シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

新型AirPods 2の新機能・スペック・音質・価格の違いを比較レビュー!


新型AirPods2 スペック・音質などレビュー

新型のAirPods(第2世代)が2019年3月20日に発売しました。ただし、期待されていたブラックカラーの追加はありませんでした。

AirPods(第2世代)は新しくなったH1チップを搭載し充電ケースがワイヤレスに対応しています。ワイヤレス充電に対応したケース「Wireless Charging Case for AirPods」は単体でも購入可能なのでAirPods(第1世代)を使っている方も完全ワイヤレス体験をすることができます。

ということで、AirPods 2のスペック・使い勝手・音質・遅延についてレビューしていきます。なお、発売前の情報では低音域の音質が向上するという情報がありましたが、確かにAirPods2の音質はAirPodsと比べて少し良くなっているように感じます。

 

新型AirPods 2の新機能とレビュー

基本的なデザインは初代AirPodsと変わりありません。特にイヤホン本体のデザインは全く同じなので混ぜてしまうと区別できなくなってしまいそうです。

AirPods 2 ワイヤレスケースとイヤホン本体

左:ワイヤレスケース、右:AirPods 2 本体

新型のAirPods 2のスペックは以下のとおり。事前情報も合わせて記載しているので実現したものと実現していないものの答え合わせをしてみましょう。

AirPods 2の新機能
  • 低音域の音質が向上する → 音質が少し良くなっている
  • グリップコーティングで滑り止め防止 → 実現されず
  • ブラックカラーが追加される → 実現されず
  • 耐水仕様になって水に強くなる → 実現されず
  • 心拍センサーを搭載する → 実現されず
  • 最新のW3チップを搭載する → H1チップを搭載へ
  • Hey!Siriで操作が可能に
  • 通話のバッテリー駆動時間が長くなった
  • ノイズキャンセリング機能を搭載 → ?
  • Bluetooth 5.0に対応し安定性と電池持ちが向上する → Bluetoothのバージョンは不明だがデバイスの切り替えが2倍高速、ゲームのレイテンシが最大30%低減
  • ケースがワイヤレス充電に対応する → Wireless Charging Case for AirPods
  • 発売は3月29日に?→ 2019年3月26日

見た目が変わっていないのであまり違いがないようも見えますが、AirPods(第2世代)は初代よりも音質が少しだけメリハリがついて良くなっているように聞こえます。また、接続安定性も向上しているので音飛びがよりしにくいものへと進化しています。

新型AirPods 2の新機能・スペックについて

AirPods2のデザインは初代と同じ

AirPods(第2世代)は初代AirPodsと全く同じインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンとなっています。

AirPods(第2世代)とAirPods(第1世代)

左:AirPods(第2世代)、右:AirPods(第1世代)

デザインも全く同じで違いがないので混ざってしまうとどれが第2世代なのか判別できなくなってしまいますが、違う世代のAirPodsをケースに収納すると「AirPodの世代の不一致」と表示するので掛け違いで使うということはないので安心してください。

世代の違うAirPodsをケースに入れると

AirPodsはいわゆるうどん型イヤホンで今では使っている人も多くなったのでかなり見慣れましたよね。

AirPods2

耳の奥までイヤホンを装着するカナル型のイヤホンと違ってインナーイヤー型のAirPodsは密着感が少なく疲れにくいのが特徴です。周囲の音も聞こえるのでAirPodsを付けたまま会話することもできるので普段使いすることができます。(ただし、音漏れするので満員電車には気をつけましょ。)

最新のH1ヘッドフォンチップを搭載

現行のAirPodsはW1チップや光学センサー、加速度センサーを内蔵することでAirPods単体で様々な操作をすることが可能となっています。

AirPodsの機能
  • 耳に装着すると自動ペアリング
  • 耳から外すと曲が停止する
  • 2回タップで曲をスキップ、またはSiriを起動
  • シームレスに別デバイスに切り替えができる

W1チップはこれらの機能を動作させるために必要不可欠なものとなっていますが、新型のAirPods(第2世代)は新しく開発されたH1ヘッドフォンチップを搭載しました。

