Apple 2024

2023年、AppleはiPhone 15シリーズをはじめApple Watch 9、Apple Watch Ultra、M3チップのMacBook Pro 14インチ、iMac 24インチなどをリリースしましたが、2024年にどんな魅力的な新製品を発売するのか気になるところです。

この記事では、2024年に発売されるApple製品は何があるのか?いつ発売されるのか?どんなスペックなのか?など予想や噂のある端末をまとめました。

Appleの2024年はApple Vision Proを発売するなど今までにない製品を投入される予定でどのような製品ラインアップになっていくのかワクワクが止まりません。

新製品の時期については過去のモデルのタイミングを考慮し予想しております。

2024年2月の新製品

Apple Vision Pro(米国)

Apple Vision Pro

2023年6月6日から開催されるWWDC 2023でApple Vision Proが発表となり2024年2月2日に米国で発売しました。日本での発売は2024年末を予定しています。

Apple Vision ProはAppleとして初のヘッドセットでハウンジング内のセンサーによる視線の追跡や12つカメラを使って目と手の動きを認識して操作が可能です。

Apple Vision ProのUI

両眼に4K解像度以上のピクセルのディスプレイにM2チップと新チップとなるR1を搭載した超高性能なヘッドセットで空間にアプリのアイコンが表示されて目の視線や手によるジェスチャーにも対応します。

端末価格は米国で3,499ドル、日本円で50〜60万くらいでしょうか。なかなかいいお値段しますが使ってみたいですね。

Apple Vision Proを詳しく見る

2024年3月の新製品

iPhone SE(第4世代)

iPhone SE
iPhone SE(第4世代)の特徴(予想)
  • デザイン:iPhone 14をベース
  • ディスプレイ:6.1インチ
  • SoC:A15 Bionic
  • メモリ:4GB、ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 通信:Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6
  • 充電:USB-C、ワイヤレス充電対応
  • 発売日:2024年3〜4月(予想)

現行のiPhone SE(第3世代)は2022年4月に発売されて2年目なので、そろそろ後継機種となるiPhone SE(第4世代)に期待です。

iPhone SE(第4世代)はホームボタンがなくなって6.1インチのiPhone 14をベースに開発されてシングルカメラ、USB-Cポートを搭載すると見られています。

個人的には5.8インチのPhone XSをベースにしてくれると嬉しいですね。サイズもコンパクトでデザインもiPhone SEらしい雰囲気ですし6.1インチとの差別化も可能です。

iPhone SE(第4世代)は2024年3〜4月に発売される可能性が高いですが、2025年にずれ込むという情報もあります。

iPhone SE(第4世代)を詳しく見る

iPad Pro 11インチ(第5世代)/ 13インチ

iPad Pro 11インチ
iPad Pro(2024)の特徴(予想)
  • 新しい筐体デザインに刷新
  • 画面サイズ:11インチ / 13インチ
  • ディスプレイ:有機EL
  • SoC:M3チップ、メモリ:8GB
  • ストレージ:128 / 256 / 512GB / 1TB
  • 通信:Bluetooth 5.4、Wi-Fi 7
  • ペン:Apple Pencil(USB-C)、Apple Pencil(第2世代)
  • 充電:USB-C
  • 発売日:2024年3〜4月(予想)

2023年はiPad Proの新型モデルがでなかったので2024年の発売は間違いないでしょう。今までと同じように画面サイズが2種類あって11インチと12.9インチが13インチに画面が拡大すると予想されています。

iPad Pro 11インチ(第5世代)iPad Pro 13インチはデザインが刷新し有機ELディスプレイを搭載し最も薄くて軽いタブレット端末になってSoCはM3チップが搭載されるようです。

