シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型AirPods 2の新機能・スペック・価格・発売日など最新情報


新型AirPods 2 スペック・発売日

Appleのワイヤレスイヤホン・AirPodsの新型AirPods 2が2019年3月には発売されるのではないかという情報が盛り上がってきています。いろんな情報が飛び交い始めているので、新型AirPods 2が発売される可能性はかなり高くなっているのではないでしょうか。

新型のAirPods 2は低音域の音質が向上してブラックカラーが追加されるらしいですが、この記事では新型AirPods2はどんなスペックになるのか最新情報をまとめています。最新の情報によれば2019年3月29日にAirPods2とAirPowerが同時に発売されるとも。これは楽しみだ!

 

新型AirPods 2の最新情報

新型のAirPods 2で噂されているスペックは以下のとおりです。

噂されるAirPods 2の新機能
  • 低音域の音質が向上する
  • グリップコーティングで滑り止め防止
  • ブラックカラーが追加される
  • 耐水仕様になって水に強くなる
  • 最新のW3チップを搭載する
  • ノイズキャンセリング機能を搭載
  • Bluetooth 5.0に対応し安定性と電池持ちが向上する
  • ケースがワイヤレス充電に対応する
  • 発売は3月29日に?

新型AirPods 2のデザインは基本的には同じでしょうか。こちらのAirPodsは現行モデルのものです。

新型AirPods 2の新機能・スペックについて

低音域の音質が向上する

現行モデルのAirPodsは解像感が高くてフラットな音質なのでとても聴きやすくてずっとAirPodsで音楽を聴いていても耳が疲れにくいものとなっています。

個人的には現行のAirPodsの音質もかなり良いと思っているのですが、新型のAirPods 2は内部構造が刷新することで低音域のレスポンスが向上して音質がさらに向上するようです。

JabraやBOSE、Ankerなどのメーカーのイヤホンは耳の奥まで装着するカナル型イヤホンなのでメリハリのある低音を楽しむことができますが、AirPodsはインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンなので低音域が弱くなってしまいます。

しかし、新型のAirPods2では構造を見直すことで低音域のレスポンスを向上するということで、これは楽しみで仕方ないですね。音質の良いAirPodsがさらに良い音で楽しめるようになるかもしれません。

グリップコーティングで滑り止め防止

新型AirPods 2にはグリップコーティングが施されて滑りにくい仕様になるとみられています。

現行のAirPodsは光沢のあるツルツルとした筐体のため、ケースからAirPodsを落とさずに取り出すことがとても困難です。今日も豪快にAirPodsを手元から滑り落としてしまいました。

しかし、新型AirPodsにはグリップコーティングが施されることでケースから取り出すときにAirPodsを滑らせて落としてしまう回数を減らすことができるかもしれません。

ブラックカラーが追加される

新型AirPods 2は新色としてブラックカラーが追加されるとみられています。

現行のAirPodsは白色しかラインナップされていませんが、近年はMacBook Proでもスペースグレイの黒系のカラーが追加されたり、iPhoneやiPadなど他のデバイスも豊富なカラーラインナップがあるのでAirPodsにブラックカラーが追加されるのは自然なことでしょう。

なお、AnkerのSoundCore AirはAirPodsと非常に似たワイヤレスイヤホンとなっていますが、白色だけでなく黒色も選ぶことが可能となっています。

心拍数センサーを搭載する?

新型AirPods 2には心拍数を計測できるセンサーを内蔵するという情報があります。

心拍センサーといえばApple Watchのお家芸ですが、AitPodsにも心拍センサーが...?どうなんでしょうかね。AirPodsってApple Wacthと違ってずっと装着しているものではないので心拍センサーを付ける意味があまりないようにも感じます。

ただ、運動するときの心拍数を計測することができたり、AirPodsの補聴器機能を使う高齢の方向けにあると便利な機能なのかもしれません。

耐水仕様になって水に強くなる

新型AirPods 2はある程度の水没にも耐えることができる耐水性能を持ち合わすのではないかとみられています。現行のAirPodsは意外にも耐水仕様にはなっていないんですよね。

とはいえ、現行のAirPodsもそこそこ耐水性能を持っていて、運動をして汗をかいてしまってもAirPodsが壊れてしまうことはありません。

AirPodsを洗濯機に入れたり5分間水没させたりしている動画がありますが、問題なく動作しているようです。

まあ、AirPodsは小さいデバイスなので何があるかわかりません。耐水性能をうたっていなくてもある程度の事故があっても壊れることがないようにきちんと設計してあるのでしょうね。

なので、新型AirPods 2もある程度の耐水性能を持ち合わせたワイヤレスイヤホンになるとは思いますが、それをAppleが公式仕様に盛り込むかどうかでしょう。

最新のW3チップを搭載する

現行のAirPodsはW1チップや光学センサー、加速度センサーを内蔵することでAirPods単体で様々な操作をすることが可能となっています。

AirPodsの機能
  • 耳に装着すると自動ペアリング
  • 耳から外すと曲が停止する
  • 1回タップで曲を停止できる
  • 2回タップで曲をスキップ、またはSiriを起動
  • シームレスに別デバイスに切り替えができる

W1チップはこれらの機能を動作させるために必要不可欠なものとなっていますが、新型AirPodsはApple Watch 4にも採用されている最新のW3チップに対応して、Siriを声で呼び出すことができるようになるとみられています。

ノイズキャンセリング機能に対応する

新型AirPods 2はノイズキャンセリング機能に対応するとみられています。

あまり知られていないかもですが、現行のAirPodsもW1チップと音声加速度センサーを内蔵することで声を認識してビームフォーミングマイクと連携してノイズを取り除いてくれる機能が搭載されています。