Hey!Siriで操作可能に

H1チップを搭載した新型AirPods(第2世代)は「Hey!Siri」と声で音声アシスタントSiriを呼び出すことができるようになりました。

AirPods(第2世代)Siriに対応

電話をかけるときは「Hey!Siri、○○に電話して!」と声をかければOKです。音量を上げるときも「Hey!Siri、音量上げて!」と声をかけて簡単に操作が可能となっています。

接続が速くなって安定性向上

H1ヘッドフォンチップを搭載した新型AirPods(第2世代)は、iPhoneなどのデバイスとのワイヤレス接続の速さがさらに高速になって接続安定性も向上しています。

AirPods(第2世代)接続性能
  • デバイスの切り替え:最大2倍高速に
  • 電話の通話接続:1.5倍高速に
  • ゲームのレイテンシ:最大30%低減

AirPods(第1世代)もデバイスの切り替えや通話切り替えなど十分すぎる速度がありましたが、AirPods(第2世代)はさらに快適になっているようですね。

デバイスの切り替え速度比較

AirPods(第1世代)をiPhone XS MaxからiPhone 8への切り替えは約4秒〜8秒、iPhone 8からiPhone XS Maxへの切り替えは約6秒〜10秒となっており、場合によってはもっと時間がかかることがありました。

H1チップを搭載しているAirPods(第2世代)は確かに接続切り替えのスピードが向上しています。

切り替えが速度が少しだけ速くなっています。

接続切り替え速度の違い
モデル AirPods(第2世代) AirPods(第1世代)
iPhone XS Max → iPhone 8 約3秒〜7秒 約4秒〜8秒
iPhone 8 → iPhone XS Max 約3秒〜7秒 約6秒〜10秒

数秒の差ですが間違いなくAirPods(第1世代)よりもAirPods(第2世代)の方がデバイスの切り替え速度が向上しており、頻繁にデバイスを切り替えることが多い方はAirPods(第2世代)を使うことで快適になること間違いなしでしょう。

映像と音声の遅延が改善

ゲームのレイテンシーとは画面に対して音声がズレてしまう現象でAirPods(第1世代)は画面と音のズレが少しあったのでAirPods(第2世代)で遅延が改善されているのはかなり大きい改善点といえます。

とはいえ、AirPods(第1世代)のレイテンシーもかなり優秀で、動画を見るくらいならあまり遅延は気になるレベルではなかったのです。しかし、タイミングが重要となる音ゲーをすると画面と音がズレてしまってプレイしにくくなっていました。

そんな中で、新型のAirPods(第2世代)はH1チップを搭載しレイテンシーが30%改善し遅延はほとんど気にならないレベルにまで改善していてYouTubeなどの動画の映像と音のズレはほとんどなくなったのでめちゃくちゃ自然に動画を楽しむことができるようになっています。

ゲームのレイテンシーも向上しているのでAirPods(第1世代)よりも間違いなくプレイしやすくなっていると思います。まあ、本当にシビアなプレイが求められるゲームに関してはまだまだ改善の余地はあるのかもしれませんが、普通に遊ぶ分においては特に問題はないのかなと感じます。

 

全体的に音質が向上している

個人的には現行のAirPods(第1世代)の音質もかなり良いと思っていて、解像感がありフラットな音質なのでずっと音楽を聴いていられるイヤホンです。

事前情報では内部構造が刷新して低音域のレスポンスが向上して音質がさらに向上しているとありましたが、GIZMODOさんの記事によると内部構造は全く同じで音質は変わっていないそうです。

構造が同じなら音質は同じなのかというのも納得ですが、メインチップがW1からH1に刷新されているのでチューニングが改善されて少しは音の違いがあってもいいのではないか?

そう思って実際にAirPods(第2世代)とAirPods(第1世代)の音を聞き比べしてみたところ...

AirPods 2 イヤホン部分

音質が良くなっている!

