学生・教職員は、お得にMac・iPadを買おう。

Apple公式サイトには「学生・教職員向けストア」が存在していて大学生や両親、教育機関の教職員の方は特別価格でApple製品を買うことができるようになっています。

そんな中で、Appleが2020年2月6日より「2020年の学割・教員割引キャンペーン・新学期を始めよう」をApple Storeで開始。このキャンペーンによりMac・iPadを購入することでさらに最大18,000円のギフトカードの還元を受けることができます。

ということで、Apple公式サイトの「学生・教職員向けストア」でApple製品がどれだけお得になるのか、さらに「新学期を始めよう」キャンペーンについても詳しく紹介していきたいと思います。

学生・教職員はApple製品が安く買える

学生・教職員の方はApple公式サイトの「学生・教職員向けストア」でMac・iPadを特別価格で買うことができます。

学生・教職員向けストア」のサイトの左上に「学生・教職員向けストアトップページ」という表示しているので、自分が今どのストアにいるか判別できるようになっています。

学生・教職員向けストア

ちなみに、iPhoneやApple Watch・整備済み製品などのサイトにもこのまま行くことができますが割引にはなりません。MacとiPadだけが割引の対象となっているので注意してください。

Appleの学割 適用条件

学生・教職員向けストアで特別割引を受けてMac・iPadを購入できるは以下の対象者となります。

対象者について
  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
  • 大学受験予備校に在籍する学生
  • 保育園・小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

現在、大学に通っている方はもちろんですが大学受験予備校に在籍している方も対象となっています。また、教職員やPTA役員になっている方も割引の対処となっています。

教職員の方って基本的にずっと割引価格で買える…ってことなんですね。すごい。今から教職員にはなれないからPTA役員を頑張ってするのか…。

なお、学生といっても大学生または高等専門学校などが対象となっていて中学生・高校生は学割で買うことができないので注意してください。

購入台数の制限

学生・教職員向けストアでの購入は年間(4月1日〜3月31日) で台数制限がかけられています。

購入台数の制限
  • iMac・Mac mini・MacBook Air/Pro:年間各1台まで
  • iPad:年間2台まで
  • ソフトウェア:各タイトル年間2本まで

なので、iMacとMacBook Airの2台体制にしようと思っても1年待ってから追加購入する必要があるということになります。なお、iPadの台数制限は緩和されていて年間2台となっています。

購入してから1年間は転売禁止

学生・教職員向けストアで購入したMacやiPadは買った日より1年間は転売することが禁じられています。つまり、1年以内にヤフオクやメルカリなどで売却してはいけない…ということになります。

そんなの分からないのでは?って思うかもですが商品発送後も販売したユーザーに対してい確認をする場合があるそうでし。

また、販売対象者でない事が判明した場合は無条件で注文のキャンセル・契約の解除、差額・その他損害金を支払うことになります。Apple IDなどからも購入履歴は追えるしどの端末を使っているかとかも分かるでしょうしね。

利益目的で使うのは絶対にやめましょう。

割引が対象となる端末

学生・教職員向けストア」割引になる端末は学業に関係することに使えるMacとiPadとなっています。

Macの割引額

MacBook Airは10,000円の割引価格で買うことができ、メインメモリを16GB・ストレージを1TBに増設した場合は12,000円OFFとなるので構成によっても割引価格が違います。

なので、一般向けのストアと学生・教職員向けストアの価格を比較しながら構成を変更していくのがいいでしょう。

MacBookシリーズ

MacBookシリーズの一般向けストア・学生・教職員向けストアの価格差をまとめました。

割引価格
 通常のストア学生・教職員向けストア
MacBook Air
(1.6GHz/2コア)
119,800円〜109,800円〜(10,000円OFF)
MacBook Pro 13
(1.4GHz/4コア)
139,800円129,800円〜(10,000円OFF)
MacBook Pro 13
(2.4GHz/4コア)
198,800円〜187,800円〜(11,000円OFF)
MacBook Pro 16
(2.6GHz/6コア)
248,800円〜227,800円〜(21,000円OFF)
MacBook Pro 16
(2.3GHz/8コア)
288,800円〜267,800円〜(21,000円OFF)

エントリーモデルのMacBook AirMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)は10,000円OFF、ハイエンドモデルのMacBook Pro 13インチ(2.4GHz)は11,000円OFF、さらにMacBook Pro 16インチは21,000円OFFとなります。

