Apple Watch サイズを比較

Apple Watch 6・SEのケースサイズは40mmと44mmの二つのサイズを選ぶことができます。どっちのサイズがいいのか迷うところですよね。

僕は今までApple Watch 3までは38mm、Apple Watch 4より40mmと小さい方のケースサイズを選んできましたが、Apple Watch SEでは44mmのケースに挑戦。

これがまた良かった。実は44mmの方が良かったのではないか?ということで、ここではApple Watchのケースサイズの違いで見た目がどう異なるのか、画面の見やすさの違いを比較しています。

どちらのサイズにしようか迷っている方は参考にしてみてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

Apple Watchのケースサイズ

Apple Watchのケースサイズは世代によって異なりますが、現行モデルのApple Watch 6Apple Watch SEは40mmと44mmの二つのサイズから選ぶことが可能となっています。

Apple Watch 40mmと44mm
40mm・44mm
Apple Watch 4〜6、SE サイズ比較
 40mm44mm
画面解像度324 × 394ピクセル368 × 448ピクセル
サイズ40 × 34mm44 × 38m
厚み10.4mm10.4mm
重量GPS:30.5g
GPS+Cellular:30.5g
GPS:36.5g
GPS+Cellular:36.5g

40mmのケースは手首が130mm〜200mmの方にフィットして、44mmケースは手首が140-220mmの方にフィットするとAppleの公式サイトに記載されていて、ほとんどの方がどちらのサイズを選んでも問題ないですね。

Apple Watch 3は38mmと42mmのケースとなっていて少しだけ小さいサイズに収まっています。

Apple Watch 1〜3 サイズ比較
 38mm42mm
画面解像度272 × 340ピクセル312 × 390ピクセル
サイズ38.6 × 33.3mm42.0 × 35.9m
重量GPS:26.7g
GPS+Cellular:28.7g
GPS:32.3g
GPS+Cellular:34.9g

ケースサイズの違いによって画面の大きさが異なっていて、44mmの大きいケースになると有機ELディスプレイのピクセル数が多くなっていてより大きく、広く画面を表示することができます。

Apple Watchの画面の大きさ比較
44mmの方が画面サイズが大きく見やすい

アプリによっても異なりますが、基本的に文字が大きくなって見やすくなると言う認識でいいです。一部アプリは表示領域が広くなりより広く表示することができますが、そんなに大差はありません。

\キャリアでApple Watch 6をチェック/

装着時の見た目の違いを比較

では、40mmと44mmのケースで腕に付けたときの見た目がどれくらい変わるものなのかを比較していきます。僕のスペックとしては身長162cmほどなのでどちらかというと小柄で手首の長さは15.5cmほどとなっています。

なので、40mm、44mmのどちらのサイズでも好みに合わせて選ぶことができます。

Apple Watch 40mmのケースだと小ぶりな大きさとなり主張しすぎない感じとなります。あまり目立たせたくない、さりげない雰囲気にしたいのなら40mmケースはおすすめです。

Apple Watch 40mmケース
Apple Watch 40mmケース

個人的に40mmケースはずっと使ってきてたので、馴染みのある大きさで44mmの大きさは大きすぎるだろうと思い込んでいましたが、いざ44mmケースをつけてみると…

Apple Watch 44mmケース
Apple Watch 44mmケース

悪くないよね…?むしろ、44mmの方が収まりがあっていいように感じるのですが。そんなことない?ここは完全に好みの問題になってくるのですが、今まで40mmがいいと思い込んでいたけど44mmも意外といいな…といった感じです。

もうちょっと離れたところから眺めて見た方がいいのかな。

Apple Watch 40mmと44mmのサイズ差
どっちがいいと思う?

