Beats Fit Pro レビュー

Beats Fit Proはノイズキャンセリング機能と空間オーディオに対応したBeats Studio Budsの上位モデル的存在の完全ワイヤレスイヤホンでAirPods Proとほぼ同じスペックとなっています。

ほぼ同じスペックを持ったBeats Fit Pro(ビーツフィットプロ)はAirPods Proよりも安いので手軽にAppleのノイズキャンセリングと空間オーディオを楽しみたい方におすすめです。

ということで、この記事ではBeats Fit Proのデザイン、サイズ、音質はどうなのかレビューしているので購入を検討している方は参考にしてみてください。

Beats Fit Proのメリット
  • デザインがオシャレでいい感じ
  • 装着感が自然で付け心地がいい
  • 本体カラーを4色から選べる
  • ノイズキャンセリングで騒音を消せる
  • メリハリのある音質で聴きやすい
  • 空間オーディオで臨場感あるサウンドに
  • 価格がAirPods Proより安い
Beats Fit Proのデメリット
  • 充電ケースが少し大きい
  • ワイヤレス充電に対応してない

Beats Fit Proの特徴

Beats(ビーツ)はAppleが2014年に買収したオーディオ機器メーカーです。Appleには現在、AirPodsとBeatsの2つのブランドのイヤホンがあってBeats Fit ProはBeatsブランドのイヤホンです。

Beats Fit ProはAirPods Proと同じH1チップを採用しノイズキャンセリングと空間オーディオに対応してBeatsのAirPods Pro版といってもいいくらいスペックは似ています。

Beats Fit Proの特徴
  • カナル型の密閉タイプのイヤホン
  • 2枚の振動板を採用した独自ドライバ
  • ノイズキャンセリング機能に対応
  • 外音取り込み機能(アンビエント)に対応
  • 音声コーデック:SBC・AAC
  • 空間オーディオに対応
  • 最大6時間連続再生(ケース込み24時間)
  • Apple「探す」に対応
  • IPX4の生活防水に対応している
  • 充電ポート:USB-C
  • 本体カラーが4色と豊富
  • 端末価格:28,800円
  • 発売日:2022年1月28日

「Fit Pro」という名のとおり耳にしっかりフィットする装着感を実現しノイズキャンセリング機能により周囲の騒音をスッとかき消して静かな環境を作り出すことができます。

音質はBeats Studio Budsよりも向上し低音から高音までしっかりとしたサウンドになって、さらに空間オーディオで臨場感ある音場で音楽を楽しめるようになりました。

Beats Fit Pro
Beats Fit Pro

基本的にAirPods Proをベースとした音質ですが低音と高音が強くなってメリハリのあるbeatsサウンドとなっており、AirPods Proとは似ているようで音質は異なります。

電池持ちはノイズキャンセリング機能をONにした状態で最大6時間、ケース併用で24時間のロングバッテリーとなっています。IPX4の生活防水に対応し、雨に打たれたり運動時に使えるイヤホンとなっています。

端末価格は28,800円でApple Sotre、Amazonなどで手に入れることができます。AirPods Proが38,800円と少し高価なので費用を抑えたい方はBeats Fit Proはかなりおすすめです。

Beats Fit Pro レビュー

パッケージと付属品

Beats Fit Proは黒ををベースとしたパッケージとなっており、とてもコンパクトなサイズに収められています。

Beats Fit Pro パッケージ
Beats Fit Pro

Beats Fit Proの本体カラーはBeatsブラック、Beatsホワイト、ストーンパープル、セージグレイの4色となっており好みのカラーを選べる楽しみがあります。

Beats Fit Pro カラーラインナップ

なお、今回レビューしているBeats Fit Proはセージグレイとなています。同梱品は充電ケース、シリコンイヤーチップ(3サイズ)、USB-C to Cケーブルです。

Beats Fit Pro 同梱品一式
同梱品一式

USB-C to Cケーブルは15cmほどの短いタイプのものが付いてくるのでケーブルが絡まったりせず扱いやすいものとなっています。

電源アダプタは付属しないのでスマホを充電するためのUSB-Cタイプの充電器を持ってるならそれを使ってもいいです。USB-C PD充電にも対応していてiPadやMacから充電もできます。

