Xperia 1 II 安く買う方法

ソニーのXperia 1 IVは2022年発売で性能が高く定位ですが価格が19万円と高価。2021年のXperia 1 IIIもIVに負けないくらい高性能なスマホで13万円。もう少し安いXperiaがあればいいのですよね。

そこでおすすめなのが2020年モデルのXperia 1 IIをahamo(アハモ)で買うのがおすすめです。

現在はahamoのXperia 1 Ⅱが68,200円で販売しています。これは買いではないですか?Xperia 1 Ⅱは1世代前のモデルですが、6.5インチの4KディスプレイにSDM 865 5Gを搭載し快適に使えます。

さらに、カールツァイスのトリプルカメラの画質も自然で良い感じの写真が撮れるのでまだまだ現役で使えるハイエンドスマホなので6万円のミドルレンジを手に入れるよりも快適に使えます。

Xperia 1 IIを安く買うには

Xperia 1 IIは2020年のハイエンドスマホとなっており、もともとはドコモ、au、ソニーストアで販売されてました。

  • ahamo:68200円
  • ソニーストア:118,800円(販売終了)
  • ドコモ:123,552円(販売終了)
  • au:133,600円(販売終了)

ソニーストアのXperia 1 IIはスペックが強化された(メインメモリが8GB → 12GB、ストレージが128GB → 256GB)ものですがahamoのXperia 1 IIはとにかく安くてコストパフォーマンスが高くなっています。

\ahamoならスマホ料金を2,970円に/

また、中古市場にもXperia 1 IIは流通していて57,800円〜94,800円なのでバッテリーの劣化などを考慮すると新品をahamoで買うのがおすすめです。

ただ、auやソフトバンク回線を使っている方は中古でau、ソフトバンク版のXperia 1 IIを手に入れる方が手っ取り早くていいかもしれません。

\ahamoならスマホ料金を2,970円に/

ahamo(アハモ)のXperia 1 IIの価格

Xperia 1 IIは現在はドコモのオンライン専用のプラン・ahamoで手に入れることができます。新規・MNP(のりかえ)、機種変更で60,170円で買えます。

ahamo(アハモ)のXperia 1 II
  新規・のりかえ 機種変更
一括払い 60,170円 60,170円
36回払い 1,671円 1,671円

11万円の端末が6万円って…。何かのバグでしょうか。

少し前は71,500円でしたが2022年2月に値下げされて60,170円でXperia 1 Ⅱを買えます。しかも、機種変更でも60,170円なのでドコモを使っている方も安心して買えますね。

ahamo + Xperia 1 IIの月々の料金

ahamo(アハモ)はオンラインから申し込むができるドコモの格安プランで、月々2,970円で20GBのデータ通信、5分の音声通話ができます。

ahamo 料金
ahamoの料金
ahamoの特徴
  • 細かい条件なしで税込2,970円(※機種代金別途)
  • データ通信は20GBで超過で速度が1Mbpsに制限
  • 4G/5Gのドコモ回線でデータ通信ができる
  • 国内通話5分無料かけ放題(※5分超過後:22円/30秒)
  • 海外82の国と地域で20GBのデータ通信(※15日を超えて海外で使うと速度制限、国内利用と合わせての容量上限)
  • オンラインのみで契約ができる
  • 契約時の事務手数料は無料
  • キャリアメールは使えない

Xperia 1 IIを36回分割で購入した場合の月々の料金を計算するとこうなります。

ahamo + Xperia 1 IIの料金
ahamo 2,970円
端末費用 1,671円(36回払い)
月々の費用(1〜36ヶ月) 4,641円
月々の費用(37ヶ月〜) 2,970円
トータル費用(2年間) 111,384円

ahamoならハイエンドスマホのXperia 1 IIを月々5,000円以内で使うことができ、37ヶ月目以降は端末の支払いが終わるのでahamoの2,970円のみでXperia 1 IIを使うことができます。

ちなみに、2021年モデルのXperia 1 IIIをドコモで買うと154,440円です。

分割36回で購入すると月々4,290円となり、あとでahamoにプランを変更したとして基本料金は2,970円。合計で7,260円になって2,000円ほど月々の料金が高くなります。

近年は通信料金が値下がりし上手く立ち回ることで月々の支払いを抑えながらもハイエンドスマホを使うことができます。

Xperia 1 IIIの7,260円でも悪くないですが、少しでも安くXperiaを使いたいのであればXperia 1 IIをahamoで買うという選択肢はアリですよね。

\ahamoならスマホ料金を2,970円に/

Xperia 1 II(中古)+ 格安SIM

Xperia 1 IIを中古で7万円くらいで手に入れて、UQ mobileやY!mobile、OCNモバイルONEなどの格安サービスを使うとどうなるのか?

ahamo + Xperia 1 IIの料金
通信 UQモバイル ワイモバイル OCNモバワン
回線 au ソフトバンク ドコモ
端末費用 70,000円
月々の費用 3GB:1,628円 3GB:2,178円
家族なら:990円
3GB:990円
トータル費用(2年間) 109,072円 122,272円
家族なら:93,760円
93,760円

ahamoとXperia 1 IIの組み合わせだと2年間のトータル費用で118,944円なのに対して中古 + 格安サービスの組み合わせで93,760円〜122,272円となります。

OCNモバイルONEなら1GBのプラン(月々770円)を選ぶこともできるため、さらに費用を抑えつつXperia 1 IIを使うことができます。

ただし、注意点として中古品なのでバッテリーが劣化していたり、本体に傷があるなど状態の良くない個体もあることは忘れてはなりません。

安心してXperia 1 IIを使いたいならahamoで購入するのが最良の選択肢となります。

Xperia 1 IIがおすすめな理由

型落ちモデルだけど大丈夫?

