AirPods Pro・AirPods 違いを比較

Appleの完全ワイヤレスイヤホンにはAirPodsAirPods Proの2つから選ぶことができます。

AirPodsはインイヤー型の通常タイプのワイヤレスイヤホン、AirPods Proはカナル型のノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤホンとなっています。

ここでは、AirPods(第2世代)とAirPods Proのデザイン・スペック・音質・使いやすさの違いを比較しています。価格差が5,000円とちょっと微妙な価格設定になってるのでどっちを買ったらいいか迷っている方も多いかと思います。

AirPodsを検討している方は参考にしてください。

AirPods ProとAirPodsの違いを比較

iPhone SEとAirPods
iPhone SEとAirPods

AirPods、AirPods ProはAppleの完全ワイヤレスイヤホンということもあり、iPhone SEをはじめiPhoneとの相性は抜群で、ケースの蓋を開いたらすぐにiPhoneの画面にペアリング画面が表示されて接続することができる気軽さが魅力です。

iPhoneとAirPodsのペアリング
iPhoneとAirPodsのペアリング

使い勝手についてはAirPods、AirPods Proに差はなく同じように使うことができますが、AirPods Proはノイズキャンセリングにより騒音をかき消してくれる機能を搭載しているのが大きな違いとなっています。

 
 AirPods ProAirPods 2
形状カナルスティック型(イヤーチップあり)インイヤースティック型(イヤーチップなし)
チップH1ベースのSiP(System in Package)H1
機能高偏位Appleドライバ、ハイダイナミックレンジアンプ、ノイズキャンセリング、Hey Siriによる操作Hey Siriによる操作
Bluetooth5.05.0
耐水耐汗耐水性能(IPX4)
充電ケースワイヤレス充電対応ケース、ケーブル対応ケースワイヤレス充電対応ケース
バッテリー4.5時間(ケース併用で24時間)5時間(ケース併用で24時間)
イヤホンサイズ30.9 × 21.8 × 24mm40.5 × 16.5 × 18mm
イヤホン重量(片耳)5.4g4g
価格27,800円ワイヤレス充電ケース:22,800円
ケーブル充電ケース:17,800円

AirPodsはイヤーチップのないインイヤー型のイヤホンですが、AirPods Proはイヤーチップのあるカナル型のイヤホンなので装着感が異なります。

装着感の違い
  • AirPods:耳に軽くはめる感じで窮屈感はないが音漏れしやすい
  • AirPods Pro:耳に密着し窮屈な感じがするが音漏れがしない

耳に密着していてノイズキャンセリングに専用のアンプ・ドライバーを搭載しているAirPods Proの方が音質は上ですが、ずっと聴いてると疲れることがあります。

しかし、AirPodsは軽く装着している感じで耳への負担が少なくずっと付けたまま使うこともできるのでイヤホンで音楽を長く聴くことが多いならAirPodsの方が使いやすいかもしれないですね。

音質と静けさを求めるならAirPods Pro、普段の使いやすさを求めるならAir Podsといった感じでしょうか。

充電ケースの違いを比較

AirPods、AirPods Proの充電ケースは「Wireless Charging Case」となっていてLightningポート、ワイヤレス充電に対応していますが、AirPodsに関してはワイヤレス充電非搭載のケースもあります。

ワイヤレス充電に対応しているケースは外側にLEDが搭載されていて、充電中しているときに光るようになっています。

AirPodsの充電ケース
AirPodsの充電ケース

AirPodsでワイヤレス充電が必要ないのなら「AirPods with Charging Case」を選ぶことで5,000円も安く手に入れることができます。

AirPodsの価格
  • AirPods Pro:27,800円
  • AirPods(with Wireless Charging Case):22,800円
  • AirPods(with Charging Case):17,800円

AirPods Proはワイヤレス充電ケースが基本となっているので27,800円となり、AirPodsよりも10,000円も高い価格設定となっています。

充電ケースの大きさはAirPods Proの方が少しだけ大きいサイズで、AirPodsは縦長ケース、AirPods Proが横長ケースとなっています。

AirPods ProとAirPodsの収納状態
AirPods ProとAirPodsの収納状態

AirPods Proはイヤホン本体が内側に収納されているのに対して、AirPodsはイヤホン本体が外側に向けて収まっています。どちらのケースもワイヤレス充電に対応しているのでケーブルレスで充電できるようになっています。

