Magic Keyboard with Touch ID レビュー

AppleのMagic Keyboard(マジックキーボード)はiMacの標準キーボードとなっておりMac miniMacBook Air + 4Kモニターの組み合わせ時で使うことができるのでノート型のMacを使う場合も意外と役に立つ周辺機器となっています。

そして、2021年8月5日にTouch IDを内蔵した新しいMagic Keyboard with Touch IDが発売となりました。

このMagic KeyboardはiMac 24インチで同梱されてるキーボードと同じものとなっていますが、単体で買うことができるようになって、Appleシリコンを搭載しているMacでTouch IDを使って画面ロックの解除ができるようになりました。

ということで、この記事ではMagic Keyboard with Touch IDのデザイン、サイズ、使いやすさをレビューしています。M1 Mac miniを使っていてTouch IDを使いたい…と思っている方は参考にしてみてください。

iPad向けのMagic Keyboardについてはこちらをどうぞ。

Mac Magic Keyboardの特徴

Magic Keyboard with Touch ID
Magic Keyboard with Touch ID

Magic Keyboardは2015年10月に発売されたAppleの充電式のワイヤレスキーボードでiMac 27インチ、iMac 24インチに付属しているキーボードで、2021年8月にデザインが新しくなった「Magic Keyboard」と指紋認証センサー・Touch IDを内蔵した「Magic Keyboard with Touch ID」が発売となりました。

 
  Magic Keyboard Magic Keyboard with Touch ID
キーボード フルサイズキーボード
テンキー なし なし or あり
生体認証機能 Touch ID内蔵
充電ポート USB-C – Lightningケーブル
サイズ 高さ:4.1~10.9mm
幅:278.9mm
奥行き:114.9mm
重量 239g 243g
本体カラー シルバー
価格 10,800円 テンキーなし:15,800円
テンキー付き:18,800円

通常版とTouch ID内蔵版の本体サイズは同じとなっていますが、重量が少しだけTouch IDを内蔵しているモデルの方が重くなっています。また、Touch IDを内蔵しているモデルはテンキー付きを選ぶこともできます。

Magic Keyboardの特徴
  • 充電式Bluetooth対応ワイヤレスキーボード
  • Appleシリコン Macで指紋認証機能が使える(Touch ID内蔵モデル)
  • キーの高さが低めで高速タイピングができる
  • キーの高さが低くて持ち運びにも適している
  • iPadのワイヤレスキーボードとしても使える
  • JIS・US・UKなど各国のキー配列がある
  • キーボードの耐久性はかなり高い

iMac 27インチは2015年に発売されたMagic Keyboardが付属してきますが、iMac 24インチより新しいMagic Keyboardが付属しており、2021年8月に発売されたMagic KeyboardはiMac 24インチに付属していたモデルと同じとなっています。

新しいMagic Keyboardはデザインが少し丸みのあるスタイルに一新されましたが、それ以外の変更点はなくキーの素材、タイピング感は従来のキーボードと全く変わりありません。デザインが新しくなって、指紋認証のTouch IDを内蔵したモデルを選べるようになったのが今回の新モデルの特徴となっております。

Magic Keyboard with Touch IDを選ぶことでM1を搭載しているMac miniでTouch IDが使えるだけでなく、M1 MacBook Airでクラムシェルモードにしながらも指紋を使って画面ロック解除ができるので、便利に使うことができます。

YouTubeで動画レビューもしています。

\Magic Keyboardをチェックする/

Mac Magic Keyboard レビュー

Magic Keyboardの付属品

この記事でレビューしているのはTouch ID内蔵のMagic Keyboardのシルバーをレビューしています。

同梱品はUSB-C – Lightningケーブルと説明書のみです。

Magic Keyboard 同梱品
ケーブルと説明書が同梱している

USB-C – Lightningケーブルは耐久性の高い編み込み式となっています。

編み込みタイプのUSB-C - Lightningケーブル

Magic Keyboardへの充電はこのケーブルを使ってすることになり、USB-Cポートを搭載しているMacと接続することでペアリングを即完了させることができます。

Magic Keyboardの外観デザイン・サイズ

Magic Keyboardの本体サイズは278.9 × 114.9 × 4.1~10.9mmとなっておりフルサイズキーボードでありながらもコンパクトなサイズ感となっています。

