Apple Siliconを搭載したMacで何が変わる?

Apple Silicon(アップル シリコン)を内蔵したMac。2020年末にIntelプロセッサではなくAppleのAプロセッサ(いわゆるiPad Pro 11インチ・12.9インチに搭載しているA12Z Bionicなど)を搭載したMacを発売することを明らかにしました。

ついに、AppleがIntelと決別する時が来てしまった。といっても、Intel → Apple Siliconへの移行は2年かけてするのでまだ先の話ですが、新しい時代の幕開けになるのは間違いないでしょう。

Apple Siliconを搭載したMacによってiPhoneとiPadの親和性がさらに高まることになるでしょうが、ユーザ側にとってどんなメリットがあるのか、一番大事なところではありますが、そんなことよりもワクワクが止まらない…!!

macOSのバージョンが10 → 11に

2020年秋に正式リリースされる新しいmacOSは「Big Sur(ビッグサー)」というカリフォルニア州にある地名が命名され、内部バージョンが「10.16」ではなく「11」にバージョンアップしています。

macOS 11 Big Sur
macOS 11 Big Sur

PowerPC → Intelは「10.3」→「10.4」とメジャーアップデートだったのに対して、Intel → Apple Siliconは「10.15」→「11」とビッグメジャーアップデートという位置付けとなります。

このバージョンアップでAppleの本気度が伝わりますよね。Mac OS 9 → Max OS Xくらい大きな変革が期待できるのかも。そして、Mac OSのバージョン10は「15」で幕を閉じることになります。

僕の人生の半分を支えてくれてありがとう。

Macアーキテクチャの歴史

Macは過去に2回、CPUアーキテクチャの変更をしています。

MacのCPUの変遷
  • 1984年〜1990年(Macintosh):Motorola 68000
  • 1991年〜2005年(PowerPC Mac):IBM PowerPC
  • 2006年〜2020年(Intel Mac):Intel x86、x64
  • 2020年末〜(Apple Mac):Apple Silicon

Motorola時代のMacintoshは触ったこともないMacですが、以前務めていた会社に設置してあった記憶があります。(産業機器を製造している会社だったのでおそらく検証用マシン)

PowerPC MacはiMac G3、G4、G5など学生時代によく見かけたMacでとても懐かしい端末。個人的に本格的にMacに触れたのはIntel Core Duoを搭載したiMacからでした。

Intel Core Duo iMac
Intel Core Duo iMac

PowerPC → Intelアーキテクチャへの移行時もRosetta(ロゼッタ)を使うことによって、PowerPCのアプリケーションをエミュレーションすることによって実現していました。

Mac OS X 10.4〜10.6までRosettaを内蔵していて2〜3年ほどかけてPowerPCからIntelへの移行をしました。今回のIntel → Apple Siliconも2年かけて移行するので同じようなスケージュールとなっています。

AppleシリコンをMacに搭載するメリット

デスクトップ型とノート型のMac

MacはiMacをはじめMac mini、Mac Proといったデスクトップ型と、MacBook Air・Proのノート型の二つの製品ラインがあります。

MacBookとiMac
MacBookとiMac

デスクトップ型に求められることは、画面の大きさによる作業効率の良さと処理性能の高さですよね。ノート型は処理性能が高いことも求められますが駆動時間の長さも必要不可欠となります。

パフォーマンスと省電力の両立

現在のMacBook AirMacBook Pro 13インチも6時間ほど電池が持つので、そこそこ満足いくものになっていますが、MacBook Pro 16インチになると5時間ほどと電池持ちが悪くなります。

そこで、iPhoneやiPadに搭載しているAプロセッサをベースとしたApple SiliconをMacにも搭載して、パフォーマンスと電力効率の両立を図ることになります。

Apple Silicon Macが目指すところ
Apple Silicon Macが目指すところ

Apple SiliconのMacが目指すところは青色を示したところ。ノート型の電力効率を維持したままデスクトップ型のパフォーマンスのあるところにApple Siliconを搭載することによって実現することでしょう。

A12Z BionicでMacは快適に動くのか

WWDC 2020のキーノートでは、A12Z Bionicに16GBのメインメモリを搭載した(おそらく)Mac miniで、macOS Big Surを動作していましたが、パッとみた感じはとてもスムーズに動作していました。

A12Z Bionicで動作するmacOS
A12Z Bionicで動作するmacOS

A12Z BionicのCPUはGeekbench 5のスコアだとMacBook Pro 13インチの「Core i5-1038NG7」と同等性能を持っています。

