シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

ドコモ・au・ソフトバンク どこが一番お得で安いか料金比較【2019年6月〜】


ドコモ・au・ソフトバンク 料金比較

2019年6月よりドコモ、auが新料金プランをスタートさせます。ドコモ・au・ソフトバンクともに大容量プランの充実、家族の人数によって料金が安くなる仕組みをとっています。

では、ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯3社のどこが一番お得にスマホを使うことができるのでしょうか。

この記事では、大手3社の料金プランを使い方・家族の人数の違いによってどれくらい違いがあるのか比較していきたいと思います。

 

ドコモ・au・ソフトバンク 料金比較【2019年6月〜】

料金プランの比較

ドコモ・au・ソフトバンクの料金プランを簡単に比較したいと思います。大容量プランはドコモがギガホ(30GB)、auがauデータMAXプラン(使い放題)、ソフトバンクがウルトラギガモンスター+(50GB)となっています。

段階制プランがドコモがギガライト(〜7GB)、auがauピタットプラン(〜7GB)、ソフトバンクがミニモンスター(〜5GB)となっています。

大手3社の料金プラン比較
  ドコモ au ソフトバンク
データプラン 大容量 30GB:6,980円 使い放題:8,980円  50GB:7,480円
段階制(中) 〜7GB:5,980円 定額制:7GB+SNS:5,480円 〜5GB:6,480円
段階制(小) 〜1GB:2,980円 〜1GB:2,980円 〜1GB:2,980円
音声通話 かけ放題 1,700円 1,700円 1,500円
5分かけ放題 700円 700円 500円
12ヶ月割引 - - -1,000円
光回線割引 1GB:-
3GB:-500円
5GB〜:-1,000円
-1,000円 -1,000円
家族割 2人 -500円 -500円 -500円
3人 -1,000円 -1,000円 -1,500円
4人 -1,000円 -1,000円 -2,000円

各キャリアの特徴をまとめました。

ドコモの料金プランの特徴

ドコモの特徴
  • 大容量プラン(ギガホ)は30GBで6,980円
  • ギガホはデータを使い切ったら1Mbpsに通信制限
  • 段階制のギガライト(1GB〜7GB)は2,980円〜5,980円
  • 光回線割で最大1,000円の割引
  • 家族割で最大1,000円の割引

ドコモの大容量プランのギガホは30GBとデータ量が大容量の割に少なめですが6,980円と他社よりも安い金額となっています。

また、データを使い切ったとしても128kbpsではなく普段使いできる1Mbpsの通信速度に制限されるので安心してデータをガンガン使うことができそうです。

auの料金プランの特徴

auの特徴
  • データ上限がない使い放題プラン(auデータMAXプラン)は8,980円
  • 定額制のauフラットプラン30(30GB)は7,500円(1年目 6,500円)
  • 定額制のauフラットプラン20(20GB)は5,500円(1年目 4,500円)
  • 定額制のauフラットプラン7プラス(7GB + SNS使い放題)は5,480円
  • 段階制のauピタットプラン(1GB〜7GB)は2,980円〜5,980円
  • 光回線割(auスマートバリュー)で最大1,000円の割引
  • 家族割で最大1,000円の割引

auは大手キャリア初となるデータ通信量の上限がない使い放題プラン(auデータMAXプラン:8,980円)があります。

さらに7GBのデータ量とSNS(+メッセージ、Facebook、Instagram、Twitter)が使い放題となる(auフラットプラン7プラス:5,480円)定額プランもあり独自の料金プランが用意されています。

ソフトバンクの料金プランの特徴

ソフトバンクの特徴
  • 大容量プラン(ウルトラギガモンスター+)は50GBで7,480円
  • ウルトラギガモンスター+はSNS・動画見放題
  • 段階制プラン(1GB〜5GB)は2,980円〜6,480円
  • 光回線割で最大1,000円の割引(ウルトラギガモンスターのみ)
  • 家族割はウルトラギガモンスター+のみ
  • 家族割で最大2,000円の割引

ソフトバンクの大容量プラン(ウルトラギガモンスター+:7,480円)は50GBの大容量データにプラスしてYouTube、AbemaTV、TVer、Gyao、Huluの動画アプリ、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokのSNSのデータ消費がしません。

ドコモとauの家族割は3人で最大1,000円の割引に対してソフトバンクは4人で最大2,000円の割引を受けることが可能となっています。

通信料金を比較

では、実際にどれくらい料金に差が出てくるのか家族の人数、使い方の違いによる月々の料金の違いを比較してみました。

1人で動画・SNSをたくさん使う

一人で動画を楽しむ

1人で契約をして動画を見たりSNSをすることが多い方のドコモ・au・ソフトバンクの料金を比較してみました。

1人で動画・SNSをたくさん使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 30GB:6,980円 使い放題:8,980円 50GB:7,480円
5分かけ放題 700円 700円 500円
合計 7,680円(6ヶ月まで6,680円) 9,680円 7,980円(1年目:6,980円)

