docomo 5G 対応スマホのスペック比較

ドコモが2020年3月25日に5Gの商用サービスとなる「docomo 5G」の提供をスタートすることを発表しました!

料金プラン、5G対応端末も合わせて発表されましたが、ドコモはGalaxy S20/S20+、Xperia 1 Ⅱ、AQUOS R5G、LG V60 ThinQ 5G、arrows 5Gと豊富なラインナップを揃えています。

ここでは、docomo 5Gのサービス内容、料金プラン、対応端末について紹介しているので、5Gが気になってる方は見ていってください。

docomo 5Gとは?

5G通信はドコモ、au、SoftBank、楽天モバイルが2020年春以降に次々とサービスをスタートする次世代通信規格です。

現在の4G LTE → 5Gになることで通信速度、遅延が大きく改善されます。

5Gのメリット
  • データ通信の高速化
  • より大容量データを通信できる
  • 低遅延で遠隔操作が可能に

5Gの通信速度は理論上は4Gの100倍となる10Gbpsの高速通信が可能となると言われています。(ただし、今回ドコモで発表されたSub-6対応の5G端末は4Gの2倍ほどの通信速度。ミリ波対応でもちょっと速いくらいの速度)

それだけでなく端末の接続台数も大幅に増えるので例えば東京駅は人が多すぎてデータ通信が遅い現象が発生しますが、このような現象を少なくなるはずです。実際に試してみたいところ。

さらに5Gは4Gや現在のWi-Fiよりも低遅延となり自動車などの自動運転、遠隔医療にも使うことができる信頼性のある通信規格となっています。

docomo 5Gの料金プラン

5Gギガホ・5Gギガライト

docomo 5Gは「5Gギガホ」「5Gギガライト」を契約してドコモで販売されている5Gスマホで使うことが可能となります。従来のギガホ・ギガライトの料金と比較してみました。

5Gギガホとギガホの料金比較
 5Gギガホギガホ
基本料金7,650円7,150円
データ容量100GB(キャンペーンで無制限に)30GB(キャンペーンで60GBに)
dカードお支払割:-170円7,480円に6,980円に
みんなドコモ割2回線:-500円
3回線以上:-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円

従来のプランから500円追加することで5G回線を使うことができます。しかも、データ容量が100GBに増量されていて、データ通信を無制限に使うことができるキャンペーンが実施されます。

5Gギガライトとギガライトの料金比較
 5Gギガライトギガライト
基本料金〜7GB:6,150円
〜5GB:5,150円
〜3GB:4,150円
〜1GB:3,150円
dカードお支払割:-170円〜7GB:5,980円
〜5GB:4,980円
〜3GB:3,980円
〜1GB:2,980円
みんなドコモ割2回線:-500円
3回線以上:-1,000円
ドコモ光セット割-1,000円

5Gギガライトとギガライトは同じ料金となっています。ただ、名称が変わるだけであって料金は同じです。

つまり、そんなにデータ通信しないけど気に入ったスマホがたまたま5Gスマホだった…という場合でも従来の料金のまま使うことができるということですね。

5Gデータプラス

「5Gデータプラス」はモバイルルーター、2台目のスマホを持つときにデータ容量をシェアすることができるプランで月額1,000円で契約することができます。

ただし、ペアとなる回線が「5Gギガホ」の場合はデータ量の上限が30GBとなり30GB超過時の通信速度は3Mbpsとなります。うーん…30GBとはいえ制限があるのか。

またペアとなる回線は4G端末(Xi)も対象となっています。

5Gギガホ キャンペーン

5G ギガホでデータ通信使い放題

docomo 5Gを使うならほとんどの方は「5Gギガホ」を契約するのかなと思いますが、データ量無制限キャンペーンを実施していて100GBではなく無制限にデータ通信をすることができます。

期限が決められていないので実質無制限…ということになります。

5Gギガホ割

5Gギガホを契約することで最大6か月、基本料金が月額1,000円割引となり、7,480円 → 6,480円となります。「はじめてスマホ割」も適用できるのでガラケーから5Gスマホに乗り換えると2,000円の割引を受けることができ5,480円となります。