A12Z Bionic vs Core i5-1038NG7
A12Z Bionic vs Core i5-1038NG7
A12Z vs Core i5
 iPad Pro 11インチMacBook Pro 13インチ
CPUA12Z BionicCore i5-1038NG7
メインメモリ6GB16GB
シングルコア11161181
マルチコア43774276
Metal994210246

ほとんど同じ性能なんですよね。もちろん、アーキテクチャが異なるので単純比較はできませんが、ノート型のMacBook Air、MacBook Pro 13インチであればA12Z Bionicでも十分に処理しきれる性能はあるのかなぁと漠然と感じることができます。

Office、Adobe、FCPXもネイティブに動作する

MacのApple Silicon(アップル シリコン)への移行計画はA4チップを独自開発をしていた時点からあったようで、たしかに3〜4年前から2020年にMacがARMプロセッサに移行するというリーク情報が出ていましたよね。

その情報が見事的中したことになりますが、Microsoft Office、Adobeのクリエティブアプリ(Photoshop・Lightroom、Illustratorは不明)、Final Cut Pro XなどMacでの作業に必要不可欠なアプリがすでにApple Siliconでネイティブに動作するとのこと。

Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointがネイティブに動作します。

Lightroomで写真管理、現像も。

Photoshopも動作するので画像編集もできます。

Final Cut Pro XもApple SiliconのMacに最適化されていて快適に動作する様子が公開されていました。

4K動画を3本ストリームで編集できるパフォーマンスを実現しているようです。

とりあえず、主要アプリはいち早くApple SiliconのMacでネイティブ動作するように最適化されるので、マニアックなソフトウェアを使わない限り、問題は少ないのかもしれません。

IntelをエミュレートするRosetta 2

Apple SiliconのMacに対応していないIntelベースのアプリケーションはRosetta 2によってエミュレートされるので問題なく動作します。

基調講演で3Dゲームや3DモデリングするソフトウェアをRosetta 2で動作させていましたが、快適に使うことができているようでした。

Power PC → IntelのRosettaは動作は遅かったですが、Adobe IllustratorやPhotoshopも問題なく動作することができていたので、今回のRosetta 2も期待していいのかもしれません。

少なくとも、Surface Pro Xのx86 → ARMのエミュレート機能よりも使えそうな雰囲気ですよね。Surface Pro Xのエミュレートはx64アプリは非対応でx86しかARMエミュレートできないので使えるシーンが微妙なところがあります。

iPhone、iPadのアプリが使える

Apple SiliconのMacはiPhone、iPadのAプロセッサがベースとなってるので、iOSアプリをMacで起動できます。

タッチパネルのない(よね?)MacでiOSアプリをどれだけ快適に使うことができるかは未知数ですが、コントローラーを接続してiOSのゲームを楽しむということはできるので、色々と楽しめそう。

Windows、boot campはどうなる?

boot campを使ってWindows 10を起動している方も多いと思いますが、おそらくboot campによるWindows起動はできなくなりそう。

Appleの仮想化フレームワーク「Hypervisor」がアップデートしてParallels DesktopでARMのDebian GNU/Linuxを動かすことができるそうです。Windows が動作するかどうかは、明らかにされてないので難しいのかな…?

Macを買えばWindowsも使える。だから、Macを買う。という方も一定数いると思いますが、どうなるのか気になるところ。

AppleシリコンはMacBook、Mac miniから対応?

Appleはどの製品ラインからApple Siliconを搭載するかは明らかにしていません。噂では、MacBook AirまたはProの13インチとiMac 24インチにApple Siliconを搭載するという情報があります。

どうなんでしょうかね。個人的にはiMacはまだIntelチップを搭載するんじゃないかなと思っています。

Appleはこの先もIntelを搭載したMacを発売する計画があると言っています。その製品は何か?となると、省電力が求められないiMacは従来のIntelプロセッサを搭載するのでは。

それに、iMac 24インチはApple Silicon、iMac 27インチはIntelってなるとチグハグ感があって「ん〜??」ってなります。

MacBook 12インチがApple Siliconを搭載して復活するかどうかは不明です。

ただ、性能をそこまで求めない、どちらかというと電池持ちを重視するノート型のMacBook AirMacBook Pro 13インチが先にApple Siliconを搭載。

2021年に入ってからMac mini、iMac、2022年に集大成としてMac Pro、iMac ProがApple Siliconを搭載する…と予想。どうなるのかな。PowerPC → Intelは比較的早いスパンで切り替わった印象があるので、とんとん拍子でApple Siliconになる可能性はありそうですよね。

楽しみで仕方ない。安定したMac環境が欲しいというのは間違いないけど、このように新しいことに挑戦するAppleの姿勢はとっても好きだし、付いていきます!いいのに仕上げて!Final Cut Pro Xのバグも取って!って感じ。

2020年末が楽しみです。