Apple Watch Ultraは49mmのチタニウムケースを採用したアウトドアを想定した、従来のApple Watchとは一味違ってとにかくカッコいい!

ゴツくて、デカい、Apple Watch Ultraは今までのApple Watchとは雰囲気が違うだけでなく画面が大きく視認性が向上し電池が2倍も長く持つように進化しています。

この記事では、Apple Watch Ultraのデザイン・サイズ・性能・動作速度・カメラをレビューしています。実際に使ったメリット、デメリット、さらに通常の45mmケースとの比較もしています。

新しいApple Watch Ultraを検討してる方は参考にどうぞ!

Apple Watch Ultraのメリット
  • 見た目がゴツくてカッコいい
  • マットなチタニウムがカッコいい
  • 画面が大きくて視認性が良い
  • 2周波GPSで位置情報が正確に
  • 電池持ちが2倍向上(実測 44時間)
  • 水深40mまでダイビングで使える
  • スキー、スノボーのお供にいいかも
  • アウトドア用途に最高のウォッチ
Apple Watch Ultraのデメリット
  • ケースサイズが大きい
  • 手首15cm以下の方は大きすぎるかも
  • 部屋で使うとそこらじゅうにぶつかる
  • 普段使いにはケースサイズは大きすぎる
  • 充電速度は通常モデルよりも遅い

Apple Watch Ultraは124,800円からでApple公式ストア、Amazon公式ストアから購入できます。

Apple Watch Ultra、ゴツくてカッコいい

Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra

Apple Watch Ultraは49mmサイズのチタニウムケースを採用しDigital Crownが竜頭ガードに守られてより強固なデザインでとにかくゴツいです。カッコいい。

出来ることはApple Watch 8と同じで心拍数、心電図、血中酸素濃度、皮膚温計測もできます。

アウトドアに特化していて水深計、水温計を搭載し40mのダイビングにも使えたり、L1 + L5の2周波GPSに対応し正確な位置情報も取得可能です。

従来のApple Watchで位置情報で困ったことはないですが、山や海など過酷な環境で高精度な位置情報を取得可能でアウトドアな人にとっては最高のApple Watch Ultraとなりそうです。

Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra

では、インドアな方がApple Watch Ultraはどうなのか?

Apple Watch Ultraはフラットディスプレイを搭載しケースがゴツくなったことで従来のApple Watchから大きく見た目が変わりました。

Apple Watch Ultra と Edition
Apple Watch Ultra と Edition

Digital Crownを守る竜頭ガードにより露骨なワイルドなデザインになって、今までとは違った雰囲気となって新しいファッションアイテムとして取り入れるのもアリではないでしょうか。

また、電池持ちも実測で44時間ほど持ったので旅行など充電環境が怪しい時もしっかり使える安心できるApple Watch Ultraとなっています。

Apple Watch Ultraの特徴
  • サイズ:49mm チタニウムケース
  • フラットサファイア前面パネル
  • LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
  • 解像度:410 × 502ピクセル、輝度:2,000ニト
  • SiP:S8 + W3 + U1(超広帯域)、32GB
  • ボタン:Digital Crown、アクションボタン
  • センサー:血中酸素、電気心拍、第3世代光学式心拍、皮膚温、高重力加速度センサー、コンパス、高度計、水温計
  • GPS:高精度2周波GPS(L1 + L5)
  • 防水性能:WR100(水深100m)
  • 防塵性能:IP6X、MIL-STD 810H準拠
  • スピーカー:デュアル
  • 通信:LTE、Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4 / 5GHz)、Bluetooth 5.3、高精度2周波GPS
  • サイズ:49 × 44 × 14.4 mm、61.3 g
  • 端末価格:124,800円〜
  • 発売日:2022年9月23日(金)

YouTubeで開封動画レビューもしています。

\Apple Watchをキャリアで/

Apple Watch Ultra レビュー

では、Apple Watch Ultraをレビューしていきます。

新しくなったパッケージと付属品

Apple Watch Ultra パッケージデザイン
新しいパッケージデザイン

Apple Watch Ultraのパッケージは従来モデルの細長い箱ではなく長方形の薄めのものに変更となっていて、丁重に開封すると雪山の写真がお出迎えしてくれます。

Apple Watch Ultra パッケージ
アウトドア仕様

この雪山、いわゆる説明書ですがApple Watch Ultraの説明書もUltraで大きくとても見やすいです。(文字は小さくて見づらいですが。)macOSのYosemite、EL Capitanの山でしょうか?(形、少し違うか…?)