勘違いなのかと思いAirPods(第1世代)と何度も聴き比べしてみましたが音質が良くなっています。一つ一つの音がしっかり鳴っていてAirPods2は少しメリハリのあるサウンドになっていて全体的に解像感がさらに増したような感じがします。

あくまで主観でほんの僅かな差なので違いを感じない方もいるかもしれませんが、個人的にはAirPods(第2世代)は音質が向上していると思います。

ただし、AirPods(第1世代)は単純に経年経過でスピーカー部分がヘタっていてAirPods(第2世代)の方が音質が良く聞こえるだけの可能性もあります。この辺りはもう少しAirPods(第2世代)を使い続けないと分からないことなのかもしれません。

通話音声はクリアで会話しやすい

新型AirPods 2はノイズキャンセリング機能に対応すると噂されていましたが、AirPods(第1世代)もW1チップと音声加速度センサーを内蔵することで声を認識してビームフォーミングマイクと連携してノイズを取り除いてくれる機能が搭載されていてかなりクリアな音声で通話することができます。

AirPods(第2世代)も性能向上したH1チップとビームフォーミングマイクを搭載しているのでクリアな通話をすることが可能となっています。

接続可能範囲は向上している

AirPods(第1世代)はBluetooth 4.2に対応していました。AirPods(第2世代)はBluetooth 5.0なのかはスペック表に記載がないので不明ですが、H1ヘッドフォンチップを搭載し接続性能を向上しているのでBluetooth 5.0に対応しているかもです。

ちなみに、Bluetooth 5.0は2016年モデルのiPhone 8/8 Plus/Xより対応していて、iPadも2018年モデルのiPad Pro 11インチとiPad Pro 12.9(第3世代)、Apple Watch 4がすでにBluetooth 5.0に対応しています。

Bluetooth 5.0になることで4.2よりも通信速度が2倍になり接続範囲が4倍にすることができるもの。実際に試したところAirPods(第2世代)の接続範囲は少しだけ向上していました。

AirPods(第2世代)接続範囲

AirPods(第1世代)では我が家の2階北側にiPhoneを置いて1階南側に行くと接続が切れていましたがAirPods(第2世代)はたまに接続が切れますが問題なく音楽を楽しむことができました。

こんなに離れて音楽を聴くことはほとんどありませんが、AirPods(第1世代)よりも性能が向上しているのは間違いないでしょう。

通話のバッテリー持ちが向上

Airpods(第2世代)はH1ヘッドフォンチップを搭載することで連続通話時間の性能が向上しています。

AirPods バッテリーの持ち
  第2世代 第1世代
再生時間 最大5時間、ケース併用で24時間 最大5時間、ケース併用で24時間
通話時間 最大3時間、ケース併用で18時間 最大2時間、ケース併用で11時間

音楽の再生時間は第1世代と変わりありませんが、通話時間がケースなしで最大1時間もバッテリー駆動時間が長くなっているので電話をAirpodsを使ってすることが多い方は第2世代に乗り換えるメリットは大きいのではないでしょうか。

実際の音楽再生時間

AirPods(第2世代)の実際の音楽再生時間を計測してみたところ4時間30分ぶっ続けで音楽を聴いたところバッテリー残量は100% → 13%となりました。

AirPodsの充電時間

AirPods(第2世代)4.5時間で100% → 13%に

ちょっと時間がなくて4.5時間で音楽を聴くのをやめてしまいましたが、フル充電状態ならAppleの公式スペックである5時間ほど使うことができそうですね。

ケースがワイヤレス充電に対応

ワイヤレス充電ケースとケーブル充電ケースの違い

新型のAirPods(第2世代)は充電ケースをワイヤレス充電ができるタイプ(Wireless Charging Case for AirPods)とできないタイプ(Charging Case for AirPods)のどちらかを選ぶことができるようになっています。

AirPods ワイヤレス充電ケースと充電ケース

左:ワイヤレス充電ケース、右:ケーブル充電ケース

サイズやデザインの違いはありませんが、背面上部にある金属が光沢のあるものからマットなものに変更されていて、ペアリング用のボタンが少しだけ上に移動しています。

AirPodsの充電ケースの違い

左:ワイヤレス充電ケース、右:充電ケース

LEDインジゲーターの位置が変更されており、通常の充電ケースは内部にLEDがあるのに対してワイヤレス充電器は外側にLEDがあって蓋を閉じた状態でも確認することができるようになっています。

