シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Apple Pencil 2と初代の比較レビュー!第2世代になって書き心地が良くなった!


Apple Pencil(第2世代)レビュー

Apple Pencil(第2世代)は2018年に発売したiPad Pro 11とiPad Pro 12.9(第3世代)で使うことができますが、ワイヤレス充電・ペタッとペアリング・ペタッと収納に対応した新しい世代のApple Pencilです。

ここでは、Apple Pencil(第2世代)とのApple Penci(初代)の違いや使い方、使いやすさを比較レビューしていきたいと思います!

 

Apple Pencil(第2世代)レビュー

Apple Pencil(第2世代)は2018年モデルのiPad Proのみに対応しておりApple PencilはiPad Pro 2018で使うことができないので、購入を検討している方は自分が今どのタイプのiPadを手にしているのかを把握しておきましょう。

Apple Pencil 対応機種
  • Apple Pencil:iPad(第6世代)、iPad Pro 9.7、10.5、12.9(第1/2世代)
  • Apple Pencil(第2世代):iPad Pro 11、iPad Pro 12.9(第3世代)
  • Logicool Crayon:iPad(第6世代)

2018年モデルに乗り換えた時点で従来のApple Pemcilが使えなくなってしまうので注意です。必然的にApple Pencil(第2世代)を買わないといけないことになります。

Apple Pencil 2とApple Pencilの見分け方

Apple Pencil 2とApple Pencilはデザインが微妙に違うので簡単に見分けすることができます。

Apple Pencil 2とApple Pencil 見た目の違い
  • 長さが違う
  • 光沢・質感が違う
  • 側面に平らな部分の有無
  • キャップの有無
  • リングの有無

長さが短くなった

まず、Apple Pencilの長さがApple Pencil 2の方が短くなりました。

Apple PencilとApple Pencil(第2世代)違いを比較

左:Apple Pencil(第2世代) 右:Apple Pencil
Apple Pencilの仕様(公式)
  Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil
長さ 166mm 177.5mm
直径 8.9mm
重量 20.7g

Apple Pencilの長さが短くなったことで重心が下に下がったのか書き心地はかなり良くなったように感じます。

円柱からワンフラットエッジデザインに

従来のApple PencilはiPadのLightningコネクタに接続してペアリングと充電をする仕様だったのでApple Pencilの端っこにコネクタがありその部分にキャップがありましたが、Apple Pencil 2はワイヤレス充電とワイヤレスペアリングに対応しているので物理的なコネクタが存在せずキャップもありません。

Apple Pencil(第2世代)とApple Pencil 形状の違い

左:Apple Pencil(第2世代) 右:Apple Pencil

また、Apple Pnecil 2は完全な円柱ではなくiPad Proに装着できるように1面だけ平らになっているワンフラットエッジデザインになりました。iPad Proに装着できるようになっただけではなく、一部分だけ平らになったことで持ちやすくなっています。

質感が光沢からマットに

Apple Pencilのロゴがインクで印字しているのもApple Pnecil 2の特徴となっており、従来のApple Pencilの筐体は光沢のあり持つと滑りやすいものでしたが、Apple Pencil 2は非光沢でマットな手触りなので滑りにくく持ちやすくなっています。

Apple Pencil(第2世代)とApple Pencil 素材の違い

左:Apple Pencil(第2世代) 右:Apple Pencil

また、完全な円柱ではなく平らに削り取られた部分があるので平らな面を下にしてテーブルの上に置くいてApple Pencilがコロコロと転がることがなくなりました。ただし、勢いよく転がすとどちらも盛大に転がって行くので注意しましょう。

Apple Pencil 2の新機能

Apple Pencil(第2世代)はデザインが変わっただけではなく新しい機能もいくつか搭載しています。

Apple Pnecilが迷子にならない

Apple Pencil(第2世代)はペンの側面が平らにすることでiPad Proの側面に搭載されている磁気コネクタにカチッとくっ付けることができます。

Apple Pencil(第2世代)磁力でくっつく

このまま持ち運びができるので持ち運びができるので、カバンの中でApple Pencilが迷子になることがなくなります。今まではApple Pencilをどこに置くか問題があり、わざわざApple Pencilを立てかけることができるスタンドを買ったりしていましたが、Apple Pencil 2ならiPad Proにくっ付けることができるので

ペアリングが手軽になった

iPad Proの磁気コネクタの部分にApple Pencil(第2世代)を置くとペアリングのウィンドウが自動的に表示されるので、これをタップするとペアリングが完了します。

Apple Pencil(第2世代)ペアリング

従来のApple PnecilはiPad Proのお尻に接続する必要がありましたが、Apple Pencil 2とiPad Pro 2018ではこの姿を見る必要がなくなります。まあ、これはこれで愛嬌がありましたけどね。この姿が見れなくなるのが寂しいような、嬉しいような。

Apple Pencil ペアリング

従来のApple Pencilだと充電するのが面倒くさくて放置してしまうことがよくあります。なので、しばらくApple Pencilを使わないと接続が切れてしまうことがあり再びiPad Proに接続する必要がありました。

しかし、Apple Pencil 2なら使わない時は常にiPad Proの側面にカチッと装着して置いておくことができるので、充電切れになることもなく、使いたいときにペアリング接続がされていないこともないので、使いたいときにApple Pencil 2を使うことができるのです。

