充電がなくなりそう…iPhoneを充電しながら移動したいけどケーブルが邪魔…なんて緊急事態が起きてしまうことがあります。

そんなん時にコレ。

マグネット式ワイヤレス充電ができる小型モバイルバッテリーAnker 622 Magnetic BatteryがあればiPhone 13またはiPhone 12を充電しながらポケットに入れて持ち歩くことができます。

この記事ではAnker 622 Magnetic Battery (MagGo)をレビューしています。移動中などの隙間時間にiPhoneのバッテリーを補給しておきたい方は参考にどうぞ。

Anker 622のメリット
  • ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリー
  • iPhone 13、12をくっ付けて充電できる
  • iPhoneのスタンドにもなる
  • パススルー充電に対応している
  • 有線ケーブルの充電に対応
Anker 622のデメリット
  • iPhone 13 miniだと筐体がはみ出る
  • iPhoneをフル充電できない
  • 出力が少し弱め(充電速度はそれなり)

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)特徴

Anker 622 Magnetic Battery
Anker 622 Magnetic Battery

Anker 622 Magnetic Batteryは5,000mAhのバッテリーを内蔵したモバイルバッテリーでワイヤレス充電またはUSB-CでiPhoneを充電できるようになっています。

Anker 622 Magnetic Batteryの特徴
  • マグネット式でiPhone 13をくっ付けて充電
  • スタンドにもなる小型バッテリー
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • ワイヤレス充電パッド出力:最大7.5W
  • パススルーワイヤレス充電に対応
  • USB-C 出力:最大12W
  • USB-C 入力:最大12W
  • 本体カラー:ブラック、ホワイト、ブルー
  • 端末サイズ:105 × 66 × 13 mm
  • 充電器の重さ:約140g
  • 本体カラー:ブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、パープル
  • UBS-C to Cケーブルが付属
  • 端末価格:5,990円

ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーはよく見かけますが、Anker 622はiPhone 13iPhone 12のMagSafeの磁石部分を活用したMag Goシリーズです。

iPhoneをAnker 622にピタッと端末をくっ付けて充電ができる便利なモバイルバッテリーでスタンドを内蔵しiPhoneを立てかけながら充電しながら操作することもできます。

MFiには対応してないのでMagSafe充電器のように15W出力にはできず充電速度は遅めですが、実際の充電速度は30分で15%ほどとなっています。

意外と充電速度は速いです。これくらいの速度があれば普段使いに困ることはないですし、Anker 622をiPhoneにくっ付けてポケットに入れたまま充電できるので便利ですよね。

外でiPhoneを使うことが多いなら1つ持っておくと電池切れに悩まされることは減るかもしれません。

Anker 622 Magnetic Battery レビュー

では、Anker 622 Magnetic Batteryを詳しくレビューしていきます。

シンプルな本体デザイン

Anker 622 Magnetic BatteryはMag Go(マグネット式ワイヤレス充電)が主体となった5,000mAhのバッテリーを内蔵したモバイルバッテリーです。

Anker 622 Magnetic Battery 充電パッド
充電パッド部分

ワイヤレス充電のイラストが刻印されている部分がマグネットを内蔵していてMagSafeアクセサリーに対応しているiPhone 13、iPhone 12をくっ付けて充電できます。

もちろん、MagSafeに対応しているAirPods(第3世代)AirPods Proをくっ付けて充電することもできます。

本体カラーはブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、パープルの5色から選ぶことができます。

Anker 622 本体カラー
本体カラーを5色から選べる

本体カラーが豊富なので使っているiPhoneの色に合わせて楽しめるのはいいですよね。

Anker 622 Magnetic Batteryのサイズは105 × 66 × 13 mm、重量は140gで、iPhone 13に装着するとこれくらいのサイズ感となります。

Anker 622 Magnetic BatteryとiPhone 13
iPhone 13との組み合わせ

6.1インチのiPhone 13で使うのがちょうどいいサイズ感ですが、筐体が僅かにはみ出しているのが気になるところですが実際に使ってみると気にならなくなります。

Anker 622 + iPhone 13 そのまま使える
装着したまま使える

Anker 622 Magnetic Batteryを装着したまま手に持って操作もできます。マグネットは強力でAnker 622だけ持ってもiPhoneが外れることはなく安心して使うことができます。

Anker 622 Magnetic Battery マグネットの強度
マグネットは強力

5.4インチのiPhone 13 miniにAnker 622 Magnetic Batteryとの組み合わせはバッテリーパックがはみ出てしまいます。

Anker 622とiPhone 13 miniの組み合わせ
iPhone 13 mini + Anker 622

充電機能、スタンド機能は問題なく使えます。ただ、少しチグハグ感があるので見た目を気にするならApple純正のMagSafeバッテリーパックを選ぶのがおすすめです。

6.7インチのiPhone 13 Pro Maxとの組み合わせだとサイズ感はこうなります。

Anker 622とiPhone 13 Pro Maxの組み合わせ
iPhone 13 Pro Max + Anker 622

Anker 622の方が小さて見た目は最もいいかもです。ただし、バッテリー容量が5,000mAhと少なめでiPhone 13 Po Maxを60%ほどしか充電できないのがネックとなります。

Anker 622 同梱品
充電ケーブルが付属する

Anker 622 Magnetic BatteryはUSB-C to C充電ケーブルが付属してるので、このケーブルを使ってAnker 622のバッテリーを補給ができます。

充電アダプタは付属しないので別途用意する必要があります。Anker 622の入力は最大12WなのでPowerPort III Nano 20Wがあれば問題なく充電できます。

Proだと横の力で滑りやすい

Anker 622 Magnetic Batteryは強力なマグネットを内蔵しiPhoneが外れることはありません。しかし、背面パネルがマットガラスのiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxだと少し横滑りするので注意です。

