2022年のAppleは数多くの端末が発売された年でもありましたが、2023年になりました。2023年にAppleはどんな魅力的な新製品を発売してくるのかとても気になるところです。

ということで、2023年に発売されるであろうApple製品は何があるのか?いつ発売されるのか?どんなスペックになるのか?などを中心に、現在噂となっている端末をまとめました。

すでに発売済みのものもまとめているので今後のApple製品の購入を計画している方は参考にどうぞ!(個人的な予想も大いに含まれております。)

2023年2月の新製品

MacBook Pro 14・16インチ(2023)

2023年2月3日にMacBook Pro 14・16インチが発売となります。

MacBook Pro 14・16インチ(2023)の特徴
  • 筐体デザインは2021年モデルと同じ
  • 画面サイズ:14インチ / 16インチ
  • SoC:M2 Pro / M2 Maxを搭載
  • CPU:10コア / 12コア
  • GPU:16コア / 19コア / 30コア / 38コア
  • メモリ:16GB / 32GB / 64GB / 96GB
  • ミニLEDディスプレイを搭載
  • ProMotionテクノロジー(120Hz)対応
  • USB-C(Thunderbolt 4)× 3、HDMIポート
  • UHS-II対応SDカードスロット
  • MagSafe 3ポートを搭載
  • 2022年2月3日(金)発売

筐体デザインと本体サイズはM1 Pro、M1 Maxを搭載しているMacBook Pro 14インチ、16インチと同じで120Hzのリフレッシュレートに対応しSoC(システムオンチップ)に第2世代のM2 Pro、M2 Maxを採用したブラッシュアップモデルです。

SoC内蔵のCPUの省電力コアが2コアから4コアになったことで旧機種の弱点でもあったバッテリー持ち改善が期待できます。

従来型でも性能の高いわりに電池持ちが良かったですが、軽作業中のバッテリーライフが改善されることでモバイル用途でも使いやすくなるでしょう。

M1 Pro / M1 Maxのモデルからの乗り換えはあまり意味ないですが、Intelプロセッサを搭載したMacBook Pro 16インチからの乗り換えをするなら良い選択肢となります。

\MacBook Pro をチェックする /

Mac mini(2023)

2023年2月3日にMac mini(M2・M2 Pro)が発売します。このモデルはMac mini(M1)の後継機種となっています。

Mac mini(M2)の特徴
  • デザイン:2020年モデルと同じ
  • SoC:M2 / M2 Pro
  • CPU:8コア / 12コア
  • GPU:10コア / 16コア / 19コア
  • メモリ:8 / 16 / 24 / 32GB
  • ストレージ:256GB〜最大8TB
  • 通信:Bluetooth 5.3、 Wi-Fi 6E
  • USB-C:× 2 or ×4(M2 Pro)
  • USB-A × 2、HDMI × 1
  • ギガビットEthernet・10ギガビットEthernet
  • 2022年2月3日(金)発売

世代が新しくなったM2チップを搭載しただけでなくM2 Proを搭載した上位モデルが追加されて、処理性能が必要なシーンにおいてもMac miniという選択肢が増えます。

90%以上の方はノーマルのM2チップでもメモリを16GBにすることで十分使える性能を持っていますが、より快適に動画編集をするならやっぱりM2 Proを選べるようになったのは大きいですよね。

標準モデルの価格は84,800円に値下げとなって手に入れやすくなりました。M2 Proの上位モデルも184,800円と少し高価ですがMacBook Pro 14インチを選ぶよりも遥かに手に入れやすい価格となっています。

外部モニター、キーボード、マウスをすでに持ってるならMac mini(M2)はかなりおすすめのモデルです。

HomePod(第2世代)

HomePod(第2世代)が2023年2月3日に発売となります。

HomePod(第2世代)の特徴
  • 筐体デザインは第1世代と同じ
  • Apple Watch 7のS7チップを搭載している
  • 近接デバイスを認識する超広帯域チップ搭載
  • 4インチ高偏位ウーファー + 5ホーンツイーター
  • 温度・湿度センサー、加速度センサー
  • リアルタイムチューニングで音質を自動調整
  • ドルビーアトモスによる空間オーディオに対応
  • HomeKitまたはMatter対応のThreadアクセサリ対応
  • 本体サイズ:168 × 142mm 2.3kg
  • 2022年2月3日(金)発売

見た目はHomePod(第1世代)と同じですがスピーカーの構成が変わってツイーター数が7つから5つに減ったことで高さが少しだけコンパクトになっています。

室内検知テクノロジーにより音の反射を認識、壁を背にしているか離れているかを判断してサウンドをリアルタイムで調整、クリアなボーカルと豊かな楽器演奏で包まれるとのこと。

また、温度と湿度センサーを搭載してるため部屋の温度湿度をリアルタイムに計測できるだけでなく煙や一酸化炭素の警報音が検知すると通知を受けることもできます。

外にいても通知してくれる火災報知器としてもいいかも?

