Apple Watch どれがおすすめか比較

スマートウォッチ・Apple Watch 最新モデルはApple Watch 7でSeries 6〜4は販売終了してますが、低価格モデルとしててApple Watch SEApple Watch 3、Apple整備済製品でApple Wacth 6が選べたりします。

Apple Watchは意外とラインナップが多くてどれがいいか迷うところ。

ということで、Apple WatchシリーズのApple Watch SEとApple Watch 7・6・5・4・3のサイズ・スペック・価格の違いを比較しどれがいいか記事にしました。

どのApple Watchにしようか迷っている方は参考にしてみてください。

Apple Watch 7が最新モデル

Apple Watch 7はデザインが4世代ぶりに新しくなった新世代のApple Watchとなっています。ただ、変わったといっても基本スタイルはApple Watch 6〜4と同じです。

ケースサイズが41mmと45mmから選べて僅かですがApple Watch 6・SEよりも筐体が大きくなりました。それ以上に画面の表示領域が拡大されてより見やすい画面に進化しています。

また、常時表示ディスプレイに対応し時計を常時表示し常に確認できて時計としてもしっかり使うことができ、耐久性も向上しアクティブに使いたい方はApple Wath 7がおすすめです。

Apple Watch SEとは

Apple Watch SE
Apple Watch SE

SEはスペシャルエディションという意味があり、iPhoneシリーズにも4.7インチのiPhone SE(第2世代)というモデルが販売されています。

iPhone SE(第2世代)は通常モデルのiPhoneとは異なり旧型の筐体を採用しつつも最新チップを搭載することで体験レベルの高いiPhoneを低価格で買うことができる端末となっています。

Apple Watch SEは筐体こそはApple Watch 6と同じですが一部の機能を省くことで価格を抑えることで幅広いユーザーにApple Watchを気軽に使えるようになっています。仕様はApple Watch 5とほぼ同じと見ていいですね。

Apple Watch 全機種(SE/7/6/5/4/3)比較

スペックの比較

Apple Watch SEとApple Watch 6、Apple Watch 3のスペックを比較しました。

Apple Watch ラインナップ
Apple Watch ラインナップApple Watch ラインナップ
Apple Watchのスペック比較
  Apple Watch
シリーズ 7 6 5 SE 4 3
サイズ 45mm
41mm
44mm
40mm
42mm
38mm
解像度 396 × 484
352 × 430
368 × 448
324 × 394)
312 × 390
272 × 340
ディスプレイ LTPO OLED常時表示 LTPO OLED 感圧タッチ対応OLED
SiP S7(64bit) S6(64bit) S5(64bit) S4(64bit) S3(32bit)
ワイヤレスチップ W3 W2
超広帯域チップ U1
ストレージ 32GB 16GB 8GB
Wi-Fi b/g/n 2.4GHz・5GHz b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0 4.2
耐水性能 WR50(水深50メートルの耐水性能)
防塵性能 IP6X
血中酸素濃度
心拍センサー 第3世代光学式 第2世代光学式 光学式
心電図機能
加速度センサー 最大32G(転倒検出対応) 最大16G
コンパス 電子コンパスを内蔵
騒音モニタリング
Digital Crown 触覚的なクリック感 あり
Apple Pay Felicaに対応
ケース アルミ、ステンレス、チタニウム アルミ、ステンレス、セラミック、チタニウム アルミ アルミ、ステンレス アルミニウム
GPSモデル 48,800円 32,800円 22,800円
GPS + Cellular 60,800円 36,800円

Apple Watch 7は最新にS7チップ、高度な光学式のセンサーを搭載することであらゆる角度から体調の異変を感知することができるヘルスケアウォッチとして使うことができますが、Apple Watch SEは一部の機能を省いて価格を抑えています。

Apple Watch SEはエントリーモデルということもあり、選べるケース素材はアルミニウムのみとなっていて価格が安いのでとりあえずApple Watchを体験してみたいという方にもってこいの時計となっています。

