20180612235529j:plain

Appleのワイヤレスイヤホン・AirPodsはケーブルレスで気軽に音楽を楽しむことができてダブルタップで簡単に操作できて、iPhoneを持たなくても通話をすることができる素晴らしいデバイスです。

これだけ高機能なAirPodsなので「バッテリー持ちは悪いのでは?」と思ってしまいますが、思っていた以上にAirPodsのバッテリーの持ちは良好で充電ケースを組み合わせで長時間使うこともできます。

ということで、AirPodsのバッテリー駆動時間は実際にどれくらいになるのかを計測してみたので参考にどうぞ。なお、AirPods Proもほぼ同じ充電時間、バッテリー駆動時間となっています。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

AirPodsのバッテリーについて

バッテリー残量の確認方法

AirPodsのバッテリー残量の確認はケースに入った状態であればケースの蓋を開くだけでiPhoneに自動的にバッテリー残量が表示される仕組みとなっています。

AirPodsとiPhone
AirPodsとiPhone

AirPodsを使用している時にバッテリー残量を確認する方法は、ウェジェット画面にバッテリーの項目を追加することでウェジェット画面からAirPodsや充電ケースのバッテリー残量をいつでも確認することができるようになります。

AirPodsのバッテリー残量確認方法
AirPodsのバッテリー残量確認方法

ウェジェットに追加しておくことで、いつでもAirPodsのバッテリー残量を確認することができます。

なお、iPhoneiPadだけではなくMacBook AirなどもAirPodsが接続された状態であればバッテリー残量を確認できるようになっており、メニューバーのBluetoothアイコンをクリックするとバッテリー残量を確認することができます。

AirPodsのバッテリー駆動時間

Appleが公式で発表しているAirPodsのバッテリー持ちは4.5〜5時間となっています。

  • 1回の充電で最大5時間の再生または2時間の通話
  • ケースの充電込みで24時間の再生または11時間の通話

AirPodsは5時間、AirPods Proは4.5時間の連続再生なので他のワイヤレスイヤホンと比較すると少し短めです。例えば、WF-1000XM3は1回の充電で8時間の連続再生が可能となっています。

とはいえ、AirPodsの充電ケースを併用することで最大24時間ほど使うことができます。AirPodsを使っていない時にケースに収納しておけば常に充電された状態で使えます。

つまり、バッテリー切れでイヤホンが使えない…という事態はほとんどないのではないでしょうか。

実際のバッテリー持ちは?

では、実際にAirPodsはどれくらいバッテリーが持つのかを計測してみました。

10時から12時まで2時間音楽再生をして40%のバッテリーを消耗し100%→60%に、13時まで音楽再生をしている間に5分ほどの通話をし60%→32%になりました。

13時から15時半まで音楽再生をせずAirPodsを放置し32%→22%とバッテリー10%を消耗。そして、15時半から16時半まで音楽再生をして22%→1%となりました。

結果としてAirPodsをフル充電から0%になるまでに5時間ほどは音楽再生して楽しむことができたということになります。

  • 5時間の音楽再生
  • 5分程度の通話
  • 2時間半放置

Appleの公式で発表している数値のバッテリー駆動時間はありそうです。ちなみに、Apple Watch 3は6時間の使用で20%ほどしかバッテリー消費してなかった。

Apple Watch 5も1日で50%ほどの電池が持ってるので1日で切れることはない感じですね。

AirPodsは使わない時はケースの入れておく

なお、Air Podsはケースから取り出すと基本的にiPhoneと接続された状態になるので、音楽を再生していなくても知らない間にバッテリーが消耗してしまうようですね。

AirPods 充電ケースでイヤホンを充電
AirPods 充電ケースでイヤホンを充電

なので、AirPodsを使っていない時は充電ケースに入れておくことでAirPodsのバッテリーを無駄に消費させることなく、常にフル充電の状態でAirPodsを使うことができるコツとなりそうです。

もし、ケースを家に忘れてしまってAirPodsを使わない時があるなら、iPhoneのBluetooth設定から接続を解除しておけばバッテリー消費を抑えることができます。

AirPodsの充電時間は?

充電ケースからAirPodsの充電は非常に高速で充電開始5分でAirPodsのバッテリー残量が2%→40%となり、10分で70%ほど充電されます。

20180604135058j:plain

AirPodsを20分ほど充電ケースの中に入れておけばフル充電できるので、使わない時にケースに収めておく癖をつけておくことで、バッテリー消耗を気にせずに音楽を楽しむことができるでしょう。

ケースのバッテリー残量はAirPodsを1回100%に充電するたびに15%ほど消耗します。

なので、少なくとも4〜5回はAirPodsを充電することができます。Appleが公式で発表している24時間の音楽再生ができるという数値はほぼ一致しているといっても良さそうですね。

AirPodsの電池持ち:まとめ

AirPodsをケースに入れて充電する
AirPodsをケースに入れて充電する

AirPodsは連続再生で最大5時間、AirPods Proは最大4.5時間なので、ぶっ続けで音楽を聞くとバッテリーが0になってしまい音楽を聴くことができなくなってしまいます。

しかし、AirPodsを5分ほどケースに戻すだけで40%ほど充電できるので、普段使いではほぼ問題ないレベルではないでしょうか。

たまに気分転換の時にAirPodsを外す時に忘れずに充電ケースに収納しておけば常にバッテリーがある状態を維持できるので、バッテリー切れに悩むことはほとんどないでしょう。

AirPods・AirPods Proの比較はこちらをどうぞ。

AirPodsを使うならiPhone SEiPhone 11がおすすめです。iPhoneの比較はこちらを参考にどうぞ。

AirPodsはAndroidで使うこともできます。

iPhoneの周辺機器・アクセサリはこちらです。