シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Canon EOS Rがすごい!デザイン・サイズ・スペックをKiss M・6D Mark2と比較!


EOS R

キヤノンがついにフルサイズミラーレス一眼カメラ・EOS Rを発表しましたー!2018年10月下旬にリリースされます。ニコンに続きキヤノンもフルサイズミラーレス市場に参入したことでなかなか面白くなってきましたね。

EOS Rは価格帯から見て一眼レフカメラのEOS 6D mark2と同じクラスのカメラになるのかなーと思うので、EOS R・EOS 6D mark2・EOS Kiss Mの3機種でスペックとデザインを比較してみたいと思います!

 

EOS R・Kiss M・6D Mark2 スペックの違いを比較

デザイン・サイズ・重量の違い

EOS Rの外観デザインはEOS 6Dmark2とEOS Kiss Mを融合したかのようなデザインになっています。1987年に発売されたEOS 650のデザインに似ているのかな思うのですが発表会でEOS 650が紹介されていたので意識しているのかも。

EOS R・Kiss M・6Dmark2 正面デザイン

EOS Rの本体サイズは一眼レフのEOS 6Dmark2よりもコンパクトでEOS Kiss Mよりも大きく大型グリップを搭載しているので大口径レンズを装着しても安定性は良さそうです。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
サイズ 135.8 × 98.3 × 84.4 mm 116.3 × 88.1 × 58.7 mm 144.0 × 110.5 × 74.8 mm
重量
(撮影時)
約660g 約387g 約765g

EOS RはコンパクトボディなのにEOS 6D並みの大型グリップを搭載。サブモニターも本体上部に搭載しているので液晶画面を見なくても情報を瞬時に確認することができるようになっています。

従来のアナログチックなモード切り替えダイヤルがない代わりにMODEというボタンとサブ電子ダイヤルが新しく搭載されており、MODEボタンを押してダイヤルを回すことでモード切り替えができるようになっています。(サブモニターにモード表示される。)

EOS R・Kiss M・6Dmark2 上部デザイン

EOS Rはバリアングルタイプのタッチパネル対応のディスプレイとEVFを搭載した一眼レフスタイルのカメラとなっています。EOS 6Dと比べてもシュッとスリムダウンしていてなかなかカッコイイのではないでしょうかね。

EOS R・Kiss M・6Dmark2 背面デザイン

EOS Rには新たにマルチファンションバーが搭載されておりスライド操作やタッチ操作で設定変更をすることができるように。ISO、ホワイトバランス、ピント確認、動画撮影、フレキシブルAE、AF、画像送りを任意に設定することができるようになっています。

スペック・性能の違い

EOS RのスペックについてEOS Kiss MとEOS 6D Mark2で比較をしてみたいと思います。

イメージセンサー・プロセッサ・レンズ

EOS Rに採用されているイメージセンサーはフルサイズの3030万画素のデュアルピクセルCMOSセンサー、映像エンジンにはEOS Kiss Mにも採用されたDIGIC 8が搭載されています。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
イメージセンサー フルサイズ デュアルピクセル CMOS APS-C デュアルピクセル CMOS フルサイズ デュアルピクセル CMOS
画素数 約3030万画素 約2410万画素素 約2620万画素
プロセッサ DIGIC 8 DIGIC 7
手ぶれ補正 レンズ内手ぶれ補正
デュアルセンシングIS
レンズ内手ぶれ補正
マウント RF EF-M EF
内径 54mm 47mm 54mm
フランジバック 20mm 18mm 44mm

ボディ内手ぶれ補正は非搭載ですがデュアルセンシングISに対応していて動画だけでなく静止画でも最大5段分の手ぶれ補正をすることができます。

レンズマウントはそれぞれ異なっており互換性はありませんが、EOS Rはマウントアダプターを使用することでEFレンズを使うことができます。

RFレンズの特徴としてはEFレンズと同じ内径なのにイメージセンサーからレンズの距離(フランジバック)が20mmと近くRFレンズの光学性能を最大限に発揮させていること。今までミラーがあったのがなくなったことでその空間を無駄なく使っているのがRFレンズということになります。

