Apple Watch 6 レビュー

Apple Watchは毎年新しいモデルが発売となりますが、2020年9月18日に「Apple Watch series 6(アップルウォッチ6)」発売となりました!

Apple Watch 6のデザインは従来のApple Watch 4Apple Watch 5と同じですが、S6チップを搭載し快適に動作するようになっただけでなく、血中酸素濃度が計測できるなどヘルスウォッチとしての機能も充実しています。

ここでは、Apple Watch 6のデザイン、スペック、動作速度、使いやすさをレビューしています。Apple Watch 5からの乗り換えは微妙ですが、Apple Watch 3など旧型からの乗り換えにおすすめなので参考にしてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

Apple Watch 6の特徴

Apple Watch 6のパッケージ
Apple Watch 6のパッケージ
Apple Watch 6の特徴
  • デザインはApple Watch 4/5と同じ
  • S6デュアルコア + W3ワイヤレスチップを搭載
  • 常時画面表示の画面の明るさが2.5倍アップ
  • コンパス内蔵で方向が正確に把握できる
  • Apple Payでキャッシュレス決済ができる
  • 心拍数、血中酸素濃度の計測ができる
  • リアルタイムで高度を計測できる
  • バッテリー持ちが改善した
  • 急速充電に対応し短い時間で充電できる
  • 水深50mに耐えられる防水性能
  • GPS + セルラーモデルはモバイル通信もできる
  • アルミ・ステンレス・チタニウムの3つのケース
  • 新色のブルーとProduct REDが選べる(アルミ)
  • 端末価格:アルミケースは42,800円〜

Apple Watchは2015年4月に初号機が発売されて5年の年月が経過しApple Watch 6で6世代目となっています。

Apple Watch 6の梱包状態
Apple Watch 6の梱包状態

毎年新しいモデルが発売されるたびに内部スペックが刷新されて性能が向上し、遅くて使いにくかった動作速度が改善されていてApple Watch 6はさらにストレースフリーになりました。

Apple Watch 3よりも以前のモデルからの乗り換えするとビックリするくらい動作が良くなりApple Watchの体験が向上しますよ。

Apple Watch 6
Apple Watch 6

Apple Watch 6の新機能としては、常時表示の明るさが2.5倍向上、血中酸素濃度の計測、リアルタイムで高度を計測できる高度計を搭載しています。

絶対に必要な機能というわけでもないので、これらの機能が必要ないなら価格の安いApple Watch SEを選んでもいいのかもしれませんね。

また、Apple Watch 6はApple Watch 4からのデザインが引き続き採用されて、目新しさがありませんが、アルミケースの新色として「ブルー」と「Product RED」が追加されて選択肢の幅が広がったといえるでしょう。

Apple Watch 6の動画レビューです。

\キャリアでApple Watch 6をチェック/

Apple Watch SEとApple Watch 6/3の比較はこちらです。

Apple Watch 6 レビュー

外観デザインは従来と同じ

Apple Watch 6の筐体はApple Watch 4、Apple Watch 5と同じデザインを採用した四角い時計スタイルとなっています。Apple Watchといえばこのデザインが定着した感じがしますよね。

このデザインになって3世代目のApple Watch 6
このデザインになって3世代目

Apple WatchはApple Watch 初代・series 1〜3までが同じデザインを採用、Apple Watch 4で刷新しApple Watch 6まで継承されて、このスタイルになって3年目です。

ケースの右側に搭載されているDigital Crownを回すことでスムーズにアプリをスクロールして操作することができます。Digital Crownを押すことでいつでもホーム画面に戻ることができ、起動したいアプリに切り替えもできます。

Apple Watch 6の操作ボタン
筐体の右サイドに操作ボタン

なお、アルミケースもApple Watch セルラーモデルを選ぶことができ、Digital Crownのデザインが赤縁のあるボタンに変更となります。(ステンレスケースとチタニウムケースはセルラーモデルのみ。)