Magic Keyboard with Touch ID
Magic Keyboard with Touch ID

キーのサイズ、幅はMacBook Air、MacBook Proに内蔵しているMagic Keyboardと全く同じとなっており、iMacをメインマシンで使いながら外での作業をMacBook Proでやったとしてもキーボードのサイズが変わりません。

MacBook ProとMagic Keyboard
MacBook Proと同じサイズのキーボード

つまり、違う端末を並行して作業したとしてもタイピングミスも防ぐことができ作業効率を向上させることができます。

この記事でレビューしているMagic KeyboardはJIS配列ではなくUS配列のキーボードとなっております。JIS配列の場合は日本語かなが刻印されてキーの形状が少し異なるものとなっています。

JIS配列のMagic Keyboard

どちらが使いやすいかは完全に好み、慣れの問題ではありますが、個人的にはセンターポジションがしっかりと中央にあるUS配列のキーボードの方がタイピングはしやすいくて効率はいいと思っております。

Magic Keyboardは上から下に向けて傾斜が付いているので自然なスタイルで作業することができるので、自然なスタイルを保ったまま長時間作業をすることが可能となっています。

Magic Keyboardはキーの高さが普通のメカニカルキーボードよりも低くストローク量が短くなっていて軽くタイプするだけでもキーをしっかり押せるので素早く軽快に文字入力することができるので、意外と高速タイピングしたいという方におすすめのキーボードです。

余計な力を入れることなく流れるようにタイピングできるので慣れると手に負担をかけずに作業することもできます。個人的には高いキーのキーボードはやっぱり苦手なところがあるので、キーの高さが低いMagic Keyboardはとても使いやすいなぁと感じております。

裏面はマット調の質感の高いポリカーボネート素材となっており滑り止めが付いているので激しくタイプングしても安定した作業ができるようになっています。

Magic Keyboard 底の素材
滑り止めがあるので安定感がある

電源ボタンは右側の上側面に搭載していて、緑色の印が見えている状態が電源ONとなっています。

Magic Keyboard 電源ボタン
電源ボタンはキーボードの右上サイドに

一度もペアリングしたことがない状態で電源をONにすると自動的にペアリングモードになるので始めて使う時も特に難しい設定なしで使うことができます。

Magic Keyboardの後ろ側にLightningポートを搭載しているので、バッテリーがなくなったらMacや電源アダプタからケーブルを接続して充電することができます。

Magic Keyboard Lightningポート
Lightningポートを搭載している

Magic Keyboardの電池残量はMacなら右上のメニューバーのBluetoothのアイコンの部分で確認をすることができます。

Magic Keyboard 充電する
Magic Keyboardを充電する

Magic Mouseは充電中は使用できなくなってしまいますがMagic Keyboardは充電をしながらも作業を続行できるのはありがたいですよね。というか、これが普通の状態ですね。

テンキーなしか?テンキー付きか?

なお、Magic Keyboard with Touch IDはテンキー付きのキーボードを選ぶこともできます。

Magic Keyboard with Touch ID テンキー付き

数字を扱うことが多い方はテンキー付きのMagic Keyboardの方がいいですが、あまり数字を扱うことがなくてマウスを使っている方はテンキーなしの方がおすすめです。

iMacとMagic Keyboardの配置

テンキーありモデルだとテンキー部分が邪魔になってしまいマウスが遠くなってしまい作業がしにくくなりますが、テンキーなしモデルなら画面に対して中央にキーボードを置くことができ、Magic Keyboardの右側すぐにマウスを置くことができ作業効率を上げることができます。

数字の入力をすることが多いかどうかでどちらを選ぶべきか判断するのがいいでしょう。

Touch IDを内蔵したモデルを選べる

2021年8月発売のMagic KeyboardはTouch ID非搭載モデルとMagic Keyboard搭載モデルのどちらかを選ぶことができますが、「Magic Keyboard with Touch ID」を選ぶことでM1 Mac miniで指紋を使ってスリープ解除ができるようになります。

Magic KeyboardのTouch ID
Touch IDを使ってスリープ解除ができる

Mac miniはもともとTouch IDの項目がないですが、ケーブルで接続して電源ボタンを2回押すことでTouch IDの項目が設定画面に出現し、指の指紋を登録して使うことができます。

