Magic Keyboard レビュー

Appleのワイヤレスキーボード・Magic Keyboard(マジックキーボード)はiMacを買うと標準のキーボードですが、MacBook Proでデュアルモニター環境を構築したりiPadのワイヤレスキーボードとしても快適に使うことができる万能なワイヤレスキーボードとなっています。

個人的にはタイピング感が最高でとても使いやすいのでメインマシンであるiMacの相棒として使っています。この記事ではMagic Keyboard(マジックキーボード)のデザインや使い勝手などレビューしたいと思います。

Magic Keyboard(マジックキーボード)レビュー

ここでレビューしているMagic Keyboardは購入から4年経過したものとなっています。

MacBook Proの外部キーボードとして購入してiMacのキーボードとしても使い続けており、僕にとっては欠かすことができない一番身近なデバイスといってもいいかもしれません。

Magic Keyboardの特徴
  • 充電式のBluetooth対応ワイヤレスキーボード
  • キーの高さが低いので高速タイピング可能
  • タイピング感は良好。というか最高
  • キーの高さが低いの持ち運びにも適している
  • MacだけではなくiPadのワイヤレスキーボードにも最適
  • 耐久性がまあまあ高いと思う

Magic Keyboardは2015年10月に発売されたAppleの充電式のワイヤレスキーボードでiMacやiMac Proに付属しているキーボードです。充電式なので電池交換が必要ありません。

iMac Proに同梱されているテンキー付きのMagic Keyboardでカラーがスペースグレイとなっていますが、個人的にはテンキーなしのスペースグレイが欲しい…。

なお、Magic Keyboardが発売してすぐに購入したので2018年10月で3年経過し4年目に突入し見た目はかなりボロボロですが、壊れることなく使えているので耐久性は良いといっていいでしょう。

なお、この記事で使っている画像はiMacを買ったときに同梱していた新品のピカピカのMagic Keyboardを使っています。

テンキーなし・あり どっちがいい?

Magic Keyboardはとてもシンプルなデザインで無駄なものは一切ありません。

Magic Keyboard(マジックキーボード)の外観デザイン
テンキーなしのMagic Keyboard

これはテンキーなしのMagic Keyboardですがテンキー付きは右側に数字のキーが搭載されています。

数字を扱うことが多い方はテンキー付きのMagic Keyboardの方がいいですが、あまり数字を扱うことがない、マウスを使っている、という方はテンキー無しの方がおすすめ。

テンキーありモデルだとテンキー部分が邪魔になってしまいマウスが遠くなってしまいます。

iMacとMagic Keyboardの配置
マウスを使うならテンキーなしが良い

テンキーなしモデルなら画面に対して中央にキーボードを置くことができ、Magic Keyboardの右側すぐにマウスを置くことができます。

キーボードのベゼル(?)がかなり狭く、きちんと傾斜が付いているので自然なスタイルでタイピングをすることが可能となっています。

Magic Keyboard キーの大きさ

Magic Keyboardはキーの高さが普通のメカニカルキーボードよりも低くストローク量が短くなっているので軽くタイプするだけでもキーをしっかり押すことができるので軽快に文字入力できるのが特徴です。

ただし、タイピングの感触の好みは個人差があり一概にMagic Keyboardが最高とは言えないのが難しいところ。Apple信者の方でもPFUのHHKBを愛しているユーザーさんも多いですし。

