AirPods(第3世代)レビュー

Appleのワイヤレスイヤホン・AirPods(第3世代)が2021年10月26日に発売となりました!

AirPods(第3世代)はイヤーチップのないインナーイヤー(開放型)の完全ワイヤレスイヤホンで2019年のAirPods(第2世代)の後継モデルです。

カナル(密閉型)のAirPods Proとは異なる仕様のイヤホンとなっていますがProに迫る音質に進化しています。ノイズキャンセリング機能が必要ないならAirPods(第3世代)を即購入してもいいのでは?って思うほど。

ということで、この記事ではAirPods(第3世代)のデザイン、音質、使いやすさをレビューして実際にどうなのか書いているので気になってる方、デザインはどうなの?音質はいいの?となってる方は参考にしてください。

AirPods(第3世代)の特徴

AirPods(第3世代)
AirPods(第3世代)の特徴
  • インナーイヤー(開放型)イヤホン
  • デザインはAirPods Proに似ている
  • 音質が先代よりめちゃくちゃ向上した
  • ダイナミックドライバで豊かな低音を楽しめる
  • 空間オーディオに対応し広がりのある音楽を
  • 肌検出センサーを搭載した(なんの意味ある?)
  • つまんでコントロール、直感的に操作できる
  • AAC-ELDコーデックでFaceTime通話の音質向上
  • オーディオ共有で2組のAirPodsで音楽を共有
  • 「探す」でAirPodsを正確に探し出せるように
  • MagSafe対応の充電ケース(耐水対応)
  • IPX4の耐汗耐水性能で濡れても使える
  • 最大6時間連続再生(ケース込みで30時間)
  • 端末価格:23,800円

AirPods(第3世代)はイヤーチップを搭載しないインナーイヤー(開放型)の完全ワイヤレスイヤホンです。カナル型ではないので装着時の耳への圧迫感がなく自然にイヤホンを長時間使うことができます。

カナル型のイヤホンの圧迫感が苦手、密閉されることによって耳が痒くなる、痛くなる…などの理由でAirPods Proが使えなかったという方もAirPods(第3世代)なら問題なく使うことができるかもです。

AirPods(第3世代)は性能、音質がAirPods(第2世代)よりも驚くほど向上しており上位モデルのAirPods Proに近い音質を手に入れました。

さらに、空間オーディオにも対応しているので対応コンテンツはもちろん一般的なステレオサウンドも擬似的に空間オーディオに対応させることで広がりのある音を楽しむことができます。

バッテリー駆動時間もAirPods(第2世代)の5時間からAirPods(第3世代)は6時間に伸びていてケース込みで30時間のバッテリーライフを実現。さらに、MagSafeによる充電もできるので使いやすくなってるのは間違いないなさそうです。

AirPods(第3世代)はApple公式サイト、Amazonなどで23,800円で買うことができます。

AirPods(第3世代) レビュー

パッケージと付属品

AirPods(第3世代)は本体カラーはホワイトのみとなっています。iPhoneやiPadなどはカラフルなカラーラインナップになっていますが、ワイヤレスイヤホンの色展開は1色をずーっと保ち続けていますね。そろそろ色展開も欲しいところではあります。

AirPods(第3世代)のパッケージデザイン
シンプルなパッケージ

AirPods(第3世代)の同梱品はMagSafe充電ケース、Lightning – USB-Cケーブル、説明書となっています。

AirPods(第3世代) 同梱品
同梱品一式

とてもシンプルですね。

充電器は付属してこないですがiPhone 12iPhone 13などに同梱している充電器を使えます。もし、USB-Cタイプの充電アダプタがない場合は純正のApple 20W USB-C電源アダプタかサードパーティ製のAnker PowerPort Ⅲ Nano 20Wなどを合わせて買っておくのがおすすめです。

AirPods(第3世代)の充電ケース

AirPods(第3世代)の充電ケースはAirPods Proと似ていて横長に長い丸みのある形状となっています。

AirPods(第3世代) 充電ケース
横に長い充電ケース

光沢のある充電ケースとなっていてサイズ(54.4 × 46.4 × 21.38mm・37.9g)はAirPods Proの充電ケース(45.2 × 60.6 × 21.7mm・45.6g)よりもコンパクトです。

