ドコモのスマホでAQUOS senseシリーズはとても人気のある端末となっていますが、AQUOS sense3(アクオス センス3)は旧型と比較してCPUの性能が向上、メインメモリが3GB → 4GBに増えたことで動作速度が改善したモデルとなっています。

しかも、超広角・標準のデュアルカメラを搭載した全部入りのエントリーモデルとなってもいいかも?

ここでは、AQUOS sense3のデザイン、スペック、カメラの画質、使いやすさについてレビューしています。さらに旧型のAQUOS sense2と同じSnapdragon 630を搭載しているXperia 8の違いも比較しているので参考にしてください。

AQUOS sense 3の特徴

AQUOS sense3
AQUOS sense3

シャープのAQUOS sense3は5.5インチのIGZOディスプレイを搭載し顔認証による画面ロック解除だけでなく画面下には指紋センサーを搭載することで顔と指紋の二つの生体認証機能を使うことができるスマホとなっています。

AQUOS sense3・sense2のスペック比較
  AQUOS sense3 AQUOS sense2
画面 5.5インチ(IGZO液晶)
解像度 2,160 × 1,080ピクセル
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 450
RAM 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
リアカメラ 1200万画素デュアル(標準・広角) 1200万画素シングル
インカメラ 800万画素 800万画素
防水防塵 IP68等級
耐衝撃 MIL-STD-810H準拠 全19項目
外部ポート USB-C
ワイヤレス充電
生体認証 顔認証・指紋認証 指紋認証
バッテリー容量 4,000mAh 2,700mAh
サイズ 147 x 70 x 8.9mm 148 x 71 x 8.4mm
重量 167g 155g

AQUOS sense3はCPUプロセッサがSnapdragon 450 → Snapdragon 630になりメインメモリが3GB → 4GBにスペックアップしただけでなく、バッテリー容量が2,700mAh → 4,000mAhに大幅に増えたのも大きな特徴。

バッテリー容量が増量したことで1週間(1日1時間ほど使った場合で連続使用で1日20時間)の電池持ちを実現したスマホとなっています。

AQUOS sense3の特徴
  • 5.5インチ(2,160 × 1,080ピクセル)IGZO液晶
  • アウトドアビューで日差しがあっても見やすい
  • 広角・標準のデュアルカメラで幅広い写真撮影ができる
  • AIライブストーリーで動画を15秒のショートムービーに自動編集
  • アルミボディで価格の割に高級感のあるスタイル
  • 横幅70mmの扱いやすい本体サイズ
  • 最大1週間の電池持ちを実現(連続使用は20時間)

ドコモのAndroidスマホの中では一番売れているシリーズだけあって使いやすさはなかなかのものになっているのかなぁと思います。(実店舗含めて)

AQUOS sense3
■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
4
■ 処理性能:
3.5
■ カメラ性能:
3
■ 電池の持ち:
5
■ 価格の安さ:
4.5
\AQUOS sense 3をチェックする/
\最大16,000円相当のiDキャッシュバック/
5280

dカードGOLDについて詳しく見る
ahamo + dカードがお得になる理由

AQUOS sense 3はSIMフリー版もあるのでAmazonなどから購入することができます。格安SIMなどでスマホを使うならこちらがいいでしょう。

今回購入したAQUOS sense3はドコモ版のSH-02Mというモデルですが、ドコモ・au・UQ mobileで購入することができます。ソフトバンクでの取り扱いはしていません。

AQUOS sense 3 取り扱い通信会社
  • ドコモ:AQUOS sense 3 SH-02M
  • au:AQUOS sense3 SHV45
  • UQ mobile:AQUOS sense3

AQUOS sense 3の付属品はありません。説明書のみ。このあたりの仕様はさすがキャリア販売って感じでシンプルですね。使わないからいいですがパッケージとかこだわった方がブランド力は上がると思うのですがね。