サイドボタンは電源のON・OFFだけでなくAppスイッチャーを起動して起動中のアプリの切り替えができるようになっています。

筐体の左側にある2つの横穴にスピーカーを搭載しています。

Apple Watch 6のサイドスピーカー
筐体の左サイドに内蔵スピーカー

Apple Watch 6の内蔵スピーカーはApple Watch 3よりも音量が50%大きくなっているので音声アシスタントSiriの声もしっかり聞こえますし、通話の音量も十分に聞き取れるので、ハンズフリーで快適に話をすることができます。

Apple Watch 6の画面は丸みのあるラウンドエッジスタイルのLTPO OLED常時表示Retinaディスプレイを搭載していて、画面サイズは44mmと40mmの2つから選ぶことができます。

Apple Watch 6の画面サイズ
 Apple Watch 6Apple Watch 5Apple Watch 4
画面サイズ44mm・40mm
解像度368×448ピクセル・324×394ピクセル
パネルLTPO OLED Retinaディスプレイ
常時表示対応(最大輝度2.5倍明るく)対応

どちらの画面サイズを選ぶかは完全に好みですが、体格の大きい男性の方は44mmのケースを選んだ方がバランスが取れていいのかも。女性の方は40mmを選んだ方が可愛らしくて良さそうですよね。

ちなみに、僕は体格が小柄な方なので40mmサイズでちょうどいいサイズです。ただ、少しでもApple Watchに画面を大きくしたい・操作性を向上させたいならあえて44mmサイズを選ぶのもいいのかもしれません。

Apple Watch 6のケースはアルミ、ステンレス、チタニウムの3つから選ぶことができます。

Apple Watch 6の種類
ケースApple WatchApple Watch Edition
アルミシルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、Product RED
ステンレスシルバー、ゴールド、グラファイト、スペースブラック(HERMESのみ)
チタニウムシルバー、スペースブラック

ここでレビューしているのはアルミケースの新色・ブルーです。

40mmのケースのApple Watch 6
40mmのケースのApple Watch 6

爽やかでなかなか良い色。このブルー、環境光によって色合いが変化するので面白い。

外など明るいところだと色鮮やかなブルーになるのですが、薄暗いところだとディープブルーになってダークな感じになります。シチュエーションによって顔が変わるのでなかなか面白いですね。

アルミケースはProduct REDも選ぶことができるので、ファッションに合わせて色々と遊ぶことができるので面白いのかもしれません。(ただし、赤色はかなりセンスが必要と思われます。少なくと僕には使いこなせる自信はない。)

Apple Watch 6は従来の心拍センサーに加えて血中酸素濃度を計測できる新しいセンサーが追加されていて、裏蓋にあるセンサーの数が増えています。

Apple Watch 6のセンサー
裏蓋の8つのセンサー

時計でありながら装着する人の健康を観察することができる高機能なスマートウォッチだけあって、なかなかすごいデザインですよね。

S6チップで動作速度が向上

Apple Watch 6の心臓部にあたるSiP(システム・イン・チップ)はiPhone 11iPhone 11 Proに搭載されてるA13 BionicをベースとしたS6チップを搭載しています。

S6チップ
S6チップを搭載している

Apple Watch SEやApple Watch 5に搭載されているS5チップよりもS6チップは動作が20%向上しているので、より快適に動作するようになっています。

…といっても、違いは正直なところわかりません。実際にS6チップのApple Watch 6とS5チップのApple Wacth 5の動作を比較してみましたが、誤差範囲ですね。

少しだけS6チップのApple Watch 6の方が起動や描画速度が速いですが、場合によってはApple Watch 5の方が速いこともあるのでほぼ同じと見ていいでしょう。

Apple Watch series 4のS4チップより性能が大きく向上して、S3チップのApple Watch 3とは明らかに違い動作速度が異なります。

Apple Watch 6は20%性能が向上しているので、動作速度で不満が出ることはないですし、series 3よりも以前の端末からApple Watch 6に乗り換えることでApple Wacthの体験が向上することは間違いないでしょう。

