シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

AndroidでもAirPodsは意外と使える!ペアリングや端末の切り替え方法について!

AndroidでAirPodsを使う方法

AirPodsはiPhoneとの相性が非常に良く連携機能が充実しているのでAppleのスマホじゃないと使えないのかと思われる方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

AndroidのスマートフォンでもAirPodsを普通に使うことができるし、一度ペアリングをしてしまえば簡単に切り替えをすることができるので、なかなか使いやすい仕様となっているようです。

ということで、AirPodsをAndroidスマホで使う方法とバッテリー残量の確認方法について書いていきたいと思います。

 

AndroidスマホでAirPodsを快適に使う方法

ペアリングの設定方法

iPhoneとAirPodsの組み合わせだとAirPodsのケースの蓋を開けるだけで簡単にペアリングすることですぐにでも音楽を楽しむことができます。しかし、Androidの場合はBluetoothの設定画面からペアリングをする必要があります。

AirPodsはBluetooth 4.0に対応したデバイスであればペアリングをすることができるので、最近のスマホであればだいたい使うことができるのではないでしょうか。

まず最初に、AirPodsケースの背面にある丸ボタンを押してペアリングモードに切り替えます。

AirPods ペアリングモード

ボタンを押すとケースのインジゲーターLEDが白色の点灯するので、この状態のままAndroidのBluetoothの設定画面からペアリングをしていきましょう。

設定アプリを起動し「デバイス接続」→「Bluetooth」を選択すると使用可能なデバイスのところにAirPodsの名前が表示されればそのままペアリングをします。

AndroidでAirPodsをペアリングする

たまにAirPodsと表示されずに識別IDが表示されることがありますが、左のヘッドフォンのアイコンで判別はできるのかなと思います。

これでペアリング作業は完了です。

iOSとAndroidの切り替えも簡単!

iPhoneとAndroidの両使いをしている方はあまりいないかもしれませんが、AndroidスマホとiPadを使っているという方は多いかもしれません。

iPadで音楽を聴いていて、外に出るからAndroidスマホで音楽で音楽を聴きたいというシチュエーションが出てくるかと思いますがAirPodsは接続先を簡単に切り替えをすることができるようになっています。

iOS → Android に切り替え

iPadからAndroidスマホにAirPodsの切り替えをしてみます。

設定アプリを起動し「デバイス接続」→「Bluetooth」の「ペアリングされたデバイス」という項目からAirPodsをタップすると...

iOSからAndroidに切り替え

AirPodsはAndroidスマホに接続されることになります。

Android → iOSに切り替え

AndroidスマホからiPhoneに切り替えをしてみます。

コントロールセンターを起動しミュージックアプりのパネルを長押し・強く押して拡大して、右上にあるアイコンをタップしましょう。

ミュージックアプリ コントロールセンターパネル

すると音楽を鳴らすことができる接続先一覧が表示されるので、その中にあるAirPodsをタップするとAirPodsはiPhoneに接続されます。

AndroidからiOSに切り替え

iPadも同じ方法で簡単に接続をすることができます。また、iPhoneからiPadへの切り替えも同じ方法で接続をし直すことができます。

iPadでAirPodsを切り替え

わざわざペアリングをし直す必要がないので、簡単にデバイスの切り替えができるのはとても便利ですね。

AndroidだとAirPodsの一部機能が使えない

AirPodsはAndroidでも普通に音楽を楽しむことができますし、通話機能も使うことができますが、iPhoneで使うことができる機能の一部で使うことができないのもあります。

Androidでも使えるAirPodsの機能

  • 通話機能
  • 左AirPod ダブルタップ(次の曲へスキップ)
  • 右AirPod ダブルタップ(曲の停止)
  • ケースを開けると自動接続
  • ケースにAirPodsを戻すと自動切断

Androidで使えないAirPodsの機能

  • AirPodsの脱着による自動停止と自動再生
  • ダブルタップの細かい設定
  • AirPodsのバッテリー表示機能
  • Googleアシスタントの起動

AndroidでもAirPodsのケースを開くことで自動的に接続してすぐに使うことができたり、ダブルタップで曲をスキップさせたりすることもできるので、iPhoneで使う時と同じ感覚でAirPodsを使うことができます。

ただし、ダブルタップの動作を細かく設定することはできないのと、バッテリー残量が分からない、Googleアシスタントの呼び出しをすることができないというデメリットがあります。

 

Androidでもバッテリー表示をする

でも安心してください。AndroidでもAirPodsのバッテリー残量を確認することができるアプリ・AirBatteryが無料で使うことができます。

AirBattery

インストールをするとホーム画面にアイコンが表示されるので、AirPodsがペアリングされた状態の時にアプリを起動するだけでAirPods本体とケースのバッテリー残量を確認することができるようになります。

Androidでバッテリー残量確認

無料版は広告が表示されますが課金することで広告を非表示にすることもできるので、Androidユーザーなら課金してしまってもいいのかもしれませんね。

なお、Googleアシスタントの呼び出しについてもAssistant Triggerというアプリをインストールすることで使うことができるので音声アシスタントをフル活用したい方は使ってみてください。

AirPodsをAndroidで使った時のバッテリー駆動時間について

AirPodsをiPhone 8で使用した時は5時間ほど音楽を聴くことができましたが、AirPodsとAndroidスマホの組み合わせだと、どれくらいのバッテリー持ちなのか気になったので確かめてみました。

AndroidでAirPods バッテリー減り

Apple Musicを再生していたのですが、約3時間でバッテリー残量は35%になってしましました。そこから1時間ほど放置し再び使用した結果...

AndroidでAirPods バッテリー切れ

4時間ほどでバッテリーが切れました。放置した時間がなければもう少し長く音楽を聴くことができたかもしれませんが、iPhoneで使用するときよりも気持ちバッテリーを多く消費しているような印象を受けます。

やはり、AirPodsはiOSデバイスとの連携で最大限のパフォーマンスが出るように調整されているのでしょうね。

まとめ:AndroidでもAirPodsはそこそこ快適に使える!

AirPodsはAndroidで使用すると一部機能を使うことができませんが、一度ペアリングしておけばケースを開けると自動接続されたりAirPodsをケースに戻すと自動切断されるなど基本的な機能は使うことができるので、思っていた以上に快適にAirPodsを使うことができます。

なので、AndroidユーザーにもAirPodsはいいと思います!

今回使用したAndroidスマホはP20 liteです。