AirPods(第3世代)次期モデルはどうなる?

AirPodsはAppleの完全ワイヤレスイヤホンでAirPods 2が2019年3月に発売されたばかり。しかし、新型AirPodsとなるAirPods 3の噂がすでに色々と出てきており、AirPods (第3世代)は完全防水仕様となり2019年後半に発売されるという噂が出てきています。

この記事では新型のAirPods 3はどんな完全ワイヤレスイヤホンになるのか新機能、デザイン、カラーラインナップ、発売日などの最新情報をまとめております。

新型AirPods 3の新機能・デザイン・発売日

防水仕様になる

AirPods 3は防水仕様になった完全ワイヤレスイヤホンに進化するとみられています。

「あれ?今のAirPodsって防水じゃないの?」って思った方もいるはず。

そうなんですよね。AirPodsって公式では防水・耐水仕様ではないのです。

ただ、現行モデルのAirPodsもある程度の水には耐えられる性能を持っているので普通に雨の中にAirPodsを使ったり、運動で汗をかいてしまってもAirPodsが壊れてしまうことはほぼありません。

実際にAirPodsを洗濯機に入れたり5分間水没させたりしている動画がありますが、問題なく動作しています。

(これで故障しても保証外なので真似はしないように…!)

AirPodsはとても小さいデバイスなので何があるかわかりません。耐水性能をうたっていなくてもある程度の事故があっても壊れることがないようにきちんと設計してあるのでしょうね。

ただ、公式できちんと「防水仕様になったよ!」って言ってくれると、安心感が違います。新型のAirPods 3はiPhoneのように耐水仕様になったときちんと発表してくれる…のか?期待したいところ。

スポーツ仕様になる…らしい

新型のAirPods 3は防水仕様になるのに合わせてスポーツデザインに刷新されるという情報があります。

スポーツ仕様ってどんなデザインなんでしょうかね。これ、本当なんですかね。

個人的にスポーツ仕様ってBeatsのPowerbeats Proみたいに耳掛けフックがついたイヤホンをイメージしてるんですが、AirPodsもこのデザインになるってこと?

AirPodsはうどん型のままでいいんだけどなぁ。スポーツタイプはBeatsに任せておけばいいんじゃない?というわけで、個人的には従来のAirPodsのデザインが引き続き採用されることに期待したいですね。

追記:最新の情報ではAirPods 3のデザインはスティック型となるようです。ただし、ノイズキャンセリング機能を搭載することからイヤーチップを装着できるタイプに変更される可能性が濃厚となっています。

ノイズキャンセリング機能を搭載

新型AirPods 3はノイズキャンセリング機能が搭載されることになりそうです。

ノイズキャンセリング機能は最近ではSONYのWF-1000XM3が搭載したことが話題になっていましたが、マイクで周囲音を読み取り逆位相の音を出力することで外の騒音をシャットアウトできる機能です。

AirPodsはインナーイヤー型のイヤホンなので周囲音はよく聞こえる構造となっており、そこにノイズキャンセリング機能ってちょっとどうなんだろう…。カナル型に構造が刷新されるなら可能性はありそう。

もし、そうなったらAirPodsじゃないような気がす流ので個人的にはノイズキャンセリング機能の搭載はないような気もしますが、DigtimesやBloombergのMark Gurman氏がAirPods 3はノイズキャンセリング機能を搭載すると伝えています。

なお、2019年10月2日にiOS 13.2のベータ版からAirPods(第3世代)のものとみられるアイコンが発見されています。

AirPods 3のアイコン?

AirPods(第3世代)はイヤーチップを搭載したモデルになる可能性が高そうです。ということは、ノイズキャンセリング機能を内蔵することになるのかもしれません。これは、AirPodsのノイキャン、期待してもイイのか?

また、AirPods(第3世代)とみられるリーク画像もあります。

このリーク画像をもとにコンセプトイメージもあります。

AirPods 3はドライヤーのようなデザインになるのかもしれませんね。これまた賛否ありそうなスタイルになるのかも…。

ブラックカラーが追加される

新型のAirPods 3は新色としてブラックカラーが追加されるという情報があります。

これは現行のAirPods(第2世代)の噂段階であった情報で蓋を開けてみればAirPods 2は従来通りホワイトカラーのみの発売となりました。

もしかしたら、AirPods 3でブラックカラーが追加される可能性も?

AirPodsは白色しかラインナップされていませんが、近年はMacBook Proでもスペースグレイの黒系のカラーが追加されています。

iPhoneやiPadなど他のデバイスも豊富なカラーラインナップがあるのでAirPodsにブラックカラーが追加されるのは自然なことではないでしょうか。

なお、AnkerのSoundCore Liberty AirはAirPodsと非常に似たワイヤレスイヤホンとなっていますが、白色だけでなく黒色も選ぶことが可能となっています。

滑り止め防止のグリップコーティングが施される

AirPods(第2世代)にはグリップコーティングが施されて滑りにくい仕様になるという情報がありましたが、第1世代と同じスタイルで発売されました。

ということでAirPods(第3世代)にグリップコーティングが施されることに期待したいところ。

現行のAirPodsは光沢のあるツルツルとした筐体のため、ケースからAirPodsを落とさずに取り出すことがとても難しくて、少し前にも豪快にAirPodsを手元から滑り落としてしまい行方不明になったこともあります。

グリップコーティングが施されるとAirPodsを滑らせて落としてしまう回数を減らセせるかもしれないので、かなり期待しています。

心拍数センサーを搭載?

AirPodsに心拍数を計測できるセンサーを内蔵するという情報があります。

心拍センサーといえばApple Watchのお家芸ですが、AitPodsにも心拍センサーが…?どうなんでしょうかね。

AirPodsってApple Wacthと違ってずっと装着しているものではないので心拍センサーを付ける意味があまりないようにも感じます。

ただ、運動するときの心拍数を計測することができたり、AirPodsの補聴器機能を使う高齢の方向けにあると便利な機能なのかもしれません。

AirPods 3の発売日

新型のAirPods(第3世代)は2019年12月までに発売されると噂されています。

AirPods(第1世代)から(第2世代)の発売は3年以上も期間を要したのに、(第2世代)から(第3世代)はたった半年ちょっとでモデルチェンジする可能性はあるのか?

最近のAppleは突然新型モデルを発売する傾向があるので、あり得ないことではないのかもしれません。

また、AirPods(第2世代)はケースがワイヤレス充電に対応しただけ…という見方をすれば、完全刷新したAirPods(第3世代)が2019年12月に発売される可能性はあるのかもです。

まとめ:AirPods 3 新機能・デザイン・発売日

新型のAirPods(第3世代)は2019年12月に発売されるのではないか…と噂されています。

AirPods 3に期待したい機能
  • 完全防水性能
  • 本体カラーにブラック追加
  • 滑り止め防止グリップコーティング
  • ノイズキャンセリング機能

第2世代が3月に出たばかりなので、本当に新型モデルが短期間に発売されるかどうか、定かではありませんが現行のAirPodsから改善してほしい点はいくつかあるので、新型モデルに期待したいところ。

いくつかのワイヤレスイヤホンを比較し、個人的におすすめのワイヤレスイヤホンを紹介しています。

iPhone 11、iPhone 11 Proのレビューはこちらです!