手で持った感じとしてもAirPods(第3世代)の方がコンパクトな仕上がりとなっており、AirPods(第2世代)と比べるとやはりワンサイズ大きいなと感じてしまいますね。

AirPods(第3世代)ケースサイズ
コンパクトな充電ケース

AirPods(第3世代)はMagSafeに対応したのでMagSafe充電器だけでなくデュアルMagSafe充電パッドMagSafeバッテリーパックなどを使って充電ができるようになりました。

MagSafe周辺機器が使える

通常のワイヤレス充電と何が違うのか。こんな感じに縦置きのスタンドに装着したMagSafe充電器にAirPods(第3世代)をくっ付けて充電ができるようになったんですね。

AirPods(第3世代)をMagSafe充電する
縦置きスタンドでも充電できる

従来モデルは縦置きタイプのワイヤレス充電器で充電はできなかったもののAirPods(第3世代)ならMagSafe充電器を使うことがでこのように縦スタンドでも充電できてしまいます!(ドヤァ)

もちろんQi対応のワイヤレス充電器を使って充電もできますしLightningポートを搭載しているので付属のLightning – USB-Cケーブルを使って有線での充電も可能となっています。

AirPods(第3世代) 充電ポート
Lightningポートを採用

AirPods(第3世代)の最大再生時間はイヤホン単体で6時間とAirPods(第2世代)の5時間から1時間延びています。さらにケース併用で24時間 → 30時間とバッテリー駆動時間が向上し今までよりも一度の充電で長く音楽を楽しめます。

もし、バッテリーが切れそうな時も充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間が可能となっています。

AirPods(第3世代) 本体デザイン

AirPods(第3世代)は充電ケースの蓋を上に開けるとイヤホン本体が収まっています。

イヤホン収納状態
イヤホン収納状態

イヤホンをケースから出した状態はこんな感じです。

AirPods(第3世代) イヤホン収納状態
イヤホンの収納部分

AirPods(第3世代)はインナーイヤー(開放型)のイヤホンを採用しておりイヤホン本体から下にスティックが伸びているスタイルとなっています。

AirPods(第3世代)のサイズ感
AirPods(第3世代)のサイズ感

イヤホン筐体の素材は従来のAirPods(第2世代) と同じ光沢のあるツルツルとした樹脂素材を採用しています。

AirPods(第3世代) イヤホン本体のデザイン
AirPods(第3世代) イヤホン本体

イヤホンの背中部分には黒色のアコースティックメッシュを覆っておりこのマイクは通話中に風の音を抑える役目も果たしておりノイズキャンセリング機能を搭載していませんが見た目はAirPods Proと似ています。

スティック部分の平らになっている部分に感圧センサーを搭載しているのでこの部分を指で摘むことで曲の再生、一時停止、早送り、さらに電話への応答・通話終了などの操作をすることが可能となっています。

AirPods(第3世代)感圧センサー
感圧センサーを搭載している
操作方法
  • 1回つまむ:再生・一時停止・電話応答
  • 2回つまむ:次の曲にスキップ
  • 3回つまみ:前の曲にスキップ
  • 長くつまむ:Siriを起動
  • Hey Siri :様々な操作が可能

AirPods(第3世代)の操作コントロールは左右のイヤホンともに同じ動作となります。第2世代は設定からボタンの割り当てができていたのですがAirPods(第3世代)はカスタマイズはできない仕様になってしまったようです。

AirPods(第3世代)の装着性

AirPods(第3世代)はインナーイヤー(開放型)イヤホンとなっており、片耳イヤホンの重量は4.3g、両耳合わせても8.6gとそれなりに軽いイヤホンとなっています。開放タイプのイヤホンなのでAirPods(第2世代)と同じようにイヤーチップのないタイプとなっています。

AirPods(第3世代) イヤホンの形状
耳栓型のイヤホン

とはいえ、形状はAirPods(第2世代) とは少し変わっていてドライバーヘッド部分が大きくなったことでカナル型イヤホンのように耳の奥にドライバー部分に少し入り込む形となります。

AirPodsシリーズの外観比較

とはいえイヤーチップのあるAirPods Proと違って耳に密着するわけでないので圧迫感はありません。外の音もしっかり聞こえるので歩きながらも使えるイヤホンとなっています。

