Macのデスクトップ型パソコンにはディスプレイ一体型のiMacがありますが、現在は27インチと21.5インチの2つの画面サイズのモデルがあります。

iMacには27インチと21インチの二つの画面サイズのモデルがあります。画面サイズの違いだけでなく、スペック・性能もかなり異なるのでこちらで何がどう違いのかを比較しております。

iMacのストレージ容量は使い方に合わせて選ぶのがいいですが、2020年のiMacはFusion Driveが廃止となってSSDストレージモデルのみとなり、最小容量が1TBから256GBと少ないので注意が必要です。

iMacはメインメモリをカスタマイズできますが、iMac 27インチのみがユーザー自身がメモリを交換・換装してメモリ容量を増やすことができるようになっています。

少しでも費用を抑えたいなら間違いなく自分でメモリを増設した方がいです。

iMac Pro、iMac 21.5インチは自分で交換は難しいので購入時にメモリを増設しておくと良いでしょう。

旧型のMacを使っている方は内蔵SSDを換装したり、外付けSSDを使うことで動作そ高速化することもできるので、選択肢の一つとして検討してみてください。

iMacの記事一覧


関連記事

最新記事

目次へ