 

シャッター・露出・オートフォーカス

EOS RはデュアルピクセルCMOSとDIGIC 8の組み合わせによりフルサイズカメラで世界最速だという0.05秒を実現。0.05秒ってよく見る数字のように思いましたが世界初なんだそうです。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
AF測距点 最大5655ポジション(横87 × 縦65)
エリア分割数(143分割)
最大143点 45点(7560画素RGB+IR測光センサー)
低照度AF EV-6.0 EV-2.0 EV-2.5(ライブビュー時)
顔認識 瞳AF・顔認識 瞳AF・顔認識 顔認識(ライブビュー時)
ISO ISO100~40000(拡張ISO:50/51200/102400) ISO200~25600(拡張ISO:51200) ISO100~40000(拡張ISO:50/51200/102400)
シャッター構造 ミラーレス
(電源OFF時シャッターが閉じてゴミ混入防止、サイレントシャッターに対応)
ミラーレス
(サイレントシャッターに対応)
一眼レフ
連写機能 最高約8.0コマ(最大100枚) 最高約10コマ(最大33枚) 最高約6.5コマ(最大110枚)
シャッター速度 1/8000~30秒、バルブ 1/4000~30秒、バルブ 1/8000~30秒、バルブ

EOS Rは低照度AFの性能がEV-6.0を実現。暗いところでもフォーカスを正確にピントを合わすことができます。SONY α9でもEV-3.0なのでEV-6.0ってとんでもない性能ですよね。(ただし、RF 50mm F1.2Lのレンズを使った時の数字なのもうちょい暗めのレンズを使った時はどんなもんなのかな?) 

動画性能

 EOS Rの動画性能ははこんな感じです。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
動画性能 4K/30p(480Mbps) 4K/24p(120Mbps) Full HD/60p

4K動画撮影に対応していますがフレームレートは30pとちょっと微妙な感じです。DIGIC 8なら4K/60pいけると思うんですけどわざと性能を落としている感じなのでしょうか。

その他の機能として4Kフレーム切り出し、4Kタイムラプス動画なども使えます。

液晶とEVF

EOS Rの液晶は他のモデルよりも一回り大きい3.15インチの210万ドットの高精細モニターが採用されています。もちろんタッチパネルに対応していて被写体にタッチしてピントを合わせることもできます。 

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
液晶 3.15インチ
バリアングル
タッチパネル
約210万ドット
3インチ
バリアングル
約104万ドット
3インチ
バリアングル
タッチパネル
約104万ドット
ファインダー 0.5型有機EL
369万ドット
倍率:0.76
0.39型有機EL
236万ドット
倍率:?
光学式ファインダー
倍率:0.71

電子ビューファインダー(EVF)はEOSKiss Mよりも大きく高解像度のものが採用されています。EOS Kiss MのEVFも結構綺麗で見やすいので、さらに見やすいものになっているのはいいですね。

 

ワイヤレス通信とポート

EOS RはWi-FiとBluetoothに対応しているのでアプリ・Camera Connectを使ってスマホやタブレットに簡単に画像を転送することができます。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
ワイヤレス Wi-Fi(802.11b/g/n)
Bluetooth
入出力端子 USB3.1 Type-C
HDMIマイクロ端子(Type C)
USB2.0 Micro-B
HDMIマイクロ端子(Type D)
USB2.0 Micro-B
HDMIマイクロ端子(Type C)