もし、充電アダプタがないのならAnker 521 Charger (Nano Pro)があるとiPhoneとStudio Fit Proを同時充電できるのでおすすめです。

Beatsの赤色のステッカーも同梱されていました。

Beats Fit Pro ステッカー
Beatsのステッカー

Beats Fit Proは耳の大きさに合わせたイヤーチップ(S・M・L)から選べるようになっています。(Mサイズが最初からイヤホン本体に取り付けされています。)

Beats Fit Pro イヤーチップ
Beats Fit Pro イヤーチップ

Beats Fit Proはイヤホンの装着状態を確認できるテストモードがあって装着エラーが出たら違うサイズのイヤーチップを試すことができます。

視覚的にイヤーチップが合ってるか確認できるのは助かります。

充電ケースとサイズ感

Beats Fit Proの充電ケース少し大きめの充電ケースとなっていて大きさは62 × 62 × 28mm、重量は約55gとなっています。

Beats Fit Pro 充電ケース
マット調の充電ケース

充電ケースの外装はマット調のサラサラとした素材を採用しています。全体的に凹凸が少なくてお手入れもしやすそうなケースですが少し滑りやすいかもしれません。

Beats Fit Proの充電ケースは平置きしたまま蓋を開いてイヤホンを取り出せるので取り扱いはStudio BudsAirPods Proよりもしやすいですね。

Beats Fit Pro テーブルに平置き
平置きできる

充電ポートはUSB-Cを搭載しています。

Beats Fit Pro 充電ポート
USB-Cポートを搭載している

ワイヤレス充電には非対応なので有線ケーブルでの充電となります。

Beats Fit Proのイヤホンの収納状態はヘッド部分が内側に向くように収められていて、手で取り出すと耳の穴と同じ方向にイヤホンが向くので持ち替えることなくイヤホンを装着が可能です。

Beats Fit Proとイヤホン
蓋を開けたところ

Beats Fit Proはイヤホン単体で連続6時間(ANCオン)の再生ができて、充電ケースも含めると最大24時間の再生が可能です。

1回の充電で6時間持つのでこまめに隙間時間に充電することで1日普通に使えるバッテリーライフといっていいでしょう。

イヤホンのデザインとサイズ

Beats Fit Proのイヤホン本体のデザインはタッチパッド部分にBeatsのロゴが描かれておりマット調スタイルとなっています。

Beats Fit Pro
カナル型イヤホン

なかなかオシャレでいいですよね。AirPodsのようなスティック型イヤホンが苦手という方にとっては選択肢が選べるのは大きなメリットとなりそうです。

イヤホンの外側筐体の素材にはマット調のプラ素材を採用していて指先から滑り落ちにくく取り扱いしやすいイヤホンに仕上がっています。

Beats Fit Pro イヤホンのデザイン1
イヤホン本体の素材

なかなかオシャレでいい感じのイヤホンですよね。イヤホン筐体のヘッド部分はタッチパッド(物理ボタン)を内蔵しているので指で音楽をコントロールできます。

操作方法
  • 左右どちらか1回タップ:再生・停止・受話開始停止
  • 左右どちらか2回タップ:次の曲にスキップ
  • 左右どちらか3回タップ:前の曲にリバース
  • 左右どちらか長押し:ノイズキャンセリング機能

ボタンを押すと音がして反応し動作確認ができます。ただ、物理ボタンなので耳に装着したり位置を調整しようとイヤホンに触れるとボタンを誤動作させることがあるので注意です。

なお、自動停止機能にもしっかり対応し全体の操作性はStudio Budsよりも上となっています。

Beats Fit Proのイヤホン装着感

Beats Fit Proは耳にねじ込むタイプのカナル型の完全ワイヤレスイヤホンでイヤホン単体の重量は5.6gとかなり軽量なので付けていることを忘れさせてくれます。

Beats Fit Pro イヤホンのサイズ感
Beats Fit Pro ワイヤレスイヤホン

イヤホンの装着感は個人差ありますが、カナル型で耳への密着度は高めとなっていますが装着感は自然です。圧迫感も少なくイヤホンを付けたままランニングをしても嫌な感じがしません。