あと、従来のApple Pencilだと充電中にキャップも迷子になることがありましたが、Apple Pencil(第2世代)にはキャップ自体がないのでとても作業エリアがスッキリしてとても良いですね。

ワイヤレス充電に対応

Apple Pencil(第2世代)はiPad Proにくっ付けるだけでワイヤレスで充電をしてくれるので、普段からここにApple Pencil 2を置いておけば常に充電された状態で使うことが可能となります。

Apple Pencil(第2世代)ワイヤレス充電

持ち運びをするときも、このようにApple PencilをiPad Proにくっ付けておくことで充電してくれるので充電がなくなって使いたいときに使えなかったというミスはほぼなくなることになります。

Apple Pencil 2をiPad Proに装着する

Smart Keyboard Folioと組み合わせるとカッコいいノートを持ち歩いているかのようなスタイルです。これだけで無駄に外に持ち運びたくなってしまう。やっぱりモノのデザインセンスって非常に重要ですよね。iPad Pro 10.5のSmart Keyboardの方が便利ですけどデザイン性はこちらの方が上ですよね。

ダブルタップでツール切り替え

Apple Pencil(第2世代)はペン先に近い平らになった部分にタッチセンサーを内蔵しているので、指でダブルタップするとツールを簡単に切り替えることができるようになりました。 

Apple Pencil(第2世代)ツール切り替え

「設定」から細かく設定をすることができるようになっています。

Apple Pencil 2 設定画面

ダブルタップすると消しゴムツールに切り替えたり、一つ前のツールに切り替えたり、カラーパレットを表示させたりすることが可能となっています。

インスタントメモが使いやすくなった

Apple Pencilを画面ロックがかかっているiPadにタップするとメモ帳が自動的に起動してすぐにメモ書きをすることができるインスタントメモという機能が搭載されていますが、従来のApple Pencilだとスリープ状態からインスタントメモを使うことはできませんでした。

従来のインスタントメモ
  1. ホームボタンを押してスリープ解除
  2. Apple Pencilを画面にタップする
  3. インスタントメモが起動する

しかし、Apple Pencil(第2世代)ならスリープ状態からも一発でインスタントメモを起動することができるように改良されています。

新しくなったインスタントメモ
  1. Apple Pencil 2を画面にタップする
  2. インスタントメモが起動する

iPad Pro(2018)とApple Pencil(第2世代)の組み合わせは最高です。

iPad Pro インスタントメモ 違い

仕事の電話で「今、メモ取れますか?」というシーンでめちゃくちゃ便利。メモって急いで書くことが多いですがApple Pencil(第2世代)なら本当にメモ書きすることができるのです。

軽くなって書きやすくなった

実はApple Pencil(第2世代)の重量が少しだけ軽くなっています。公式ではどちらも20.7gとなっているのですが、実際に重量を計測してみたところApple Pencil 2は3gほど軽くなっていることが分かりました。

Apple Pencil(第2世代)とApple Pencil 重量に違い

左:Apple Pencil(第2世代) 右:Apple Pencil

たった3gですがApple Pencil(第2世代)を使ってみて本当に軽く感じます。おそらく重量だけではなくApple Pencilの長さが短くなったことでApple Pencil 2を持った時の重心が後方から手前に変わったことも大きく影響しているのでしょう。

書き心地がぜんぜん違います。第2世代の方がスルスルと書くことができます。

ペンの追従性も良好

Apple Pencilは2017年モデルのiPad Pro 10.5とiPad Pro 12.9でProMotionテクノロジーに対応したことでペンの追従性が大きく向上しました。こちらはiPad Pro 10.5とiPad(第6世代)のペンの追従性を比較したものです。

Apple Pencil 2もしっかりとiPad ProのPro Motionテクノロジーに対応しているので従来のモデルと同じレベルのペンの追従性能を持っています。

まとめ:iPad Pro 2018を買ったらApple Pencil(第2世代)は必須

iPad Pro 2018は従来のApple Pencilを使うことができなくなりました。2018年モデルのiPad Proを買ったらApple Pencil(第2世代)を必然的に購入することになってしまいます。

また、Apple Pencil(第2世代)の機能を使いたいならiPad Pro 2018を選ばないといけないことになります。逆に従来のApple Pencilの機能で十分だと思うならiPad Pro 10.5インチかiPad(第6世代)を選ぶことになります。

Apple PencilとApple Pencil2 どっちを選ぶ?
  • ワイヤレス充電、タップでツールを切り替えたい → Apple Pencil 2とiPad Pro(2018)を選ぼう
  • iPadでイラストを描いたり手書きできればいい→ Apple PencilとiPad Pro(2017)or iPad(第6世代)を選ぼう

選択肢がかなり狭いような気もしますが、ワイヤレス充電に対応したApple Pencil(第2世代)は従来のApple Pencilとは完全に別物のデバイスなので仕方ないです。

ちょっと価格が高いのがキツイですが新型のiPad Pro 11インチ・12.9インチ(第3世代)を買ったら覚悟しておきましょう。その先にミライが待っています。

iPad(第6世代)の専用ペンシル「ロジクールクレヨン」もあります。iPad(第6世代)を持っているならおすすめ。

スマートキーボードとApple Pencilの使い方についてこちらの記事で詳しく書いています。参考にしてください!

iPad Pro 11インチ、12.9インチ、10.5インチの詳しいレビューはこちらからどうぞ!