とにかく軽くて安い気軽に手に入れることができる完全ワイヤレスイヤホンが欲しい…という方はAUKEY EP-T25というワイヤレスイヤホンはどうでしょう。驚きの価格の2,699円で買うことができます。

この価格帯のイヤホンなので音質はそんなもんかレベルですが、充電ケースの大きさがあり得ないくらい小さくて軽く、イヤホン本体の大きさも小さくて軽いので付けているのを忘れるくらい自然な装着感を実現しています。

ここでは、AUKEY EP-T25のデザイン・サイズ・音質についてレビューしております。価格の安い完全ワイヤレスイヤホンを検討している方は参考にしてみてください。

AUKEY EP-T25 レビュー

AUKEY EP-T25の特徴

AUKEY EP-T25
AUKEY EP-T25
AUKEY EP-T25の特徴
  • 超小型充電ケースで持ち運びしやすい
  • 左右合わせて7gの軽量で耳への負担が少ない
  • 片側イヤホンとしての使用も可能
  • タッチセンサー搭載で直感的に操作できる
  • 最大5時間連続使用(ケース込みで25時間)
  • IPX5の防滴性と耐汗性に対応している
  • 充電ポート:USB-C
  • 端末価格:2,699円(Amazon)

EP-T25は充電器やモバイルバッテリーなどで知られるAUKEY(オーキー)が開発したワイヤレスイヤホンとなっています。最近になってワイヤレスイヤホンも手がけるようになったんですかね。

AUKEY EP-T25を手にしてまず驚いたのが充電ケースの小ささと重量です。充電ケースがめちゃくちゃ小さくて軽いのでシャツの胸ポケットに入れておいても目立つことなく持ち歩くことができるほどとなっています。

さらに、このワイヤレスイヤホンの特筆すべきところは価格となっていてUSB-Cの充電ポートを搭載しつつも2,699円というお気軽価格で手に入れることができます。

音質についてですが、この価格帯なので過度な期待はしてはいけないですが、低音〜中音重視のサウンドを楽しむことができます。解像感はイマイチですが価格相応かな。音質にそこまで気にしないのであれば十分楽しめるサウンドかと。

安かろう悪かろうではキツイですが、AUKEY EP-T25はサイズの小ささ、機能、使いやすさにおいても満足いくレベルのコスパのいいイヤホンになっているかなと感じます。

パッケージと付属品

EP-T25はAUKEYの「Nano Series」に属しておりパッケージもナノサイズ。同社のAUKEY EP-N5と比較しても1/2ほどの大きさです。

AUKEY EP-T25のパッケージ
パッケージもとっても小さい(わかりにくい)

モノトーンを基調としたスタイリッシュなパッケージを開けると、コロンとしたフォルムの充電ケースが登場。同梱品は充電ケース・シリコンイヤーチップ(3サイズ)・USB A to Cケーブル・説明書となっています。

AUKEY EP-T25 同梱品一式
AUKEY EP-T25 同梱品一式

充電ケースがUSB-Cに対応しているので付属のケーブルはUSB-A to Cとなっていてケーブルの長さは30cmです。

USB-A to Cケーブルが付属してくる

充電アダプタは付属していないので、手持ちのUSB充電器などを使って充電することになります。USB-C PDによる充電も可能となっているのでAndroidスマホを使っている方スマホの充電器をそのまま使ってもいいかもです。

iPhoneを使っている方はUSB-AのApple 5W充電器を使ってもいいでしょう。

充電ケースのデザインとサイズ

AUKEY EP-T25の充電ケースはとても小さくなっておりコンタクトレンズでも入っているのか?と思わせるほど小さいのが特徴となっています。

AUKEY EP-T25の充電ケース
丸っこいAUKEY EP-T25の充電ケース

充電ケースの大きさは実測で(56 × 37 ×26mm・33g)となっており手の中にすっぽり収まる大きさとなっています。この大きさならポケットに入れておいても異物感を感じずに過ごせそうです。

手のひらにおさまるほど小さい

ほんとに小さい。はじめてこのケースを見た時の第一声が「ちっさ!」でした。それくらいこの大きさには驚いてしまいました。まさか、この価格帯のワイヤレスイヤホンで感動を与えられると思っていなかっただけに油断してました。

