Amazonはオリジナルの端末も開発し販売していて、電子書籍端末、Fireタブレット、音声操作ができるスマートスピーカー・Echoなどの端末をお手頃価格で手に入れることができます。

他社の製品と比べると価格が安いのは、Amazonのサービスを使ってもらうことが前提となっているため、かなり手にしやすい金額でタブレット端末を買うことができるようになっています。

電子書籍端末「Kindle」は全部で3つのモデルがあります。

画面解像度、耐水性能、使いやすさが異なるなど価格なりのスペックとなっていますが、出来ることはどのモデルも同じで、スタンダードモデルのKindleでも電子書籍を満足いくレベルで楽しむことができます。

Kindleの違いについてはこちらをどうぞ。

Amazonのタブレット端末・Fireタブレットは全部で4機種あります。

Fireタブレットは少し前まではスペックが低くて使いにくいものでしたが、Fire HD 8は4コアプロセッサ、Fire HD 10は8コアプロセッサを搭載したことで、かなり使いやすいタブレットになっています。

 Amazon Echoは端末に話しかけて操作するスマートスピーカーです。ディスプレイ付きのものがあったり、車の中で使えるタイプのものがあったりと、様々なタイプのEchoがあります。

Amazonの記事一覧


関連記事

最新記事

目次へ