現行のAirPodsの通話品質はかなり良いのでこれよりもクリアになるのかはちょっとわかりませんが、もし、AirPods 2にちゃんとした(?)ノイズキャンセリング機能が搭載されたとしたら、さらにクリアな声を届けることが可能になるのかもしれません。

Bluetooth 5.0対応でさらに安定性向上する

現行のAirPodsはBluetooth 4.2でiPhoneと通信をしていますが新型AirPods 2はBluetooth 5.0に対応して接続の安定性が向上することになるでしょう。

Bluetooth 5.0はiPhoneだと2016年モデルのiPhone 8/8 Plus/Xより対応していて、iPadも2018年モデルのiPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9(第3世代)がBluetooth 5.0に対応しています。(Apple Watch 4もBluetooth 5.0に対応しています。)

なので、新型のAirPods 2もBluetooth 5.0に対応するのは間違いないでしょうね。

Bluetooth 5.0は4.2よりも通信速度が2倍になり接続範囲が4倍にすることができるもの。AirPodsに採用されることでどんなメリットがあるかは分かりませんが、接続安定性がさらに向上することになるでしょう。

ケースがワイヤレス充電に対応する

新型AirPods 2の充電ケースはワイヤレスで充電することが可能となります。

Appleがワイヤレス充電器・AirPowerが発表した時にAirPodsがワイヤレス充電されている画像を公開していました。

AirPower

AirPowerが発売延期になりAirPodsのワイヤレス充電のケースもどこかに行ってしまっていましたが、AirPowerも2019年春に発売されるのではないかという情報が出てきているので、それに合わせて新型AirPods 2のケースもワイヤレス充電化する可能性が非常に高いといえそうです。

 

発売日は2019年3月の可能性

新型AirPodsは2019年3月に発売される可能性が高いようです。というか、Appleが次に何かを発表するとしたら3月下旬というのが今まで流れなのです。

2019年3月下旬に発表されるとみられる新製品は以下のものが噂となっています。

2019年3月下旬に発表?
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini 5
  • AirPods 2
  • AirPower

無印のiPadはここ数年は3月末に発表されて発売しているので、iPad(第7世代)とiPad mini 5は間違いなく登場することになるでしょうね。これに合わせてAirPods 2が発売されるかどうか注目です。

また、ギリシャのサイト「iPhonehellas.gr」によれば2019年3月29日に新型のAirPods2とAirPowerが発売されるのではないかと伝えているようです。

価格は値上げされる

新型のAirPods 2の本体価格は値上げされるのではないかとみられています。

AirPodsの価格
  • 現行AirPods:159ドル(16,800円)
  • 新型AirPods 2:200ドル(21,800円?)

音質が良くなって、グリップコーティング、耐水仕様、ワイヤレス充電などの機能がてんこ盛りで搭載されたら値上げは仕方ないかもしれません。

まあ、個人的にはAirPodsの価格は安すぎるくらいだと思っているので値上げしてもOKです。

というのも、他メーカーの音の良いワイヤレスイヤホン(Jabra、BOSE、ゼンハイザー)などは2万円〜3万円します。AirPodsの音質はこれらの高級ワイヤレスイヤホンに匹敵(実際に聴き比べて。)しているので、さらに音質が良くなるのであれば文句はありません。

AirPodsからAirPods 2に乗り換えるほどなのか?

AirPods

新型AirPods 2の噂は随分と前からあったので買い控えをしている方も多いと思います。そんな方は迷わずに新型のAirPods 2を購入しましょう。

また、AirPodsは2016年に発売したモデルなので初めの頃に購入した方はそろそろバッテリーが厳しくなってきている可能性もあるのでAirPods 2に乗り換えるにはちょうど良い時期ではないでしょうか。

すでにAirPodsを持っていて普通に満足しているなら新型AirPods 2に乗り換える必要はないでしょう。現行のAirPodsでも十分に音質は良いですし、iPhoneと一緒に使っているのであればどこのワイヤレスイヤホンよりも使い勝手は良いはずです。

もし、現行のAirPodsで満足していないとしたらAirPods自体合っていないのかもしれないので、別の高級ワイヤレスイヤホンを選んだ方がいいと思います。個人的におすすめなのがJabraかBOSEです。

Jabraは音が最高に良い。AirPodsよりも音良いです。(いつかレビューします。)

BOSEは装着感がAirPodsよりも上で低音の解像感が良く迫力がありウキウキした気分になれます。(いつかレビューします。)

また、カナル型イヤホンなのに歩いても足音がボワンボワンと耳鳴りしないのでめちゃくちゃ快適です。(JabraやAnkerは耳に密閉しすぎて足音が耳にボワンボワンと響くんですよね。)

まとめ:新型AirPods 2、早く発売して!

個人的には現行のAirPodsでかなり満足してしまっているのでAirPods 2が出ても出なくてもいいやーっていうノリでしたが、音質が向上する可能性があるということで急に欲しくなりました。

AirPods 2は2018年は12月までに発売されると噂されて結局のことろ発表されませんでした。結構焦らされている感じがしますが、2019年3月はiPad(第7世代)やiPad mini 5が発売される可能性が非常に高く、そこに合わせて新型のAirPods 2がリリースされる可能性はとても高いでしょう。

なので、AirPods 2を早く発売して。

2019年3月に発売が期待されるiPad mini 5とiPad(第7世代)の最新情報についてはこちら!

現行モデルのAirPodsのレビューはこちらをどうぞ!