\Apple Watchを安く手にいれる/
\Apple公式サイトで/

筐体のデザイン・サイズを比較

Apple Watch SEApple Watch 6と同じ筐体を採用していて画面サイズは44mmか40mmのどちらかを選ぶことになります。

Apple Watch 44mmと40mmのサイズ差
44mmと40mmのケース

Apple Watch 7は41mm、45mmとなっておりApple Watch 6〜4・SEともにApple Watch 3よりも画面サイズが大きいので視認性は抜群に良いです。

Apple Watch 7とSEのスペック比較
  Apple Watch
シリーズ 7 6 5 SE 4 3
サイズ 45mm
41mm
44mm
40mm
42mm
38mm
解像度 396 × 484
352 × 430
368 × 448
324 × 394)
312 × 390
272 × 340
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ LTPO OLED Retinaディスプレイ OLED Retinaディスプレイ
常時表示 S6よりも70%明るい S5よりも250%明るい 対応

Apple Watch 7、Apple Watch 6、Apple Watch 5はディスプレイの常時表示に対応し画面の常時表示に対応しているので腕を上げたり動かしたりしなくても常にディスプレイに時計が表示されているので、例えばパソコン作業しているときにキー入力をしながら時計や通知確認をすることができます。

Apple Watch SEとApple Watch 3は腕を下ろしているときは画面が消えて省電力モードになってしまうので常に時間を確認することはできません。ここがApple Watch 7〜5とApple Watch SEと3の大きな違いといっていいかもしれないですね。

なお、Apple Watch 7の画面はApple Watch史上最も割れにくい前面クリスタルを採用しています。

Apple Watch 6よりも全面クリスタルを厚くすることで強度と耐久性が向上し割れにくくなっています。アルミケースの画面は従来通りIon-Xガラス、ステンレス、チタンモデルは高級時計にも採用されている傷が付きにくいサファイアガラスを採用しています。

ケースとカラーの違いを比較

Apple Watch 7のケースはアルミニウム、ステンレス、Apple Watch Edition チタニウムの3つから選べるのに対して、Apple Watch SE、Apple Watch 3はアルミニウムケースしか選ぶことができません。

Apple Watch カラーラインナップ
Apple Watch 7・SE・3
Apple Watch 6とSEのケース比較
  Apple Watch
シリーズ 7 6 5 SE 4 3
防水性能 WR50(水深50メートルの耐水性能)
防塵性能 IP6X
アルミニウム スターライト、ミッドナイト、グリーン、ブルー、Product RED シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、Product RED シルバー、スペースグレイ、ゴールド シルバー、スペースグレイ
ステンレススチール シルバー、グラファイト、ゴールド シルバー、ブラック、ゴールド シルバー、ブラック、ゴールド
チタニウム シルバー、スペースブラック

ステンレスケース、チタンケースを選ぶならApple Watch 6を選択することになってしまいますが、バンドはApple Watch 3よりも種類、色が豊富なのでApple Watch 6と同じようにバンド選びができるので、ファッションとしても楽しむことができます。

また、iPhoneからの通知を受け取る、フィットネスに使うなど基本的な機能しか必要ないならApple Watch SEがあれば十分なのかもしれません。

\Apple公式サイトでApple Watchを/

SiPのスペックを比較

Apple Watch 7のSiP(システムインパッケージ)はS7チップ + W3ワイヤレスチップ、Apple Watch SEはApple Watch 5と同じとなるS5チップ + W3ワイヤレスチップを搭載しています。

Apple Watch スペックの比較
  Apple Watch
シリーズ 7 6 5 SE 4 3
SiP S7(64bit) S6(64bit) S5(64bit) S4(64bit) S3(32bit)
性能 S5よりも20%処理性能向上 S3よりも2倍処理性能向上
ワイヤレスチップ W3チップ W2チップ
超広帯域チップ U1
ストレージ 32GB 16GB 8GB
Wi-Fi b/g/n 2.4GHz・5GHz b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0 4.2

