Apple Watch サイズを比較

Apple Watchは多種多様のモデルがあって、現在は、Apple Watch Ultraの49mm、Apple Watch 8の41mm、45mm、Apple Watch SEの40mm、44mmどれを選ぶべきか迷いますよね。

僕はずっと小さい40mmと小さいサイズを使ってきましたが、Apple Watch 7で45mmにしてから大きいモデルの魅力も感じて49mmのApple Watch Ultraに手を出してしまう始末です。

この記事では、Apple Watchのケースサイズの違いで見た目がどう異なるのか、画面の見やすさの違いを比較しています。

41mmと45mm、40mmと44mm、49mmの装着感や見え方も比較しているのでApple Watchを検討しどっちのサイズにするか迷っている方は参考にしてみてください。

Apple Watchのケースサイズ

現在は「Ultra」、「Series 8」、「SE」の3つのモデルが販売されていて、ケースサイズは49mm、45mm、44mm、41mm、40mmの5つあります。

ケースサイズは世代によって異なりますが、Apple Watch Ultraは49mmの一つ、Apple Watch 8Apple Watch 7は41mmと45mmの二つのサイズから選べます。

Apple Watch 41mm・45mm・49mm
41mm・45mm・49mm
Apple Watch 8/7 サイズ比較
Apple Watch 41mm 45mm 49mm
解像度 352 × 430ピクセル 396 × 484ピクセル 410 × 502ピクセル
サイズ 41 × 35 mm 45 × 38 mm 49 × 44 mm
厚み 10.7mm 10.7mm 14.4mm
重量 アルミ:32g
ステン:42.3g
チタン:37g
アルミ:8.8g
ステン:51.5g
チタン:45.1g
チタン:61.3g

Apple Wacth 7はApple Watch 6よりも画面サイズ、ケースサイズが大きいですが、バンドサイズは共通で40mmバンドを41mmに、44mmバンドを45mmのApple Watchで使えます。

Apple Watch SEは40mmと44mmの2つのサイズから選べます。

Apple Watch 40mm・44mm
40mm・44mm
Apple Watch 4〜6、SE サイズ比較
Apple Watch 40mm 44mm
画面解像度 324 × 394ピクセル 368 × 448ピクセル
サイズ 40 × 34mm 44 × 38m
厚み 10.4mm 10.4mm
重量 GPS:30.5g
GPS+Cellular:30.5g
GPS:36.5g
GPS+Cellular:36.5g

41 / 40mmは手首が130mm〜200mmの方にフィットし、45 / 44mmは手首が140-220mmの方にフィットするとApple公式サイトに記載があり多くの方がどのサイズを選んでも問題ないでしょう。

ケースサイズの違いによって画面の大きさが異なり、40 / 41mm → 45 / 44mmと大きいケースはディスプレイサイズが大きくなって視認性が向上します。

Apple Watchの画面の大きさ比較
ケースサイズが大きいと画面も大きくなる

アプリによっても見え方は異なりますが、基本的に文字が大きくなって見やすくなります。一部アプリはより広く多くの情報を一度に表示できます。

装着時の見た目の違いを比較

では、41 / 40mmと45 / 44mmのケースで腕に付けたときの見た目がどれくらい変わるのか比較します。僕のスペックは身長162cmで小柄で手首の周囲の長さは15.5cmです。

手首15.5cmほど
手首15.5cmほど

Appleの公式目安には収まっている一般的なサイズなので40mm、41mm、44mm、45mmのどのサイズを組み合わせても問題ないです。

Apple Watch 41mm、40mmのケースだと小ぶりな大きさとなり主張しすぎない感じで無難にあらゆるシーンに使えるサイズとなっています。

Apple Watch 41mm
Apple Watch 41mm

41mmモデルと40mmモデルを比較しました。

Apple Watch 41mm・40mm サイズ差
41mmと40mmのサイズ差

41mmと40mmは1mmしか差がなくディスプレイ四隅の黒ベゼルの幅が狭く、40mm → 41mmになるだけで印象が異なるので、あまり目立たせたくないさりげない雰囲気にしたいなら41mmケースはおすすめです。