AQUOS sense3 レビュー

頑丈で持ちやすいデザイン

AQUOS sense3は5.5インチのディスプレイを搭載したスマホでインチ数だけで見るとiPhone 8 Plusと同じですが、画面比率が18:9と少しだけ縦長なので本体横幅は70mmに抑えられて手で持ちやすいサイズ感となっています。

AQUOS sense3 正面
AQUOS sense3 正面

筐体の横幅はXperia 8と同じくらいの大きさでしょうか。同価格帯のスマホなのでどっちを選ぶか迷う方も多いかもしれません。

オーソドックスなデザインですが、アルミ筐体を採用していて質感はなかなか良い感じ。

AQUOS sense3 背面パネル
AQUOS sense3 背面パネル

最近のスマホはガラス素材を採用していますが落として割れてしまうことがありますが、AQUOS sense3は割れるというリスクがないので安心して使うことができます。

また、AQUOS sense3は新たにMIL-STD-810H準拠・ 耐衝撃(落下)など全19項目に対応したので、高い耐久性を持ったスマホに進化しています。

音量ボタンとサイドボタン
音量ボタンとサイドボタン

サイドフレーム(背面パネルと一体)はエッジ加工が施されているので、手で握った時のフィット感は良好となっています。

充電ポートと操作ボタン

AQUOS sense3充電ポートはUSB-Cを採用しています。

充電ポートはUSB-Cポート

USBのデータ転送速度はUSB2.0 High Speed(480Mbps)となっています。充電ケーブルと充電アダプタは同梱してないので持っていない場合はUSB-Cの充電アダプタとケーブルを別途購入する必要があります。

本体左上にSIMカードとmicroSDカードを入れることができるスロットを搭載していて手で簡単に開閉ができるようになっています。

microSDカード・nanoSIMのスロット
microSDカード・nanoSIMのスロット

滅多に開けるところではありませんがピンがなくても開閉できるのでいざというときにmicroSDカードを取り出したい時など助かりますよね。

AQUOS sense3は画面下に長細い指紋センサーを搭載しています。

画面下の指紋センサー

指紋を登録することで画面ロック解除を指ですることができます。

また、このボタンはホームボタンとして使うこともできるのでアプリを終了してホーム画面に戻りたいときにも使うことができます。設定からナビゲーションボタンを非表示しても操作できるってことですね。

画面上にはインカメラと受話レシーバーを搭載しています。

インカメラと受話レシーバー

AQUOS sense3はインカメラを使って顔認証もできるようになっていて指紋と顔のデュアル生体認証に対応しているのがスゴイところ。31,680円のスマホが指紋と顔認証に対応してしまうってね。

なお、AQUOS sense3は専用のスピーカーを内蔵しておらず音楽は通知音は受話レシーバーを使って再生する構造になっています。普通のスマホは本体下から音が聞こえてきますが、AQUOS sense3は本体上から聞こえてくるのはちょっと新鮮かも。

ちなみに、auやソフトバンクで販売している上位モデルのAQUOS sense3 Plusは本体下にもスピーカーを搭載することでステレオ再生に対応しています。

AQUOS sense3・sense2 違いを比較

新型のAQUOS sense3と旧型のAQUOS sense2の違いを比較してみました。

AQUOS sense3とsense2
AQUOS sense3とsense2

両機種ともに画面サイズは5.5インチと同じでもデザインもほぼ同じとなっていますが、AQUOS sense3のディスプレイは四隅が丸く加工されたものになっていて可愛らしい雰囲気のあるスタイルに。

筐体の素材はアルミとなっていてAQUOS sense3のブラックカラーはiPhoneでいうスペースグレイっぽい色合いに変更されています。アルミ素材のiPhone 7と雰囲気が近いかも。

AQUOS sense3・sense 2 背面パネル

AQUOS sense3のLTEの通信速度は(150Mbps/50Mbps)→ (350Mbps/75Mbps)に高速化していますが、アンテナが上下に追加されています。