1人で動画・SNSをたくさん使う場合で大容量プランを契約すると一番安いのはドコモだけど30GBよりも多くの容量を使うならソフトバンクになるのかな。

なお、auには定額制のフラットプランもあります。

  • auフラットプラン7プラス(7GB + SNS使い放題):5,480円
  • auフラットプラン20:5,500円(1年目 4,500円)
  • auフラットプラン30:7,500円(1年目 6,500円)

フラットプラン30ならドコモとほぼ同じ料金にすることができます。ただし、データを使い切るとドコモと違って通信速度が128kbpsに制限されてしまうので、動画もガッツリ楽しみたいなら使い放題プラン(auデータMAXプラン:8,980円)がいいのかもしれません。

1人で5GBくらいのデータを使う

一人で5GBほどデータ通信をする方のドコモ・au・ソフトバンクの料金を比較してみました。

一人で5GBほど使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 〜5GB:4,980円 7GB(SNS使い放題):5,480円 〜5GB:6,480円
5分かけ放題 700円 700円 500円
合計 5,680円 6,180円 6,980円(1年目:5,980円)

ドコモが一番安い料金となりました。auは5GB使うと7GBの料金になるので定額制のauフラットプラン7プラス(7GB + SNS使い放題で5,480円)にするのがいいかもしれません。

夫婦2人で動画・SNSをたくさん使う

夫婦二人で動画やSNSを楽しむ

夫婦2人で動画・SNSをたくさん使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 30GB:6,980円 使い放題:8,980円 50GB:7,480円
5分かけ放題 700円 700円 500円
家族割 -500円 -500円 -500円
合計 7,180円 × 2 = 14,360円 9,180円 × 2 = 18,360円 7,480円 × 2 = 14,960円(1年目:13,960円)

二人でこんなに大容量データを使うことなんてあるのかな...(笑)動画見るにしてもどちらかのスマホ1台で見ればいいわけだから夫婦二人でこの料金プランは現実的ではないかもしれません。

なので、どちらかのスマホだけ大容量プランにするのがいいでしょう。

夫婦2人でそこそこ使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 30GB:6,980円
3GB:3,980円
使い放題:8,980円
4GB:4,480円
50GB:7,480円
2GB:4,980円
5分かけ放題 700円
700円
700円
700円
500円 × 2
家族割 -1,000円
-1,000円
-1,000円
-1,000円
-1,000円
0円
合計 10,360円 16,860円 12,460円(1年目:10,460円)

ドコモが現実的な料金なのかな。auはデータ使い放題なのはいいけどめちゃくちゃ高くなってしまうのは辛いところです。

夫婦2人でインターネットやSNSをする

普通にインターネットしたりSNSをするくらいの使い方なら一人3GB〜5GBのデータ量があれば十分だと思います。

夫婦二人でちょっと使う程度
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 3GB:3,980円 4GB:4,480円 2GB:4,980円
5分かけ放題 700円 700円 500円
家族割 -500円 -500円 0円
合計 4,180円 × 2 = 8,360円 4,680円 × 2 = 9,360円 5,480円 × 2 = 10,960円(1年目:8,960円)

このパターンだとドコモが一番安い金額となるようです。ソフトバンクの家族割はウルトラギガモンスター+だけ対応しているので小容量プランはドコモ、auと比べると割高感がありますね。

家族3人で動画やSNSなど使う

スマホ3台を契約

家族3人で1台だけ大容量プランにして残りの2台は小容量にした場合はこうなります。 

家族3人で動画・SNSを使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 30GB:6,980円
1GB:2,980円
3GB:3,980円
使い放題:8,980円
1GB:2,980円
4GB:4,480円
50GB:7,480円
1GB:2,980円
2GB:4,980円
5分かけ放題 700円 × 3 700円 × 3 500円 × 3
家族割 -1,000円 × 3 -1,000円 × 3 -1,500円 × 1
0円  × 2
合計 13,040円 15,540円 15,440円(1年目:12,440円)

こちらも1年目はソフトバンクとドコモはほぼ同じ金額となりますが、2年目以降はドコモが一番安くなるようです。

家族4人で使う(小容量)

家族4人でスマホを契約

家族4人で1台だけ大容量プランにして残りの3台は小容量にした場合はこうなります。 

家族4人で使う場合(小容量)
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 30GB:6,980円
1GB:2,980円
3GB:3,980円
3GB:3,980円
使い放題:8,980円
1GB:2,980円
4GB:4,480円
4GB:4,480円
50GB:7,480円
1GB:2,980円
2GB:4,980円
2GB:4,980円
5分かけ放題 700円 × 4 700円 × 4 500円 × 4
家族割 -1,000円 × 4 -1,000円 × 4 -2,000円 × 1
0円 × 3
合計 16,720円 19,720円 20,420円(1年目:16,420円)