45mm、44mmのケースだと存在感が一気に増します。

Apple Watch 45mm
Apple Watch 45mm

体格によっても見え方が違うものの小柄な人は45mmはApple Watchに付けられてる感が満載で、45mmケースもディスプレイの黒ベゼルの幅が狭く画面がかなり大きくなった感じがします。

Apple Watch 45mm・44mm サイズ比較
45mmと44mmのサイズ差

個人的には40mmよりも44mmの方がフィット感があって画面の視認性も良くていいと思っていて45mmは少し大きすぎるかな…と思うこともありましたが人間慣れます。最初違和感あっても次第に45mmケースでも普通になってきます。

Apple Watch Ultraは見た目からタフなデザインを採用しケースサイズは49mmと最も大きくなっています。

Apple Watch Ultra 49mm
Apple Watch Ultra 49mm

今まで大きいと思ってた45mmと比べても49mmはさらにワンサイズ大きく迫力のあるスタイルとなります。

49mmと45mmのサイズ差
49mmと45mmのサイズ差

タフネスデザインだから許されたサイズ感ですよね。ファッションとして使うならApple Watch Ultraはかなりアリですし、カッコいいです。

41/40mmと45/44mmのサイズ感の違いを実際に装着し比較しましたが、基本的に40と41 mm、44と45 mmはほぼ同じなので悩むなら41 ⇄ 45 mm、40 ⇄ 44 mmとなります。

41/40mmと45/44mmのサイズ感比較
41/40mm・45/44mm

さりげなくApple Watchを使うなら41mm、40mm、Apple Watchをファッションとして楽しむなら45mm、44mmがいいかもしれません。

45mm、41mm、49mmでパソコン使用時にどれくらいのサイズ感になるか比較しました。

45mm・41mm・49mmのサイズ感比較
45mm・41mm・49mm

いずれのモデルも違和感なくパソコン作業ができますが、Apple Watch Ultraの49mmは少し大きいと感じる場面はあります。

少し離れたところから49mm・45mm・41mmで見比べると人によって好みはありますが、個人的には45mmの収まりがいいように感じます。

Apple Watch 49・45・41mm サイズ感(黒背景)
49mm・45mm・41mm(黒背景)

文字盤が反転して黒背景になっているので45mmでもそこまで大きいと感じないのかもしれません。白背景の文字盤になると45mmケースは大きいと感じることもあるかもしれません。

Apple Watch 41mmと45mm サイズ感(白背景)
45mm・41mm(白背景)

スマートに見せたいなら41mm、大きい画面で操作性、視認性を重視するなら45mmとなって、49mmはファッションアイテムとして使うのが良さそうです。

Apple Watch SEの40mmと44mmを比較しました。

Apple Watch 40mmと44mmのサイズ感

どっちもいいですね。40mmと44mmは画面のベゼルが太めで表示自体は小さいので44mmでも違和感はありません。

体格から見るおすすめのサイズ
  • 140cm〜159cm:41 / 40 mm
  • 160cm〜169cm:41 / 40 mm、45 / 44 mm、49mm
  • 170cm〜:45 / 44mm、49mm

160cmくらいの小柄な方はどっちを選んでもOKで身長が小さい方は41mm、40mmのケースの方が全体のバランスはいいでしょう。

スポーツバンドを使う場合は手首の周囲が155mm以下だと45mmケースだと少し隙間ができることがあります。

45mmサイズの隙間
45mmだと隙間ができることも

44mmだと気にならなかったのが45mmは1mm大きくなっただけで隙間が気になるので手首の周囲が150〜155mmの方は店舗で実際に装着して試すのがおすすめです。

服装によってケースサイズの合う、合わないが変わってくるので、スーツなどキレイめな格好なら41mm、40mmの方がスリム、カジュアルな格好なら49mm、45mm、44mmが楽しいかもです。

ステンレスケースやチタニウムケースなどの高級ケースは45/44mmの方が存在感を増すのでおすすめ。ほら、高級時計も大きいの多いじゃないですか。それと同じです。

画面の見やすさの違いを比較

では、Apple Watchのサイズをファッションではなく利便性の視点から比較すると当然ながら40 → 41 → 44 → 45 → 49mmとなるに連れて視認性、操作性が向上します。

