円
-440円
-550円
-550円
月々の料金(〜6ヶ月)3,432円3,520円
月々の料金(7ヶ月〜)6,820円4,070円

iPhone 12よりも少しだけ安い料金となります。5Gギガライトなら使い始め6ヶ月は月々3,520円、7ヶ月目以降は月々4,070円でiPhone 12 miniを使うことが可能です。

料金の安さで選ぶならiPhone SEの一択になる

少しでも月々の料金を抑えたいと考えている方が大多数だと思いますが、iPhone SE(第2世代)を選ぶのがもっとも通信料金を抑えることができる選択肢となります。

データ通信60GBで使いはじめ6ヶ月は2,574円、7ヶ月目以降は5,962円です。ギガホプレミアでデータ通信量を3ヶ月以内に抑えることができるなら1,650円の割引も受けることもできます。

\オンラインで契約手数料が無料/

\最大16,000円相当のiDキャッシュバック/
5280

dカードGOLDについて詳しく見る

ドコモオンラインショップのキャンペーンはこちら。

料金プランについてはこちらです。