とはいえ、うまくデザインに溶け込んでいるのであまり気にはならないのかな。

AQUOS sense3のサイドボタンの位置は少し上に配置されています。

AQUOS sense3のサイドボタン
AQUOS sense3のサイドボタン

AQUOS sense3のサイド部分のエッジが少しだけ角張ったスタイルになり何気に格好良い感じに仕上がってるんですよね。

本体の厚みが8.4mm → 8.9mmに分厚くなってしまいましたがバッテリー駆動時間は伸びてるからトレードオフです。ともに充電ポートはUSB-Cを搭載していて配置がズレているのが気になります。

USB-Cポートを搭載
USB-Cポートを搭載

本体上部に3.5mmオーディオジャックを搭載しています。

3.5mmオーディオジャックを搭載

有線イヤホンを直で接続して使いたい方も安心して使うことができますね。

\AQUOS sense 3をチェックする/

リアカメラ 画質の違いを比較

AQUOS sense3のリアカメラは1200万画素の広角 + 標準のデュアルカメラを搭載しています。

AQUOS sense3はデュアルカメラ仕様に
AQUOS sense3はデュアルカメラ仕様に
AQUOS sense3 カメラのスペック
  AQUOS sense3 AQUOS sense2
アウトカメラ(標準) 1200万画素・F/2.0
アウトカメラ(広角) 1200万画素・F/2.4
インカメラ 800万画素・F/2.2

広角カメラって表記してますが、画角はおそらくiPhone 11・iPhone 11 Proに搭載されている超広角カメラと同じくらいになっているのかなぁと思います。

AQUOS sense3の標準カメラでMacBook Proを撮影するとこれくらいの画角。

AQUOS sense3 広角カメラの画角
AQUOS sense3 標準カメラの画角

で、広角カメラでMacBook Proを撮影すると全体を撮影することができます。

AQUOS sense3 広角カメラの画角
AQUOS sense3 広角カメラの画角

レンズの歪み補正はしてくれないので歪みがスゴイですが風景を広く撮影するなら特に問題はないのかな。

AQUOS sense3の広角と標準カメラ比較
AQUOS sense3の広角と標準カメラ比較

標準カメラでは収まりきらないような被写体も広角カメラがあればワンタッチで切り返して撮影できるのは本当に便利。31,600円という低価格スマホで超広角カメラ並みの広い視野の写真を撮影できるのはなかなかすごいのかも。

AQUOS sense3とAQUOS sense2の標準カメラで撮り比べをしてみました。

AQUOS sense3・sense2 標準カメラ比較
AQUOS sense3・sense2 標準カメラ比較

なんかね、解像感などはほぼ同じなんですけどAQUOS sense3よりもAQUOS sense2の方が色合いは鮮やかなんですよね。AQUOS sense3は少し黄色っぽい色合いになってしまう。

AQUOS sense3・sense2 標準カメラの色合い
AQUOS sense3・sense2 標準カメラの色合い

AQUOS sense2は大袈裟な色合いなのかな?

と考えるとAQUOS sense3の標準カメラの色合いは自然になったということなのかもしれません。まあ、好みの問題だと思いますが、個人的にはAQUOS sense2の方の色の方が好き。

ただ、この機種にカメラの画質や色合いを求めるのは間違っているのでしょうが、それでも明るいところであればそこそこキレイな写真が撮影できます。

(クリックで拡大)

オートフォーカスをバシッと合わすのが難しいですが、明るいところなら子どもの髪の毛の質感とか高精細に撮影できる。

明るいところなら高精細な写真も

正直なところ、髪の毛の質感だけで比較したらiPhone 11よりも上かもしれない。(あくまで明るいところでの撮影において)

この価格帯のスマホまで夜間撮影に強かった困ってしまいますが、AQUOS sense3のリアカメラはF/2.0の比較的明るめのレンズを搭載しているので暗いところでも普通に撮影はできます。