最新の情報では端末の薄さが「5mm」になるとも言われていて、こんなに薄くなって大丈夫なのかと思ってしまうほどです。

随分前からiPad Proのディスプレイが液晶から有機ELになると言われ続けてますが、端末価格が高くなるリスクもあり実現するかは不透明です。

個人的に液晶ディスプレイのまま価格抑えてくれた方がありがたいです。

iPad Air(第6世代)

iPad Air
iPad Air(2024)の特徴(予想)
  • 画面サイズ:10.9インチ / 12.9インチ
  • ディスプレイ:液晶
  • SoC:M2チップ、メモリ:8GB
  • ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 通信:Bluetooth:5.4、Wi-Fi 6E
  • ペン:Apple Pencil(USB-C)、Apple Pencil(第2世代)
  • 充電:USB-C
  • 発売日:2024年3〜4月(予想)

中間グレードのiPad Air(第6世代)も発売されると予想されており、従来の10.9インチモデルだけでなく大型モデルとなる12.9インチモデルも登場するとのこと。

今までは大画面のiPadが欲しい人は高価なiPad Pro 12.9インチしか選択肢がなかったのがiPad Airの12.9インチがあれば費用を抑えながら大画面iPadを選べるようになります。

SoCは現行のiPad Air(第5世代)がM1チップなのでM2チップを搭載する可能性がありますが、iPhone 15 ProのA17 Proを搭載して電力効率向上で電池持ちを良くしてくれると嬉しいです。

2024年6月の新製品

MacBook Air(M3)

MacBook Air(M3)の特徴(予想)
  • 画面サイズ:13.6インチ / 15.3インチ
  • SoC:M3チップ、メモリ:8 / 16 / 24GB
  • ストレージ:256GB〜2TB
  • 通信:Bluetooth:5.4、Wi-Fi 6E
  • USB-C × 2、MagSafe 3
  • 発売日:2024年6月(予想)

2024年6月に開催されるであろうWWDC 2024でM3チップを搭載したMacBook Airが発表することが予想されます。

大きな変更はなくSoCがM3チップになるマイナーアップデートに留まる可能性が高く、次期モデルも13.6インチと15.3インチの2つになる見込みです。

Mac mini(M3 / M3 Pro)

Mac mini
Mac mini(M3)の特徴(予想)
  • SoC:M3 or M3 Pro、メモリ:8 / 16 / 24GB or 18 / 36GB
  • ストレージ:256GB〜8TB
  • 通信:Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6E
  • USB-C:× 2 or ×4(M3 Pro)
  • USB-A × 2、HDMI × 1
  • ギガビットEthernet・10ギガビットEthernet
  • 発売日:2024年6月(予想)

Mac miniもM3チップを搭載したモデルのアップデートされることに期待です。現行モデルと同様にM3チップの標準モデルだけでなく上位モデルのM3 Proも選べるようになるでしょう。

そろそろ新しい筐体デザインのMac miniが見たいですね?

Pro Display XDR(第2世代)

Pro Display XDR(第2世代)の特徴(予想)
  • デザインは2019年モデルと同じ
  • 画面サイズ:32インチ
  • ディスプレイ:6K 120Hz(ProMotion)?
  • ミニLEDバックライトを内蔵
  • A15 BionicなどSoCを搭載?
  • 標準ガラス or Nano-textureガラス
  • 発売日:2024年6月(予想)

Appleの外部モニター・Pro Display XDR(第2世代)が開発中と噂があります。そろそろ出てきてもいい頃合いではないでしょうか。

Pro Display XDR(第2世代)は120HzのProMotionテクノロジーに対応する可能性が高いです。というのも、Mac mini、MacBook Pro 14・16インチは外部モニターに対して120Hzリフレッシュレートに対応しています。

また、8K出力も可能で8K解像度の大画面ディスプレイを搭載した別のPro Display XDRが登場する可能性もあります。

2024年9月の新製品

iPhone 16 Pro / 16

iPhone 16 Pro / 16の特徴(予想)
  • サイズ:6.3 / 6.9インチ(16 Pro)、6.1 / 6.7インチ(16)
  • SoC:A18 Pro(16 Pro)、A17 Pro(16)
  • ストレージ:128GB〜1TB(16 Pro)128〜512GB(16)
  • 通信:Bluetooth:5.4、Wi-Fi 7
  • 充電:USB-C + MagSafe / Qi2
  • 発売日:2024年9月