AirPods Proの充電ケースは横幅が広いので大きく見えてしまいますが、縦横のサイズはそんなに大きくはありません。

AirPodsとAirPods Proの充電ケース
AirPodsとAirPods Proの充電ケース
充電ケースの大きさ
  • AirPods Pro:45.2 × 60.6 × 21.7mm、45.6g
  • AirPods:53.5 × 44.3 × 21.3mm、40g

どちらも手のひらサイズなので持ち運びしやすい大きさとなっています。ただし、充電ケースの表面は光沢があり傷付きやすいので、気になる方はAirPods専用のケースに入れて使うのがいいでしょう。

イヤホン本体のデザインの違いを比較

AirPods ProAirPodsともにスティック型の完全ワイヤレスイヤホンとなっていますが、

AirPods ProとAirPods
AirPods ProとAirPods

AirPodsはそのまま、AirPods Proはイヤーチップを付けた状態で使うことになります。

AirPods ProとAirPodsのイヤホン本体
AirPods ProとAirPodsのイヤホン本体

AirPodsはスティック部分の長いことから「耳からうどん」と比喩されたものですが、AirPods Proはスティック部分が短くなったことから「うどん」感はなくなりました。

AirPods ProとAirPodsのスティックの長さを比較
AirPods ProとAirPodsのスティックの長さを比較

同じAirPodsですが雰囲気はかなり違いますよね。「耳からうどん」が気に入らないならAirPods Proという選択もアリなのではないでしょうか。

装着感の違いについて

AirPods Proはイヤーチップを付けて耳にねじ込むこうに装着するので密着感があります。

AirPods Proのイヤーチップ
AirPods Proのイヤーチップ

3種類のサイズから自分の耳に合ったイヤーチップから選んで使うのですが、ノイズキャンセリングの性能をフルに発揮するにはAirPods Proの設定画面から「イヤーチップ装着状態テスト」をクリアする必要があります。

イヤーチップ装着状態テスト
イヤーチップ装着状態テスト

なので、AirPodsと比べると耳との密着度が高くて長時間使っていると痛くなってしまうことがあります。

AirPodsは開放型ともいわれるインイヤー型のイヤホンで耳への密着度、負担が少ないので気軽に使うことができます。長時間の視聴にも耐えることができるので作業中にバックミュージックとして音楽を楽しむならAirPodsの方が気軽でいいかもしれないですね。

音質の違いを比較

AirPods Pro、AirPodsの音質は基本的に同じです。めちゃくちゃ音質が良いというわけではないですが、フラットで中高音のボーカル域が聴きやすいものとなっています。

AirPodsのドライバー部分
AirPodsのドライバー部分

AirPodsはイヤホンが開放型で耳への密着度が少なく低音域の音は控えめですが、中音域の解像感が高くて音量を上げることによって躍動感ある音を楽しむことができます。

AirPods Proは密閉型で耳への密着感が高くて低音域の音もしっかりと聴くことができるのでAirPodsよりもメリハリのあるサウンドを楽しむことができます。

AirPods Proのドライバー部分
AirPods Proのドライバー部分

これは高偏位Appleドライバ、ハイダイナミックレンジアンプを内蔵していることもプラスに作用しているのでしょう。さらに、AirPods Proはノイズキャンセリングにも対応しているので街の雑音を消し去ることができます。

AirPods Proのノイズキャンセリング
AirPods Proのノイズキャンセリング

無駄な周囲の雑音が消えるので細かい音までしっかり聞こえ、リアリティのあるサウンド体験をすることができます。音楽を聞かない時もノイズキャンセリングをONにしておくことができるので、無になりたいときに使うこともできます。

AirPods ProとAirPodの音質の違い
 AirPods ProAirPods
音質低音から高音まで解像感の高いサウンド中高音が聴きやすいサウンド
ノイズキャンセリングありなし
音漏れしにくいしやすい

また、AirPods Proは音漏れもしにくいので大音量で音楽を楽しむこともできますね。

基本的にどちらも聴きやすく音質は同じです。ただ、より緻密な音が聞こえるのがAir Pods Proなので、少しでもいい音で音楽を楽しんだり、映画を見るならAirPodsよりもAirPods Proの方がいいでしょう。

接続性能はどちらも高水準レベル

AirPods Pro、AirPodsともにH1チップを搭載していてiPhone、iPadとの接続は高水準レベルのものとなっています。ペアリングもケースを開くだけでiPhoneに表示し接続ができます。