\HomePod(第2世代) /

2023年4月の新製品

AR/VRヘッドセット Reality Pro

以前からAppleがAR/VRヘッドセット Reality Proを開発していると見られてましたが、2023年春に発売される可能性があります。

image:MacRumors

Appleとしては初のAR/VRヘッドセットとなりますが、ハウンジング内のセンサーによる視線の追跡や12つカメラを使った手の動きを認識して操作ができる機能が搭載されているそうです。

スタンドアローンで使用可能でM2チップ並の性能をもったSoCを搭載してるとも言われています。Reality Proでどんなことができるのか楽しみですね。

価格は40万円…とも言われていて…やばい。

iPad mini(第7世代)

現行のiPad mini (第6世代)は2021年9月に発売しているので2023年はiPad mini(第7世代)が発売される可能性が高いです。

iPad mini(第7世代)の特徴(予想)
  • デザイン:第6世代と同じ
  • ディスプレイ:8.3インチ
  • SoC:A16 Bionic
  • メモリ:6GB、ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 通信:Bluetooth:5.3、Wi-Fi 6E
  • セルラーモデル:5G対応
  • Apple Pencil(第2世代)に対応
  • 充電ポート:USB-C

iPad mini(第7世代)は現行モデルと同じデザインになると見られていて、内部スペックが最新バージョンにアップするだけのマイナーアップデートの可能性が高いです。

iPhone 14 Proに搭載しているA16 Bionicを搭載したとしたらメモリは必然的に6GBに増えて(SoCに組み込まれてるため)動作がより快適になります。

iPhone SE(第4世代)

iPhone SE(第4世代)が2023年に発売される可能性は低いですが、ゼロではありません。

というのも、iPhone SE(第3世代)はホームボタンを搭載した旧デザインを採用したモデルで、さすがに古臭さがあって価格もそんなに安くないことを考慮すると早々にアップデートする可能性はあるはずです。

iPhoneの販売は低下傾向になってると言われていますが、ここでお手頃価格のフルディスプレイになったiPhone SE(第4世代)を投入することで販売数を上向きにしたい…ならあり得そうですよね。

iPhone SE(第4世代)の特徴(予想)
  • デザイン:iPhone XRと同じ
  • ディスプレイ:6.1インチ
  • SoC:A15 Bionic
  • メモリ:4GB、ストレージ:128 / 256 / 512GB
  • 通信:Bluetooth:5.3、Wi-Fi 6
  • 充電:USB-C、ワイヤレス充電対応

iPhone SE(第4世代)はiPhone XRと似たデザインを採用し内部スペックが最新SoCを搭載すると見られていますが、iPhone 14iPhone 14 Plusが1世代前のA15 BionicなのでiPhone SE(第4世代)がこの時期に発売ならA15 Bionicになるかも?

2023年6月の新製品

Mac Studio(M2 Max / M2 Ultra)

毎年、6月はWWDC(開発者会議)を開催していますが、ここでMac Studio(M2 Max / M2 Ultra)が発表される可能性が高いです。

Mac Studio(M2 Max/Ultra)特徴(予想)
  • 筐体デザインは2021年モデルと同じ
  • SoC:M2 Max / M2 Ultra
  • CPU:12コア / 24コア
  • GPU:16コア / 19コア / 32コア / 64コア
  • メモリ:32 / 64 / 96 / 128 / 192GB
  • ストレージ:512GB〜最大8TB
  • Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6E
  • USB-C ×6、USB-A × 2、HDMI × 1
  • SDカード(UHS-II)、10ギガビットEthernet
  • 2022年6月発売(?)

