Anker PowerWave Ⅱ Stand レビュー

ワイヤレス充電器はいろんなタイプのものがありますが、スタンドタイプならスマホを置いてYouTubeを再生しながらバッテリー補給できるのでとても便利です。

ワイヤレス充電器は高出力タイプが増えており、Anker PowerWave Ⅱ Standを使うことで最大15Wで充電が可能です(一部のAndroidスマホのみ)

ここでは、Anker PowerWave Ⅱ Standのデザイン、使いやすさ、充電時間をレビューしています。

スタンド型のワイヤレス充電器は、ながら充電するには最適なので1台持っておいて損はしないですよ!

PowerWave Ⅱ Padのメリット
  • スマホをワイヤレス充電できる
  • Androidスマホなら最大15W高速充電
  • スマホ使いながらワイヤレス充電できる
PowerWave Ⅱ Padのデメリット
  • 電源アダプタのプラグ位置が使いにくい

Anker PowerWave Ⅱ Stand 特徴

Anker PowerWave Ⅱ Standの特徴
  • スタンド型のワイヤレス充電器
  • iPhone:7.5Wの充電出力
  • Galaxy:15Wの充電出力
  • Xperia:15Wの充電出力
  • Pixel 4:11Wの充電出力
  • AirPods、AirPods Pro:5Wの充電出力
  • 専用の電源アダプタ付属(24W)
  • サイズ:90 × 90 × 115 mm
  • 重量:172g
  • 端末価格:3,590円

Anker PowerWave Ⅱ Standは、スタンド型のワイヤレス充電器です。縦置き・横置きでスマホを充電できるので動画を見ながら給電できる便利なワイヤレス充電器となっています。

最大15Wのワイヤレス充電に対応し端末側が15W出力に対応していることで素早く充電できます。

AnkerによるとXperia XZ3や LG V50などが15W出力に対応しているとのこと。ちなみに、Xperia 1 ⅡXperia 1 Ⅲも素早く充電ができていました。

最近のAndroidスマホは15Wのワイヤレス充電ができる端末が増えているので、Androidスマホを使っている方はAnker PowerWave Ⅱ Padはおすすめです。

Anker PowerWave Ⅱ Stand レビュー

パッケージ・付属品

Anker PowerWave Ⅱ Standはスタンド型なのでパッケージは意外と大きいですが、同梱物は本体と電源アダプタ、説明書となっています。

Anker PowerWave Ⅱ Standの付属品
Anker PowerWave Ⅱ Standの付属品

専用の24Wの電源アダプタが同梱しているので、こちらで電源アダプタを準備する必要がなく購入したらすぐに使うことができるのはいいですよね。

専用の電源アダプタに注意

Anker PowerWave Ⅱ Standは最大15W出力でワイヤレス充電器です。

出力の低い電源アダプタで使われるとちゃんとしたパワーを発揮することができないので、専用の充電アダプタが付属しています。

専用の充電アダプタが付属している(24W)
専用の充電アダプタが付属している(24W)

高出力なワイヤレス充電器なので電源アダプタが大きく、いくつかの端末を併用して使っている場合は注意が必要です。

壁のコンセントでは他のアダプタが使えなくなる場合があります。プラグの位置が微妙におかしいような?

壁コンセントでは充電アダプタとの併用ができない
壁コンセントでは充電アダプタとの併用ができない

他の充電アダプタと一緒に使いたくても干渉してコンセントに接続できません。

電源タップも際どい感じですが、隣に筐体の厚みが薄めの電源タップを置くなら問題なく使うことができます。

電源タップなら使える
電源タップなら使える

Anker PowerWave Ⅱ Standは専用の電源アダプタでないと給電することができないので設置場所のコンセント事情を確認してから買うのがおすすめです。

外観デザイン・サイズ

Anker PowerWave Ⅱ Standはスタンド型のワイヤレス充電器です。

スタンド型のワイヤレス充電器
スタンド型のワイヤレス充電器

スマートフォンを鎮座させるところはゴム加工が施されているため、傷が付かないように考慮されています。

ゴムパッドで傷が付かないように
ゴムパッドで傷が付かないように

スマホをスタンドに乗せるだけで充電ができるようになっています。

iPhone 11 ProをPowerWave Ⅱ Standで充電
iPhone 11 ProをPowerWave Ⅱ Standで充電

充電がスタートするとスタンド下にある青色のLEDインジゲーターが点灯するので充電しているかどうかしっかり確認することができます。

スタンド型のワイヤレス充電器のいいところはスマホスタンドとして使いながら充電できるところ。スタンドにiPhone 11 Proを置いたままYouTubeを見ることもできます。