Apple Watch Ultra 説明書もウルトラ
説明書もUltraでした

一通り、使い方は記されてるのではじめてApple Watchを使うよって方も安心して手にすることができます。

なお、Apple Watch UltraのDesigned by Apple in Californiaは位置情報が記載された特別感のあるものとなっています。

位置情報付きのApple in California
Apple in California

この中に充電用の「Apple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル」が入っています。

Apple Watch Ultra 充電パッド
編み込みありの購入充電パッド

通常のケーブルとは異なる編み込みありの丈夫な充電パッドとなっていますので、アウトドアで持ち出す時もあらゆるシーンで助けになることでしょう。

全く新しい力強いケースデザイン

Apple Watch Ultraはフラットディスプレイを採用しDigital Crownがより大きくてサイドボタンが埋め込まれた竜頭ガードに守られた新しいデザインになりました。

Apple Watch Ultraの竜頭ガード
ゴツいデザインを採用

Apple Watchのセルラーモデルは赤色のマーキングが施されたDigital Crownでしたが、Apple Watch Ultraは橙色のオレンジアーミーぽい雰囲気となっています。

ケース左側に音量が40%大きくなったデュアルスピーカーと新しく追加されたアクションボタンを搭載しています。

Apple Watch Ultra アクションボタン

アクションボタンは各アプリを割り当てできてワンボタンで瞬時にアプリの起動ができる便利なボタンです。

Apple Watch Ultraは従来モデルと同じくセラミックとサファイアクリスタル裏蓋を採用しており、ホワイトっぽいグレーにカラーリングされています。

Apple Watch Ultra セラミックとサファイアクリスタル裏蓋
セラミックとサファイアクリスタル裏蓋

裏蓋に第3世代の光学式心拍センサー、電気心拍センサー、血中酸素ウェルネスセンサー、皮膚温センサーを内蔵し日々の体調管理を自動的に管理し続けてくれます。

Apple Watch Ultraの裏蓋はビス留めされてますね。修理も考慮した構造になっているのかもしれません。

文字盤は専用のウェイファインダーを搭載

Apple Watch Ultraの文字盤は専用のウェイファインダーが使えます。

Apple Watch Ultra ウェイファインダー
ウェイファインダー

画面サイズの大きさを活かした文字盤でとにかく情報量が多く、日時だけでなコンパス、位置情報、UV情報などを一度に確認できるまさにアウトドア向けの文字盤となっています。

ウェイファインダーはDigital Crownを回すと画面を赤一色にして暗い環境下においても自然な夜間視力を維持できるナイトモードに切り替えも可能です。

ウェイファインダー ナイトモード
ナイトモード

めちゃくちゃカッコいいです。夜になったらついつい赤くしたくる。ウェイファインダーはApple Watch Ultraでしか使えない文字盤なのでこれを目当てで買うのもいいかもしれません。

Apple Watch Ultra + グリーンアルパインループ

今回、Apple Watch Ultraのバンドはグリーンアルパインループを購入しました。G字フックがあるのでしっかり手首に固定できてアウトドアで端末が外れる事故を防いでくれます。

G字フックで
バンドを固定する

ナチュラルチタニウムのマットな質感のApple Watch Ultraとアーミーカラーともいえるグリーンと相まってApple Watch Ultraが勇ましく見えます。