AirPods ケースの違い

左:AirPods(第2世代)、右:AirPods(第1世代)

AirPodsのワイヤレス充電ケースのワイヤレス充電はQiに対応していてサードパーティ製の充電パットで充電することができます。Apple StoreではBelkinのワイヤレス充電器を購入することができます。

発売が予定されていたApple純正のワイヤレス充電器のAirPowerはどうなったのでしょうかね...。待っている方は多いと思うのですが。ちなみに、僕はAnkerのワイヤレス充電器(Anker PowerWave 7.5 Pad)を使ってAirPods2の充電をしています。

AirPods 2をワイヤレス充電

充電ケースをワイヤレス充電器の上に乗せるだけで充電できるのですからとても便利ですよね。

 

ワイヤレス充電ケースの充電時間

実際にどれくらいの充電速度があるのか試してみたところ1時間で40%ほどの充電ができました。

ケースのワイヤレス充電速度
  • 1時間で約40%充電

充電速度はケーブルほど速くはありませんが急がないのならワイヤレス充電でいいのかなと思います。ワイヤレス充電器はiPhoneのワイヤレス充電と併用して使えるのでテーブルの上からケーブルを減らすことができるのでテーブルの上をスッキリすることができてい良いですね。

発売日は2019年3月26日

新型のAirPods(第2世代)は2019年3月20日に発表されて3月26日に発売開始(出荷)となります。3月25日の発表会で発表されるのかと思っていましたが突如のサイレントアップデートでAirPods(第2世代)が発売されて驚きましたね。

価格は値上げへ

新型のAirPods 2の本体価格は従来の充電ケース版で1,000円の値上げとなっており、ワイヤレス充電に対応したケースだとさらにプラス5,000円となります。

AirPods ラインナップ

AirPodsの価格
  • AirPods(第1世代):16,800円
  • AirPods(第2世代):17,800円
  • AirPods(第2世代)ワイヤレス充電ケース:22,800円

新しくなったH1チップを搭載し接続性能が向上しているので1,000円の値上げは仕方ないのかな?(米国価格は同じなので為替レートによる値上げの可能性があるようです。)

というか、他メーカーの音の良いワイヤレスイヤホン(Jabra、BOSE、ゼンハイザー)は2万円〜3万円します。AirPodsもそれくらい値上げしてもいいからもっと音質が良いモデルが個人的には欲しいですね。

AirPodsからAirPods 2に乗り換えるほどなのか?

AirPods(第2世代)とAirPods(第1世代)

左:AirPods(第2世代)、右:AirPods(第1世代)

AirPods 2の噂は随分と前からあったので買い控えをしている方も多いと思います。そんな方は待ちに待ったモデルなので迷わずに新型のAirPods 2を購入しましょう。

また、AirPods(第1世代)は2016年に発売したモデルなので初めの頃に購入した方はそろそろバッテリーが厳しくなってきているのでAirPods 2に乗り換えるにはちょうど良い時期といっていいと思います。

ここ数ヶ月前にAirPodsを購入してしまった人で普通に満足しているなら新型AirPods 2に乗り換える必要はないでしょう。現行のAirPodsでも十分に音質は良いですし、iPhoneと一緒に使っているのであればどこのワイヤレスイヤホンよりも使い勝手は良いはずです。

また、個別で「Wireless Charging Case for AirPods」を追加購入することができるのワイヤレス充電がしたいのならオススメです。

もし、現行のAirPodsで付け心地・音質に満足していないとしたらAirPods自体合っていないのかもしれないので、別の高級ワイヤレスイヤホンを選んだ方がいいと思います。個人的におすすめなのがJabraかBOSEです。

Jabraは音が最高に良い。AirPodsよりも音良いです。(いつかレビューします。)

BOSEは装着感がAirPodsよりも上で低音の解像感が良く迫力がありウキウキした気分になれます。(いつかレビューします。)

カナル型イヤホンなのに歩いても足音がボワンボワンと耳鳴りしないのでめちゃくちゃ快適です。(JabraやAnkerのイヤホンは耳に密閉しすぎて足音が耳にボワンボワンと響くんですよね。)

まとめ:AirPods(第2世代)を買おう!