こんなにも小さい充電ケースの中に行儀よくおさまっているイヤホン本体をみると、どこか愛おしささえ感じてしまいます。

イヤホン収納状態

上蓋を開けるとピンッという電子音が鳴り側面にある充電インジケーターが点灯しバッテリー残量を確認することができます。(開けっ放しにしておくと、数秒で消灯します)

LEDインズゲーターが搭載されているのでLEDの数でバッテリー残量を確認できるようになっています。

バッテリー残量
  • LED1:30%
  • LED2:30-70%
  • LED3:70%
  • LED4:100%

AUKEY EP-T25はイヤホン単体では5時間のバッテリー駆動時間ですが、ケースと組み合わせると最大24時間ほど使うことが可能となっているので1日中使うことができるようになっています。

AirPods Proの充電ケースと大きさを比較してみましたがAUKEY EP-T25のサイズ感はこれです。めっちゃ小さい。

充電ケースの大きさ比較
AUKEY EP-T25とAirPods Pro

AUKEY EP-T25の充電ケースは樹脂製となっていてサラサラとした手触りとなっていて質感はなかなか良さげな感じとなっています。

AUKEY EP-T25 充電ケースの素材
AUKEY EP-T25の充電ケースの手触り

小さくて軽いケースとなっているのでつるっと滑って飛んでいってしまう可能性もあるかもです。また、使っていくうちにキズはかなり付いてしまうんだろうなぁといった感じとなっています。

イヤホンの装着感について

AUKEY EP-T25はイヤーチップを搭載したカナル型イヤホンです。イヤーチップ内部には赤色のアクセントカラーが施されていて黒ベースのイヤホン本体の差し色となっていておしゃれ感があります。

AUKEY EP-T25 イヤーチップのサイズ
サイズに合ったイヤーチップを選べる

出荷時にはMサイズのイヤーチップが装着されていますが付属品としてSサイズ・Lサイズが備わっているので自分の耳に合ったサイズを選ぶことができます。

左右イヤホンのスティック部分にはタッチセンサーが搭載されており指で触れることで操作ができるようになっています。

AUKEY EP-T25 本体イヤホンのデザイン
AUKEY EP-T25のイヤホン本体
AUKEY EP-T25の操作方法
  • 再生/一時停止:左右いずれかを1回タップする
  • 次の曲にスキップする:右側を2回タップする
  • 前の曲に戻る:左側を2回タップする
  • 通話応答/終了:左右いずれかを2回タップする
  • 着信拒否:左右いずれかを2秒間長押しする
  • 音声アシスタント起動:左右いずれかを3回タップする

充電ケース同様にイヤホン本体も他のイヤホンと比べても小ぶりな感じとなっておりスティック部分の長さも短めで主張しすぎないところが良いです。

AUKEY EP-T25 イヤホンのサイズ感
イヤホン本体のサイズ感

AUKEY EP-T25のイヤホン本体の重量が片側だけで3.5g、左右合わせても7gと軽くなっています。イヤホンの重量が軽いので耳への装着感がとても軽いので耳への負担が少ない感じがします。

耳への負担が少ないだけでなく見た目のコンパクトさは女性がつけても邪魔にならないサイズ感といえます。

ただ、個人的には小さすぎて落としてしまいそうになったり耳につけにくいと感じる場面があったんで使いやすさと小ささは比例しないなといった印象はあります。

AUKEY EP-T25の音質

AUKEY EP-T25のドライバーは6mmサイズのダイナミックドライバーを搭載していて音声コーデックはACC/SBCに対応しaptXには非対応となっています。

6mmのドライバーを搭載している

6mmサイズのドライバーは一般的な大きさではありますが、低音を強調する二重のドライバーユニットを搭載したことにより豊かな低音を再生できるようになっています。

AUKEY EP-T25 スペック
  • ドライバーサイズ:6mm
  • 音声コーデック:AAC/SBC
  • Bluetooth:5.0

音質はこの価格帯を考慮すると十分すぎる音質で音楽を楽しむことができます。低音から中音にかけて豊かな音質になっているので良いいい方をするならば重厚感あるサウンドにはなっています。