AQUOS sense3・sense2 夜間撮影比較

ただ、画質は普通ですし、AFが遅くて人物撮影だとピントがなかなか合わずちょっと大変かも。もちろん、ナイトモードといった機能は搭載していません。

暗いところでも写真を撮影したいならPixel 4Pixel 3aを選びましょう。

ちなみに、人物限定で背景をぼかすことができるポートレートモードも搭載しているので雰囲気ある写真に仕上げることも可能となっています。

なお、AQUOS sense3・sense2のカメラはAIカメラとなっていて被写体に最適なモードに自動的に切り替えて撮影してくれます。さらにプラスして以下の6つモードを使って面白い写真の撮影も可能となっています。

AQUOS sense3 カメラモード
カメラモード(おすすめプラス)
  • くっきり
  • ふんわり
  • 逆光
  • 残像
  • 接写
  • モノクロ

ちなみに、これらのモードはAQUOS sense2やAQUOS R3などシャープのスマホには当たり前に搭載されているので目新しい機能ではありません。

試しに、接写モードでiPhone 11 Proのトリプルカメラを撮影してみたらスゴイことになりました。

AQUOS sense3 接写モードで撮影
AQUOS sense3 接写モードで撮影

ここまで普通に接写できるってなかなかですよね。デジタルズームの組み合わせでまだ拡大できる感じでした。ここまでの接写はiPhone 11 ProやPixel 4でも難しいですよね。

また、AQUOS sense3はAIライブストーリーという機能を搭載していて、いくつか撮影した動画をAIが自動的に編集して15秒のショートムービーに仕上げてくれる機能を搭載しています。

これは上位モデルのAQUOS R3に搭載していた目玉機能ですが、スタンダードモデルのAQUOS sense3でも使えるようになりました。もちろん、最新モデルのAQUOS zero2AQUOS R5GもAIライブストーリーを搭載しています。

顔認証と指紋認証のデュアル生体認証に対応

AQUOS sense3は顔認証と指紋認証のデュアル生体認証に対応しているのでマスクをしていてもスムーズに画面ロック解除することができます。この価格帯でデュアル生体認証に対応しているのは珍しいですよね。

顔を登録しておくことで顔をスマホに向けるだけで瞬時に画面ロック解除をしてくれます。

顔認証によるロック解除
顔認証によるロック解除

顔を認証すると自動的にホーム画面が表示されるのでiPhoneのように画面をジェスチャーしなくてOK。サイドボタンを押すだけでホーム画面を表示させることができます。

AQUOS sense3 顔認証機能
AQUOS sense3 顔認証機能

さらに、スマホを持ち上げるだけで画面が表示する機能も搭載しているのでスマホを手に取って顔に向けるだけでホーム画面を表示することができます。

簡易型の顔認証なので暗闇の中では使うことができませんが、AQUOS sense3は画面下に指紋センサーを搭載しているので指を使ってロック解除してホーム画面を表示させることができます。

AQUOS sense3 指紋認証機能
AQUOS sense3 指紋認証機能

もうね、レスポンスが31,600円のスマホとは思えないくらい快適。普段は顔認証を使って、テーブルに置いている時は指紋認証を使うことで最速でホーム画面を表示させることができます。

\AQUOS sense 3をチェックする/

CPU性能・動作速度の違いを比較

AQUOS sense3に搭載しているCPUプロセッサはSnapdragon 630、メインメモリは4GB、ストレージは64GBを搭載しています。

AQUOS sense3・sense2のCPU比較
  AQUOS sense3 AQUOS sense2
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 450
RAM 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB

ついに3万円代のスマホも64GBのストレージ容量がスタンダードとなりました。とりあえず64GBの容量があれば容量不足に悩まされることはグッと減るのかなと思います。

