Belkin Valet Charger Power

Apple Watchは公称値で18時間の電池持ちなので普通の使い方をしていれば1日を過ごすことができますが、東京など出張に行くと次の日のためにApple Watchを充電する必要があります。

Apple Watchの充電アダプタを持っていけばいいのですがケーブルって意外と邪魔になったりますよね。

ということで、Belkin(ベルキン)のモバイルバッテリー・Valet Charger Power Packを購入したのでデザイン、充電能力、使いやすさについてレビューしていきます。

Apple Watchを充電できるだけでなくUSB-Aポートを搭載しているのでiPhoneも同時充電することができる一台二役モバイルバッテリーとなっています。

Apple Watchのレビューはこちらです。

Belkin Valet Charger Power Pack 特徴

Belkin Valet Charger Power Pack
Belkin Valet Charger Power Pack

Apple Watchのモバイルバッテリー・Belkin Valet Charger Power Packは6700mAhの大容量モバイルバッテリーでApple Watchを最大8回、iPhoneを最大3回充電することができる性能を持っています。

Belkin Valet Charger Power Packの特徴
  • Apple Watchを充電できる(Series 5に対応)
  • iPhoneを最大12Wで充電できる
  • Apple WatchとiPhoneを同時充電できる
  • 6,700mAhのバッテリー容量
  • 4段階のLEDインジケーターで電池残量がわかる
  • Made for Apple Watchを取得している
  • ポート:USB-A、Micro USB
  • サイズ:121 × 42 × 24mm
  • 端末価格:約10,000円

例えば、東京出張でBelkin Valet Charger Power Packを1台持っていって、就寝時にApple WatchとiPhoneを充電することができます。

なので、1泊2日くらいならそれぞれの充電アダプタやモバイルバッテリーを持っていかなくてもBelkin Valet Charger Power Packだけで十分なバッテリー充電環境を手にいれることができるのでとても便利ですよ。

Belkin Valet Charger Power レビュー・評価

外観デザイン・サイズ

Belkin Valet Charger Power PackのパッケージはベルキンさんらしいデザインとなっておりApple認定製品である証の「Made for Apple Watch」の表示もあるので安心して使うことができます。

Belkin Valet Charger Power Pack パッケージ

付属品は本体充電用のMicro USBケーブル(1.2m)と説明書となっています。

付属品と説明書
付属品と説明書

筐体素材はアルミボディがメインとなっていますが、Apple Watchの充電パッドが搭載しているところは黒色のマットな素材となっていてApple Watchのケースが当たってお互い傷が付かないように配慮されています。

Belkin Valet Charger Power Pack
Belkin Valet Charger Power Pack

出力ポートはUSB-A、入力ポート(充電用)はMicro USBとなっています。

出力ポートは2種類
出力ポートは2種類

なぜ、Lightningコネクタでないのか。ここはiPhoneと同じLightningコネクタを採用するべきだったのでは?

Belkin Valet Charger Power Packは2016年11月に発売されたモバイルバッテリーなのでちょっと古いのでそろそろ新型が出てもおかしくないような気もしますが。(なぜ、このタイミングで買ったのか…。)

Apple Watchのモバイルバッテリーの中にはPSE認証がない製品もありますが、Belkin Valet Charger Power PackはPSE認証をきちんと取得しています。(2019年1月以降に出荷された端末)

PSE認証
PSE認証

本体サイズは121 × 42 × 24mmとなっていて手のひらに収まる大きさとなっています。

手のひらサイズのモバイルバッテリー

バッテリー残量はLEDインジゲーターで確認することができます。

バッテリー残量のLEDインジゲーター

Belkin Valet Charger Power PackはApple Watchを最大8回、iPhoneを最大3回再充電できる能力を持っているので、一泊二日くらいの遠出なら1台あればiPhoneとApple Watchのバッテリーを補うことができるのかなぁと思います。

Apple Watch 充電方法

Apple Watchの充電はポートの隣にある電源ボタンを押して…

電源ボタン

白色の充電パッドの部分に乗せるだけでOKです。

Apple Watch 充電方法
Apple Watch 充電方法

スポーツバンドを装着したApple Watchはバンド部分が少し邪魔になってしまいまうので移動中に充電したい時はバンドを止めてしまったほうがいいかもしれませんね。