5Gギガホ音声割

さらに、5Gギガホの契約で音声オプションから月額700円割引になります。

5Gギガホ音声割
  • 5分国内通話放題オプション:700円 – 700円 = 無料
  • 24時間国内通話し放題オプション:1,700円 – 700円 = 1,000円

この「5Gギガホ音声割」は12カ月間の割引となるので従来のギガホよりもトータルで見て安くなる可能性がありますね。

docomo 5G対応のスマホ

docomo 5Gを使うには5Gに対応したスマホが必要となりますが、ドコモの5Gスマホは6機種となります。

5G対応スマホ スペック比較

docomo 5Gに対応したスマホ6機種、モバイルルーターが1機種です。

docomo 5G対応端末
  • Xperia 1 Ⅱ SO-51A :4月下旬発売
  • Galaxy S20 5G SC-51A :3月25日発売
  • Galaxy 20+ 5G SC-52A :5月下旬以降発売
  • Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A :6月以降発売
  • AQUOS R5G SH-51A :3月25日発売
  • arrows 5G F-51A:夏頃発売
  • LG V60 ThinQ L-51A:6月下旬以降発売
  • Wi-Fi STATION SH-52A:5月下旬以降発売

Xperia 1 Ⅱ、Galaxy S20 5G、Galaxy S20+ 5Gのスペック比較です。

docomo 5G 対応機種 3/6機種
 Xperia 1 ⅡGalaxy S20 5GGalaxy S20+ 5G
画面サイズ6.5インチ(OLED)6.2インチ(OLED)6.7インチ(OLED)
解像度3840×16443200×1440
CPUSnapdragon 865
メインメモリ8GB12GB
ストレージ128GB
microSD最大512GB最大1TB最大2TB
生体認証指紋画面内指紋・顔
リアカメラ1200万
1200万
1200万
ToF
1200万
1200万
6400万
1200万
1200万
6400万
ToF
インカメラ800万画素1000万画素
5G通信下:3.4Gbps
上:182Mbps
下:3.4Gbps
上:182Mbps
下:4.1Gbps
上:480Mbps
4G通信下:1.7Gbps
上:131.3Mbps
下:1.7Gbps
上:75Mbps
Wi-Fi6(a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth5.15.0
おサイフケータイFelicaに対応
ワンセグ・フルセグ対応
防止防塵IP68IP68
バッテリー4000mAh4000mAh4500mAh
サイズ72×166×7.9mm69×152×7.9mm73×159×7.9mm
重量181g163g188g
端末価格123,552円102,960円114,840円

Xperia 1 Ⅱ、Galaxy S20はSub-6の5G、Galaxy S20+はミリ波の5Gに対応しています。

LG V60 ThinQ 5G、AQUOS R5G、のスペック比較です。

docomo 5G 対応機種 6/6機種
 LG V60 ThinQ 5GAQUOS R5Garrows 5G
画面サイズ6.8インチ(OLED)6.5インチ(Pro IGZO)6.7インチ(OLED)
解像度2460×10803168×14403120×1440
CPUSDM 865
メインメモリ8GB12GB8GB
ストレージ128GB128GB128GB
microSD最大512GB最大1TB?
生体認証画面内指紋指紋・顔画面内指紋
リアカメラ6400万
1300万
ToF
1220万
4800万
1220万
ToF
4800万
1630万
800万
インカメラ1000万画素1640万画素3200万画素
5G通信下:3.4Gbps
上:182Mbps
下:4.1Gbps
上:480Mbps
4G通信下:1.7Gbps
上:131.1Mbps
Wi-Fi6(a/b/g/n/ac/ax)?
Bluetooth5.15.0?
おサイフケータイ対応対応対応
ワンセグ・フルセグ対応
防止防塵IP68IP68IP68
バッテリー5000mAh3730mAh4070mAh
サイズ166×177×15mm75×162×8.9mm未定
重量353g189g未定
端末価格118,008円111,672円未定