また、M1チップを搭載しているMacBook Air、MacBook ProでもMagic KeyboardのTouch IDを使って画面ロック解除することができます。

MacBook本体側のTouch IDを使って登録した指紋はそのまま使うことができるため、登録し直しは必要ありません。どちらのTouch IDでもきちんと認識してくれるので、外でMacBookのTouch IDを使って、自宅や職場ではクラムシェルモードでMagic KeyboardのTouch IDを使ってスリープ解除ができます。

新旧Magic Keyboardの違いを比較

Magic Keyboardは通常のキーボードと同じシザー構造を採用し、旧世代の2015年以前まで販売されていたApple Wireless Keyboardから改良されたシザー構造のキーボードとなっており従来よりもキーの高さが安定性の高いものになっています。

Magic KeyboardとApple wireless keyboard
左:Magic Keyboard、右:Apple wireless keyboard

Apple Wireless Keyboardのキーは少しフニャフニャとして安定性に欠けるところがありましたが、2015年に発売したMagic Keyboardはキーの構造が改善されていて安定性の高いキーボードになっています。

2021年発売の新しいMagic Keyboardとの違いについてですが、キー部分の向上はおそらく同じです。材質も同じ、配列もほぼ同じ、タイピング感も変わりありません。

Magic Keyboard 新旧の違い
左が新しくなったMagic Keyboard

キーボード四隅の丸角のアールが新しくなったMagic Keyboardはより丸みを帯びたのがわかります。

Magic Keyboard 新旧の違い(本体の丸み)
新旧のMagic Keyboard

この丸みは実はMacBookの四隅、トラックパッドの四隅の角度と全く同じとなっています。

角丸のアールが統一されたことで、より一体感のあるスタイルでMacを使うことができますね。ちなみに、iMac 24インチの画面の角丸の角度と同じとなっております。

バタフライキーボードとの違い

バタフライ構造のキーボードを採用しているMacBook Pro 13インチ(2018)MacBook Air(2019/2018)とMagic Keyboardのキーの高さの違いを比較してみました。

Magic KeyboardとMacBookのバタフライキーボードを比較
バタフライキーボードとMagic Keyboard

こうやって比較するとバタフライ構造のキーボードの高さってめちゃくちゃ低いですよね。

Magic Keyboardは初めてバタフライ構造のキーボードを採用したMacBook(2015)の後に発売されたのでバタフライ構造を採用するのかなと思っていましたが違いました。

バタフライ構造のキーボードは第2世代、第3世代と改良していますが不具合問題は解決できていません。つまり、Appleはハードに使用するMagic Keyboardにはバタフライ構造のキーボードは耐えることができない…ということなんでしょう。

Magic Keyboardは安定性が高くて個人的にはタイピングしやすいです。このキーボードがMacBookシリーズに採用されたら最強なんだけど、薄型を追求しなければいけないMacBookシリーズには厳しいでしょうね。

なお、2019年11月に発売されたMacBook Pro 16インチはバタフライ構造のキーボードを廃止してシザー構造のMagic Keyboardに刷新し現行の全モデルのキーボードで採用しています。

タイピング音は少し騒がしい

Magic Keyboardはタイピングはとてもしやすいキーボードですが音は少し騒がしいと感じるかもしれません。こちらの動画は旧世代のMagic Keyboardのタイピング音を収録したものとなっていますが、新しいMagic Keyboardのタイピング音も全く同じとなっています。

同じシザー構造のキーボードを採用しているMacBookのMagic Keyboardよりも音は騒がしいですね。同じMagic Keyboardでも単体キーボードとMacBookのキーボードでは少し感覚が異なるのが疑問でしかないです。

\Magic Keyboardをチェックする/

JIS配列とUS配列の違い

Magic Keyboardは各国の配列のキーボードを選ぶことができるので、日本にいながらしても好きなキー配列のキーボードを手に入れることができます。個人的に、US配列でないとスムーズにタイピングできないのでUS配列のMagic Keyboardを使っています。