基本デザインは現行のMac Studioと同じままSoCはM2世代に置き換わって大幅に性能が向上すると見られます。

すでにM2 Proの仕様が発表されてるのでCPU、GPU、メモリも構成は予想しやすいです。M2 Ultraなら最大20コアCPUだったのが最大24コアCPU、最大48コアGPUだったのが64コアGPU、メモリも最大192GBとモンスター級の性能となります。

Mac Pro(M2 Ultra / M2 EXTREME)

ずっと発表されていないMac Pro、そろそろ来るでしょう。WWDC 2023でAppleシリコンを搭載したMac Proが発表されるはずです。(過去の発表会でMac Proの存在は匂わせている)

Mac Pro(M2 Ultra/Extreme)特徴(予想)
  • 筐体デザインは2019年モデルと同じ
  • SoC:M2 Ultra / M2 Extreme(開発中止?)
  • メモリ:32 / 64 / 96 / 128 / 192GB
  • ストレージ:512GB〜最大8TB(追加可能?)
  • 2022年6月発売(?)

Mac Proは現在はIntelプロセッサを搭載したモデルが継続販売されていて、Mac ProのみAppleシリコンに移行できていない状況となっています。

Mac Proは拡張性が求められるためCPU、GPU、メモリが組み込まれたAppleシリコンゆえに開発が難航してると見られています。もし、Mac Proが発売されたとしても価格はとんでもないことになってそうですね。

Pro Display XDR(第2世代)

Appleの外部モニター・Pro Display XDR(第2世代)が開発中でもしかしたらWWDC 2023でお披露目されるかもしれません。

Pro Display XDR(第2世代)の特徴(予想)
  • デザインは2019年モデルと同じ
  • 画面サイズ:32インチ
  • ディスプレイ:6K 120Hz(Promotion)?
  • ミニLEDバックライトを内蔵
  • A15 BionicなどSoCを搭載?
  • 標準ガラス or Nano-textureガラス
  • 2022年6月発売(?)

Pro Display XDR(第2世代)は120HzのProMotionテクノロジーに対応する可能性が高いです。というのも、M2チップを搭載したMac mini、MacBook Pro 14・16インチは外部モニターに対して120Hz駆動に対応しています。(Thunderbolt接続で可能かは不明)

また、8K出力も可能なので8K解像度の大画面ディスプレイを搭載した別のPro Display XDRが登場する可能性もあります。

iMac 24インチ(M2・M2 Pro)

iMac 24インチ(M2・M2 Pro)も登場するかもしれませんね。

iMac 24インチ(M2)の特徴(予想)
  • 筐体デザインは2021年モデルと同じ
  • SoC:M2 / M2 Pro
  • CPU:8コア / 10コア
  • GPU:10コア / 16コア / 19コア
  • メモリ:8 / 16 / 24 / 32GB
  • ストレージ:256GB〜最大8TB
  • 通信:Bluetooth 5.3、 Wi-Fi 6E
  • USB-C:× 2 or ×4(M2 Pro)
  • ギガビットEthernet・10ギガビットEthernet
  • 2022年6月発売(?)

iMac 24インチ(M1)はM1チップモデルしか選択肢がなかったですが、Mac miniにM2 Proを搭載したことでiMac 24インチにもM2 Proを搭載した上位モデルが発売する可能性が高いです。

もし、iMac 24インチにM2 Proの選択肢が増えたとしたらデザイン作業、動画編集もオールインワンMacで快適に作業ができるようになりますね。

2023年9月の新製品

iPhone 15 / 15 Proシリーズ

iPhone 15は確定でしょう。iPhone 15シリーズが2023年9月に発売します。

iPhone 15/15 Proの特徴(予想)
  • デザイン:少し丸みのあるデザインに
  • ディスプレイ:6.1インチ、6.7インチ
  • 全モデルにDynamic Islandを搭載
  • SoC:15 Pro → A17 Bionic、15:A16 Bionic
  • メモリ:8 / 6GB、ストレージ:128GB〜1TB
  • 広角(15 Pro):新センサーで画質が向上
  • 望遠(15 Pro):ペリスコープレンズ
  • 通信:Bluetooth:5.3、Wi-Fi 6E
  • 充電:USB-C、MagSafe充電対応
  • 発売日:2023年9月

iPhone 14 Proで初搭載したDynamic Islandが標準モデルのiPhone 15、15 Plusにも採用すると見られます。

SoCは15 Proが3nmのA17 Bionic、15はA16 Bionicとなる可能性が高いです。15 Proのカメラは広角が新センサーで画質が向上、望遠がペリスコープレンズを搭載すると噂れています。