LG V60 ThinQ 5G、AQUOS R5GはSub-6の5G、arrows 5Gはミリ波の5Gに対応しています。

Xperia 1 Ⅱ(SO-51A)

Xperia 1 Ⅱ(SO-51A)
Xperia 1 Ⅱ(SO-51A)

Xperia 1 Ⅱ(SO-51A)はXperia 1の後継機種で5G通信に対応したスマホです。6.5インチのシネマワイドディスプレイにリアカメラにツァイス(ZEISS)のレンズを搭載した期待のモデル。

Xperia 1 Ⅱの特徴
  • 6.5インチの4K有機ELシネマワイドディスプレイ
  • リフレッシュレート90Hz相当の滑らかな画面
  • SDM865 + 8GBで快適に動作する
  • ツァイス(ZEISS)のレンズを採用したカメラ
  • リアカメラはトリプルレンズカメラ + 3D iToFセンサー
  • 電源ボタン式の指紋認証センサーを採用
  • 5G(Sub-6)・Wi-Fi 6の高速通信に対応
  • 本体サイズ:72×166×7.9mm・181g
  • 端末価格は123,552円とちょっと高い

Xperia 1 Ⅱの筐体デザインはXperia 1を踏襲していますが、本体の厚みが薄くなったのに5Gに対応しバッテリー容量が増えたブラッシュアップ的な端末となっています。

最近のスマホは滑らかに表示するディスプレイがトレンドとなっていますが、Xperia 1 Ⅱは表示時の電力を可変することで90Hz相当の滑らかな表示に対応したディスプレイを採用しています。

そして、リアカメラにはツァイス(ZEISS)のレンズを採用したトリプルカメラを搭載。

トリプルレンズカメラと3D iToFセンサー

3D ToFのセンサーも搭載することで自然なボケを表現できるようになり、最大20コマの高速シャッター、動物対応の瞳AF機能の搭載など、カメラの性能が大幅に向上しています。

Xperia 1・Xperia 5はセンサー式の指紋認証機能を搭載していましたが、反応が悪くて厳しいものがありましたが、Xperia 1 Ⅱは電源ボタン内蔵式の指紋センサーになったので精度が向上していることに期待したいです。

Galaxy S20 5G(SC-51A)

Galaxy S20 5G(SC-51A)
Galaxy S20 5G(SC-51A)

Galaxy S20 5G(SC-51A)はGalaxy S10の後継機種で、6.2インチのディスプレイにトリプルカメラを搭載したモデルとなっています。

Galaxy S20 5Gの特徴
  • 6.2インチ(3,200×1,440ピクセル)有機EL
  • リフレッシュレート120Hzの滑らかな画面表示
  • SDM865 + 12GBで超快適に動作する
  • リアカメラはセンサーサイズが大きく画質が向上
  • 光学3倍の望遠カメラを搭載(最大30倍ハイブリットズーム)
  • 顔認証 + 画面内指紋認証に対応
  • 5G(Sub-6)・Wi-Fi 6の高速通信に対応
  • 本体サイズ:69.1×151.7×7.9mm・163g
  • 端末価格は102,960円に

Galaxy S20 5Gのディスプレイはリフレッシュレート120Hzの表示が滑らかな画面になっています。Galaxy S10よりも画面が縦に長くなっていて横幅が少しだけ狭くなり持ちやすい端末に進化しています。

リアカメラは超広角・広角・望遠の3つのカメラを搭載していて広角カメラはセンサーが大きくなり画質が向上、望遠カメラは光学3倍に対応し6400万画素のイメージセンサーを搭載しています。

Galaxyはトータルで見ても完成度の高いAndroidスマホですが、さらに極まった感はあります。ただ、トリプルカメラのデザインがね..。微妙ですよね。

Galaxy S20+ 5G(SC-52A)

Galaxy S20+ 5G(SC-52A)
Galaxy S20+ 5G(SC-52A)

Galaxy S20+ 5G(SC-52A)はS20の画面が大きいバージョンですが、それだけでなく3D ToFカメラが追加されたクアッドカメラ、ミリ波5Gに対応した高速通信ができる端末となっています。