JIS配列とUS配列のキーボードはどう違うのか比較してみました。

US配列の方が見た目が美しい…ということは確かに大事なんですけど、そんなことよりも操作性がJIS配列よりもUS配列の方が圧倒的に高いことを重視しています。

Magic Keyboard JIS配列とUS配列の違い
JIS配列のホームポジションは左にずれている

JIS配列のMagic Keyboardはホームポジションが左寄りになっているためエンターキーが少し離れています。なので、小指を頑張って伸ばさないとエンターできないのでとても使いにくいんですよね。

US配列のMagic Keyboardならホームポジションが中央にあるのでエンターキーも自然に押すことができ、タイピングがとてもしやすいのです。これがJIS配列ではなくUS配列を選んでいる理由です。

言語切り替えについてですが、JIS配列のMagic Keyboardは「スペース」の両脇に「英数」と「かな」が配置されているので言語切り替えをスムーズにすることができますが、US配列の「スペース」の両脇は「command」となっており言語切り替えが「control + スペース」を両押しする必要があります。

ただ、「caps lock」に言語切り替えの機能を割り当てすることができますし、「英かな」や「Karabiner」というアプリをMacにインストールすることでUS配列の「⌘」を「英数」と「かな」と同じ機能に割り当てることができるのでUS配列のキーボードでも全く問題はありません。

Magic Keyboardの耐久性について

従来のMagic Keyboardは2015年に購入して5年ほど使ってきた個体になるものがあるのですが、全く壊れることなく快適にタイピング作業することができていました。

Magic Keyboard 耐久性

さすがに印字が剥がれてしまったり傷などはかなり負ってしまってはいますが、動作は全く問題ありません。

キーボードの耐用年数がどれくらいあるものなのかよく分かりませんが、Magic Keyboardの前身であるApple Wireless Keyboardも5年ほど使用してましたが、まだ現役で動作しているので耐久性はかなり高いといっていいのではないでしょうか。

MacでMagic Keyboardを使う方法

Magic KeyboardをMacに接続する方法についてです。

有線・無線(Bluetooth)接続する

Magic KeyboardはOS X 10.11以降をインストールしたBluetooth対応の全てのMacで使うことができ、Lightningケーブルを使って接続するだけで使うことができます。

MacとMagic Keyboardを接続する
LightningケーブルでMagic Keyboardを接続する

自動的にペアリングが完了しているので Lightningケーブルを外してもそのまま使うことができます。

Magic Keyboard Bluetooth接続
自動的にペアリングする

なので、わざわざBluetoothの設定画面からMagic Keyboardのペアリング設定をする必要がないのです。初心者に優しいですよね。めちゃくちゃ簡単に設定することができます。もちろん、Bluetoothの設定画面からもペアリングすることができます。

Touch IDを使う場合はAppleシリコンを搭載しているMacから「システム環境設定」の「Touch ID」から指紋を登録することで使うことができます。

iPadでMagic Keyboardを使う方法

Magic Keyboardはバージョン9.1以降のiOSがインストールされたiPad、iPhoneで使うことができます。

USB-C-Lightningケーブルで有線接続する

2018年モデルのiPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9インチはUSB-Cポートが採用されたので、USB-C – Lightningケーブルを使って有線接続でMagic Keyboardを使って作業することができます。

iPad ProとMagic Keyboardを有線接続

従来のiPadでもLightning-Lightningケーブル(オスオス)を使うことで接続することが可能です。

ただ、 Lightningケーブルのオスオスってほとんどないので変換コネクタを間に入れるかこちらのケーブルを使う必要があります。とはいえ、iPadで有線接続して作業するメリットはほとんどないと思うので無線で接続して使えばいいのかなと思います。

Bluetoothで無線接続する

iPadでMagic Keyboardを使うには通常はBluetoothで接続することになります。

Magic Keyboardの電源をONにして「設定」→「Bluetooth」を開くと「その他のでデバイス」という項目に「Magic Keyboard」が表示されるので、これをタップしましょう。

「自分のデバイス」という項目にMagic Keyboardが「接続済み」になればペアリング完了です。

キー入力の遅延もなくとても快適に作用することができます。

iPadとMagic Keyboardを接続
Magic KeyboardとiPadで作業をする

なお、ペアリングしてキーボードとして使うことはできますが、Touch IDは使えないので注意をしてください。本当なら顔認証にしか対応していないiPad Pro 11・12.9との組み合わせでTouch IDを使うことができたら、マスクをしていてもパスコードを入力することなく使えたんですけどね。