Apple Watch UltraのDigital Crown側のデザイン
Apple Watch Ultra 右側のデザイン

Digital Crownとアクションボタンのオレンジ色との相性もいいですよね。今までのApple Watchにはなかった配色でゴツいですがカッコいいです。

Apple Watch Ultraのアクションボタン
Apple Watch Ultra 左側のデザイン

Apple Watch Ultraのケースサイズは49mmとかなり大きいので細身の方だと手首と端末の間に隙間が出てしまいます。僕は手首周り15.5cmでこれがギリギリではないでしょうか。

手首周り15.5cmです

手首周り15cm以下になるとApple Watch Ultraをきちんと装着できない可能性も出てくるので実機で試してから購入するがおすすめです。

男性で手首周りが16cm以上なら装着は問題ないはずなので見た目がゴツいApple Watch Ultraに惚れ込んだならすぐに購入して問題ありません。

バンドの互換性について

Apple Watch Ultraは49mmですが金具取り付けの幅は45mm、44mmと互換性があります。

Apple Watch Ultra スポーツバンド
Apple Watch Ultra + スポーツバンド

Apple Watch Edition(チタニウム)の45mmのスポーツバンドもしっかり取り付け可能で、45mm、44mmのバンドを所持してる方は資産を無駄にすることはありません。

なお、Apple Watch Ultraは専用のスポーツバンドは付属してきません。残念。

アクションボタンでアプリを瞬時に起動

Apple Watch Ultraのアクションボタンは各アプリを瞬時に起動できるボタンで割り当てが可能となっています。

割り当てできるのは、「ワークアウト」「ストップウォッチ」「ウェイポイント」「ガックトレース」「ダイブ」「フラッシュライト」「ショートカット」です。

仮に「ワークアウト」を割り当てしてアクションボタンをクリックすると…

一発で「アークアウト」のアプリを起動できます。

Apple Watch Ultra ワークアウト

ただし、起動してからどのワークアウトにするかもう一回タップしないといけないのでワークアウトをするならら自動起動を待ったほうがスマートかもしれません。

個人的におすすめなのは「ストップウォッチ」です。

アクションボタンを押すだけでサッとストップウォッチで時間計測ができるので運動する時に時間を計測できて、アクションボタンでラップ記録、Digital Crownの両押しで停止と感覚的に使えます。

他にも「ショートカット」も使えます。

スマートホームに対応している家電で「電気を消す」や「エアコンをON・OFFする」のショートを作成してアクションボタンワンクリックで実行もできるのでかなり便利に使いこなせるでしょう。

49mm・45mmのケース比較

Apple Watch Ultraのケースサイズは49mmと大きいですが、通常モデルの45mmケースと大きさがどれくらい異なるのかApple Watch Edition(チタニウム)と比較していました。

Apple Watch 49mm・45mm 比較
49mm・45mm

Apple Watch Ultraはフラットディスプレイ、Apple Watchはラウンドフォルムディスプレイを採用しています。

解像度は49mmが 410 × 502ピクセル、45mmが 396 × 484ピクセルとApple Watch Ultraの方が上ですが、ホーム画面の表示領域はほぼ同じとなっています。

49mm・45mm

ただ、物理的にApple Watch Ultraは画面が大きくソフトウェアキーボードなど使うシーンは操作しやすくアウトドアで使わないにしても、操作性を良くしたいならApple Watch Ultraを選ぶ価値はありそうです。

Apple Watch Ultra キーボード比較
49mm・45mm

ケースサイズがApple Watch Ultraが 49 × 44 × 14.4 mm、Apple Watch(45mm)が 45 × 38 × 10.7 mmで、厚みが 10.7 mm → 14.4 mmと3.7 mmも分厚くなります。

Apple Watch Ultraはキーボード操作がしやすい
キーボード入力

Apple Watch Ultraはケース左側にアクションボタンを搭載しています。

Apple Watch UltraとApple Watch ケースの厚み
Apple Watch Ultraは分厚い

さらに、デュアルスピーカーになって音量が40%大きくなっています。

ほんとにビックリするくらい音が大きくなってるので山など誰もいないところで助けを求める時に役立ちそう。そのシチュエーションなかなか訪れなさそうですが山でキャンプする方も増えてるのであると便利そうですよね。