Galaxy S20+の特徴
  • 6.7インチ(3,200×1,440ピクセル)有機EL
  • リフレッシュレート120Hzの滑らかな画面表示
  • SDM865 + 12GBで超快適に動作する
  • リアカメラはセンサーサイズが大きく画質が向上
  • 光学3倍の望遠カメラを搭載(最大30倍ハイブリットズーム)
  • 顔認証 + 画面内指紋認証に対応
  • 5G(ミリ波)・Wi-Fi 6の高速通信に対応
  • 本体サイズ:73.7×161.9×7.8mm・188g
  • 端末価格は114,840円に

基本性能はGalaxy S20と同じですが、メインメモリが12GBあるのでより安定した動作を期待できます。

また、被写体の距離を性格に計測できる3D ToFカメラを搭載しているのでこれまで以上に自然な写真・動画を撮影できるようになります。

LG V60 ThinQ 5G(L-51A)

LG V60 ThinQ 5G(L-51A)
LG V60 ThinQ 5G(L-51A)

LG V60 ThinQ 5GはLGエレクトロニクス製の5Gスマホで専用ケース「LGデュアルスクリーン」を付けることで二つのディスプレイを使うことができる2画面スマホです。

LG V60 ThinQ 5Gの特徴
  • 6.8インチの有機ELディスプレイ
  • LGデュアルスクリーンで音楽ライブやスポーツなどいろいろな視点を2画面で楽しめる
  • SDM865 + 8GB RAMで快適に動作する
  • 3つのリアカメラを搭載して8K動画撮影に対応
  • 画面内指紋認証に対応している
  • 端末価格は118,008円と5Gスマホとしてはリーズナブル

本体とディスプレイの2つの構成でありながら89,280円で買うことができるハイエンドスマホでありながらお得感のある端末となっていますね。

リアカメラは6400万画素(F1.8)の広角カメラ、1300万画素(F1.9)の超広角カメラ、深度を計測するToFカメラを搭載したトリプル仕様となっています。8K動画撮影にも対応しています。

ちなみに、ソフトバンク版のLG V60 ThinQ 5Gは89,280円と少しだけ安く買うことができますよ。(→ ソフトバンク 5Gの料金プラン・5G対応機種の比較!

AQUOS R5G(SH-51A)

AQUOS R5G(SH-51A)
AQUOS R5G(SH-51A)

AQUOS R5Gはシャープ製の5Gスマホで2020年3月25日に発売される端末でAQUOS R3の新機種となります。

AQUOS R5Gの特徴
  • 6.5インチのIGZO Pro(液晶)ディスプレイ
  • SDM865 + 12GB LPDDR5で超快適に動作する
  • 4つのリアカメラを搭載し8K動画撮影に対応
  • 顔認証と指紋認証に対応している
  • 端末価格は111,672円とちょっと高い

2020年前半に発売したAQUOS zero2は有機ELでしたが、AQUOS R5Gは液晶のIGZO Proを搭載していて、AQUOS R5Gのほうが高解像度のディスプレイとなっているので写真・動画の撮影に適したモデルとなっています。

AQUOS R5G 外観デザイン
AQUOS R5G 外観デザイン

リアカメラは1220万画素(F1.7)の広角カメラ、4800万画素(F2.9)の超広角カメラ、1220万画素(F2.7)の望遠カメラを搭載していて深度計測するToFカメラも搭載し動画の背景をぼかすこともできるように。

さらに8K動画撮影にも対応しています。2020年のハイエンドスマホは8K動画を撮影できるモデルが多くなっていますがAQUOS R5Gも同じですね。

aroows 5G(F-51A)

aroows 5G(F-51A)
aroows 5G(F-51A)

aroows 5G(F-51A)は富士通製の5G対応ハイエンドスマホです。まさかの富士通のハイエンドスマホが復活です。

aroows 5Gの特徴
  • 6.7インチ(3120×1440)有機ELディスプレイ
  • SDM865 + 8GBで快適に動作する
  • リアカメラはトリプルレンズカメラ
  • 5G(ミリ波)・Wi-Fi 6の高速通信に対応