バンドを巻いてしまおう
バンドを巻いてしまおう

スポーツループなども簡単に巻くことができるバンドとなっています。

スポーツループなら巻いとける

長さ調整が自在なのでBelkin Valet Charger Power Packにぴったりと巻いて充電ができます。

iPhone 充電方法

iPhoneへの充電はUSB-AポートにUSB-A to Lightningケーブルを使ってiPhoneと接続でOKです。こちらはiPhone 11とApple Watch 5を同時充電したものです。

iPhone 11とApple Watchを同時充電
iPhone 11とApple Watchを同時充電

iPhoneへの充電は5V/2.4A(12W)の高速出力となっています。実際にiPhone 8 Plusを接続して出力電力を計測してみたところ…

iPhoneへの電力供給量

4.98V × 0.94A = 4.7Wほどの出力しか出ていませんでした。12Wの出力はどこに行ったのか…。条件が揃わないと急速充電(5V × 2.4A = 12W)ができないのでしょうかね?

まあ、仕方ない。

実際の充電速度

実際の充電速度をApple Watch TitaniumiPhone 11で時間計測してみました。

Apple Watch 5とiPhone 11を充電
 Apple Watch 5iPhone 11
9:1043%54%
9:4071%73%
10:1089%89%
10:40100%100%

Apple Watchは30分で32%、iPhone 11は19%の電池を補充することができました。1時間でApple Watchが45%ほど、iPhone 11が35%ほどの給電となっていますね。

さらに、Apple Watch 5とiPhone 8 Plusを同時に給電してみました。

Apple Watch 5とiPhone 8 Plusを充電
 Apple Watch 5iPhone 8 Plus
20:300%55%
21:0045%75%
21:3089%86%

1時間の充電でApple Watch 5が89%、iPhone 8 Plusが31%ほどバッテリー充電ができました。ここで終わっているのはBelkin Valet Charger Power Packの電池残量がゼロになってしまったからです。

Belkin Valet Charger Power Packは6,700mAhのバッテリー容量でApple Watchを最大8回、iPhoneを最大3回ほど合わせて充電できる能力を持っています。

しかし、バッテリー容量の多いiPhone 11・iPhone 11 Proを同時充電するとApple Watchを1.5回ほど、iPhoneを1.5回ほどの充電となってしまうようです。

各デバイスのバッテリー容量は以下のとおりです。

iPhoneのバッテリー容量
  • Belkin Valet Charger:6,700mAh
  • iPhone 11:3,110mAh
  • iPhone 11 Pro:3,046mAh
  • iPhone 11 Pro Max:3,969mAh
  • iPhone XR:2,942mAh
  • iPhone 8:1,821mAh
  • iPhone 8 Plus:2,691mAh
  • Apple Watch 5:225mAh

ちなみに公式ではバッテリー容量の少ないiPhone 8を想定していて、iPhone 11とiPhone 8 Plusのバッテリー容量は大きいので2回ほど充電すると電池残量がなくなってしまうのは仕方ないですね。

Belkin Valet Charger Power レビュー・評価 まとめ

Apple Watch + iPhone 同時充電

Belkin Valet Charger Power PackはApple WatchとiPhoneを同時充電できるモバイルバッテリーで、iPhone 11とApple Watchとの組み合わせなら1.5回分ほどの給電が可能となっています。

おすすめポイント
  • Apple WatchとiPhoneを同時充電できる
  • Apple Watchの充電ケーブルを持ち歩かなくて済む
  • アルミ素材の筐体でApple製品との相性が良い

Apple Watchの純正の充電アダプタとケーブルは意外と嵩張ります。しかし、Belkin Valet Charger Power Packがあればケーブルレスでどこでも気軽に充電できます。

なので、普段からBelkin Valet Charger Power Packを使ってApple Watchを充電するのもなかなか良い使い方になるのではないでしょうか。

惜しいところ
  • LightningまたはUSB-Cに対応してほしい
  • 端末価格が1万円とちょっと高い
Belkin Valet Charger Power
■ おすすめ度:
4
■ 持ちやすさ:
4
■ 充電速度:
3.5
■ 電池の持ち:
4
■ 価格の安さ:
3

なお、据え置きでApple WatchとiPhoneを同時にワイヤレス充電ができるBelkinのBOOST UPという充電器があるので、今の生活からケーブルを消し去りたい方におすすめですよ。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

Apple Watchを買ったら揃えたい周辺機器・アクセサリーはこちらをどうぞ!

Apple Watchのレビューはこちらをどうぞ。

\キャリアでApple Watch 5をチェック/

アルミケースはGPSモデルとセルラーモデルのどちらかを選ぶことができますが、どっちがいいか比較した記事はこちら。