AirPods Proをペアリング
AirPods Proをペアリング

端末の切り替えもスムーズにすることが可能で、AirPods ProとAirPodsの両方を持っていてもケースを開くだけでかんたんに接続先を変更することもできます。

さらに、iOS 13以降であれば1台のiPhoneで2台のAirPodsでサウンドを共有(オーディオ共有)して音楽を楽しむこともできます。

バッテリー持ちの違いを比較

AirPods Pro バッテリー
AirPods Pro バッテリー

AirPodsのバッテリー持ちはケース併用で24時間となっていて、個別ではAirPods Proが4.5時間、AirPodsが5時間となっていますが、実際のバッテリー駆動時間はこんな感じでした。

実際の電池持ち
  • AirPods:4.5時間
  • AirPods Pro:4時間

AirPodsの方が電池持ちはいいですが、4時間も連続して使うことはそうそうなくケースに戻しながら使うことが多く実際の使用感はどちらも同じ…といった感じです。

AirPods Proは耐水に対応

AirPods ProはIPX4の耐汗耐水に対応しています。

iPhone SEiPhone 11のように水の中に沈めるなどプールで使うことはできませんが、汗や雨などの水しぶき程度の水に耐えることができるようになっています。

まあ、AirPodsも雨に濡れても壊れることはないので信頼性が向上している…といったところでしょうか。

AirPods Pro・AirPods どっちがいい?

AirPods ロボ
AirPods ロボ

AirPods Proは27,800円、AirPodsはワイヤレス充電ケースが22,800円、ワイヤレス非対応充電ケースが17,800円です。

予算に余裕があるのならAirPods Proを選んでもいい…というわけではなくそれそれ特製が違うので、使用用途に合った方を選ぶのがいいでしょう。

AirPods Proがおすすめな人は

AirPods Pro
AirPods Pro

AirPods Proはノイズキャンセリング機能を搭載していて緻密な音もしっかり再生することができます。より、リアリティのあるサウンドを求める方におすすめです。

AirPods Pro良いところ
  • ノイズキャンセリングで雑音を静寂に
  • 低音から高音までフラットで解像感の高いサウンドを楽しめる
  • iPhoneとの連携機能が便利で使いやすい
  • 耐汗耐水性能(IPX4)で雨の中でも使える

IPX4の耐水性能も持ち合わせているので、雨の中で使うといったアクティブな使い方もできますね。なによりもノイズキャンセリング機能を搭載しているので雑音を消し去りたいならAirPods Proがおすすめ。

AirPods Proの惜しいところ
  • 耳が痛くなることがある(人により)
  • 価格が少し高い

AirPods Proはイヤーチップ型のイヤホンなので、人によっては長時間の使用で耳が痛くなってしまうことがあります。僕自身も、3時間ほど連続使用すると耳が痛くなってしまうんですよね。

価格が高いのに耳が痛くなってしまう…という最悪の事態もあり得るので、不安な方はAirPodを選んだ方がいいかもしれないです。

AirPodsがおすすめな人は

AirPodsは2016年に発売されたワイヤレスイヤホンで、2019年にAirPods(第2世代)に刷新されました。第2世代になったことで音質も少しだけ向上しているので第1世代からの乗り換えもおすすめです。

AirPodsの良いところ
  • 長時間の使用でも耳が疲れない、痛くならない
  • フラットな音質で音楽を聴きやすい
  • iPhoneとの連携機能が便利で使いやすい
  • 価格が安い

AirPodsはインイヤー型のイヤホンなので、耳の形に左右されることがなく長時間の使用でも耳が痛くなることはありません。なので、長く使うことを想定しているのなら開放感のあるAirPodsを選ぶのがいいでしょう。

AirPodsの惜しいところ
  • 音量を上げると音漏れする

AirPodsは開放型のイヤホンなので、音量を上げると音漏れしまいます。満員電車などで大音量にして音楽を聴くとまる聞こえになってしまうので注意です。

ワイヤレス充電ケースを選ばなければAirPods Proよりも10,000円も安く買うことができるので、コストパフォーマンスはいいのではないでしょうか。

AirPodsはAndroidでも使うことができます。

WF-1000XM3Jabra elite 75tおすすめのワイヤレスイヤホンとなっています。