個人的にはAirPods(第1世代)でかなり満足してしまっているのでAirPods 2が出ても出なくてもいいやーっていうノリでした。しかし、AirPods(第2世代)が発表されてH1ヘッドフォンチップによって接続性能が向上していると聞いて即購入してしまいました。

ワイヤレス充電に対応したケースに目が行きがちですが、AirPods2は接続性能や映像と音声の遅延が改善されて音質も良くなっているのでAirPodsを購入して1年以上経過しているなら新調してもいいのかなと思います。

さすがにAirPods(第1世代)を購入して3ヶ月とかだったら乗り換えはかなり微妙なので、そのまま使い続けるのがいいと思います!

次期AirPods(第3世代)に期待の機能

グリップコーティングで滑り止め防止 → 2020年モデルに期待

AirPods(第2世代)にはグリップコーティングが施されて滑りにくい仕様になるという情報がありましたが、第1世代と同じスタイルで発売されました。

現行のAirPodsは光沢のあるツルツルとした筐体のため、ケースからAirPodsを落とさずに取り出すことがとても困難です。今日も豪快にAirPodsを手元から滑り落としてしまいました。

しかし、新型AirPodsにはグリップコーティングが施されることでケースから取り出すときにAirPodsを滑らせて落としてしまう回数を減らすことができたかもしれないだけに残念ですが、次期モデルに期待です。

ブラックカラー追加 → 次期モデルに期待

新型AirPods 2は新色としてブラックカラーが追加されるという情報がありましたが、AirPods(第2世代)は従来通りホワイトカラーのみの発売となりました。

AirPodsは白色しかラインナップされていませんが、近年はMacBook Proでもスペースグレイの黒系のカラーが追加されたり、iPhoneやiPadなど他のデバイスも豊富なカラーラインナップがあるのでAirPodsにブラックカラーが追加されるのは自然なことだとは思うんですけどね。

なお、AnkerのSoundCore AirはAirPodsと非常に似たワイヤレスイヤホンとなっていますが、白色だけでなく黒色も選ぶことが可能となっています。

 

心拍数センサーを搭載 → 2020年モデルに期待

新型AirPods 2には心拍数を計測できるセンサーを内蔵するという情報があります。

心拍センサーといえばApple Watchのお家芸ですが、AitPodsにも心拍センサーが...?どうなんでしょうかね。AirPodsってApple Wacthと違ってずっと装着しているものではないので心拍センサーを付ける意味があまりないようにも感じます。

ただ、運動するときの心拍数を計測することができたり、AirPodsの補聴器機能を使う高齢の方向けにあると便利な機能なのかもしれません。

耐水仕様になる → 2020年モデルに期待

AirPods 2はある程度の水没にも耐えることができる耐水性能を持ち合わすのではないかとみられています。現行のAirPodsは意外にも耐水仕様にはなっていないんですよね。

とはいえ、現行のAirPodsもそこそこ耐水性能を持っていて、運動をして汗をかいてしまってもAirPodsが壊れてしまうことはありません。

AirPodsを洗濯機に入れたり5分間水没させたりしている動画がありますが、問題なく動作しているようです。

まあ、AirPodsは小さいデバイスなので何があるかわかりません。耐水性能をうたっていなくてもある程度の事故があっても壊れることがないようにきちんと設計してあるのでしょうね。

なので、新型AirPods 2もある程度の耐水性能を持ち合わせたワイヤレスイヤホンになるとは思いますが、それをAppleが公式仕様に盛り込むかどうかでしょう。 

AirPods(第1世代)のレビューはこちらをどうぞ!

iPad mini 5やiPad Air 10.5についはこちらの記事をどうぞ!