シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Apple Watch 4はセルラーモデル・GPSモデル どっちを選ぶべきか?


f:id:kazu-log:20180920162209j:plain

Apple Watch Series 4がリリースされることでApple Watchを初めて使ってみようかなと思っている方も多いと思いますが、Apple WatchにはセルラーモデルとGPSモデルの二つのモデルから選べますが、どちらを買ったらいいのか...迷ってしまいます。

ということで、Apple Watchはセルラーモデル・GPSモデルのどっちを選ぶべきなのかを書いていきたいと思います。(ちなみに、僕はApple Watch 3のセルラーモデルを使っていたので経験を元にかいています。)

 

Apple Watchはセルラーモデル・GPSモデルのどっちを選ぶ?

Apple Watchのセルラーモデルでできること

Apple WatchのセルラーモデルはApple Watchのモバイル通信機能を使ってドコモ、au、ソフトバンクの電話を使って通信をすることができ、近くに親機のiPhoneがなくてもある程度のアプリを使うことができます。

  • 電話ができる
  • メールの送受信ができる
  • メッセージの送受信ができる
  • Apple Musicをストリーミング再生できる
  • カレンダーの確認ができる
  • 地図を使える
  • 天気を確認できる
  • Walletで支払いができる

Apple Watchのセルラーモデルならこれらの機能をiPhoneが手元になくても使うことができます。

しかし、Apple WatchのGPSモデルはiPhoneが近くにないと電話をかけたりメッセージを送受信したりすることができないのです。(GPSは内蔵しているので単体で位置データを計測することはできる。)

一見するとこれらの機能がApple Watch単体で使うことができるのはとても便利に見えますよが、本当にApple Watchはセルラーモデルを選ぶべきなのでしょうか?

Apple WacthはGPSモデルで十分

確かにApple WatchのGPSモデルよりもセルラーモデルの方が出来ることが多いので便利なのは確かです。

しかし、実際にApple Watch Series 3のセルラーモデルを1年間使ってみて、そうそうApple Watchを単体で使うことがないので、セルラーモデルじゃなくてGPSモデルで十分なのかなーと思います。

肌身離さずiPhoneを持っていることが多い

基本的に外出するときはiPhoneを肌身離さず持っていることがほとんどだと思います。カバンの中にiPhoneを入れることはあっても腕に装着しているApple Watchと1メートル離れることはほとんどありません。

つまり、Apple Watchだけで使うというシチュエーションが僕の環境ではほとんどなかったんですよね。早く気付けよって感じですが、Apple Watch 3を半年ほど使って「これは必要ない」と思いました。

通信ができないことがある

Apple Watchはとても小さなデバイスなのでiPhoneに比べるとLTEの感度がよくないので通信ができなかったりスピードが非常に遅くなることがあります。メッセージの読み込むだけでも待たされたりすることも。

さらに、Apple Watchのセルラーモデルは単体で電話をかけれるのが特徴の一つなのに肝心の電話をかけれない、通信ができない現象がたまに発生します。

Apple Watchを再起動をして電話をかけれるようになりますが、iPhoneに比べても安定性は今ひとつのところがあり完璧ではないという印象があります。

(これに関しては最新モデルのApple Watch Series 4やwatch OS5で改善されているかもしれません。)

単体で使うとバッテリーの減りが早い

Apple WatchのセルラーモデルはLTE通信をすることで単体で電話をかけたりメッセージを送受信することができますが、バッテリーの減りがiPhone経由で通信をしている時と比べて明らかに早いです。

1日の中で少しだけiPhoneがない時間があるくらいの使い方なら特に問題はないと思いますが、何時間もApple Watchだけの時間があるとバッテリーが切れてしまう可能性が高いです。

 

本体価格が高い

Apple WatchのセルラーモデルはGPSモデルよりも11,000円ほど高い価格設定となっています。

  GPS + セルラーモデル GPSモデル
Apple Watch series 4 56,800円 45,800円
Apple Watch series 3 42,800円 31,800円