まあ、僕は背の高いキーは苦手なのでやっぱりMagic Keyboardが最高ですね。いろんなキーボードを使ってきましたがやっぱりここに落ち着いています。

裏面は光沢のあるポリカーボネート素材となっており滑り止めが付いているので激しくタイプングしても安定した作業をすることができるようになっています。

Magic Keyboard 滑り止め
滑り止めがあるので安定感がある

電源ボタンは右側の上側面に搭載していて緑色の印が見えている状態が電源ONとなっています。

一度もペアリングしたことがない状態で電源をONにすると自動的にペアリングモードになるので始めて使う時も特に難しい設定なしで使うことができます。

Magic Keyboard 電源ボタン
電源ボタンはキーボードの右上サイドに

充電はMagic Keyboardの後ろ側にLightningポートが搭載されています。

Magic Keyboard Lightningポート
Lightningポートを搭載している

Magic Keyboardの電池残量はMacなら右上のメニューバーのBluetoothのアイコンの部分で確認をすることができます。充電はiPhoneを充電するのと同じ要領でLightningケーブルを接続してできます。

Magic Keyboard 充電方法
キーボードを充電しながら使用可能

Magic Mouse 2は充電中は使用不可となってしまいますがMagic Keyboardは充電をしながらも作業できるのはいいですよね。

MacBook Proのバタフライキーボードとの違い

Magic Keyboardは通常のキーボードと同じシザー構造が採用しています。

キーボードの厚みが従来のキーボードがよりも薄いですが、MacBook Proなどに採用されているバタフライ構造のキーボードではないんですよね。

旧世代のApple Wireless Keyboardから改良されたシザー構造のキーボードなので従来よりもキーの高さが安定性の高いものになっています。

Magic KeyboardとApple wireless keyboard
左:Magic Keyboard、右:Apple wireless keyboard

Apple Wireless Keyboardのキーは少しフニャフニャとして安定性に欠けるところがありましたがMagic Keyboardは改善されていて使いやすくなっています。

バタフライ構造のキーボードを採用しているMacBook AirとMagic Keyboardのキーの高さの違いを比較してみました。

Magic KeyboardとMacBookのバタフライキーボードを比較
バタフライキーボードとMagic Keyboard

こうやって比較するとバタフライ構造のキーボードの高さってめちゃくちゃ低いですよね。

Magic Keyboardは初めてバタフライ構造のキーボードを採用したMacBook(2015)の後に発売されたのでバタフライ構造を採用するのかなと思っていましたが違いました。

バタフライ構造のキーボードは第2世代、第3世代と改良していますが不具合問題は解決できていません。

つまり、Appleはハードに使用するMagic Keyboardにはバタフライ構造のキーボードは耐えることができない…ということなんでしょう。

Magic Keyboardは安定性が高くて個人的にはタイピングしやすいです。このキーボードがMacBookシリーズに採用されたら最強なんだけど、薄型を追求しなければいけないMacBookシリーズには厳しいでしょうね。

なお、次期MacBook Proはバタフライ構造のキーボードを廃止してシザータイプの新型のキーボードを採用するという情報もあります。

タイピング音はちょっと騒がしいかも

Magic Keyboardはタイピングはとてもしやすいキーボードですが、音は少し騒がしいと感じるかもしれません。

MacBook Air(2018)に採用されている第3世代バタフライ構造のキーボードは第2世代と比べてタイピング音がかなり静かになっていますが、これよりもMagic Keyboardのタイピング音は大きくなっています。

Magic Keyboardを使用した時のタイピング音です。

第2世代、第3世代のバタフライ構造のキーボードのタイピング音です。

Magic Keyboardは第2世代バタフライ構造のキーボードよりもタイピング音が静かですが、第3世代と比べるとちょっと音が騒がしい感じです。

まあ、Magic Keyboardは自宅や職場で使うことが多いのでタイピング音はあまり気にしなくてもいいのかなと思います。

JIS配列とUS配列の違い

僕はUS配列でないとスムーズにタイピングできないのでUS配列のMagic Keyboardを使っています。

JIS配列のMagic KeyboardがiMac 5Kを購入した時に付属していたので参考までにJIS配列とUS配列の違いを比較してみました。

US配列の方が見た目が美しい…ということは確かに大事なんですけど、そんなことよりも操作性がJIS配列よりもUS配列の方が圧倒的に高いことを重視しています。

Magic Keyboard JIS配列とUS配列の違い
JIS配列のホームポジションは左にずれている

JIS配列のMagic Keyboardはホームポジションが左寄りになっているためエンターキーが少し離れています。なので、小指を頑張って伸ばさないとエンターできないのでとても使いにくいんですよね。