Apple Watchは画面サイズが大きい方が視認性がいい
45 / 44mmの方が見やすくて操作しやすい

画面が大きいと時刻が見やすいだけでなく通知の表示も大きくなりますし、メッセージやメールの内容も読み取りやすくて使いやすいんですよね。

メッセージの表示比較(41・45・49mm)
メッセージの表示比較(41・45・49mm)

しかも、Apple Watch 7以降のモデルはソフトウェアキーボードが日本語にも対応し画面上から文字入力をしてメール返信もできるので画面が大きいのは正義です。

妻からの指令メッセージをApple Watchに表示させたまま買い物したりしますが、画面サイズが大きいとカートを押しながら遠目からでも文字も視認性がいいいのでとても便利ですよ。

Apple Watch 40・41・44・45mm メッセージアプリの大きさ比較

41mmは画面ベゼルが狭く表示領域も広いので文字が小さいとは感じないですが、40mmはベゼルが太く表示領域も狭めで文字が小さいと感じることもあります。

もし、Apple Watch SEにするなら40mmではなく44mmの方が文字が見やすくなるので個人的にはおすすめです。

ミュージックアプリの操作性も画面が大きいケースの方がタッチ領域が広くて操作しやすいです。

Apple Watch 40・41・44・45mm MUSICアプリの大きさ比較
画面が大きい方が選曲しやすい

Apple Watchで選曲はあまりしないですが、セルラーモデルでiPhoneを持たずにランニングするときにApple Musicで音楽を聴くというシチュエーションで役に立ちます。

「操作」は間違いなく画面が大きい方が使いやすいです。

Apple Watch ホーム画面(41・45・49mm)
41・45・49mmのホーム画面

個人的に画面が大きくて使いやすいと感じるのは地図アプリで、細かい地図を手元で確認するのに40mmは小さいですが、新シリーズの41mmなら意外と画面が小さいと感じることはないです。

もちろん、45mmや49mmなら最強レベルで見やすいです。

41 / 40 / 45 / 44 / 49mm どのサイズがいい?

Apple Watch、41 / 40mmと 45 / 44mm、 49mm どれがいいのか。まとめていきましょう。

見た目については完全に好み

見た目については完全に好みの問題となりますが体格からある程度はどのサイズが合ってるかは判断できます。

  • 41/40mm:130〜200mmの方
  • 45/44mm:140〜220mmの方

130〜140mmの方は41/40mmを、200〜220mmの方は45/44mmを必然的に選ぶことになります。140〜200mmの方はどのサイズでもOKなので好みに合わせてApple Watchのケースサイズを選べます。

ちなみに、49mmはバンドがS/MとM/Lから選べます。

S/M:130〜180mmの方
M/L:145〜220mmの方

いずれにしてもどのサイズも適用できるので、まあ迷っちゃいますよね。少しキレイめなスーツで着るようなワイシャツとApple Watchを組み合わせてみました。

Apple Watchとワイシャツの組み合わせ(41mm・45mm)

スーツなどキレイめな服装だと45mmよりも41mmの方がスマートで45mmは大きすぎる感じがします。ただ、身長高めで手首が細いという方は45mmもアリかもしれません。

また、Apple Watch Ultraの49mmも意外といいんですよね。

Apple Watchとワイシャツの組み合わせ(49mm)

結局、どれを選んでもそれなりに収まってしまうので本当に好みだなぁといったところ。とくに170〜190cmくらいの方はどのサイズを選んでも問題ないと思います。

40mmと44mmだとどちらもイケますね。

Apple Watchとワイシャツの組み合わせ(40mm・444mm)

44mmでも収まりがいいですしオシャレな感じでいいかも。とくにアルミケースではなくApple Watch チタニウムといった落ち着いた輝きのあるケース素材なら合ってるかも。

いずれにしても、体格の大きい(170cm以上)方はやはり45mm、44mmのケースがバランスが取れてるのかもしれません。

Apple Watchを楽しむなら

Apple Watchを最大限楽しむなら41mm、40mmよりも45mm、44mm、または49mmのApple Watch Ultraがおすすめです。

楽しむの定義が難しいですがケースサイズが大きいほうがApple Watchの存在感があってファッションとしても楽しめます。

アルミケースのProduct REDで個性を出すのもいいですし、ステンレスケースやApple Watch チタニウムの高級ケースで45mm、44mmを選ぶことで、テンション上げることできますよね。