2024年9月には例年と同じようにiPhone 16iPhone 16 PlusiPhone 16 ProiPhone 16 Pro Maxの4機種が発売なることになるでしょう。

iPhone 16 Proは6.1インチから6.3インチ、16 Pro Maxは6.7インチから6.9インチに画面が大きくなると見られており、SoCはA18 Proを搭載することになるでしょうか。

現行のiPhone 15 Pro Maxの光学5倍望遠レンズをiPhone 16 Proにも搭載すると噂されていますが、光学5倍は普段使いで使いにくいので個人的には光学3倍のままが嬉しいですね。

Apple Watch Series 10

Apple Watch 10の特徴
  • デザインが刷新される
  • サイズ:42mm、46mm
  • SiP:S10 + U2
  • 血圧測定機能を搭載
  • 睡眠時無呼吸症候群検知機能を搭載
  • 素材:アルミ、ステンレス
  • 発売日:2024年9月

Apple WatchもiPhoneに合わせて新しいモデルとなるApple Watch Series 10が発売するはずです。Series 10は記念すべき10周年モデルとしてデザインが刷新されると見られています。

ケースサイズも41mmが42mmに、45mmが46mmに拡大されて新機能として血圧センサーを搭載し、睡眠時無呼吸症候群を検知できる機能も搭載されると噂されています。

現在のApple WatchはデザインとしてはSeries 4から変わっていないので見た目が大きく変更される可能性は高そうですね。どんなモデルになるのか気になるところです。

Apple Watch Ultra 3

Apple Watch Ultra
Apple Watch Ultra3の特徴
  • サイズ:49mm
  • SiP:S10チップ
  • 血圧測定機能を搭載
  • 睡眠時無呼吸症候群検知機能を搭載
  • 素材:チタニウム
  • 発売日:2024年9月

併せてApple Watch Ultra 3も発売されそうですね。デザインはおそらく同じままでSeries 10でアップデートされた部分がスペックアップする形になるのではないでしょうか。

Apple Watch SE(第3世代)

Apple Watch SE3の特徴(予想)
  • サイズ:41mm / 45mm
  • SiP:S9チップ
  • 心電図アプリに対応する
  • 素材:アルミ
  • 発売日:2024年9月(予想)

Apple Watch Series 10が新しいデザインになった場合は廉価モデルとなるApple Watch SE(第3世代)が発売される可能性もあります。

ケースデザインはSeries 9と同じ41mm、45mmになって常時表示ディスプレイなどの機能が省かれた形になるかもしれませんね。

Apple Watch SE(第3世代)は心電図アプリに対応するという情報もあります。心電図アプリで助けられたという方もいいので、SEで対応しうるなら良いアップデートになりそうです。

2024年10月の新製品

iPad mini(第7世代)

iPad mini
iPad mini(第7世代)の特徴(予想)
  • 画面サイズ:8.4インチ
  • ディスプレイ:液晶
  • SoC:A16 Bionic、メモリ:6GB
  • ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 通信:Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6E
  • ペン:Apple Pencil(USB-C)、Apple Pencil(第2世代)
  • 充電:USB-C
  • 発売日:2024年10月(予想)

8.4インチディスプレイを搭載したiPad mini(第7世代)が発売される可能性が高そうです。

筐体デザインはそのままにiPad mini(第6世代)で問題になったゼリースクロールが改善されてSoCにA16 Bionic、6GBのメモリを搭載したスペックアップモデルになるようです。

現行モデルはストレージ容量が64GBからと少なくゲームを少し入れるとすぐに空き容量が不足するので最小容量は128GBからにしてほしいですね。

iPad(第11世代)

iPad
iPad(第11世代)の特徴(予想)
  • 画面サイズ:10.9インチ
  • ディスプレイ:液晶
  • SoC:A15 Bionic、メモリ:4GB
  • ストレージ:64 / 128 / 256GB
  • 通信:Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6
  • ペン:Apple Pencil(USB-C)
  • 充電:USB-C
  • 発売日:2024年10月(予想)