フラットディスプレイを搭載

Apple Watch Ultraはフラットディスプレイを搭載し見た目が通常モデルから大きく変わりました。

Apple Watch Ultra・Edition サイド部分比較
アクションボタン

ラウンドフォルムからフラットになったことで、何かにぶつけて画面が割れるリスクを低減してるのでしょう。前面パネルはサファイアガラスを採用しているので傷にも強く耐久性の高くてアウトドアにはピッタリなスタイルです。

Apple Watch UltraとApple Watch Edition
Apple Watch Ultraはフラットディスプレイに

ただし、ディスプレイ周囲のチタニウムの形状が鋭利なので使い込んでいくとボコボコになる可能性があります。

チタニウムなので大きく凹むことはなさそうですが、細かいキズは付きやすくキズも味だと感じられる強固な精神の持ち主になる必要がありそうです。

2,000ニトの明るいディスプレイに対応

Apple Watch UltraのディスプレイはLTPO有機ELを搭載し最大輝度2,000ニトの明るいディスプレイを搭載しています。

Apple Watch Ultra 有機ELディスプレイ
明るい有機ELディスプレイ

通常モデルは1,000ニトでこれでも太陽下で画面が見にくいことはないですが、Apple Watch Ultraの2,000ニトは雪山などより明るいシーンにおいてもしっかり視認性を確保できそうです。

山登りまで行かないにしてもスキー、スノボーのお供にApple Watch Ultraは最強のウォッチになるかも?

常時表示ディスプレイに対応

さらに、常時表示ディスプレイに対応しています。

Apple Watch Ultra 常時表示ディスプレイ
常時表示ディスプレイ

操作していない時は画面を暗くしてリフレッシュレートを1Hzに下げて電池持ちを考慮してくれる賢いやつです。

常時表示でいつでも情報確認
いつでも情報を確認できる

手首を捻ることなく時間、通知などをいつでもサッと確認できるのでのiPhone 14 Proの常時表示ディスプレイよりも利便性を感じることができます。

2周波GPSで位置情報がより正確に

Apple Watch UltraはL1だけでなくL5のGPSに対応した2周波GPSを搭載しています。

Apple Watch Ultra 位置情報
Ultraは位置情報が正確

通常モデルのGPSで不満を感じたことはないですが、Apple Watch Ultraの方が位置情報の取得時間が速かったり、位置情報がわずかに正確なことが多いです。

街中で困ることは少ないですが道案内でより正確な位置情報をリアルタイムで受け取れるので知らない土地に行った時にもより利便性が向上するかもしれませんね。

電池持ちが大きく向上した

Apple Watch Ultraは36時間のバッテリー持ちを持っており通常モデルの18時間よりも2倍も長く充電なしで使えます。

実際にどれくらい電池が持つのかApple Watch UltraとApple Watch Editionで比較してみました。

Ultra:24時間経過
Edition 45mm:24時間経過

24時間経過でApple Watch Ultraが47%、Apple Watch Edition(寿命95%)が16%と大きな差に。最終的にApple Watch Ultraは44時間で1%、Apple Watch Editionは27時間で1%になりました。

Apple Watch Ultra 電池持ち
2日は充電しなくて使える

通常モデルは1日1回はどこかのタイミングで30分〜1時間ほど充電しないと使い続けることができなかったのが、Apple Watch Ultraなら2日1回の充電で使えます。

また、旅行で充電環境が少ないシーンにおいても使えるのでアウトドアだけでなく普段使いにおいても利便性は向上します。

充電速度は少し遅い

Apple Watch UltraはApple 20W USB-C充電アダプタと同梱のApple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブルで高速充電ができます。