また、AirPods(第3世代)のヘッド部分が少し大きくなったことで(第2世代)よりも少し安定感は増したようにも感じます。

AirPods(第2世代)は歩いてると位置が少しずつズレることがありましたがAirPods(第3世代)は走ったり運動をしてもしっかりと耳の穴にはまって安定しているので長時間の使用も耳に触れることなく使うことができそうです。

イヤホンと充電ケースともにIPX4の耐汗耐水対応

AirPods(第3世代)はIPX4の耐汗耐水に対応しています。(第2世代)は対応してなかったので大きな改善ポイント。

しかも、イヤホン本体だけでなく充電ケースもIPX4対応なのでケースを持ったまま雨に打たれても大丈夫。素晴らしい。雨が突然降ってきてもケースだけ仕舞う必要がないんです。

どれくらい濡れても大丈夫なのかですが、IPX4規格なんでびしょ濡れは厳しいです。ただ、激しいワークアウトで汗をかいてイヤホンが濡れてしまったり、突然の雨に打たれてイヤホンが濡れても壊れることがない性能となっています。

AirPods(第3世代)の音質

AirPods(第3世代)のスペックは上位モデルのAirPods Proと同じとなっており、SiPにH1ヘッドフォンチップを採用し専用のハイダイナミックレンジアンプに専用の高偏位Appleドライバを搭載しています。

AirPods(第3世代)のドライバー部分
大口径のドライバーを採用している
AirPods(第3世代) スペック
  • H1チップ
  • ハイダイナミックアンプ + 高偏位Appleドライバ
  • アダプティブイコライゼーション
  • 空間オーディオに対応
  • 音声コーデック:AAC
  • Bluetooth:5.0
  • 電池持ち:6時間(ケース込みで30時間)

AirPods(第3世代)は内向きにマイクを内蔵し聴いている音を検知して低域と中域の周波数を調整してくれるアダプティブイコライゼーションを搭載。リアルタイムで音質を調整し耳の形状と環境に合わせて最適な音質に合わせてくれます。

実際のAirPods(第3世代)の音質はAirPods(第2世代)と比べて相当向上しています。同じ無印モデルだから少し音質が向上してればいいかな…って思っていたらビックリするくらい音質が良くなっています。

音の傾向としてはAirPods Proと似ており低音から高音までフラットで全ての音がしっかり鳴っている感じ。豊かな低音に高精細な高音に息遣いを感じられるボーカル域を楽しむことができます。

AirPods(第3世代)はしっかりした音質に仕上がっています。

音質をAirPods(第2世代)と比較するとAirPods(第3世代)は低音が大きく強化されていてドラム、ベースといった太い音をしっかり鳴ってます。高音域もAirPods(第2世代)は上まで鳴らなかった音も出し切っています。

AirPods Proと比較で低音と高音の力強さは密閉型のAirPods Proにはかなわないもののそれに近い音になっており、中音域は個人的にはAirPods(第3世代)の方が透明感があって聴きやすい。

ボーカルの声がしっかりしたことで全体的に音にまとまりがあるようにも感じます。

空間オーディオに対応した

AirPods(第3世代)は空間オーディオに対応しておりコントロールセンターのオーディオコントロールの項目から設定できるようになっています。

AirPods(第3世代)空間オーディオ
空間オーディオに対応した

空間オーディオ対応コンテンツだけでなく通常のステレオ音声も擬似的に立体的な空間を生み出せます。ライブ映像とかも空間が広がって驚くべきサウンドを楽しむことができます。

AirPods(第3世代)
■ 評価:
4
■ 低音:
4
■ 中音:
4
■ 高音:
4
■ 解像感:
4

動画と音の遅延は少ない

AirPods(第3世代)はスマホと動画の遅延はほとんどありません。

iPhone 12 Proと接続して試したところ全く遅延がないわけではないですが、普通にYouTubeの動画、アニメ、ミュージックビデオを楽しむなら問題ないレベルです。ゲームも問題ないですが、音ゲーになってくると厳しいかもしれません。

通話品質も良し

AirPods(第3世代)はデュアルビームフォーミングマイクを内蔵し通話品質も良好。外向きのマイクを使うことで風切り音も抑えるため相手にもしっかりとした声を届けることができます。