また、Apple Watch Ultraは49mmの大型ケースでアウトドアに会いますし、普段使いのファッションとしても使えます。存在感ありすぎて服装と合わせるのが難しいですが。

運動で使うことが多いなら

ワークアウト機能を使って運動することが多い方は45mm、44mmの大きいケースよりも41mm、40mmの小さいサイズのケースを選んだ方がいいでしょう。

Apple Watchでワークアウト機能
ワークアウト機能を使う

ケースサイズが小さい方が手首との密着面積を減らせますしケースの重量が軽い方が違和感なく使えます。マシンを使って筋トレをする時って腕に大きな時計があると邪魔になることもあるので41mm、40mmのケースがおすすめです。

装着感の良さを重視するなら

基本的に装着感の良さを重視するなら45mm、44mmよりも41mm、40mmのApple Watchがおすすめです。ケースが小さいだけでなく重量も軽いので付けてる感じを減らせます。

Apple Watch 睡眠モード
睡眠時の装着性の良い41mm

また、睡眠アプリを使って睡眠時間をトラッキングをする場合は45mm、44mmだとら寝てる時の装着感が気になります。

睡眠トラッキングしないなら45mm、44mmでいいですが、日常で睡眠の状況を記録するなら41mm、40mmが小さく軽くて装着感が良くて装着してる感がなく気持ちよく眠りに入れます。

価格の違いを比較

Apple Watch 8の41mm・45mm、Apple Watch SEの40mm・44mmの価格差はこのようになっています。

Apple Watch 8 価格差
サイズ 41mm 45mm 価格差
アルミ 59,800円 64,800円 5,000円
ステンレス 104,800円 112,800円 8,000円
チタニウム

アルミケースが5,000円、ステンレスケースとチタニウムケースが8,000円の価格差となって、41mmで費用を抑えられます。

Apple Watch SE 価格差
  40mm 44mm 価格差
アルミ 37,800円 42,800円 5,000円

Apple Watch SEも40mmと44mmの価格差は5,000円です。

バンドは6,800円から追加購入できるので少ない費用でバンドの種類を楽しむなら41mm、40mmがおすすめ。たくさんのバンドをより多く持つことで気分で使い分けることができオシャレにも使えます。

Apple Watch サイズはどれがいい?まとめ

Apple Watch 41・45・49mm
41・45・49mmのケースサイズ

Apple Watchは41 or 40mm、45 or 44mm、49mmのケースを選べますが基本的に好みで選んでOKですが、さりげなくApple Watchを使いたい、費用抑えたいなら41mm、40mmがおすすめです。

41mm、40mmケースがおすすめな人
  • 身長が140〜170cmくらいの方
  • 手首の幅が16cm以下の方
  • さりげなく使いたい
  • スーツやキレイ目な服装で使いたい
  • 運動したり睡眠アプリを使いたい
  • 購入費用を安く抑えたい

体格の大きい方やApple Watchをファッションの一つとして目立たせたいという方は49mm、45mm、44mmのケースを選ぶのがおすすめです。

49mm、45mm、44mmケースがおすすめな人は
  • 身長が170cm以上の方
  • 手首の幅が16cm以上の方
  • 大きい画面で操作したい
  • ファッションとして楽しみたい

もちろん、僕のように160cmくらいの小柄な方であっても45 / 44mmのケースを使うのはいいでしょう。

Apple Watchが少し大きい…と感じるかもしれないですが、遠目から見るとそうでもないですし、何よりも画面が大きいのでApple Watchを使っている感が強くなって楽しい気分になるのもいいですよね。

\Apple公式サイトで/
\キャリアでApple Watchをチェック/

動画でもサイズの違いをお話ししています。参考にしてみてください。

Apple Watchの比較Apple Watch 8Apple Wacth SEはこちら

Apple Watch 7は整備済製品で安く買えることも。

Apple Watch セルラーモデルはこちら

最新のiPhoneの比較はこちら