Apple Watch Ultraを充電する
高速充電に対応

バッテリー容量が増えた影響か通常モデルよりも充電速度が遅めです。

充電速度
充電時間 Apple Watch Ultra Apple Watch Edition
ケースサイズ 49mm 45mm
公式 36時間
(LTE 18時間)
18時間
30分 0 → 32%:32%増 0 → 49%:49%増
60分 32 → 57%:25%増 49 → 78%:29%増
80分 78 → 100%:22%増
90分 57 → 80%:23%増
120分 80 → 100%:20%増

45mmケースのApple Watch Editionは80分で、Apple Watch Ultraは120分でフル充電ができました。

電池持ちが2倍になったことを考慮すると充電時間の延長は仕方ないところですが、+40分の充電時間でより長く使えます。

Apple Watch Ultraで出来ること

水深40mまでダイビングで使える

Apple Watch UltraはWR100(水深100m)の耐水性能を持っていて負荷のかかるダイビング用途において水深40mまで耐えられる性能を持っています。

Apple Watch Ultra 海やプールでも使える
海やプールでも使える

ダイビングをしないにせよ海やプールでも使えますし、サーフィンをする方(僕も20代の頃はやってたんですよ…!)にApple Watch Ultraは最高の端末になりそうです。

実は過去にサーフィンをやっていて大きな離岸流に流されて死を覚悟したことも。

Apple Watch Ultraでセルラー契約をしていればもし沖合いに流されたとしてもSOSを出せるのでいざという時のために使うのもいいかもしれません。

なお、Apple Watch Ultraは水深計・水温計を内蔵しているので水の中に端末を付けると状況をリアルタイムで確認できます。

Apple Watch Ultraの水深計と水温計
水深計と水温計

お茶のボトルに入れたスレスレの水は水深30cm、水温23°でした。ダイビングをしないのでこういう遊び方でしかApple Watch Ultraを活かせないのは残念なところ。

ただ、プール行ったときに水温を確認して寒いかどうかを視覚的に確かめることはできます。(感覚でいい)

水深計、水温計はApple Watch Ultraの独自機能となっていますが、以下の多くの機能は通常のApple Watch 7、Apple Watch 8でも使える機能となっています。

ワークアウトの記録

運動をするときにApple Watch Ultraがあればワークアウトの記録が可能です。

Apple Watch Ultra ワークアウト
ワークアウト

屋外・室内ウォーキング、ランニング、サイクリング、インドアバイク、プールスイミング、ハイキング、エリプティカル、ヨガ、太極拳…など。いろんなモードがあります。

音楽プレイヤーの操作

Apple Watch Ultraは音楽プレーヤーの操作も可能でApple Music、YouTube Music、Spotifyなどを手元で操ることができます。

Apple Watch Ultra 音楽操作
音楽の操作

ストレージ容量が32GBあるので楽曲をダウンロードして通信環境のないところでもAirPods Pro・AirPods経由で音楽を楽しむことができます。

メッセージの返信をサクッと

iPhoneに受信したメッセージをApple Watch Ultraからサクッと返信できます。

Apple Watch Ultra メッセージ送信
メッセージの返信

定形分が既に用意されてるので返事するだけならワンタップで、音声入力、ソフトウェアキーボードを使ってしっかり返信するのもOKです。

iPhoneのカメラの操作

さらに、Apple Watch UltraがあればペアリングしてるiPhoneのカメラのシャッターボタンを手元で切ることもできます。

Apple Watch Ultra カメラの操作
カメラを操作

細かい設定も可能で前面カメラ、背面カメラの切り替えやフラッシュ、Live Photos、HDRのオンオフも可能となっています。

iPhoneを離れたところに置いて撮影できるので集合写真に使えるのは便利ですね。

心拍数・血中酸素濃度の計測

Apple Watch Ultraは光学式心拍センサーを内蔵しており心拍数をリアルタイムに計測可能です。

Apple Watch Ultra 心拍数計測
心拍数計測

アプリを起動してしっかり計測もできますし、定期的に自動で心拍数を計測してくれてヘルスケアアプリで1日の心拍数の確認ができて、異常に心拍が上がった時の通知機能も使えます。