Apple Watch 3のSiPとなるS3チップは32bitで動作がかなり遅めで時計や基本的な機能を使うのなら使える性能となっています。

Apple Watch 5、SEはS5チップ、Apple Watch 4はS4チップを採用しています。処理速度はこれらの世代はほぼ同じでS3チップよりも2倍性能が向上しています。

Apple Watch 7のS7チップはApple Watch 6のS6チップと性能は変わりないものの電力効率の向上は期待できます。

健康機能の違いを比較

Apple Watch SEは健康機能の一部が省かれていてApple Watch 6で搭載された血中酸素濃度センサーとApple Watch 5で搭載された電気心拍センサーが非搭載となっています。

Apple Watch 健康機能の比較
  Apple Watch
シリーズ 7 6 5 SE 4 3
血中酸素濃度 血中酸素濃度センサー
心拍数機能 第3世代の光学式心拍センサー 第2世代の光学式心拍センサー 光学式心拍センサー
心電図機能 電気心拍センサー
加速度センサー 最大32G(転倒検出対応) 最大16G

とはいえ、光学式心拍センサーはしっかりと搭載し心拍数のリアルタイムトラッキングは可能で通常よりも高い心拍数と低い心拍数を検知するとアラートを表示したり、現在の心拍数を測定することができます。

一般的なスマートウォッチの使い方であればApple Watch SEがあれば十分ですが、酸素濃度の計測をしたり心電図計測をしたいのならApple Watch 7、6を選ぶのが良さそうです。

端末価格の違いを比較

Apple Watch 7は41mmが48,800円〜でバンドの種類によって価格が変わります。Apple Watch SEのGPSモデルは32,800円〜でApple Watch 3とApple Watch 7の間の価格で手にすることができます。

価格の違いを比較
  Apple Watch 7 Apple Watch SE Apple Watch 3
サイズ 45mm 41mm 44mm 40mm 42mm 38mm
GPSモデル 52,800円 48,800円 32,800円 36,800円 26,800円 22,800円
GPS + Cellularモデル 64,800円 60,800円 38,800円 42,800円

Apple Watch 7の48,800円は少し高いかな…と感じるかもしれませんね。一部の機能(心電図、血中酸素濃度、常時表示機能)に必要性を感じないならApple Watch SEを安く手に入れるのはいいのかもしれませんね。

ステンレスやチタニウムが欲しいという方はApple Watch 7を選ぶしか選択肢はないですが、アルミニウムケースで十分、血中酸素濃度センサーなど要らないのならApple Watch SEで十分すごるでしょう。

なお、Apple Watch 6Apple Watch 5Apple Watch 4の販売は終了してますが、Apple公式のApple Watch整備済製品やAmazonで安く買えます。

Apple Watch 6ほどの性能は必要ないけど、安いApple Watchが欲しいという方は旧型モデルはおすすめです。

Apple Watch SE/6/5/4/3の比較:まとめ

Apple Watch SEはApple Watch 6の筐体を採用しつつ、一部機能を省くことで安く手に入れることができるようになった端末となっています。

Apple Watch SEがおすすめな人は

Apple Watch SE
Apple Watch SE

Apple Watch SEはとりあえずApple Watchが欲しい、使ってみたいという方におすすめです。

Apple Watch SE のいいところ
  • デザインはApple Watch 6と同じ
  • S5チップで快適に動作する
  • 心拍数の計測はちゃんとできる
  • 端末価格が29,800円と安い

Apple Watch 5のS5チップを搭載しているので、ストレスのない操作感を実現していて+10,000円を支払ってでもApple Watch 3ではなくApple Watch SEを選んだ方がいいでしょう。