ヘッド部分はゴムっぽい柔軟性のある素材を採用したウィングチップ構造を採用していて耳の形にフィットし安定感のある付け心地を実現。ランニングなど運動をしてもイヤホンがズレにくくアクティブに使えます。

Beats Fit Pro イヤホンの形状
耳にはめ込むタイプのイヤホン

なによりも着替えをするときにイヤホンを付けたままでもTシャツを脱ぐことができるのは本当に便利です。AirPods Proだとスティック部分が引っかかって吹き飛んでしまうんですよね…。

AirPods Proはイヤーチップとイヤホン全体で支えていることもあり圧迫感があるのに対して、Beats Fit Proはウィングチップがあるおかげか圧迫感はほとんどありません。

負担が分散しながらイヤホンを支えてるんでしょうね。とても自然な付け心地で長い時間使っても耳への負担は抑えることができてそうです。

ノイズキャンセリング・外音取り込み機能

Beats Fit Proはアクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載しAirPods Proと同じようにiPhoneiPadのコントローラーセンターからノイキャンのオン・オフが可能です。

Beats Fit Proのノイズキャンセリング機能
ノイズキャンセリング機能

Beats Fit Proのノイズキャンセリングの性能は車のエンジン音、ロードノイズはしっかりとかき消してくれるので、そこそこ効きはいいです。

AirPods Proと比べると効きは弱く車の空調の高周波数の「サー」というノイズは残ってる感じ。エンジン音やタイヤのロードノイズなど低周波はしっかり掻き消すことができています。

なので、ノイズキャンセリングの性能はそこそこ効いているので少し騒がしいところで静かな環境が欲しいときに使える性能を持っているといっていいでしょう。

Beats Fit ProはAndroidでも使うことができますが、ノイズキャンセリングもしっかり機能しています。

beatsのアプリをインストールすることでノイズキャンセリングの機能をスマホ上で設定することができます。実際にXperia Pro-Iに接続してアプリをインストールしてみました。

AndroidスマホとBeats Fit Pro
Androidでノイズキャンセリング機能の調整

AirPods ProもAndroidで使えてタッチセンサーでノイズキャンセリングの設定変更ができましたが専用アプリはありません。

そんな中でBeats Fit Proなら専用アプリで視覚的に設定を変更できるのは分かりやすく現在の設定をしっかり確認することができます。

Apple製品なのにAndroidにしっかり対応してきたのはbeatsブランドならではといったところでしょうか。

なお、ノイズキャンセリングと外音取り込み機能を使うとバッテリーライフが悪くなります。

  • OFF:最⼤7時間(ケース併用で?時間)
  • ON:最⼤6時間(ケース併用で24時間)

ノイズキャンセリング機能をOFFのときにケース併用の最大時間は不明ですが、ONにした状態でも最大24時間使えるので実質2〜3日は充電せずに使うことができそうです。

ノイズキャンセリングの違い
  Beats Fit Pro AirPods Pro
ノイキャン性能 それなりに効く
車のエンジン音:それなりに消える
ロードノイズ:消える
空調音:高周波なサー音は残る
強力に効く
車のエンジン音:消える
ロードノイズ:消える
空調音:高周波なサー音もそれなりに消える
操作性 AndroidでもBeatsアプリで切り替えできる Androidだとアプリから切り替えはできない

「探す」に対応している

Beats Fit ProはAppleの「探す」に対応していてApple製品と同じように今ある位置情報を「探す」アプリから割り出すことができます。

サウンド、経路による探索もできるのでイヤホンを失くしてしまったとしてもしっかり探し出すことができるのでモノをなくすことが多い方も安心して使うことができます。

ちなみに、Studio Budsで対応していたGoogle「デバイスを探す」には非対応となっています。Androidをメインで使うならBeats Fit ProよりもStudio Budsがいいのかもしれません。

Beats Fit Proの音質

Beats Fit Pro ドライバー部分
7mmのドライバーを採用している

Beats Fit Proは2枚の振動板を採用した独自のドライバをデュアル・チェンバーのハウジング内に搭載した独自設計のイヤホンとなっています。

Beats Fit Pro スペック
  • ドライバ:デュアル・チェンバー
  • SoC:H1チップ
  • 音声コーデック:AAC/SBC
  • Bluetooth:?
  • マイク:デュアルマイク
  • 6時間(ケース込みで24時間)