ただ、中音から高音にかけての伸び、艶やかさはなく全体的に解像感は物足りない感じがします。少し、音が籠って聞こえる感じでしょうかね。

2,700円くらいのイヤホンであることを考慮すると十分すぎるサウンドとなっているので、音質はそこまで気にしないという方であれば十分満足することができるのかと思います。

動画と音声の遅延についてですが、少しだけあります。音楽のPVくらいなら分からないレベルですが、話主体の動画だと微妙にずれているのがわかります。普段使いではとくに気にならないレベルですが、音ゲーはちょっと無理かな。

通話品質についてですがマイク性能がイマイチのようでこちら側はしっかりと聞こえるのですが、相手側が少し聞きにくいようです。オンライン会議などで使うにはちょっと厳しいような気がします。

AUKEY EP-T25
■ 評価:
3
■ 低音:
3.5
■ 中音:
3
■ 高音:
2.5
■ 解像感:
2.5

IPX5の防滴仕様で濡れても使える

運動中にワイヤレスイヤホンを使用するという方も多いかと思いますが、AUKEY EP-T25はIPX5の防滴仕様となっていて雨に濡れても、汗をかいてもそのまま使い続けることができます。

IPX5
  • あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
  • 小雨、汗などに耐えることができる

通勤中や屋外での使用中に突然の雨に振られても、よほどのことがない限りは使用の継続に問題はありません。家事などの最中に濡れた手でイヤホンを触ることもありますが、特に神経質にならずに使うことができますね。

スマホとの接続方法

AUKEY EP-T25はBluetooth接続でスマホと接続することができます。

充電ケースの蓋を開くと、左右のイヤホンが自動的に電源オンになり、スマホ側ではBluetooth接続先の一覧に「AUKEY EP-T25」が表示されれるので選択すると接続が完了します。

片側のみの使用が可能

右耳のみ、左耳のみといった単独で使うには使う側のイヤホンを充電ケースから取り出すだけで使うことができます。片側イヤホンとしても使用することで外音を遮断したくないシーンでも便利に使うことができるでしょう。

なお、AUKEY EP-T25は自動停止・再生機能には対応していないので耳からイヤホンを取り外しても音楽は流れ続ける仕様となっています。そのままケースにイヤホンを戻すことで音楽を停止することができます。

AUKEY EP-T25 レビュー:まとめ

AUKEY EP-T25のメリット

AUKEY EP-T25の最大のメリットは価格にあります。Amazonで2,699円で買うことができるので、とにかく安い完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという方におすすめの端末となっています。

AUKEY EP-T25のメリット
  • コンパクトな充電ケースで持ち運びに便利
  • 軽いのでずっと付けていられる装着感
  • 価格が2,699円ととにかく安い

音質は価格なりという感じはしますが、安いから使いにくいということは一切なくUSB-Cポートによる充電にも対応していますし、何よりも充電ケースが小さくて軽いので胸ポケットの中に入れて気軽に持ち歩くこともできます。

また、イヤホン本体も小ぶりで軽いのでずっと付けて入れられる装着感となっているのでオンライン会議で使うイヤホンとしてもいいのかもしれません。

AUKEY EP-T25のデメリット

AUKEY EP-T25は格安イヤホンなので音質についてはあまり言及すべきではないかと思いますが、マイク性能があまりよくないのはオンライン会議が全盛の今はちょっとキツイかもしれないですね。

AUKEY EP-T25のデメリット
  • マイク性能があまりよくない

こちら側の声が相手に伝わっていないことがしばしばあるので、オンライン会議での使用は控えたほうがいいでしょう。

AUKEY EP-T25はどちらかというと音楽をいい音で楽しむというよりも、ラジオ、ポッドキャスト、英会話の勉強などで使うイヤホンに向いているような気がします。

イヤホン本体が軽量ですし長時間付けて使うこともできますし、何よりも価格が安いので誰でも勉強用のイヤホンとして手にすることができるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。


Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

上位モデルはノイズキャンセリング機能を搭載しています。

ワイヤレスイヤホンの比較はこちらです。

音質のいいタイプのワイヤレスイヤホンはこちらです。