しかし、US配列のMagic Keyboardならホームポジションが中央にあるのでエンターキーも自然に押すことができ、タイピングがとてもしやすいんですよね。

これがJIS配列ではなくUS配列を選んでいる理由です。

JIS配列のMagic Keyboardは「スペース」の両脇に「英数」と「かな」が配置されているので言語切り替えをスムーズにすることが可能です。

しかし、US配列の「スペース」の両脇は「command」となっており言語切り替えが「control + スペース」を両押しする必要があります。

ただ、「英かな」や「Karabiner」というアプリをMacにインストールすることでUS配列の「⌘」を「英数」と「かな」と同じ機能に割り当てることができるので全く問題はありません。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

Magic Keyboardの耐久性について

Magic Keyboardは2015年10月に発売されたモデルです。

発売後にすぐに購入したので3年ほど使用して4年目に突入していますが全く壊れることなく快適にタイピング作業をすることができています。

メイン環境のiMac 27インチモデルで使っているのでかなり使い込んでいますが、機械的なトラブルはこれまで一度も起きたことはありません。

さすがに印字が剥がれてしまったり傷などはかなり負ってしまってはいますが、動作は全く問題ありません。

Magic Keyboard 耐久性

キーボードの耐用年数がどれくらいあるものなのかよく分かりませんが、Magic Keyboardの前身であるApple Wireless Keyboardも5年ほど使用してましたが、まだ現役で動作しているので耐久性はかなり高いのかなと思います。

MacでMagic Keyboardを使う方法

Magic KeyboardをMacに接続する方法についてです。

有線・無線(Bluetooth)接続する

Magic KeyboardはOS X 10.11以降をインストールしたBluetooth対応の全てのMacで使うことができます。Macの場合はLightningケーブルを使って接続するだけで使うことが可能となります。

Magic Keyboard 有線で接続する
LightningケーブルでMagic Keyboardを接続する

また自動的にペアリングが完了しているので Lightningケーブルを外してもそのまま使うことができます。

Magic Keyboard Bluetooth接続
自動的にペアリングする

なので、わざわざBluetoothの設定画面からMagic Keyboardのペアリング設定をする必要がないのです。初心者に優しいですよね。めちゃくちゃ簡単。

iPadでMagic Keyboardを使う方法

Magic Keyboardはバージョン9.1以降のiOSがインストールされたiPadやiPhoneで使うことができます。

USB-C-Lightningケーブルで有線接続する

2018年モデルのiPad ProはUSB-Cポートが採用されたので、USB-C – Lightningケーブルを使って有線接続でMagic Keyboardを使って作業することができます。

iPad Proに有線でMagic Keyboardを使う

例えば、AnkerのLightning -USB-Cケーブルを使うことで優先でMagic Keyboardを接続することができます。

従来のiPadでもLightning-Lightningケーブル(オスオス)を使うことで接続することが可能です。

ただ、 Lightningケーブルのオスオスってほとんどないので変換コネクタを間に入れるかこちらのケーブルを使う必要があります。とはいえ、iPadで有線接続して作業するメリットはほとんどないと思うので無線で接続して使えばいいのかなと思います。

Bluetoothで無線接続する

iPadでMagic Keyboardを使うには通常はBluetoothで接続することになります。

Magic Keyboardの電源をONにして「設定」→「Bluetooth」を開くと「その他のでデバイス」という項目に「Magic Keyboard」が表示されるので、これをタップしましょう。

iPadにMagic KeyboardをBluetooth接続する方法

「自分のデバイス」という項目にMagic Keyboardが「接続済み」になればペアリング完了です。

Magic Keyboard iPad ProにBluetooth接続

キー入力の遅延もなくとても快適に作用することができます。

Magic KeyboardをiPadに無線接続
Magic KeyboardとiPadで作業をする

iPad Proは専用のSmart Keyboardがありますが高価ですしSmart CoverやSmart Folioと組み合わせで使うのもアリではないでしょうか。

Magic KeyboardならiPad(第6世代)やiPad miniにも使える!

