Apple Watch 6 最新情報と噂

Apple WatchはiPhoneと同じタイミングで新型モデルを発売するサイクルを維持していますが、2020年9月に新型のApple Watch 6の発売が期待されます。

Appe Watchは画面の常時表示機能に対応するなど完成度が高まりましたが、バッテリー駆動時間などまだまだ改善すべき点はあります。

では、2020年の新型 Apple Watch 6はどんなスペックになるのか最新情報・噂をまとめました。Apple Watchを買おうかどうか迷っている方は参考にしてください!

2020年新型 Apple Watch 6 最新情報

2020年モデルのApple Watch 6は以下の新機能を搭載すると海外のメディアを中心にリークされています。

Apple Watch 6 新機能・スペック
  • デザインは現行モデルと同じ?
  • 新開発のMicroLEDディスプレイを搭載
  • 指紋認証のTouch IDを搭載する?
  • バッテリー持ちが向上する
  • 5G通信に対応し高速通信が可能に
  • 耐水性能がさらに向上する
  • 画面埋め込み式のTouch IDを搭載
  • SpO2(血中酸素飽和度)で血糖値の測定が可能に?
  • 睡眠トラッキングに対応(watchOS7)

真実性は不明なのであくまで噂程度に収めておくのがいいでしょう。

デザインは現行と同じか?

Apple Watch 6のデザインについての情報はありませんが、おそらく現行のApple Watch 5と同じデザインになるのではないでしょうか。

完全に個人的に思うことなので信憑性もなんもないですが、初代のApple WatchのデザインはApple Watch 3まで3世代同じデザインでした。

この流れからApple Watch 4〜Apple Watch 6は同じスタイルのデザインになるのではないか。

こういう安易な予想でございます。

新開発のMicroLEDディスプレイ

以前からAppleは有機ELディスプレイ(OLED)の次の世代ディスプレイとしてMicroLEDの開発をしていると報じられています。

そして、2020年新型のApple Watch 6のディスプレイに新開発のMicroLEDを搭載する可能性があるようです。

MicroLEDとは、名のとおりLEDを素子に使ったディスプレイです。LEDは自ら発光することができる素子なので有機ELと似たものとなっていますが、さらに省電力に、軽く・薄くすることができるパネルとして期待されています。

Apple Watchは1回の充電で18時間ほどしか駆動できないので基本的に毎日充電する必要があります。

MicroLEDを搭載することでバッテリー駆動時間をどこまで伸ばすことができるか、未知数ですが電池持ちの向上に期待したいところです。

S6チップを搭載

Apple製品のリーク情報に精通しているMing-Chi Kuo氏によればApple Watch 6はパフォーマンスが向上するようです。

Apple Watchがアップデートされるたびにチップも刷新しているので、Apple Watch 6の心臓部にはおそらく「S6チップ」が採用されることになるでしょう。

Apple WatchはCPUプロセッサ、ストレージ、モデムチップなどのパッケージングしたSystem in Package(SiP)を採用しています。

Apple Watch 5に採用されている「S5チップ」のパフォーマンスはApple Watch 4の「S4チップ」と同じです。しかし、コンパスの対応、ストレージ容量が16GB → 32GBに増えたことで名称が「S5」に変更されています。

さすがに2世代続けてパフォーマンスが向上しないことは考えられないのでApple Watch 6の「S6チップ」は性能向上に期待していいでしょう。

バッテリー容量が増えて電池持ち改善

Apple Watch 6のバッテリー容量は従来のモデルよりも増えて電池持ちが改善するかもしれません。海外の認証機関に申請された情報にバッテリー容量が記載されているとのこと。

  • A2306:262.9mAh
  • A2345:265.9mAh
  • A2327:303.8mAh

なぜ、3つのモデルが存在しているのかは謎ですが、Apple Watch 5の40mmケースは234mAh、44mmケースは292mAhなので10〜20mAhほどバッテリー容量が増えているようです。

S6チップはより省電力なチップになる可能性が高いので、Apple Watch 6は大幅にバッテリー持ちがが向上する可能性が高そうです。

指紋認証(Touch ID)に対応?

Apple Watchは腕に装着した時にパスコードを入力してロック解除する必要がありますが、指紋認証センサーを搭載して指の指紋データを使って解除できるようになるかもしれません。

Apple Watchのパスコード入力
Apple Watchのパスコード入力

指紋センサーはデジタルクラウンに内蔵する方式がApple Watch 6に採用されて、Apple Watch 7で画面内指紋認証に対応するとのこと。

Apple Watchは1日のはじめに装着した時しかパスコードの入力が必要ではないので、必須機能ではないですがあると便利なのは間違いなさそうです。

なお、AppleはApple Watchに指紋認証・Touch IDを内蔵する特許を取得していたことが米国特許商標庁(USPTO)が公開した情報から明らかになっています。

特許を取得しているだけなので、Apple Watch 6にTouch IDを搭載するわけではありませんが、開発は行われているようですね。

5G通信の対応?