Beats Fit Proの音質は低音から高音までクリアで自然なものとなっておりアタック感が強くてキレのあるものとなっています。

Beats Studio Budsは中音域がスカスカというか物足りなさが合ったのが、Beats Fit Proは全域でしっかりと鳴るようになっていい音で音楽を楽しめるようになりました。

AirPods Proと比べると中音域は弱めで高低音が強くメリハリがあって音質は異なります。楽器の迫力とクリアさはBeats Fit Proの方が上、ボーカル域はAirPods Proの方が上といった感じです。

基本的な音質は同じですが鳴り方が少し違うという捉え方がわかりやすいかもしれません。

なお、Beats Fit ProはAirPods Proと同じように「アクセシビリティ」の「ヘッドフォン調整」の項目から音質の調整が可能となっています。

ヘッドフォン調整

ただ、Beats Fit ProはOFFの状態でも低音と高音がしっかり鳴ってるので「バランスの取れたトーン」にするとバランスが逆に崩れてしまうので基本的にOFFの状態がおすすめです。

「音声の音域」はボーカル域を強調させることができるのでBeats Fit Proでは意外と使えるかもしれません。

さらに、AirPods ProAirPods(第3世代)と同じH1チップを搭載することで空間オーディオにもしっかり対応し臨場感のあるサウンドを楽しめるようになりました。

空間オーディオに対応した音源の音質はさすがといったところ。細かい音もしっかり捉えることができますし、めちゃくちゃ臨場感のある音楽を楽しめます。

対応してない曲も擬似的に空間オーディオで楽しめますが、少し音が尖った感じになって聞きにくいかもしれません。

Beats Fit Pro
■ 評価:
4
■ 低音:
4
■ 中音:
4
■ 高音:
4
■ 解像感:
4

Beats Fit ProとAirPods Proで音質の違いをまとめました。

Beats Fit ProとAirPods Pro
Beats Fit ProとAirPods Pro
音質の違い
モデル Beats Fit Pro AirPods Pro
音質 基本的な音質はAirPods Proと同じだが低音域と高音域が強くメリハリがある。中音域は控えめ。 中音域重視の音質でフラットでボーカルが力強く全体的に聴きやすい。長時間試聴に向いている。
空間オーディオ 対応曲は素晴らしい仕上がり。非対応曲は高音が少しキツイ感じになる。 対応曲はとても自然な音質で細かい音までしっかり楽しめる。非対応曲も自然に空間が広がって聴きやすい。

動画と音声の遅延はなし

Beats Fit Proは動画と音声の遅延もないので安心してYouTubeの動画や映画なんかも楽しむことができます。

ただ、音ゲーなど遅延にシビアな使い方になるとAirPods Pro・AirPodsと同じように厳しいかもしれません。

IPX4の生活防水に対応

Beats Fit ProはIPX4の生活防水仕様に対応しているので程度濡れても使うことができます。

IPX4
  • 水の飛沫に対して端末を保護
  • 小雨、汗などに耐えることができる

IPX4は生活防水レベルなので思いっきり水に濡らしてしまうと壊れる可能性もありますが、小雨に打たれる、運動に使うイヤホンとして普段使いで十分使えます。

Beats Fit Proの接続方法

Beats Fit ProはBluetooth接続でスマホ、タブレット、パソコンと接続して使うことができます。

充電ケースを開いてイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードになってiPhoneの画面に「接続」と表示されてタップすることで簡単に繋がります。

Beats Fit ProとiPhoneのペアリング
iPhoneとペアリングする

ペアリング画面が表示されない場合は充電ケースの中にあるボタンを長押しすることでペアリングモードに切り替えて接続ができます。

Beats Fit Pro バッテリー残量
バッテリー残量

バッテリーの残量もケースを開くだけでiPhoneにポップアップウィンドウで表示してくれてウィジェットからもバッテリー残量もしっかり確認できるようになっています。

ウィジェットからバッテリー確認
ウィジェットからバッテリー確認

また、マルチポイントにも対応していてiPhoneで音楽を聴いててiPadに切り替えた時に自動的にiPhoneの再生を停止してiPadの音源からシームレスに音楽を楽しめます。