エントリーモデルのiPad(第6世代)はSmart Keyboardを使うことができませんが、Magic KeyboardはBluetoothの接続ができるのでiPad(第6世代)と組み合わせて使うことができます。

Magic KeyboardをiPad(第6世代)で使う

もちろん、iPad miniでもMagic Keyboardを接続して作業できるのでリュックの中にiPad miniとMagic Keyboardを放り込んでおいて外でペアリングをしてササッと作業することもできます。

なお、iPad 10.2インチ(第7世代)はスマートキーボードを装着できるようになっています。

まとめ:Magic Keyboardは頼もしいパートナー。

僕の作業環境にはMagic Keyboard欠かすことができないパートナーです。メイン環境がMacBook Proの時から愛用していますし、これからも使い続けることになるでしょう。

Magic Keyboard おすすめポイント
  • 無駄のないシンプルなデザインで使いやすい
  • 充電式なので電池交換は必要ない
  • 耐久性がかなり高いので長く使える
  • 白色なので汚れが見立たない
  • MacだけでなくiPadでも使える

Magic Keyboardのテンキーなしは本体カラーがホワイトしかありませんが、手の汚れがキーに付着しても目立たないのもメリットの一つです。

MacBookシリーズのバタフライキーボードは黒色でカッコイイんですけど指の汚れが付着したりするので意外と気を使うんですよね…。でも、Magic Keyboardはちょっと手が汚れてても(きたない)タイピングしまくることができるので気分的に楽なんですよね。

また、Magic Keyboardはキーの高さが低いので持ち運びも気軽にすることができるのでカバンの中に放り込んで外に持ち運びも簡単にできます。

Magic KeyboardとiPad Pro

これだけ薄いキーボードなのでiPadに適したキーボードはSmart Keyboardは高いと思う方はMagic Keyboardを選ぶのもいいと思います。

Magic Keyboard 残念ポイント
  • タイピング音が少しうるさい
  • Touch IDを搭載していない

2016年以降のMacBook ProにはTouch IDを内蔵したTouch Barを、2018年以降MacBook AirはTouch IDを搭載しているので指紋認証によるロック解除や決済ができます。

しかし、Magic KeyboardはTouch IDがないのでプロ仕様であるiMac ProですらTouch IDを使うことができないというデメリットがあります。

いつか対応してくれることに期待ですね。

iPad Pro 11インチと12.9インチ(第3世代)のSmart Folioはちょっと価格が高いのでサードパーティ製のカバーがおすすめです。上の写真のカバーはDTTOのレザーケースとなっていて1,700円ほどで購入できるのでAppleの高すぎる純正カバーよりもいいのかなと思います。

iPad ProのSmart KeyboardとSmart Keyboard FolioやiPad Pro 11インチと12.9インチ(第3世代)のレビューはこちらをどうぞ!

MacBookシリーズ、iMacのレビューはこちらです!是非参考にしてください!

他にも数多くのワイヤレスキーボードを試しているので是非参考にしてください。

キーボードをAmazonでお得に買う方法

ワイヤレスキーボードを買うと決めたならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

また、Amazonプライム会員になると送料が無料になるだけではなく動画ストリーミングサービスのプライムビデオを観ることができるようになったり、様々なメリットがあります。

普通にAmazonで買い物をするならAmazonプライム会員の年会費をすぐにペイすることができるのでおすすめです。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

iMac 21.5インチ、27インチのどっちを選ぶべきか、どのモデルを選ぶべきかはこちらの記事に詳しく書いています。