内蔵ストレージは32GBとなっているので音楽データをローカルにダウンロードしてApple Watch単体でも音楽を楽しめるようになっています。

\キャリアでApple Watch 6をチェック/

常時表示の画面が2.5倍明るくなった

Apple Watch 6はApple Watch 5と同じように常時表示機能に対応。しばらく放置しておくと秒針が消えて白い時計盤の場合は色が反転して黒ベースの表示に切り替わります。

Apple Watch 6の常時表示機能
常時表示機能に対応している

常時表示はバッテリー消費が激しくなりますが、このように色を反転させることで少しでも電池減りを抑えるように配慮していて、Apple Watch 6の常時表示は性能が向上していて最大輝度が2.5倍も明るくなっています。

屋外だと違いがよく分かりますが、暗いところではそんなに差はなく少しだけ明るくなった程度に抑えられています。

Apple Watch 5よりも画面が明るくなっているので外での時間の確認はしやすくなっていると感じます。

常時表示はキーボード作業しながら手元に目線を下ろして時間を確認できるので、いちいち腕を手間に向ける必要がなくとても便利な機能です。

常時表示機能の便利さ
作業しながら時間確認ができる

とくに現場で仕事している方で手を動かすことができない場合など目線をApple Watchに向けるだけで時間の確認ができるのでいいと思うんですよね。美容師さんとか、よさそうじゃないですか。

ただ、常時表示の明るさはそのままでいいから電池持ちを優先させて欲しかったな。時間の確認ができればいいので明るさはそんなに求めていないんですよね。

むしろ、暗いところでは明ると目立ってしまうので暗い方が嬉しかったりもします。常時表示の画面の明るさを手動で調整できるようになったらいいですよね。watchOS 8でお願いします。

なお、常時表示機能によるバッテリー消費が気になる方はOFFにしておくのがいいでしょう。

常時表示機能をOFFにする
  • 1.iPhoneのApple Watchアプリを起動
  • 2.「画面表示と明るさ」
  • 3.「常にオン」を「オフ」にする

これで使っていないときは自動的に画面が非表示にすることができます。常時表示によるメリットを感じることができない、電池持ちを重視したいならこの設定にするのがおすすめです。

電池持ちが1日ちょっとしか持たないところギリギリ2日間使うことができたりします。

新センサーで血中酸素濃度を計測できる

Apple Watch 6は新しいセンサーにより手首の血管を照射し、血中の酸素の濃度を計測できる仕組みを搭載。「血中酸素ウェルネスアプリ」を使うことで血中酸素濃度を計測できるようになりました。

Apple Watch 6の血中酸素ウェルネスアプリ
血中酸素ウェルネスアプリ

血中酸素濃度のアプリを起動して腕をテーブルなど安定したところにおいて15秒ほど待つことで血液中の酸素濃度を計測することができます。

Apple Watch 6で血中酸素濃度を計測
血中酸素濃度の計測

ただし、計測がシビアなので少しでも腕を動かすと計測が中断されてしまいますし、センサーの位置によっては何度やってもきちんと計測ができないこともあるので、もし計測がうまくいかない場合はケースの位置調整をしましょう。

93%
血中酸素濃度は93%でした

正常値は95%〜100%なんだそうですが、93%ということはどこか調子が悪いのか…。疲れているのか。

そもそも、素人では血中酸素濃度を計測してどう健康に生かしていいのかさっぱり分からないところですが、95%以下が続くようだと体調に異変を起してる可能性があるようで、休息などを取るなど健康管理の目安に使うことができるのかもしれません。

心拍数はリアルタイムで計測できる

Apple Watch 6はアルタイムで心拍数を計測できるセンサーを搭載しているので、普段の心拍数、ワークアウト中の心拍数を計測して健康状態を把握することができます。

Apple Watch 6の心拍数計測
心拍数の計測ができる

体調が悪いと明らかに心拍数の数値がいつもと違うことがあるので、日々の体調管理の目安としては分かりやすい指標になるでしょう。

なお、血中酸素濃度や心拍数のデータはヘルスケアアプリで過去のデータを細かく確認することができます。

常時計測の高度計を搭載した

Apple Watch 6は常時計測できる高度計を搭載しています。Apple Watch 5にも高度計が搭載されていてコンパスアプリやワークアウト中に確認できる限定的な機能となっていました。