この辺りの接続性能はAirPods Pro、AirPods(第3世代)と全く同じとみていいですね。むしろ、Beats Fit Proの方がAndroidのBeatsアプリがあるので汎用性は高いです。

Beats Fit Pro・AirPods Proを比較

Beats Fit ProとAirPods Proの違いを比較しました。

Beats Fit Pro・AirPods Pro
違いを比較
モデル Beats Fit Pro AirPods Pro
音質 メリハリのある音質で中音域は控えめ 中音域重視のフラットな音質
SiP H1チップ H1チップ
空間オーディオ
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
対応端末 Apple製品
Android
(beatsアプリ対応)
その他
Apple製品Android
その他
デバイス自動切替
防水性能 IPX4 IPX4
バッテリー持ち 6時間
ケース併用24時間
4.5時間
ケース併用24時間
充電ケース USB-C MagSafe、Lightning
メッセージ刻印
価格 28,800円 38,880円

Beats Fit ProはAndroidでしっかりBeatsアプリが使えるがいいです。Appleユーザーでなくてもしっかり機能を最大限楽しむことができますしファームアップデートもできます。

Beats Fit Pro レビュー・評価:まとめ

Beats Fit Pro
Beats Fit Pro

Beats Fit Proはアクティブノイズキャンセリングと空間オーディオに対応したカナル型の完全ワイヤレスイヤホンです。

Beats Fit Proのメリット

Beats Fit Proのメリット
  • デザインがオシャレでいい感じ
  • 装着感が自然で付け心地がいい
  • 本体カラーを4色から選べる
  • ノイズキャンセリングで騒音を消せる
  • 音質が良好で聴きやすい
  • 空間オーディオで臨場感あるサウンドに
  • 価格がAirPods Proより安い

Beats Fit Proはウィングチップを内蔵した安定感のあるワイヤレスイヤホンとなっており、激しく動いてもズレることが少なくトレーニングで使うことができます。

見た目もオシャレでいい感じなのでAirPods Proのデザインが苦手、高くて手が出ないという方はBeats Fit Proはかなりおすすめです。

Beats Fit Proのデメリット

Beats Fit Proのデメリット
  • 充電ケースが少し大きい
  • ワイヤレス充電に対応してない

Beats Fit Proは充電ケースが少しイマイチかもしれないです。

サイズが大きくてワイヤレス充電ができないのでコンパクトに持ち運びをしたいならAirPods ProAirPods(第3世代)を選んだ方がいいかもしれません。

Beats Fit Pro、AirPods Pro どっちがいい?

Beats Fit Proがおすすめな人は

Beats Fit Pro
Beats Fit Pro

Beats Fit Proはイヤホンのデザインが独特でAirPodsにはない魅力があります。AirPodsのデザインがあまり好みでない方はもしかしたらBeats Fit Proが刺さるかもしれません。

中身はほぼほぼAirPods Proですが音質がメリハリのあるサウンドなので軽快に音楽を楽しむことができます。AirPods Proの音質に満足行っていない方は合う可能性はありそうです。

Beats Fit Proは28,800円と安価でノイズキャンセリングと空間オーディオを体感できるので費用をできるだけ抑えたい方にもおすすめです。

また、Androidユーザーも選べるのはいいですよね。

Beats Studio BudsPower BeatsProはこちら

AirPods Proがおすすめな人は

AirPods Pro
AirPods Pro

AirPods Proもまた独特のデザインをしたイヤホンなのでこのスタイルが好きならAirPods Proがおすすめ。もう、見た目が全然違うのでデザインでサクッと決めてもいいですよ。

音質は中音域重視で落ち着いたサウンドで音楽を楽しめます。個人的に空間オーディオを使うならAirPods Proの方が自然で聴きやすいです。

また、AirPods ProはMagSafe充電で充電ができるのでケーブルレスの生活に移行できるメリットもあります。

AirPods Pro・AirPodsはこちら

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならプライム会員になってクレジットカードでAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするとお得です。クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」でチャージ時に0.5%ポイントが貯まります。(2022年12月31日(土)23時59分まで)このポイントは次回の買い物で使えるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券をチャージをしておきましょう!