AQUOS sense3とAQUOS sense2のCPUの性能をGeekbench 5で比較してみました。

AQUOS sense3・sense2 Geekbench5 性能
CPU 性能比較
  AQUOS sense3 AQUOS sense2
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 450
RAM 4GB 3GB
シングルコアCPU 178 145
マルチコアCPU 1022 908
GPU 489 257

CPUは15%ほど、GPUは1.8倍ほど性能が向上していました。

あまり変わりがないようにも見えますがメインメモリが3GB → 4GBになったこともあり全体的な動作速度は高速化されています。

AntutuでもCPUの性能を計測してみました。

AQUOS sense3・sense2 Antrutu比較
CPU 性能比較(Antutu)
  AQUOS sense3 AQUOS sense2
CPU Snapdragon 630 Snapdragon 450
RAM 4GB 3GB
トータル 110227 84351
CPU 43723 38237
GPU 17030 9291
MEM 32784 24189
UX 16740 12634

トータルで35%ほど性能が向上していますが、中でもGPUが1.8倍ほど性能が良くなっていて、さらにメモリ周りのスコアも向上しているのが分かりますね。

実際の動作速度を比較してみました。

劇的にAQUOS sense3の動作速度が速いというわけではないですが、AQUOS sense2よりもワンテンポ早く画面が切り替わっていますね。

AQUOS sense2は使っていても動作がちょっと遅いなぁ…と感じることがありましたがAQUOS sense3はそこそこ快適に使うことができるのかなと思います。

なお、Snapdragon 630はソニーモバイルのXperia 8Xperia Aceにも搭載されているプロセッサとなっています。

AQUOS sense3・Xperia 8の違いを比較

Xperia 8は3万円ほどで買うことができるのでAQUOS sense3と同じ価格帯のスタンダードスマホです。ということで、AQUOS sense3とXperia 8の違いも比較してみました。

AQUOS sense3とXperia 8 比較
AQUOS sense3とXperia 8
AQUOS sense3・sense2のスペック比較
  AQUOS sense3 Xperia 8
画面 5.5インチ(IGZO液晶) 6.0インチ(液晶)
解像度 2,160 × 1,080ピクセル 2,520 × 1,080ピクセル
CPU Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
リアカメラ 1200万画素デュアル(標準・広角) 1200万画素デュアル(標準・望遠)
インカメラ 800万画素 800万画素
防水防塵 IP68等級
耐衝撃 MIL-STD-810H準拠 全19項目
外部ポート USB-C
ワイヤレス充電
生体認証 顔認証・指紋認証 指紋認証
バッテリー容量 4,000mAh 2,760mAh
サイズ 147 x 70 x 8.9mm 158 x 69 x 8.1mm
重量 167g 170g
価格 3.1万円〜 3.6万円〜

画面サイズ、デザイン、カメラの画角の違いはありますは基本的な内部スペックは同じとなってます。なお、Xperia 8の後継機種とみてもいいXperia 10 ⅡはトリプルカメラにSnapdragon 665を搭載し2020年5月に発売しています。

外観デザインの違いを比較

AQUOS sense3とXperia 8
AQUOS sense3とXperia 8

AQUOS sense3は一般的な画面比率(18:9)ですが、Xperia 8はシネマワイド(21:9)の縦長画面となっていてマルチウィンドウ機能を使うことができたり一味違ったスマホ体験を得ることができます。

また、AQUOS sense3はオーソドックスなデザイン、Xperia 8はスタイリッシュで可愛らしい雰囲気のあるデザインとなっていますね。

どちらもUSB-Cポートを搭載しています。

USB-Cポートを搭載

スピーカーは両モデルともにモノラルスピーカーとなっておりAQUOS sense3は受話レシーバーを使って音声を再生させているのに対し、Xperia 8はちゃんと専用スピーカーを搭載しているのでモノラルですが自然なサウンドを楽しむことができます。