また、Apple Watch Ultraは血中酸素濃度の計測もできます。

Apple Watch Ultra 血中酸素濃度
血中酸素濃度

血液の中の酸素濃度を計測して疲れ具合や体調を確かめることができます。あくまで目安ですがちょっと疲れた時に確認して休憩をするか決めてもいいかもしれません。

心電図の測定

Apple Watch Ultraは心電図の測定も可能となっていて、Digital Crownに指を30秒間当て続けることで異常がないか確認できます。

Apple Watch Ultra 心電図
心電図測定

不整脈の一種となる心房細動の兆候を確認できます。

この情報はPDF形式にしてダウンロードもできるの何かあった時の重要な情報として扱うこともできます。詳しくはAppleのサポートページに記載されています。

睡眠ステージと皮膚温計測

他にもApple Watch Ultraは睡眠の質や手首の皮膚温度を毎日記録ができます。こちらは詳細データですがグラフで表示することもできます。

約5日間、4時間以上の睡眠集中モードを設定することで就寝時に手首の皮膚温の基準値が判定されて記録できます。また、女性の方で周期記録を取ってる場合に周期予測の精度も向上に役立ちます。

ただし、Apple Watch Ultraはケースがゴツいので睡眠時に使用するのは少し大きく違和感あるかもしれません。慣れれば問題はないですが、可能ならApple Watch 8を睡眠用にするのがおすすめです。

Apple Watch Ultra レビュー:まとめ

Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra

Apple Watch Ultraのメリット

Apple Watch Ultraのメリット
  • 見た目がゴツくてカッコいい
  • マットなチタニウムがカッコいい
  • 画面が大きくて視認性が良い
  • 2周波GPSで位置情報が正確に
  • 電池持ちが2倍向上(実測 44時間)
  • 水深40mまでダイビングで使える
  • スキー、スノボーのお供にいいかも
  • アウトドア用途に最高のウォッチ

Apple Watch Ultraはアウトドアなことを想定したApple Watchなので見た目がゴツくてカッコいいです。

ナチュラルチタニウムケースの質感も高くて今までのApple Watchとは異なるデザインなのでインドア派だけど見た目だけで選んでもいいですよね。

また、画面が大きいので単純に見やすいので視認性を重視したい、アウトドアで使いたいならApple Watch Ultraは最高の端末になりそうです。

Apple Watch Ultraのデメリット

Apple Watch Ultraのデメリット
  • ケースサイズが大きい
  • 手首15cm以下の方は大きすぎるかも
  • 部屋で使うとそこらじゅうにぶつかる
  • 普段使いにはケースサイズは大きすぎる
  • 充電速度は通常モデルよりも遅い

見た目がゴツいだけでなく物理的にケースサイズが大きいので細身の方は合わない可能性はあります。実機を装着してから購入するのがおすすめです。

また、部屋で普段使いしてるとゴツいのでテーブルや壁にボンぼぶつけるので注意したほうがいいかも。あくまでお出かけ用のApple Watchとして割り切るのがおすすめです。

Apple Watch Ultraがおすすめな人は

Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra おすすめな人は
  • ダイビング、サーフィンをする
  • 登山、キャンプをする
  • スキー、スノボーをする
  • ゴツめの見た目が気に入った
  • 旅行や出張が多い

Apple Watch Ultraはダイビング、サーフィン、登山、キャンプ、スキー、スノボーをする人におすすめです。アウトドア向けなので真っ当な使い方です。

ただ、インドアな方も見た目だけでApple Watch Ultraを選んでもいいと思います。ゴツい見た目がとてもカッコいいですし外に付けてく用のApple Watchとしてはアリです。

また、充電環境が厳しい旅行や出張が多い方もApple Watch Ultraにすることで充電回数を減らすことができますし、移動が多いとどうしても電池減りが早いのでApple Watch Ultraなら安心して使えそうです。

\Apple Watchをキャリアで/

Apple Watch 8について

Apple Watchの比較はこちら

Apple Watch セルラーモデルはこちら