Apple Watch 4はApple Watch 3の発売当初の価格よりも値上げしたことも影響してセルラーモデルにすると5万円を超える金額になってしまいます。

セルラーモデルを使いこなすという方は11,000円高い金額を支払ってでもセルラーモデルを手にするべきだとは思いますが、使いこなす自信がないのなら無駄にお金をつぎ込む必要はないのかなと思います。

モバイル通信には契約が必要不可欠(通信料金が高くなる)

Apple Watchのセルラーモデルで単体で通信をするには各キャリアで別途契約が必要となります。しかも、単体で契約することができないのでメイン回線は各キャリアでiPhoneを使う必要があるということになるのです。

  • ドコモ:ワンナンバーサービス 月額500円
  • au:シェアナンバー 月額350円
  • ソフトバンク:モバイル通信サービス 月額350円

どのキャリアも契約から6ヶ月間は無料で使うことができますが、7ヶ月目以降は上記の料金が加算されることになります。

Apple Watchを少なくとも2年間使うと仮定すると...

  • ドコモ:500円 × 18ヶ月 = 9,000円
  • au・SB:350円 × 18ヶ月 = 6,300円

を通常の料金にプラスして支払う必要が出てくるのです。ただでさえキャリアは通信費用が高いのにさらに高くなってしまうのは悩ましい問題ですよね。

なので、僕はドコモでワンナンバーサービスを無料で使うことができる期間だけ契約して、有料になると同時にワンナンバーサービスを解約してしまいました。

Apple Watch セルラーモデルが便利だと思うシーン

iPhoneという呪縛からの解放

現代人はiPhoneなどスマホがないと何もできない生き物になってしまいましたが、基本的に生活に必要最低限となるのは電話とメッセージくらいだと思います。

生きるための機能を持ち歩くためにアプリやゲームなど楽しいものが入ったiPhoneを手にすること有限な時間を無駄に消費してしまうこともあるでしょう。

しかし、Apple WatchのセルラーモデルならiPhoneを家に置いてApple Watchだけを身につけて外出するとことも可能なのです。最低限の連絡だけはApple Watchのセルラーモデルで出来るのですからiPhoneという呪縛から逃れたい時に、解放されたい時に...。

(途中で自分で何書いているのか分からなくなった。)

ただし、Apple Watchだけの通信はバッテリーの減りが早いので注意しないといけません。

近所をランニングするとき

たまに近所をランニングすることがあるのですがApple WatchのセルラーモデルがあればiPhoneをポケットの中に入れて走る必要はありません。

ジャージのポケットにiPhone入れるとズボンがずり下がってきますが、そのような心配もありませんしiPhoneが汗まみれになることも防ぐことができます。

また、喉が渇いたらコンビニに行ってApple Watchに登録してある電子マネーを使ってミネラルウォーターを買うこともできるのです。なんて素晴らしいのでしょう。

(ランニングするときくらい通信できなくてもいいんじゃないか...とも思う。)

iPhoneの電池が切れたとき

iPhoneを外で使っているとバッテリーが切れてしまい連絡できなくなってしまうことがたまにあります。モバイルバッテリーを持っていれば即解決なのですが、Apple Watchのセルラーモデルがあれば最低限の連絡をすることができます。

なので、外回りの仕事をしていて電話をかけることが多い方はもしかしたらApple Watchのセルラーモデルは非常に便利なデバイスになるかもしれません。

 

まとめ:Apple Watch 4はGPSモデルを買いました。

というわけで、2018年9月21日に発売される最新モデルのApple Watch Series 4は経験を生かしてGPSモデルを買いました。セルラーモデルでもいいかなーと思いましたが、Apple Watch自体が値上げしてしまったので、今回は大人しくGPSモデルにしてみました。

Apple Watch Series 4は本体デザインが少しだけ変わって、かなり自分好みになったのでとっても楽しみ!

新型のiPhone XS/XS Max/XRについてはこちらの記事からどうぞ!