廉価モデルとなるiPad(第11世代)も発売される可能性があります。現行のiPad(第10世代)はホームボタンをなくしてフルディスプレイにモデルチェンジしたばかりなのでSoCがA14 → A15 Bionicになる程度のアップデートに留まりそうです。

iPad(第11世代)の発売後にホームボタンありのiPad(第9世代)の販売が終了し値下げして欲しい。iPad(第10世代)は少し割高感あるので(第9世代)と同じ49,800円は無理でも54,800円くらいに抑えてほしいところです。

AirPods(第4世代)

AirePods
AirPods(第4世代)の特徴(予想)
  • オープンイヤー型(開放型)
  • ANC機能付きモデルあり
  • 通信:Bluetooth 5.4
  • 充電:USB-C / MagSafe
  • 発売日:2024年10月(予想)

AirPods(第4世代)も2024年後半に発売されると見られています。オープンイヤー型でありながらもアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した上位版も存在するようです。

現行のAirPods Pro(第2世代)はUSB-Cポートを搭載したモデルがリリースされてますがAirPods(第3世代)はLightningのままなのでAirPods(第4世代)でUSB-Cポートを搭載するのは確実です。

AirPods Max(第2世代)

AirPods Max(第2世代)の特徴(予想)
  • 基本スペックは現行と同じ
  • 通信:Bluetooth 5.4
  • 充電:USB-C
  • 発売日:2024年10月(予想)

AirPods Max(第2世代)もしばらく新型が出ていないので2024年にアップデートされる可能性があり、変更箇所は少なく充電ポートがUSB-Cになり新色が追加されるとのことです。

Mac Studio(M3 Max / M3 Ultra)

Mac Studio(M3)の特徴(予想)
  • SoC:M3 Max or M3 Ultra、メモリ:36GB〜256GB
  • ストレージ:512GB〜8TB
  • 通信:Bluetooth 5.4、Wi-Fi 7
  • ストレージ:512GB〜最大8TB
  • Bluetooth 5.4、Wi-Fi 7
  • USB-C ×6、USB-A × 2、HDMI × 1
  • SDカード(UHS-II)、10ギガビットEthernet
  • 発売日:2024年10月または6月(予想)

Mac StudioのM3 Max、M3 Ultraを搭載したモデルも発売されそうですね。WWDC 2024でM3 Ultraを発表する可能性もあるので10月ではなく6月かもしれません。

いずれにしてもモンスター級の性能を持ったMacとなるのは間違いないでしょう。

Mac Pro(M3 Ultra)

Mac Pro(M3 Ultra)の特徴
  • 筐体デザインは同じ
  • SoC:M3 Ultra
  • CPU:28コア
  • GPU:60コア・80コア
  • メモリ:64〜256GB
  • ストレージ:1TB〜8TB
  • Bluetooth 5.4、Wi-Fi 7
  • PCIe Gen 4:7レーン
  • 発売日:2024年10月または6月(予想)

Mac Studioと同じM3 Ultraを搭載しPCIeによる拡張ボードに対応することでプロのワークフローに相応しい性能を手にできます。

Mac Studioの違いはPCIe Gen 4に対応してるところで、より拡張性を求めるならMac Proとなりそうですが、多くの方はここまでの性能は必要としないのかもです。

Apple 2024年の製品に期待したいモノ

2024年、Appleがどのような新製品をリリースしていくのかはある程度は予想できます。

中でも注目なのは新しい分野での製品となるApple Vision Proでしょう。日本での販売時期は未定ですが2024年末までには発売を予定しています。

価格が50万円以上しそうなので高嶺の花となる可能性が高いですが、いずれ価格の抑えた廉価モデルの発売も期待されてるので今後に期待の端末ですよね。