また、多くの人は血中濃度を計測したりする必要性はないでしょうし、必要最低限の機能は使うことができ、Apple Watch 3よりもできることは多くなっています。

Apple Watch SEの惜しいところ
  • ケースがアルミニウムのみ

Apple Watch SEはアルミニウムケースのみしかないので、ステンレスケースなど高級ケースを使いたい方は選択の余地はないですが、豊富なバンドによりスタイルは楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに、Apple Watch Nike SEもあります。

\Apple公式サイトで/

Apple Watch 7がおすすめな人は

Apple Watch
Apple Watch

より広い表示領域に強靭な割れにくい画面、常時表示機能が欲しい、ステンレス、チタニウムなど高級ケースでスタイリッシュに決めたいのならApple Watch 7がおすすめです。

Apple Watch 7のメリット
  • ディスプレイの表示領域が広い
  • 常時表示機能に対応(S6より70%明るい)
  • S7チップでS5より20%ほど性能が向上
  • 血中酸素飽和度の計測ができる
  • 心電図機能の計測ができる
  • 急速充電の速度がさらに速くなった
  • ステンレス、チタニウムのケースがある
  • カラフルなカラーラインナップ

Apple Watch 7は新しいサイズ(45mm・41mm)から選べる新世代モデル。ケースサイズはそのままでベゼルの幅を狭くして大きな画面でApple Watchを手元で快適に使うことができます。

Apple Watch 7のS7チップはS6とほぼ同じ性能でS5チップよりも20%性能が向上しています。

Apple Watch 6との性能差はないので乗り換えるメリットは少ないですが、電力効率向上により実際のバッテリー駆動時間は少しだけ向上しているように感じます。

Apple Watch 7のメリット
  • 性能はseries 6とほぼ同じ
  • 端末価格が少しお高め

Apple Watch 7は性能が6とほぼ同じで乗り換えるメリットは少ないです。

ただ、今使っているApple Watchが40mmで筐体サイズを変えずに大きな画面の41mmに憧れるなら乗り換える意味はあります。

また、Apple Watch 7の価格もSEと比べるとお高めです。

とくにステンレスケース、チタニウムケースを選ぶと10万円近い金額に跳ね上がってしまいます。とはいえ、おしゃれな時計で10万円は高いものではなく以前と違って基本スペックが向上しているので1〜2年で陳腐化することはありません。

Apple Watchを長く使うことを想定するならシリーズ7という選択肢はアリです。

\Apple公式サイトで/

Apple Watch 7はこちらです。

なお、ナイキオリジナルの文字盤を設定できるApple Watch Nikeもあります。

Apple Watch 6がおすすめな人は

Apple Watch 6
Apple Watch 6

Apple Watch 6と7のスペックはほぼ同じなので常時表示機能や血中酸素飽和の計測、心電図計測を使いたいならApple Watch 6を選ぶのがおすすめです。

Apple Watch 6のメリット
  • 常時表示機能に対応している
  • S6チップでS5より20%性能が向上
  • 血中酸素飽和度の計測ができる
  • 心電図の計測ができる
  • 急速充電で素早く充電できる
  • ステンレスのケースがある
  • 整備済み製品で安く買える

S5チップよりも20%性能が向上したS6チップを採用し、体感できるほどの性能差ではないですが電力効率が向上し、実際の電池持ちが良くなってトータルで使いやすくなっています。

また、充電速度がApple Watch 5よりも高速化しているので空き時間にこまめに充電することで電池切れのないApple Watch生活を送れるのも大きなメリットとなっています。

Apple Watch 6のデメリット
  • Apple公式サイトでの販売は終了
  • 端末価格が少しお高め

Apple Watch 6はApple公式サイトでは販売を終了していますがApple整備済製品やAmazonなので安く買えます。Apple Watch 6(整備済製品)とApple Watch 7の価格は以下のとおり。

  Apple Watch 6 整備済製品 Apple Watch 7
アルミ(GPS) 40mm:34,800円 41mm:48,800円
アルミ(GPS) 44mm:37,800円 45mm:52,800円
アルミ(GPS + Cellular) 40mm:44,800円 41mm:60,800円〜
アルミ(GPS + Cellular) 44mm:47,800円〜 45mm:64,800円〜
ステンレス(GPS + Cellular) 40mm:63,800円〜 41mm:82,800円〜
ステンレス(GPS + Cellular) 44mm:67,800円〜 45mm:88,800円〜