また、新しいAAC-ELD音声コーデック技術を採用したことでFaceTimeの通話がHD品質になって声が聴きやすくなったそうです。

実際にAirPods Proと比較し試してみましたが正直なところそこまで違いを感じることはできなかったかな…?なんとなくAirPods(第3世代)の方が音がいいような気がするレベル。

スマホとの接続方法

AirPods(第3世代)は蓋を開けるだけでiPhoneに自動でポップアップウィンドウが出てきて「接続」をタップすることでペアリングできます。

 AirPods(第3世代)ペアリング
AirPods(第3世代)を接続する

イヤホンをケース方取り出さずにこのまま状態で簡単に設定できますし基本的に一度のペアリングで2回目以降はイヤホンの蓋を開けるだけですぐに使うことができます。

AirPods(第3世代) バッテリー残量
バッテリーの残量確認

AirPods(第3世代)のイヤホン本体のバッテリー残量は蓋を開けると自動的にiPhoneに表示してくれますしバッテリーのウィジェットを置いておくことでいつでも充電ケースとイヤホンの電池残量を確認できます。

また、iPadやMacとの接続性能も高くて簡単に切り替えして使うことが可能となっています。

探すアプリでイヤホン単体で探し出せる

AirPods(第3世代)は「探す」に対応しています。iPhoneとペアリングすることで自動的に登録されて充電ケースだけでなくイヤホン単体「L」と「R」で探し出すことができます。

少し離れたところから探す場合は地図が表示されて方向が表示されてイヤホン本体が近づくこと上記のような表示に切り替わり、音を鳴らすことで探し出すこともできます。

イヤホン単体を失くすことあまりないかもしれませんがAppleのエコシステムで探し出すことができるのはイザというときに助かります。

AirPods(第3世代) レビュー:まとめ

 AirPods(第3世代)

AirPods(第3世代)のメリット

AirPods(第3世代)は開放型の完全ワイヤレスイヤホンなので密閉型(イヤーチップがあるタイプ)が合わない方にとっては最高のイヤホンとなるはずです。

AirPods(第3世代)のメリット
  • インナーイヤー型で耳の負担が少ない
  • 音質が従来モデルと比べてかなり良くなった
  • 空間オーディオ対応はマジで最高です
  • 「探す」でイヤホンを失くしても探し出せる
  • MagSafe充電に対応した

基本的な使用感としてはAirPods(第2世代)と同じですが音質が向上しているため乗り換え候補としてはアリです。カナル型イヤホンが苦手でAirPods Proに行けなかった方も安心してAirPods(第3世代)に乗り換えできるでしょう。

また、AirPods Proで対応していた空間オーディオがAirPods(第3世代)で体験できるのは大きなメリットとなります。空間オーディオをONにするだけで普通の音楽がリアリティのあるサウンドへと変貌します。

AirPods(第3世代)のデメリット

個人的にAirPodsシリーズ全てにいえることですが光沢のある筐体を採用していることもありツルツルと滑りやすいのが使いにくいなぁ…って感じることがあります。とくに運動した後とかほんとに滑る…。僕だけなのかな。

AirPods(第3世代)のデメリット
  • ツルツルと滑りやすい筐体
  • ノイズキャンセリング機能は非対応
  • 価格が23,800円と少し高い

AirPods(第3世代)はインナーイヤー型のイヤホンなのでノイズキャンセリング機能には非対応です。これは仕方ないところではありますが23,800円であることを考えると少し割高に感じるかもしれませんね。

そもそも、インナーイヤー型のイヤホンで2万円超えってなかなかないかも。ただ、AirPods(第3世代)はインナーイヤー型のイヤホンの中ではダントツに音質はいいですし空間オーディオも使えることを考えると妥当な価格…なのかもしれません。

AirPods(第3世代)がおすすめな人は

 AirPods(第3世代)

AirPods(第3世代)はiPhoneiPadMacBookといったApple製品を使っている方におすすめなのはもちろんですが、カナル型イヤホンが苦手という方で音質を重視したいという方におすすめのイヤホンとなっています。

見た目はAirPods Proと同じですが性格は異なるので用途によって使い分けるのがいいかもしれないですね。

AirPods Proはこちら

ワイヤレスイヤホンの比較はこちらです。