MacBook Pro 16インチをフルスペックカスタマイズすると651,800円 → 591,530(60,000円OFF)とかなり安くなります。

iMacシリーズ

iMacシリーズの一般向けストア・学生・教職員向けストアの価格差をまとめました。

割引価格
 通常のストア学生・教職員向けストア
iMac 21.5
(2.3GHz/2コア)
120,800円〜114,800円〜(6,000円OFF)
iMac 21.5
(2.3GHz/4コア)
142,800円〜136,800円〜(6,000円OFF)
iMac 21.5
(3.0GHz/6コア)
164,800円〜153,800円〜(11,000円OFF)
iMac 27
(3.0GHz/6コア)
198,800円〜187,800円〜(11,000円OFF)
iMac 27
(3.1GHz/6コア)
220,800円〜209,800円〜(11,000円OFF)
iMac 27
(3.7GHz/6コア)
253,800円〜231,800円〜(22,000円OFF)
iMac Pro
(3.2GHz/8コア)
558,800円〜513,800円〜(45,000円OFF)

iMac 21.5インチは標準モデルは11,000円の割引と少なですが、カスタマイズしてフルスペックにすると359,100円 → 329,950円(29,150円OFF)で買うことができます。

もちろん、iMac 27インチも同様にCTOの金額が大きくなると割引額が大きくなるし、iMac Proならさらに高くなるので割引額も大きくなっていきます。

デスクトップ型のMac

デスクトップ型のMacの一般向けストア・学生・教職員向けストアの価格差をまとめました。

割引価格
 通常のストア学生・教職員向けストア
Mac mini
(3.6GHz/4コア)
89,800円〜87,800円〜(2,000円OFF)
Mac mini
(3.0GHz/6コア)
122,800円〜116,800円〜(6,000円OFF)
Mac Pro
(3.5GHz/8コア)
599,800円〜559,800円〜(40,000円OFF)
Mac Pro
(フルスペック)
5,813,800円〜5,252,400円(561,400円OFF)
Pro Display XDR529,800円〜486,800円〜(43,000円OFF)

最新型のMac Proも学割の対象となってるんですね。Mac ProとPro Display XDRとの組み合わせて83,000円も安くなってる。フルスペックなら56万円も安くなるとは…!

Macを研究で使う教授さんとか少しでも安くして買ってくださいね!

iPadの割引額

iPadも全機種が学生・教職員向けストアで買うことができます。

割引価格
 通常のストア学生・教職員向けストア
iPad(第7世代)34,800円〜32,800円〜(2,000円OFF)
iPad Air 354,800円〜52,800円〜(2,000円OFF)
iPad Pro 11インチ89,800円〜84,800円〜(5,000円OFF)
iPad Pro 12.9インチ111,800円〜106,800円〜(5,000円OFF)
Apple Pencil(第2世代)14,500円13,400円(1,100円OFF)
Apple Pencil(第1世代)10,800円9,800円(1,000円OFF)

iPadはストレージ容量が増えて端末価格が高くなっても割引額は統一されていてiPad(第7世代)iPad Air 3は2,000円OFF、iPad Proは5,000円OFFとなっています。

通常価格から2,000円しか割引のないiPad Air 3ですが、少しでも安く同等スペックのiPadを手に入れたいならiPad Pro 10.5インチを整備済製品で買うという手段もあります。

iPad Pro 10.5インチは50,800円で買えます。ただし、Apple Care+は通常価格になってしまうので微妙なところではありますが…。

Apple Care+も20%割引に

学生・教職員向けストアでMacやiPadを購入するとAppleCare+を20パーセント割引価格で加入することができます。

なお、通常のAppleCare+は購入から一定期間であれば加入できますが、学生・教職員価格の20%OFFになるのはMacを同時購入した場合のみとなので注意してください。

さらに18,000円のギフトカード還元キャンペーン

2020年2月6日より「2020年の学割・教員割引キャンペーン・新学期を始めよう」が学生・教職員向けストアで開始しました。

このキャンペーンによりMac・iPadを購入することでさらに最大18,000円のギフトカードの還元を受けることができます。

キャンペーン対象機種と還元金額
対象機種Apple Store ギフトカード
MacBook Air、MacBook Pro、iMac、iMac Pro18,000円分
iPad Pro、iPad Air、Apple Pencil、Smart Keyboard12,000円分

価格の安いMacBook Airを買っても18,000円分のApple Storeギフトカードがもらえるのは大きいですね。学割によってすでに10,000円OFFになってるのにさらに18,000円もお得になりトータルで28,000円も安くなります。

Macの実質価格をまとめるとこんな感じです。

Macの実質価格(18,000円ギフトカード)
  • MacBook Air:109,800円 → 91,800円
  • MacBook Pro 13インチ:129,800円 → 111,800円
  • MacBook Pro 16インチ:227,800円 → 209,800円
  • iMac 21.5インチ:136,800円 → 118,800円
  • iMac 27インチ:187,800円 → 169,800円
  • iMac Pro:513,800円 → 495,800円

iPadの実質価格はこんな感じ。

iPadの実質価格(12,000円ギフトカード)
  • iPad Pro 11インチ:84,800円 → 72,800円
  • iPad Pro 12.9インチ:106,800円 → 194,800円
  • iPad Air 3:52,800円 → 40,800円

iPad Airも対象になっていてApple Storeギフトカード12,000円分の還元で実質40,800円になるので、かなりお得に購入することができますね。

同キャンペーンの実施は2月6日から開始していて終了時期は告知されてませんが昨年は4月3日まで開催されていたので3月末までには手続きを終わらせておきたいところです。