また、充電コイルがAnkerのロゴの下あたりに内蔵しているのかスマホを横向きにした状態でも充電することができます。

例えば、Xperia 1 ⅢXperia 1 Ⅱを横向きに置いて充電しながらYouTubeを見ることもできます。

PowerWave Ⅱ Standはスマホ横向きも充電できる
スマホを横向きで充電できる

ちなみに、iPhone 13iPhone 12、本体サイズの小さいiPhone SE(第2世代)も横向きにしても、しっかり充電できました。

ワイヤレス充電に対応しているAirPods ProAirPods(第3世代)は単体では高さが足りずに充電できないので注意です。

AirPodsは2台持ってるなら充電できる
AirPodsは2台持ってるなら充電できる

もし、2台持ってるならこのように積み上げることで上のAirPodsを充電することはできますが…。まあ、消しゴムを下に置いてAirPodsを充電するという方法でもいいかもしれないですね。

PowerWave Ⅱ Standの充電速度・性能

Anker PowerWave Ⅱ Standは最大15Wの出力ができる性能を持っていますが、15Wで充電できるのは一部の機種のみです。

iPhoneは最新のiPhone 13であっても7.5Wの出力に対応しAndroidスマホは機種によって10〜15Wでの急速充電ができるようになっています。

iPhone 11、Xperia 1 Ⅱ、Galaxy S20で充電速度の違いを計測してみました。

Xperia 1 Ⅱを充電
PowerWave Ⅱ Padの充電速度
  iPhone 11 Galaxy S20 Xperia 1 Ⅱ
充電出力 7.5W 10W 15W
バッテリー容量 3,110mAh 4,000mAh 4,000mAh
0分 0% 0% 0%
30分 15% 17% 31%
60分 33% 34% 53%
90分 48% 54% 71%
120分 63% 68% 83%
150分 75% 79% 95%
180分 90% 95% 100%

iPhone 11とGalaxy S20の充電速度はそんなに違いがなく1時間で30〜40%ほど充電できており3時間ほどでフル充電できる性能となっています。

Xperia 1 Ⅱが15W出力なのか不明ですがXperia XZ3が15Wなので可能性はありそうでバッテリー容量が多い中で素早く充電できています。


Anker PowerWave Ⅱ Pad レビュー:まとめ

Anker PowerWave Ⅱ Pad

Anker PowerWave Ⅱ Standは15Wの高出力に対応した平置きタイプのワイヤレス充電スタンドです。

PowerWave Ⅱ Padのメリット
  • スマホをワイヤレス充電できる
  • Androidスマホなら最大15W高速充電
  • スマホ使いながらワイヤレス充電できる

iPhoneの充電は7.5Wでの充電となり恩恵は少ないですがGalaxy S21Pixel 6 ProXperia 1 ⅢといったAndroidスマホなら15Wのワイヤレス急速充電で素早く充電できます。

PowerWave Ⅱ Padのデメリット
  • 電源アダプタのプラグ位置が使いにくい

高出力のワイヤレス充電器なので専用の電源アダプタが付属してるのはいいですが、ACアダプタが大きくプラグの位置がおかしいので使う場所が限られてしまいます。

普通の横並びの電源タップなら問題ないですが、壁コンセントだと他の充電アダプタと併用すると干渉して使えないことがあるので注意です。

→ 平置き型のAnker PowerWave Ⅱ Padはこちら

→ iPhoneにおすすめのAnkerの充電ステーションはこちら

→ iPhone 13、iPhone 12で使えるMagSafe充電器はこちら

→ そのほかのワイヤレス充電はこちら