2020年のiPhone 12シリーズは次世代通信規格・5Gの通信に対応すると見られていますが、2020年のApple Watch 6も同じように5G通信に対応する可能性はあるようです。

Wi-Fiの通信速度の向上は確実視されていますが、5Gの対応については2020年モデルには間に合わないという情報もあるので、ホントに対応するかどうかは怪しいところ。

個人的にもApple Watch 6の5G通信対応は少し速いかな…と思っています。それよりも、既存の4G LTEの通信性能を向上させた方がトータルで見ていいような気がするんですよね。

耐水性能の向上

Apple Watch 5は水深50mの深さにも耐えることができる防水性能を持っていますが、series 2よりその耐水性は変わっていません。

Apple Watchは防水に対応している
Apple Watchは防水に対応している

水深50mの防水性能もあれば十分では?と思ってしまいますがスキューバーダイビング、ウォータースキーといったより負荷のかかるスポーツに使うことができません。

ということで、Apple Watch 6はさらに耐水性能を向上する可能性はあるみたいですね。まあ、恩恵を受けるのはごく一部のユーザー…といったところでしょうか。

健康管理機能の強化

Apple Watchは心拍数や徒歩数を計測することができるので運動の記録をすることができます。Watch OSのバージョンアップに伴って現在はランニング、水泳、ヨガなど様々なワークアウトに対応しています。

2020年モデルの新型Apple Watch 6では、さらに健康管理機能が強化される可能性が高くなっています。

睡眠トラッキングに対応か

2020年秋に配信されるwatch OS 7で睡眠記録機能が新たに搭載されることになります。

睡眠記録機能はOSアップデートで追加されるのでApple Watch 5などの旧型でも使うことができる機能で、睡眠時の心拍数、寝ている時の動きなどを計測し睡眠時の状況を判断することができるようになります。

睡眠トラッキングはApple Watch 5の時点で噂されていました。というのも、Appleは2017年に睡眠計測アプリのBedditを買収していて開発していたのでwatch OS 7でついに追加されることになります。

睡眠トラッキング機能を実現するにはバッテリー駆動時間を現行のモデルよりもさらに向上させる必要がありますが、Apple Watch 6は省電力化に期待したいとこトロですね。

血糖値が計測可能に?

Apple Watchは心拍数だけでなく心電図(ECG)も計測することができるので(日本はいまだに非対応…)本格的に健康管理をするために使うこともできます。

Apple Watch 心拍数
Apple Watch 心拍数計測

そんな中で、Apple Watch 6はSpO2(血中酸素飽和度)による血糖値の計測ができるようになる可能性があるようです。もし、Apple Watchで血糖値が計測できるようになれば、糖尿病患者の方にとっては嬉しい機能となりそう。

血糖値の計測は採血が必要となりますが、血糖値計測に対応したApple Watchなら腕に装着するだけで計測データを取得することができ、検査を容易にしてくれることになるでしょう。

ECG(心電図)の計測は?

ECG(心電図)の計測がApple Watch 4からできるようになっています。病院で電極を付けて検査するアレですね。日本ではいまだに心電図機能を使うことができませんが、Apple Watch 6が出る頃には機能を開放してほしいところ…。

Apple Watchを装着するだけで心電図検診ができるってスゴイですよね。不整脈も検知することができるので体の異変にいち早く気づくことができるので、とても便利な機能です。

こんな便利な機能が日本で使えないとは…。

Apple Watch 6 発売日

Apple Watchは新型iPhoneが発売されると同時に刷新されているので、2020年モデルのApple Watch 6も同時期に発売されることになるでしょう。

Apple Watch 歴代モデルの発売日
  • Apple Watch:2015年4月24日
  • Apple Watch 1・2:2016年9月16日
  • Apple Watch 3:2017年9月22日
  • Apple Watch 4:2018年9月21日
  • Apple Watch 5:2019年9月20日
  • Apple Watch 6:2020年9月18日(?)

iPhone 12/12 Proは例年通りであれば2020年9月に発売されるので、Apple Watch 6も同じ時期の発売となり2020年9月18日(金)あたりが濃厚でしょうかね?

新型 Apple Watch 6 最新情報:まとめ

Apple WatchとiPhone
Apple WatchとiPhone

2020年の新型Apple Watch 6のトピックはS6チップによる性能向上はもちろんですが、MicroLEDディスプレイを搭載して省電力化…といったところでしょうか。

Apple Watch 6 新機能・スペック
  • デザインは現行モデルと同じ?
  • 新開発のMicroLEDディスプレイを搭載
  • 5G通信に対応し高速通信が可能に
  • 耐水性能がさらに向上する
  • 指紋センサーのTouch IDを搭載
  • 血糖値の計測が可能に?
  • 睡眠トラッキングに対応

現行のApple Watch 5はアルミ・ステンレスの他にチタニウム、セラミックのApple Watch Editionが追加されました。

Apple Watch Editionは一時廃止されていたので今後のモデルにあるかどうか不透明ですが、デザインを継続するならチタニウム・セラミックモデルもラインナップされる可能性は高そうですね。

Apple Watch 5のレビューはこちらです。

さあ、2020年のApple Watch 6はどんなモデルに進化するのか、楽しみですね!

最新iPhoneの比較はこちらをどうぞ!