以前のApple Watchと異なり基本スペックが向上し1〜2年で陳腐化することはなく3〜4年はちゃんと使えるので旧型となったApple Watch 6を安く手に入れるのもおすすめです。

\Apple Watch 6を安く手にいれる/

Apple Watch 6はこちらです。

Apple Watch 5がおすすめな人は

Apple Watch 5
Apple Watch 5

Apple Watch 5の基本的な性能はApple Watch SEと同じですが、常時表示機能や心電図計測の機能が欲しい方におすすめです。

Apple Watch 5のメリット
  • 基本スペックはSEと同じ
  • 常時表示機能に対応している
  • 心電図の計測ができる
  • ステンレスケースを選べる
  • 整備済製品で安く買える

血中酸素飽和の計測はできないですが常時表示機能や心電図の計測はできるのでApple Watch SEよりも古い世代の端末ですが出来ることは多くなっています。

ステンレスモデルも安く買うことができる場合もあるので少しでも費用を抑えたい方におすすめです。

Apple Watch 5のデメリット
  • 血中酸素飽和の計測ができない
  • 公式サイトでの販売は終了

Apple Watch 5のデメリットは価格を考慮するとちょうどいいスペックと機能となのでとくになないですが血中酸素濃度の計測ができないことくらいでしょうか。

基本スペックはApple Watch SEと同じで価格もほぼ同じなんですよね。Apple Watch 5(整備済製品)とApple Watch SEの価格を比較しました。

Apple Watch 5 整備済製品の価格
  Apple Watch 5 整備済製品 Apple Watch SE
アルミ(GPS) 40mm:30,800円 40mm:32,800円
アルミ(GPS) 44mm:33,800円 44mm:36,800円
アルミ(GPS + Cellular) 40mm:39,800円 40mm:38,800円
アルミ(GPS + Cellular) 44mm:41,800円〜 44mm:42,800円
ステンレス(GPS + Cellular) 40mm:52,800円〜
ステンレス(GPS + Cellular) 44mm:56,800円〜

Apple Watch整備済製品でアルミニウムモデルが30,800円とSEの32,800円よりも2,000円安いです。整備済製品とはいえ常時表示機能が使えるApple Watch 5を選ぶメリットはあります。

\Apple Watch 5を安く手にいれる/

Apple Watch 3がおすすめな人は

Apple Watch 3
Apple Watch 3

Apple Watch 3は22,800円で手に入れることができる2017年9月に発売された低価格なApple Watchとなっています。

Apple Watch 3のメリット
  • 端末価格が安い
  • 基本性能は備わっている

心拍数の計測、ワークアウト機能、水深50mの耐水性能などApple Watchとしての基本性能はあるので普通に時計、通知、歩数、心拍数の計測をするくらいなら問題ありません。

Apple Watch 3のデメリット
  • 動作速度がかなり遅い
  • ストレージ容量が8GBと少ない
  • デザインが少し時代を感じる
  • ケースがアルミニウムのみ

ただし、Apple watch 3のSiPは32bitのS3チップなので動作速度がかなり遅いです。時計や通知を受けるくらいであれば普通に使えますがストレスは感じます。

ストレージ容量も8GBと少ないので音楽をダウンロードすると容量がすぐにいっぱいになってwatchOSのアップデートができないこともあります。

デザインについては時代を感じますがApple Watch 6やSEのデザインよりもApple Watch 3の方が好きという方はApple Watch 3にしてもいいかもです。

\Apple Watch 3を安く手にいれる/
\Apple公式サイトで/

Apple Watch セルラーモデルについてはこちら

新型 Apple Watch 8はこちら

→ Apple Watchの周辺機器・アクセサリーはこちら