また、USB-Cに対応したのでカメラと直接ケーブルを繋ぐと超高速で画像をPCに転送することもできるでしょう。

バッテリー駆動時間 

バッテリーパックはEOS 6Dmark2と同じLP-E6Nですが、撮影可能枚数が350枚とミラーレスカメラらしい撮影枚数になってしまいました。

モデル EOS R EOS Kiss M EOS 6Dmark2
標準撮影枚数 350枚 235枚 1200枚
動画撮影時間 約2時間20分 約1時間25分 約2時間40分
バッテリー型式 LP-E6N LP-E12 LP-E6N

動画撮影時間はさほど差はないのに写真になると撮影枚数が極端に減ってしまうのは不思議ですよね。

一眼レフカメラは光学式にAFを合わせたり露出を調整しているのに対し、ミラーレスカメラは常にデュアルピクセルセンサーとDIGIC 8をフル稼働させて調整しているのでしょうか。バッテリー消費が激しくなってしまうのかも。

EOS Rのスゴイところ

フルサイズなのにコンパクトボディ

EOS Rはミラーレスカメラなのでコンパクトボディを実現していますが、大型グリップにサブモニターを搭載するなど使いやすさを犠牲にすることなくバランスの良いデザインになっているように感じます。

フルサイズミラーレスはSONYの独擅場となっていましたが、キヤノン、ニコン、パナソニックが参入したことで新たな局面を迎えることになりそうです。 

マルチファンションバーなど新しい操作方法を提案

EOS Rにはマルチファンションバーという新しい操作ボタンを搭載しています。

さらにRFレンズ側にはコントロールリングを搭載し本体右上部にカスタム可能なサブダイヤルを搭載することで、ファインダーを覗きながらあらゆる操作を可能にしています。

20180905224027j:plain

慣れるまで大変そうだけどスライド操作と左右のタップ操作によりいろんな機能を操作することができるのでなかなか使いやすそうですよね。

なんとなくMacBook Proのタッチバーからアイデアを得たんじゃないかなーという気もしないではないですが、どれくらい快適に操作することができるのかが気になるところ。

ミラーレスにすることでただボディを小さくするだけではなく新しい操作性を追求している姿勢が王者の風格があります。

電源を切るとシャッターが閉じてゴミ付着を防ぐ

ミラーレスカメラはレンズ交換するためにレンズを外すとセンサーむき出しになってしまうのでゴミが付着しないように神経を使いますが、EOS Rは電源がOFFになるとシャッターが自動的に閉じる仕組みになっています。

20180906001146j:plain

カッコイイ!すげええー!!

つまり、レンズ交換時はセンサーはシャッターが閉じた状態なのでゴミが付着しないんです。その発想なかった。めちゃ単純なことなんだけど。これは他メーカーも真似するんじゃないかなー?

Fvモード(フレキシブルAE)の新モードを搭載

EOS RはFvモード(フレキシブルAE)が新しく搭載しています。

例えば、Avモード(絞り優先)でF2.8に設定した状態でシャッタースピードをもう少し上げたいと思ったときにFvモードなら絞りをF2.8に固定した状態でシャッタースピードを変更することができるというモード。

これ、めちゃくちゃ便利じゃないですか。今まではAvモードでシャッタースピードを変更しようと思ったら絞りを変えるかTvモードから変える必要がありましたが、Fvモードならモード切り替えせず簡単に設定を変えることができます。

 

EOS Rは10月下旬に発売開始!

EOS Rは2018年10月下旬に発売が開始されます。ボディ価格は約24万円ということでフルサイズとしては標準的な価格といっていいでしょう。

  • EOS Rボディ(24万円):10月下旬発売予定
  • RF24-105mm F4 L IS USM(15.5万円):10月下旬発売予定
  • RF50mm F1.2 L USM(32.5万円):10月下旬発売予定
  • RF28-70mm F2 L USM(42万円):12月下旬発売予定
  • RF35mm F1.8mm MACRO IS STM(7.5万円):12月下旬発売予定

レンズと合わせると軽く50万円コースですね...。フルサイズってレンズがめちゃくちゃ高いですよね。これをサクッと買うことができる財力があればなぁ。