動画の前半が光沢ガラスのiPhone 13、後半が非光沢のiPhone 13 Proですが、指でAnker 622を触るとiPhone 13 Proだと横ズレが起きてるのがわかります。

USB-Cから充電したり給電したり

Anker 622 Magnetic Batteryの充電ポートはUSB-Cを搭載しています。

Anker 622 USB-Cポート
USB-Cポートを搭載している

隣になる横長のボタンを押すとバッテリー残量を確認できます。

Anker 622 バッテリー残量
バッテリー残量表示

このボタンを押さなくてもワイヤレス充電パッドに端末を載せるだけで充電が始まるので何も考えることなく使うことができます。

付属のUSB-C to Cケーブルと充電アダプタを使うことで最大12WでAnker 622のバッテリーを補給したり、スマホを有線で充電できます。

USB-CタイプのiPadを充電したり、Androidスマホを充電できるのでiPhone以外の端末でも使おうと思えば使うことできます。

なお、Anker 622 Magnetic Batteryはパススルー充電に対応しています。

出力は7.5Wと変わりないようですが外ではモバイルバッテリー、自宅や職場では普段使うワイヤレス充電器として使うことができます。

スタンドカバーを内蔵している

Anker 622 Magnetic Batteryはスタンドカバーを内蔵しています。

Anker 622 Magnetic Battery スタンドカバー
スタンドカバー

カバーの上部分に切り欠きがありカバーを剥がせるようになっています。

Anker 622 Magnetic Battery カバーを剥がす
ペリッと

Anker 622の背面部分にも小さいマグネットが内蔵されていて、このようにスタンド型にカバーを形成することができます。

Anker 622 Magnetic Battery スタンドモード
スタンドモード

MagSafe対応のiPhoneをこのように立てかけて使うことができます。

Anker 622 + iPhone 13 スタンド
iPhoneを立てかけて使える

机の上に置いて画面がちょうど見やすい角度が付いているのでカフェで作業をしながらパソコンの隣にiPhoneを置いてTwitterを確認したり使えそうです。

Anker 622 Magnetic BatteryとiPhone 13
この状態で充電もできている

iPhoneを横にして使うこともできます。

Anker 622 Magnetic Battery 横向きにして使う
画面を横にしても使える

Anker 622 Magnetic Batteryはケーブルなしでワイヤレスで充電できるだけでなく、このようにスタンドモードにして充電しながら操作できるのが魅力の一つです。

Anker 622の充電性能(ワイヤレス)

Anker 622 Magnetic Batteryのメインの充電方法となるマグネットワイヤレス充電(Mag Go)の充電速度はいかほどかiPhone 13で計測してみました。

iPhone 13をAnker 622で充電する

ここではApple純正のMagSafe充電器MagSafeバッテリーパックと充電速度の違いを比較しています。

Anker 622 ワイヤレス充電速度
  Anker 622 MagSafeバッテリーパック MagSafe充電
出力 最大7.5W 最大5W 最大15W
0分 1% 1% 5%
30分 21%(20%増) 21%(20%増) 35%(30%増)
60分 42%(21%増) 39%(18%増) 67%(32%増)
90分 62%(20%増) 57%(18%増) 92%(25%増)
120分 80%(18%増) 63%(8%増) 100%(8%増)
150分 88%(8%増) 100%

純正のMagSafeバッテリーパックは30分で20%、2時間で63%充電できるのに対して、Anker 622は30分で20%、2.5時間で88%ほど充電できます。

充電できる容量と速度はAnker 622の方が上となっていますね。ただし、MagSafeバッテリーパックは有線接続してワイヤレス充電すると最大15Wでの充電ができます。

なお、バッテリー容量が5,000mAhと少なめなのでiPhone 13 miniでも最大92%までしか充電できないので注意してください。

Anker 622 Magnetic Battery レビュー:まとめ

Anker 622 Magnetic Battery
Anker 622 Magnetic Battery

Anker 622 Magnetic Batteryは5,000mAhのバッテリー容量を持ったiPhone 13をくっ付けてワイヤレス充電できるモバイルバッテリーです。

Anker 622のメリット
  • ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリー
  • iPhone 13、12をくっ付けて充電できる
  • iPhoneのスタンドにもなる
  • パススルー充電に対応している
  • 有線ケーブルの充電に対応

ケーブルレスで充電できるのでポケットに入れながら移動中にiPhoneのバッテリーを充電できます。

スタンドにも対応してるのでカフェで作業しながらパソコンの隣にiPhoneを置いてTwitterしたりYouTubeを見ることもできそうです。

Anker 622のデメリット
  • iPhone 13 miniだと筐体がはみ出る
  • iPhoneをフル充電できない
  • 出力が少し弱め(充電速度はそれなり)

本体サイズが少し大きいのでiPhone 13 miniだと「大きいかも」となります。また、5,000mAhとバッテリー容量が少ないのでフル充電はできないので注意です。

ただ、フル充電は無理とはいえiPhone 13なら80%は充電できるので十分バッテリーを補助することはできます。

iPhoneのバッテリーが1日持たないので帰りの電車の中で少し充電できればいいや…と、補助モバイルバッテリーといった使い方にAnker 622 Magnetic Batteryはおすすめです。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならプライム会員になってクレジットカードでAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするとお得です。クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」でチャージ時に0.5%ポイントが貯まります。(2022年12月31日(土)23時59分まで)このポイントは次回の買い物で使えるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券をチャージをしておきましょう!

その他のAnker Mag Goシリーズはこちら →

Ankerのワイヤレス充電器はこちら →

Apple純正のMagSafe充電器はこちら →