指紋センサーはAQUOS sense3は画面下、Xperia 8は右サイドの電源ボタンに内蔵しています。

指紋センサーの位置

どちらも普通に使いやすい指紋センサーですが、AQUOS sense3は普通の場所にセンサーがあるので使い勝手はAQUOS sense3の方が上ですね。

AQUOS sense3 指紋認証機能
AQUOS sense3 指紋認証機能

ただ、スタイルとしてはXperia 8の方が好き。

Xperia 8 指紋認証機能
Xperia 8 指紋認証機能

ちなみに、Xperia 8は顔認証は通常機能としては提供されていませんがAndroidの標準機能のSmart Lockの中に顔認証があるので代用することで顔でロック画面解除が可能となっています。

3.5mmオーディオジャックに対応

なお、AQUOS sense3、Xperia 8ともに3.5mmオーディオジャックを搭載しているので有線でヘッドフォンの接続ができるようになっています。

リアカメラの画質の違いを比較

AQUOS sense3・Xperia 8 リアカメラ
AQUOS sense3・Xperia 8 リアカメラ

AQUOS sense3は標準・広角のデュアルカメラ、Xperia 8は標準・望遠のデュアルカメラを搭載しています。

AQUOS sense3 カメラのスペック
  AQUOS sense3 Xperia 8
アウトカメラ(標準) 1200万画素・F/2.0 1220万画素・F/1.8
アウトカメラ(広角) 1200万画素・F/2.4
アウトカメラ(望遠) 800万画素・F/2.4
インカメラ 800万画素・F/2.2 800万画素・F/2.0

AQUOS sense3は広角カメラを搭載し、Xperia 8では撮影できないような視野の広い写真を簡単に撮影することができます。Xperia 8は望遠カメラを搭載してますがAQUOS sense3でもデジタルズームで拡大して撮影できます。

AQUOS sense3・Xperia 8 ズーム時の画質

望遠カメラで撮影できるXperia 8の方が画質はちょっとだけ良いですが、正直なところAQUOS sense3のデジタルズームでも十分かなと。

また、背景をぼかすことができるポートレートモードはXperia 8よりもAQUOS sense3の方が自然に仕上がることが多いので、Xperia 8の望遠カメラの優位性があまりないのが実情なんですよね。

お前は何のためにいるの状態。それならば、広い視野での撮影ができる広角カメラを搭載しているAQUOS sense3の方が使いやすいようにも感じます。

\AQUOS sense 3をチェックする/

動作速度の違いを比較

AQUOS sense3とXperia 8には同じCPUプロセッサを搭載していてSnapdragon 630に4GBのメインメモリを搭載しています。

AQUOS sense3・Xperia 8のCPU比較
  AQUOS sense3 Xperia 8
CPU Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB

実機でAQUOS sense3とXperia 8の動作速度を比較してみました。

動作速度はほぼ同じ。AQUOS sense3の方が少しだけレスポンスが速いような感じがしますが、Xperia 8は縦長画面は解像度が少しだけ高くなっていてCPUに負荷がかかっているのかもしれません。

Snapdragon 630はミドルレンジクラスのCPUプロセッサなので快適な動作はそこまで期待はできないですが、ネットブラウジングをしたりYouTubeを見るくらいであれば十分使えるスペックを持っているので安心して使うことができます。

\最大16,000円相当のiDキャッシュバック/
5280

dカードGOLDについて詳しく見る
ahamo + dカードがお得になる理由

AQUOS sense3・Xperia 8 どっちがいい?