それよりも、iPhone 14 Proで寄れなくなった広角カメラの使いやすさを改善して欲しいところですが、充電ポートはいよいよLightning廃止でUSB-Cを搭載となりそうです。

Apple Watch Series9

あわせてApple Watch Series 9も2023年9月に発売となります。

Apple Watch 9の特徴(予想)
  • デザイン:Series 8と同じ
  • サイズ:41mm、45mm
  • SiP:S9チップ
  • 血圧測定機能を搭載
  • 血糖値測定機能を搭載
  • 衛星通信に対応する
  • 素材:アルミ、ステンレス
  • 発売日:2023年9月

時計デザインはApple Watch 8と同じままの可能性が高くて41mmと45mmの二つのサイズ、アルミとステンレスの二つの素材ケースが選べるでしょう。

基本的に出来る事は従来モデルと同じですが新に血圧や血糖値の計測、衛生通信によるSOSができるようになると見られています。

Apple Watch SEの後継機種は出ないでしょう。

Apple Watch Ultra(第2世代)

2022年に初登場したApple Watch Ultraの第2世代が2023年9月に発売される可能性があります。

Apple Watch Ultra2の特徴(予想)
  • デザイン:現行と同じ
  • サイズ:49mm
  • SiP:S9チップ
  • 血圧測定機能を搭載
  • 血糖値測定機能を搭載
  • 衛星通信に対応する
  • 素材:チタニウム
  • 発売日:2023年9月

デザインは現行のApple Watch Ultraと同じで内部スペックが強化されるモデルとなりそうです。基本的にApple Watch 9で追加された機能がUltraにも追加される感じでしょうか。

iPad(第11世代)

近年は無印のiPadが9月に発売してるのでiPad(第11世代)も2023年9月に発売される可能性が高いです。

iPad(第11世代)の特徴(予想)
  • デザイン:第10世代と同じ
  • サイズ:10.9インチ
  • SoC:A15 Bionic
  • メモリ 4GB、ストレージ 64 / 256GB
  • 発売日:2023年9月

2022年にiPad(第10世代)でデザインが刷新されたばかりなので見た目は全く同じでSoCがA15 Bionicになって処理性能が向上する程度のスペックアップとなりそうです。

ただ、現行モデルはApple Pencilが第1世代でLightningで接続しにくい問題があるので、ワイヤレス充電に対応してるApple Pencil(第2世代)に対応して欲しいところです。

2023年11月の新商品

MacBook Air(M3)13インチ・15インチ

AppleシリコンMシリーズの第3世代となるM3チップを搭載したMacBook Air(M3)が2023年11月に発売される可能性があります。

MacBook Air(M3)特徴(予想)
  • デザインは2022年と同じ
  • サイズ:13インチ、15インチ
  • SoC:M3(3nmプロセス)
  • CPU:8コア
  • GPU:10コア
  • メモリ:8 / 16GB
  • ストレージ:256GB〜最大2TB
  • Bluetooth 5.3、Wi-Fi 6E
  • USB-C ×2、MagSafe 3
  • 2022年11月発売(?)

噂ではM3チップは3nmプロセスのSoCとなると言われていますが、いきなり新世代のSoCをMチップにするとは思えないので個人的にはA16 Bionicの5nm(第3世代)がベースになると思っています。

MacBook Air(M3)の基本デザインはMacBook Air(M2)と同じでSoCの刷新のみになる可能性が高いですが、新しい画面サイズとして15インチのMacBook Airが追加される噂もあります。

MacBook Pro 13インチ(M3)はなさそう?

iPad Pro(M3)

MacBook Air(M3)が登場するならiPad Pro 11インチ、12.9インチもM3チップを搭載したモデルに刷新されそうです。

iPad Air(第6世代)

iPad ProがM3チップになるならiPad Air(第6世代)もM2チップになって発売しそうです。

いずれにしても大幅な刷新はなく大幅な改良は2024年以降になると見られています。

Apple 2023年の製品に期待したいもの

Apple 2023年の新製品、どんなモノが登場するのか期待したいところですが、個人的にはiMac 24インチにM2 Proが搭載されたとしたらかなり嬉しいですね。

ここ最近はワクワク感が少し低下してるので「アッ!」って思わせてくれるような思わぬ新製品にも期待したいところですよね。

春に期待されてるAR/VRヘッドセット、6月のWWDC 2023にどんなサプライズがあるのか期待したいところです。