ドコモとauの家族割は3人以上で1,000円なのに対してソフトバンクはウルトラギガモンスター+のみが家族割の対象となるので2年目以降はかなり高額になってしまいます。

もし、3人がウルトラギガモンスター+にすると合計8,000円の割引を受けることができますが合計金額は25,120円なのでちょっと...って感じですね。

家族4人で中学生や高校生が2人いる

家族4人で中学生や高校生がいるとデータ量が足りなくなるというコメントを頂いたので、両親が1GB〜3GBの小容量、子どもが中容量のプランにした場合の料金プランを比較してみました。

通話はLINEをメインに使うということで5分かけ放題は両親2人だけ付けています。

家族4人で動画・SNSを使う場合
  ドコモ au ソフトバンク
データ通信 3GB:3,980円
1GB:2,980円
7GB:4,980円
7GB:4,980円
4GB:4,480円
1GB:2,980円
20GB:5,000円
20GB:5,000円
2GB:4,980円
1GB:2,980円
50GB:7,480円
50GB:7,480円
5分かけ放題

700円 × 2

700円 × 2 500円 × 2
家族割 -1,000円 × 4 -1,000円 × 4 -2,000円 × 1
0円 × 3
合計 16,920円 17,860円(1年目 15,460円) 21,920円(1年目:17,920円)

auは20GBのデータ量のauフラットプラン20という手頃な大容量プランがあるので、動画を観たりSNSをすることが多い中高生でも問題なく使うことができそうです。

auは使い放題MAXのプランに注目がいきがちですがauフラットプランを組み合わせることで意外と安く通信料金を抑えることができるのかもしれません。

 

↓ キャリアの料金をチェック ↓

ドコモ・au・ソフトバンク 料金比較 まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランは大容量データ通信と家族に焦点を当てたプランになり、横並びのようで各社なりに使えるデータ量が違ったり料金が微妙に違っているのが分かりました。

どのキャリアの料金プランが安いのかは家族構成、使い方によって大きく異なると思うので、簡単にまとめてみました。

どのキャリアが安い?
  • 1人でスマホを使う → ドコモが安い
  • 1人でスマホを使う(SNSすることが多い)→ au
  • 夫婦2人でスマホを使う → ドコモが安い
  • 家族3人でスマホを使う → ドコモが安い
  • 家族4人でスマホを使う(小容量) → ドコモが安い
  • 家族4人でスマホを使う(中容量) → auが安い
  • 動画をたくさん見たい → ソフトバンクのウルトラギガモンスター+
  • データ通信を気にしたくない → auデータMAXプラン
  • Netflixも見たい → auフラットプラン25 Netflixパック

やっぱりドコモが一番まともな料金のような気がしますね。

ソフトバンクも安いかなと思いましたが、ミニモンスターは家族割非対応なので、家族割を受けようと思ったら家族全員がウルトラギガモンスター+にしないといけないという...。

ドコモの「ギガホ:6,980円」は30GBのデータを消費してしまったとしても128kbpsではなく1Mbpsの通信制限です。インターネットしたりSNSくらいなら普通に使うことができると思います。

自宅や職場に光回線があるならドコモのギガライトプランで3GBほどの容量を使うのが安くなるような気がしますね。 

ドコモのスマホ(2019年夏モデル)はハイエンドモデルが5機種、スタンダードモデルが4機種あります。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

auの「auデータMAXプラン:8,980円」はデータ通信量が無制限なので動画を観たり、音楽を聞いたり、SNSもし放題なので何も考えなくても快適にスマホを使うことができますが8,980円とかなり高額となります。

光回線を設置せずに「auデータMAXプラン」を使うことができればトータルで安くすることができるかもしれません。

ただし、「auデータMAXプラン」はテザリング・データシェア・国際ローミング通信をすると20GB/月の制限がかかるので、他のデバイスを使って使い放題することはできないという...。

うーん。ちょっと微妙?

なので、auの場合は7GBのSNS使い放題プラン「auフラットプラン7プラス:5,480円」や「auフラットプラン20:5,000円」をうまく組み合わせることで料金を抑えることができそうです。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+:7,480円」は50GBと制限はあるものの動画とSNSのデータ消費しないのでほぼ使い放題なので、動画コンテンツをメインに消費するのならソフトバンクの方がいいのかもしれません。

また、家族4人いれば各回線で2,000円の割引を受けることができます。ただし、ウルトラギガモンスター+のみ家族割対象なのでちょっとキツイような気もしますが...。