Touch IDに対応しているiPad Air 4でも反応しません。いずれ、アップデートで対応してくれることに期待ですね。

iPad AirやiPadはSmart Keyboard、iPad Proは専用のSmart Keyboard Folioがありますが高価ですしSmart CoverやSmart Folioと組み合わせで使うのもアリではないでしょうか。

iPadやiPad miniにも使える

エントリーモデルのiPad(第8世代)はSmart Keyboardを使うことができますが、もっとシンプルに運用したいならMagic Keyboardとの組み合わせもいいかもしれません。

もちろん、iPad miniでもMagic Keyboardを接続して作業できるのでリュックの中にiPad miniとMagic Keyboardを放り込んでおいて外でペアリングをしてササッと作業することもできます。

Magic Keyboard レビュー・評価:まとめ

Magic Keyboardのメリット

Magic Keyboardはシンプルなデザインを採用することでフルサイズキーボードでありながらもコンパクトで無駄のないスタイルを実現しているので、モバイル用途のキーボードとしても使えるものとなっています。

Magic Keyboard メリット
  • 無駄のないシンプルなデザインで使いやすい
  • Touch IDを搭載している(選択できる)
  • 充電式なので電池交換は必要ない
  • 耐久性がかなり高いので長く使える
  • MacだけでなくiPadでも使える

2021年8月に発売したモデルはTouch IDを内蔵したモデルも選ぶことができて、M1チップを搭載しているMacとの組み合わせで指紋認証機能を使うことができるのは大きな進化といっていいでしょう。本体カラーはシルバーしか選ぶことができないですが、Mac miniのキーボードとして使うのなら問題はないですよね。

また、Magic Keyboardはキーの高さが低いので持ち運びも気軽にすることができるのでカバンの中に放り込んで外に持ち運びも簡単にできます。

これだけ薄いキーボードなのでiPadに適したキーボードはSmart Keyboardは高いと思う方はMagic Keyboardを選ぶのもいいと思います。

Magic Keyboard のデメリット

MacのMagic Keyboardは従来のモデルはTouch IDを搭載してなかったのがデメリットとなっていましたが、新しいモデルになったことで、このデメリットがなくなりました。デスクトップ型のM1 Mac miniでも指紋でスリープ解除ができるようになりました。

とはいえ、従来モデルと基本スペックは同じでタイピング音が少しうるさいのかなと感じます。

Magic Keyboard デメリット
  • タイピング音が少しうるさい
  • iPadでTouch IDが使えない
  • 複数端末の切り替えができない
  • 端末価格は少し高め

Magic keyboardは基本的にMac向けとなっているためかAppleシリコンを搭載しているiPadでもTouch IDを使うことはできません。ただ、技術的には可能なはずですしアップデートで対応してくれる可能性はあるのかもしれません。

また、複数の端末に簡単に切り替えできる機能がないのは残念ですね。ワンタッチでペアリングしなおすことができたら、使用率はかなり向上するんじゃないでしょうか。

Magic Keyboardはどんな人におすすめか

基本的にApple端末を使っている方におすすめのキーボードとなっていますが、とくにM1チップを搭載してるMac miniを使っている人、M1チップを搭載しているMacBookを使っていてクラムシェルモードで作業をしている方におすすめです。

指紋を使ってスリープ解除することができます。パスコードから解放されるので効率が上がることは間違いないですよ。

\Magic Keyboardをチェックする/

複数の端末を使っていて切り替えて使うことがあるならLogicool MX KEY for Macがおすすめです。US配列のMac専用のキーボードとなっていてバックライトを内蔵していて、端末を3台切り替えて使うことができるのでiMac 27インチMacBook Pro 13インチなど複数端末を使ってる方にお勧めです。

iPad ProのSmart KeyboardとSmart Keyboard Folio、Magic Keyboardはこちらをどうぞ。

MacBookシリーズ、iMacはこちらです。

他にも数多くのワイヤレスキーボードを試しているので参考にしてください。

キーボードをAmazonでお得に買う方法

ワイヤレスキーボードを買うと決めたならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券