さりげなくApple Watchを使うなら40mm、Apple Watchをファッションとして楽しみたいなら44mmといった感じじゃないですかね。もう少し離れたところから見比べるとこんな感じです。

Apple Watch 40mmと40mmのサイズ感
40mmと40mmのサイズ感

こうやって見ると40mmもいいし、44mmもいいですよね。結局、どっちなんだよ。ってなりますが、個人的には44mmの方がいいなって思っています。

今まで40mmのApple Watchをずっと使ってきて飽きてしまったのもありますが、44mmの方が存在感があるのでファッションとして使うにはいいサイズになっているように感じます。

体格の大きい方は間違いなく44mmがおすすめ。160cmくらいの小柄な方はどっちを選んでもいいと思います。それより身長が小さい方は40mmのケースの方が全体のバランスは取れていいのかもしれません。

体格から見るおすすめのサイズ
  • 140cm〜159cm:40mm
  • 160cm〜169cm:40mm or 44mm
  • 170cm〜:44mm

あくまで僕の感覚でのおすすめなので、個人差はあるでしょう。

また、どのような格好のときにApple Watchを使うかによっても合うサイズが変わってきそうです。

スーツなど綺麗めな格好をする場合は40mmの方がスリムに見えますし、カジュアルな格好なら44mmの方が楽しいですよね。また、ステンレスケースやチタニウムケースなどの高級ケースは44mmの方が存在感を増すので楽しいかもしれないです。

ほら、高級時計も大きいサイズのものが多いじゃないですか。それと同じです。

画面の見やすさの違いを比較

では、Apple Watchのサイズをファッションではなく利便性の視点から比較していきましょう。当然ながら40mmケースのApple Watchよりも44mmサイズのApple Watchの方が画面が大きくて見やすくて操作がしやすいです。

Apple Watchは画面サイズが大きい方が使いやす
44mmの方が見やすくて操作しやすい

44mmだと現在の時刻が大きく表示されるだけでなく、通知の表示も大きいので見やすいですよね。

とくに、メッセージの文字が大きいので確認しやすいです。

Apple Watchのメッセージアプリの文字の大きさ
メッセージの表示が大きい

僕はよく妻からの指令をメッセージアプリで表示させたまま買い物をすることが多いのですが、カートを押しながら遠目からでも文字をしっかり確認できるのはうれしい。とても便利ですよ。

また、ミュージックアプリなどの操作性も40mmよりも44mmの方がタッチ領域が広くて操作しやすいです。

画面が大きい方が選曲しやすい
画面が大きい方が選曲しやすい

Apple Watchで選曲することはあまりないかもしれないですが、セルラーモデルを使ってiPhoneを持たずに走ったりするときに、Apple Musicで音楽を聴くというシチュエーションがあるかもしれないですよね。

「操作」に関しては間違いなく画面が大きい方がしやすいです。

個人的に画面が大きくて使いやすいと感じるのは地図アプリです。Apple Watchの画面はとても小さいので細かい地図を手元で確認するのには40mmだと小さすぎますが、44mmなら画面がそこそこ大きいので見やすいです。

ただ、Apple Watchで地図アプリをまじまじと見るのかいう問題はあります。ちゃんと位置確認するならiPhoneを取り出して見た方がいいので、そこまで重要ではないかもですが、Apple Watchで地図アプリを使うことが多い方が44mmの方がいいでしょう。

40mm・44mmのどっちのサイズがいい?

Apple Watch、40mmと44mmはどっちがいいのか。まとめていきましょう。

見た目については完全に好み

見た目については完全に好みの問題になりますが、体格からある程度はどのサイズが合ってるかは判断することはできます。

40mmのケースは手首が130mm〜200mmの方にフィット、44mmケースは手首が140-220mmの方にフィットするという条件があるの130mm〜140mmの方は40mmを、200mm〜220mmの方は44mmを必然的に選ぶことになります。

手首が140mm〜200mmの方はどちらのサイズを選んでもOKということ。つまり、好みに合わせることができるので、まあ迷っちゃいますよね。少しキレイめなスーツで着るようなワイシャツとApple Watchを組み合わせてみました。

Apple Watchとワイシャツの組み合わせ
Apple Watchとワイシャツの組み合わせ

キレイめな服だとApple Watchはケースサイズの小さい40mmの方が収まりがあっていいのかもしれませんね。ただ、体格の大きい(170cm以上)方はやはり44mmのケースがバランスが取れていいのかなと感じます。