スペックが定かでないところが多いですが、5G通信は高速通信ができるミリ波に対応して最大4.1Gbpsのデータ通信ができます。

リアカメラはトリプルカメラ仕様となっていて撮影した写真の明るさ、彩度を最適化するAdobe Auto toneにも対応し、シャッターを切るだけでプロ並みの写真を撮影できるようです。

これね。潔いというか写真に強いAdobeの力を借りてカメラの性能を向上したのは良い判断だと思います。富士通とAdobeのタッグカメラ。どんな画質の写真が撮影できるのか気になりますね。

docomo 5Gで何ができる?

5G通信の最大のメリットは大容量のデータを高速通信できることです。

大量のデータを扱うことができるのでコンテンツを好きな角度から見たりできるように切り替えができるようになります。

また、低遅延なのでタイムラグの少ない通信ができるようになりオンライン対戦などで活かすことができるように。

まあ、正直なところWi-Fi環境とそう大差ないと思いますが、いずれ5Gが普及してどこでも使えるようになったら遠隔操作、自動運転など生活に根ずいた通信となるでしょう。

本格的な5Gの普及は2023年頃となり少しずつ5Gでしかできないコト・サービスが増えていくのかなぁ。といった感じです。

docomo 5G サービスエリア

docomo 5Gは2020年3月25日よりサービスをスタートします。しかし、5G通信ができるエリアはかなり限定的なものとなっています。

基本的に観光・商業施設・駅や空港など交通施設を対象に5Gのサービスが展開されるので、使えるところは少ないです。詳しくはドコモの5Gサービスエリアのページをチェックしましょう。

docomo 5Gに乗り換えるべきか?

基本的に最新のハイエンドスマホに機種変更したら自動的にdocomo 5Gに乗り換えることになります。Xperia 5に乗り換えた時と同じようにXperia 1 Ⅱに機種変更すると5Gの契約をすることになります。

なので、2020年のハイエンドモデルが欲しいと思ったら5Gへの道が自動的に開くのです。さあ。

docomo 5Gのメリット
  • 5Gギガホはプラス500円で使える
  • 音声オプションが1年間700円割引なので4Gプランよりも安い
  • 最大100GB(当分は無制限)のデータ通信
  • 4Gでの通信も(しばらくは)使い放題となる

5Gギガホは従来のプランの+500円となりますが、5Gギガホ割で最大6ヶ月1,000円の割引となり、音声オプションが1年間700円割引なので使い方次第では4Gのギガホよりも安くなります。

5Gはミリ波で最高レベルに達した時に4Gの100倍の通信速度がありますが、現在対応しているSub-6、ミリ波の帯域で5G対応端末の最大通信速度も4.1Gbps程度です。

つまり現行の4Gスマホよりも良くて2倍ほどの通信速度が良くなる程度なんですよね。理論上は。もちろん、低遅延になるので体感速度はかなり良くなるとは思いますが現段階ではいうほどのものではなさそう。と予想しています。

SoftBank 5Gのデメリット
  • docomo 5G対応エリアが狭い
  • 5Gならではサービスがイマイチ?
  • docomo 5GのSIMは4G端末で使えない可能性?

ドコモの5Gスマホを購入するにあたって注意点として5GのSIMカードを従来のXi対応スマホに入れると通話・通信ができない場合があるようです。SIMフリー版の端末を使っている場合は少し注意…というか困る。

どうなの。試してみるしかないの?

なお、5G通信はdocomo 5Gだけではありません。ソフトバンクとauも5G通信のサービスを開始します。

2020年秋に発売されるiPhone 12も5Gに対応するとみられています。

Galaxy S20Xperia 1 Ⅱも5Gに対応します。

ドコモのおすすめスマホはこちらをどうぞ。

https://www.sin-space.com/entry/docomo2019-summer-modelac

ドコモ・au・ソフトバンクの料金比較はこちらをどうぞ。