Apple Watch 6のコンパスアプリ
今まではコンパスアプリで高度確認ができた

そんな中でApple Watch 6の高度計は常時計測ができるようになり、コンプリケーションに対応している時計盤であれば高度計を常時表示できるようになりました。

コンプリケーションに対応した高度計
海抜45mのところにいるらしい

僕の部屋は海抜45mなので津波は大丈夫そう。高度計…まあ、そうね。高度測りたいよね?

山を登ることが多いアクティブな方にとっては高度計は面白い機能なのかもしれませんし、現在の海抜を知ることで地震など災害があったときに役に立つ日が来る可能性もあるので、なくて困ることはない機能といえるでしょう。

睡眠トラッキングに対応(watchOS 7)

Apple Watch 6は「睡眠」アプリを使うことで睡眠時のパターンを記録し、どれくらいの時間眠りについているのかを計測できるようになりました。

睡眠モードは就寝前に時間を教えてくれるだけでなく、アラームもセットしてくれるので毎日の習慣に溶け込むことができるアプリです。ベッドに入って眠りにつくことで自動的にApple Watchの画面は真っ暗になり眠りを妨げる光を消すことができます。

もし、少し目覚めて時間を知りたいと思った時は画面を軽くタップすることで時間が表示してくれるようにもなっています。

睡眠モード時の時計表示
睡眠モードを有効にし画面をタップした状態

睡眠モードがONになっている時はiPhoneも連動して「おやすみモード」に切り替わるので、着信や通知で起こされることがなくなります。

この画面が表示されている状態では「閉じる」ボタンを押して画面を上にスワイプしないとホーム画面が表示されないので「少しスマホ弄ろうかな…」という気分にならず、そのまま眠りに落ちることができるので意外といいかもしれないですね。

起床時間になる睡眠アプリでセットした時間になるとApple Watchを通して通知と振動を使って優しく起こしてくれるので、iPhoneのアラームで目覚めるよりも気分良く1日のスタートを切ることができるのがうれしいところ。

なお、睡眠トラッキングはヘルスケアアプリに記録されているので、日々の睡眠の状況を確認することができます。睡眠の記録を見てどうするのか。途中で目覚めたりすることが多いことが分かることで、就寝前の過ごし方を見直したり見たりと日々の改善を試す機会を得ることができるのではないでしょうか。

手洗い時間カウント機能(wacth OS7)

watch OS7の新機能として「手洗い」アプリが搭載されて、手洗い時間をカウントしてくれるようになりました。

手洗いアプリ
手洗いアプリ

「手洗い」アプリ…いる?

…って思ったけど、20秒の手洗いって意外と長いんですよね。感染症対策の一つとして世界の保健機関が20秒以上の手洗いを推奨。それをベースとした機能で改めて手洗いというものを考えさせられる機会となるかも。

そのまま洗って清潔を保てる

Apple Watch 6はISO規格22810:2010にもとづく50メートルの耐水性能を持っているので、プールとか行っても装着したまま泳ぐことができるし、手洗いしたついでにそのまま水洗いして清潔を保つことができます。

Apple Watch 6を水洗い
そのまま水洗いできる

手洗いついでに時計を洗うことはあまりしないかもですが、運動したあとは汗でApple Watchが汚れてしまうので、個人的にもジムで汗を流した後にそのままシャワーを浴びてApple Watchも洗っています。

耐水性能のあるiPhoneでも躊躇してしまいますが、Apple Watchは本当に濡れても壊れることはない(自分が使ってきたシチュエーションでは。)ので、安心して水に濡らして使うことができますよ。

バッテリーの持ちについて

Apple Watch 6は最新のS6チップを搭載し性能が向上し、常時表示が明るくなりましたが、Apple Watch 5と同等レベルかそれ以上の電池持ちを実現しています。