Apple Watchを楽しむなら

Apple Watchを最大限楽しみたいなら40mmよりも44mmのほうがいいでしょう。楽しむの定義が難しいですがケースサイズが大きいほうがApple Watchの存在感を得ることができますし、ファッションとして楽しむこともできます。

とくに、アルミケースのブルーやProduct REDで個性を出すのもいいですし、ステンレスケースやApple Watch Edition チタニウムの高級ケースで44mmを選ぶことで、テンション上げることできますよね。

存在感ありすぎて服装と合わせるのが難しくなる可能性もありそうですけどね…。

運動で使うことが多いなら

ワークアウト機能を使って運動することが多い方は44mmの大きいケースよりも40mmの小さいサイズのケースを選んだ方がいいでしょう。

Apple Watchでワークアウト機能
ワークアウト機能を使う

ケースサイズが小さい方が手首との密着面積を減らすことができますし、ケースの重量が軽い方が違和感なく使うことができます。マシンを使って筋トレをする時って腕に大きな時計があると邪魔になることもあるので40mmのケースがおすすめです。

装着感の良さを重視するなら

基本的に装着感を重視するなら44mmよりも40mmのApple Watchを選んだ方がいいです。ケースのサイズが小さいだけでなく重量も軽いので付けてる感じを低減できます。

また、watch OS7より睡眠アプリを使って睡眠時間をトラッキングできるようになりまいたが、44mmのケースだともしかしたら寝てる時に気になってしまうかもしれないです。

睡眠アプリを使うことないなら44mmでも大丈夫ですが、日常で睡眠の状況を記録しておきたいという方は44mmよりも40mmの方が小さくて軽いので装着感がよく気持ちよく眠りに入ることができるでしょう。

価格の違いを比較

Apple Watchの40mmと44mmの価格差は以下のとおりです。

40mmと44mmの価格差
 40mm44mm価格差
アルミ42,800円45,800円3,000円
ステンレス72,800円77,800円5,000円
チタニウム82,800円87,800円5,000円

アルミケースが3,000円、ステンレスケースとチタニウムケースが5,000円の価格差となっています。40mmのケースを選ぶことで少しでも費用を抑えることができます。

バンドは4,800円から追加購入できるので少ない費用でバンドの種類を楽しみたい方は40mmを選ぶのもいいでしょう。たくさんのバンドをより多く持つことで気分によって使い分けることができますし、おしゃれにも使えます。

Apple Watch サイズは40mm?44mm?まとめ

Apple Watchの画面サイズ比較
40mmと44mmのケースサイズ

Apple Watchは40mm、44mmのどちらかのケースを選ぶことができますが、基本的に好みに合わせて選ぶのでいいですが、さりげなくApple Watchを使いたいという方や費用をできるだけ抑えたい方は40mmのケースを選ぶのがいいでしょう。

40mmケースがおすすめな人は
  • 身長が140〜170cmくらいの方
  • 手首の幅が16cm以下の方
  • さりげなく使いたい
  • スーツやキレイ目な服装で使いたい
  • 運動したり睡眠アプリを使いたい
  • 購入費用を安く抑えたい

体格の大きい方やApple Watchをファッションの一つとして目立たせたいという方は44mmのケースを選ぶのがおすすめです。

44mmケースがおすすめな人は
  • 身長が170cm以上の方
  • 手首の幅が16cm以上の方
  • 大きい画面で操作したい
  • ファッションとして楽しみたい

もちろん、僕のように160cmくらいの小柄な方であっても44mmのケースを使うのはいいと思います。

Apple Watchが少し大きいな…と感じるかもしれないですが、遠目から見るとそうでもないですし、何よりも画面が大きいのでApple Watchを使っている感が強くなって楽しい気分になるのもいいですよね。

\キャリアでApple Watch 6をチェック/


動画でもサイズの違いをお話ししています。参考にしてみてください。

Apple Watch SE・6・3の比較、Apple Watch 6・5の比較はこちらです。

Apple Watch セルラーモデルについてはこちらです。

最新のiPhoneの比較はこちらです!