では、AQUOS sense3とXperia 8をどっちを選ぶべきか。

AQUOS sense3 vs Xperia 8
AQUOS sense3 vs Xperia 8

基本的な性能はほぼ同じなので、安く買いたいならAQUOS sense3がおすすめです。

AQUOS sense3 おすすめポイント
  • 顔認証 + 指紋認証のロック解除が使いやすい
  • 広角カメラで視野の広い写真を撮影できる
  • バッテリーの持ちがとても良い
  • 端末価格が3.1万円〜

AQUOS sense3は指紋センサーだけでなく顔認証による画面ロック解除にも対応しているので自宅や職場では顔を使って、マスクをしている時も指紋で快適に画面ロック解除ができるので、いろんなシチュエーションでも使いやすいメリットがあります。

また、大容量バッテリーを搭載しているのでバッテリーの持ちが良いのもAQUOS sense3のいいところです。

\AQUOS sense 3をチェックする/

個人的にはスマホとしての使いやすさはXperia 8よりもAQUOS sense3の方が上です。顔認証が速くて指紋認証も普通に使いやすく普段使いにするならおすすめ。

ただ、端末としてはちょっと面白みに欠けるのでオシャレに使いこなすならXperia 8がいいのかもしれません。

Xperia 8 おすすめポイント
  • デザインが可愛いくてオシャレ
  • 21:9の縦長ディスプレイが使いやすい
  • 端末価格が2.5万円〜

21:9マルチウィンドウ機能を使ってYouTubeを見ながらTwitterがしたいならXperia 8がおすすめです。縦長ディスプレイはとても見易くて使いやすいですよ。

Xperia 10 Ⅱが発売したことでXperia 8は2.5万円ほどに値下げしているので少しでも安くスマホを手に入れたい方にもXperia 8はいいと思います。

\Xperia 8をチェックする/

AQUOS sense3 レビュー・評価:まとめ

AQUOS sense3
AQUOS sense3

AQUOS sense3は5.5インチのディスプレイを搭載したスマホ。いたって普通のスマートフォンですが、約3.1万円で購入できるコストパフォーマンスに優れた機種となっています。

ただ、安いだけではなく使いやすさを追求していて、顔認証と指紋認証の解除ロックのしやすさは顔認証と画面内指紋認証を搭載しているGalaxy S10よりも上と言っていいくらいですよ。(大袈裟な!って思うかもだけど画面内指紋認証は反応がね…)

AQUOS sense3 良いところ
  • IGZO液晶の画質が意外とキレイ
  • 旧モデルよりも動作速度が向上
  • 顔認証 + 指紋認証が使いやすい
  • 広角カメラで視野の広い撮影ができる
  • アルミボディで頑丈(MIL-STD-810H)
  • IP68等級の防水防塵に対応
  • おサイフケータイに対応(Felica)
  • 端末価格が3.1万円と低価格で買える
AQUOS sense3 惜しいところ
  • カメラの使いやすさは価格相応
  • オーソドックスなデザイン

オーソドックスなデザインとはいえ本体カラーは4色(ライトカッパー、ブラック、シルバーホワイト、ディープピンク)から選ぶことができます。

AQUOS sense3 本体カラー
AQUOS sense3 本体カラー

明るいカラーもあるので意外といいかもしれませんよ?

■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3.5
■ 持ちやすさ:
4
■ 処理性能:
3.5
■ カメラ性能:
3.5
■ 電池の持ち:
5
■ 価格の安さ:
4.5
\AQUOS sense 3をチェックする/

なお、ドコモならdカード GOLDを組み合わせることで通信費用の10%ポイントバックを受けることができるのでお得ですよ。

\最大16,000円相当のiDキャッシュバック/
5280

dカードGOLDについて詳しく見る
ahamo + dカードがお得になる理由

AQUOS sense3の後継機種となるAQUOS sense4AQUOS sense5Gはこちらです。

上位モデルのAQUOS R3AQUOS zero2のレビューはこちらをどうぞ!

5GスマホのAQUOS R5GGalaxy S20P40 Proはこちらです。

ドコモのおすすめスマホはこちらです。

買って良かったスマホについて書いた記事はこちらです。

スマホ料金についてはこちら。

https://www.sin-space.com/entry/softbank-price-plan