Apple Watch 6のバッテリー持ちを比較
 Apple Watch 6Apple Watch 5Apple Watch 4
常時表示ONON
0分100%100%100%
4時間92%91%85%
5時間83%82%80%
6時間77%78%77%
7時間76%74%72%
12時間54%50%55%
15時間40%35%42%
17時間25%10%35%

Apple Watch 5は常時表示に対応した初めての端末ということもあり、Apple Watch 4よりも電池持ちが少し悪くなることがありましたが、Apple Watch 6は電池持ちが少し改善しています。

バッテリーの持ちはApple Watchの使い方によっては大きく左右されるのであくまで参考値として判断していただきたいですが、移動が多くなると電池減りが激しくなる傾向があります。

Apple Watch 5で常時表示してると1日持たないことがあり、Apple Watchのモバイルバッテリーの必要性は感じていましたが、Apple Watch 6は電池持ちが改善しているので常時表示をONにしてもモバイルバッテリーは必要ないかも。

起きている時間はちゃんと使えるバッテリー性能はあるとみていいでしょう。

電源アダプタは付属していない

Apple Watch 6は電源アダプタが付属しておらず、ワイヤレス充電用のアダプタのみが同梱しています。そのため、従来よりも薄いパッケージとなっています。

Apple Watch 6のパッケージデザイン
Apple Watch 6のパッケージデザイン

付属のワイヤレス充電器はUSB-Aタイプのものとなっているので、USB-Aに対応した5W以上の電源アダプタが必要となります。

USB-Aのワイヤレス充電器
USB-Aのワイヤレス充電器

旧型からの乗り換えなら今までの5Wのアダプタをそのまま使えばいいですし、iPhoneで使っている電源アダプタを併用するのもいいでしょう。

ただ、iPhoneとApple Watchを同時充電するには電源アダプタが足りなくなるので状況に合わせて追加購入することになるかもですね。iPhone、Apple Watch、AirPods Proの3台を同時に充電できる端末を使うのもいいでしょう。

5W充電器で急速充電に対応した

Apple Watch 6は急速充電に対応しました。従来のモデルは80%までの充電に約1.5時間かかっていたのが、Apple Watch 6は30分短縮されて1時間で充電できるようになっています。

Apple Watch 6は急速充電に対応
公称値Apple Watch 6従来のApple Watch
0 → 80%1時間1.5時間
0 → 100%1.5時間2.5時間

これはApple 5W USB電源アダプタとApple Watch磁気充電ケーブルを使って計測したAppleの公式値となっており、どちらも同じ5Wの充電アダプタを使って充電速度が向上しています。

Apple Watch 6を充電する
急速充電に対応した

つまり、Apple Watch 6の充電回路を改良したことで急速充電に対応したということ。実際にApple Watch 6とApple Watch 5で同じ5Wの電源アダプタを使って充電速度を計測してみました。

Apple Watch 6の実際の充電時間
充電時間Apple Watch 6Apple Watch 5
15分0% → 23%0% → 18%
30分0% → 44%0% → 37%
60分44% → 83%37% → 68%
80分83% → 100%
90分68% → 90%
120分90% → 94%
150分94% → 100%

同じ5Wの電源アダプタなのに充電効率が向上して充電速度が速くなったのは素晴らしい。80分でApple Watch 6をフル充電することができました。

また、15分ほどの充電でも20%くらいバッテリーを補給することができるので、充電する時間がない時もで素早く充電することができます。

watchOS 7の睡眠アプリの登場で寝ているときにApple Watchを使うことになり、今までよりもApple Watchを使う機会は多くなります。そんな中で、充電速度が向上したので隙間時間でバッテリーを素早く補給でき、充電する時間に困ることも少なくなるでしょう。

高出力の電源アダプタを使ってもApple Watch側で出力は制御されるので充電速度が速くなることはないと思います。(たぶん。後日実際に検証してみたいと思います。)もし従来の5Wの充電アダプタを持ってるならそのまま使うのもいいと思います。

ちなみに、サードパーティー製のワイヤレス充電器を使うと急速充電はできないようです。試しにBelkin BOOST UPワイヤレス充電器で充電速度を計測してみました。

Apple Watch 6の実際の充電時間
充電時間Apple 5Wで充電Belkin BOOST UPで充電
15分0% → 23%0% → 17%
30分0% → 44%0% → 38%
60分44% → 83%38% → 67%
80分83% → 100%
90分67% → 95%
110分95% → 100%

Apple 5W 電源アダプタで充電すると80分でフル充電できるのに対して、Belkin BOOST UPだと110分ほどの時間が必要でした。とくに1時間で充電できる速度に差が出るので急速充電目的でApple Watch 6を手に入れる方は注意しましょう。

\キャリアでApple Watch 6をチェック/

Apple Watch 6 レビュー:まとめ

Apple Watch 6
Apple Watch 6

Apple Watchは絶対に必要なデバイスではないですが、iPhoneとApple Watchを組み合わせることで、生活の質を高めることができます。

Apple Watchで出来ること
  • 時計として使える
  • 様々なアプリの通知を受ける
  • メッセージの確認・返信ができる
  • 電話をかけて通話ができる
  • 予定の確認ができる
  • 現在地の確認、ナビが使える
  • 高度や方向を知ることができる
  • Apple Pay(キャッシュレス)で支払い
  • 音楽の再生、操作ができる
  • ワークアウトの記録ができる
  • 心拍数や血中酸素濃度(S6のみ)の計測
  • 睡眠トラッキング
  • ファッションとして

時計として使うだけでなく、iPhoneの通知端末としても使うことができApple Payを設定しておくことでキャッシュレス決済もApple Watchだけですることもできる、使い方次第では生活を支えてくれるデバイスとなります。

もちろん、ヘルスケア端末としても優秀なので日々の健康管理の助けにもなってくれるでしょう。

Apple Watch 6のメリット

Apple Watch 6
Apple Watch 6

上記のApple Watchで出来ることは血中酸素濃度の計測以外はApple Watch 5やApple Watch SE、Apple Watch 3でも可能です。そんな中でApple Watch 6を使うメリットはどこにあるのか?

Apple Watch 6の良いところ
  • 新色のブルー、Product REDを選べる
  • 高級なステンレス、チタニウムケースを選べる
  • 常時表示機能が使える(2.5倍明るくなった)
  • 急速充電に対応し充電速度が爆速になった
  • 血中酸素濃度を計測できる

S6チップを搭載したことで性能アップしたこともメリットの一つですが体感での差はほぼないので、S5チップのApple Watch SEやApple Watch 5を選んでも全然いいでしょう。

そんな中で、Apple Watch 6を選ぶメリットは常時表示機能が使えること、急速充電に対応して充電速度が爆速になったところではないでしょうか。

睡眠アプリなど今まで以上にApple Watchを肌身離さず使う機会が増えている中で、充電速度が向上したのでお風呂に入ってる時にサッと30分くらい充電するだけでも50%ほどバッテリー補給ができます。

Apple Watch 6のデメリット

Apple Watch 6
Apple Watch 6

Apple Watch 6のデメリットというか残念なところとして、Apple Watch 5からの進化はあまり感じることができなかったところでしょうか。

Apple Watch 6の惜しいところ
  • series5からの進化はあまりない
  • iPhoneでしか使うことができない

たしかに、急速充電に対応したことで短時間でバッテリー補給できるようになったので睡眠アプリが使いやすいというのは大きなメリットではありますが、睡眠アプリは全ての方が使うわけでもないですし必須アプリではないです。

個人的には寝る時に時計をしてると落ち着かないので寝ている間にApple Watchの充電が完了していれば十分満足です。(ただ、実際に睡眠アプリを使ってみて面白いと感じたのでしばらくはApple Watchを使って睡眠データを計測してみたいなとは思ってる。)

\キャリアでApple Watch 6をチェック/

Apple Watch チタニウムはこちらです。

Apple Watch セルラーモデルはこちら。

最新iPhoneの比較はこちらをどうぞ!