ソニーのXperia 1 IIは2020年5月に発売されたのでいわゆる型落ちモデルです。

とはいえ、ハイエンドのSnapdragon 865 5Gを搭載し5G通信に対応し、8GBの大容量メインメモリを搭載しているから、2021年のミドルレンジ(5〜8万円)のスマホを買うよりも快適に使うことができる性能を持っています。

ソニーのハイエンドスマホは基本的に2年間のアップデートをしてくれます。

Xperia 1 IIの初期OSはAndroid 10で現在はAndroid 11で次のAndroid 12へのアップデートの対応するので安心して使えます。

Androidはセキュリティーアップデートは別で配信してるので、今後2〜3年はちゃんと使うことができるでyそう。

4Kディスプレイがとにかくキレイ

Xperia 1 IIは4K解像度(3,840 × 1,644ピクセル)のディスプレイを搭載しているので、画面の画質がとにかくきめ細やかで美しいです。

スマホの画面で4K必要?

ってなるかもですが、ソニーのテレビで培った4Kアップスケーリング、HDRリマスターの技術がXperia 1 IIにも活かされており、フルHD画質の動画も4K並の画質で楽しむことができ、本当にキレイです。

とくに、クリエイターモードが使えるNetflixで見る映画はきめ細やかで、色鮮やかな映像で楽しむことができます。スマホをプライベート空間に置いて、部屋の電気を消すことで小さい画面だけど大きな画面で見ているかのように映画を楽しめますよ。

2画面表示機能が見やすい

Xperia 1 IIは21:9マルチウィンドウを使って2画面表示にして2つのアプリを同時に起動して使うことができます。

他メーカーのAndroidも2画面表示機能を備えていますが、Xperia 1 IIは21:9の縦長ディスプレイを搭載しているため、2つのアプリを同時に表示させても表示領域は広くて視認性がよく、操作性もよく、扱いやすい端末となっています。

カメラの画質はとてもキレイ

Xperia 1 IIはカールツァイス製のレンズを採用した広角、超広角、望遠(光学3倍)のトリプルカメラを搭載しています。

被写体の距離を計測できる3D iTOFセンサーに広角、超広角カメラはDP(デュアルフォトダイオード)センサーを採用していることもあり、オートフォーカスの精度と速度は速く、快適に写真を撮影することができます。

さらに、画質も広角と超広角カメラはXperia 1 IIIと同等レベルの画質で写真を撮影することもできます。

Xperia 1 IIIの超広角カメラで撮影
Xperia 1 IIの超広角カメラ

Xperia 1 IIのカメラは見たままのモノを自然に映し出すのが得意です。

Xperia 1 II 広角カメラで花を撮影
Xperia 1 II 広角カメラ

インスタ映えするような写真は苦手かもしれませんが、雰囲気のあるいい感じの写真をシャッターボタンを押すだけで撮影することができます。

Xperia 1 II 望遠カメラで撮影
Xperia 1 II 光学望遠カメラ(3倍)

そして、Xperia 1 IIは光学3倍の望遠カメラを搭載しているので広角カメラだけでは撮影することが難しい画角の写真もキレイな画質で撮影することができます。

Xperia 1 II 望遠カメラで撮影
Xperia 1 II 光学望遠カメラ(3倍)

望遠カメラはDPセンサーではなく一般的なセンサーなのでオートフォーカスの精度、速度はXperia 1 IIIと比べると少し遅いです。画質とボケ味は及ばないので、とにかくカメラの使いやすさ、画質にこだわるならXperia 1 IIIを選ぶのがいいでしょう。

Xperia 1 IIの広角カメラは夜間撮影もそれなりにできます。

Xperia 1 II 広角カメラで夜間撮影

他社メーカーのスマホにあるようなナイトモードがないので、暗いところをガンガンに明るくするような感じにはできませんが、低照度モードが自動適用されてノイズを抑えながら、自然な感じで夜の写真を撮影することができます。

7〜8万円で手に入れることができるXperia 1 IIでも、これだけキレイで自然な写真を撮影することができます。

ただし、Xperia 1 IIのカメラは3つのカメラを切り替えて使うという概念があるため、ミラーレスカメラを使ったことがある方は普通に使えると思いますが、一般的な方はシームレスに画角の切り替えができないのがもどかしいと感じるかもしれないですね。

また、標準カメラだけでなくマニュアルモード的なPhoto Pro、Cinema Proというアプリがあったりと楽しみたい方は楽しめるので、お得感(?)はあるように感じます。

Xperia 1 IIを安く買うには:まとめ

Xperia 1 IIIは2020年のハイエンドスマホで元値は12万円ほどの端末でしたが、ahamo(アハモ)で新規契約・のりかえなら71,500円で買うことができる、コスパの良い端末です。

お金が有り余っているのならXperia 1 IIIXperia Pro-Iが絶対におすすめですが、少しでも費用を抑えたいならXperia 1 IIでも全然アリです。半額の7万円はお得感半端ないですし、数年はXperia 1 IIで挑むことができるでしょう。

ahamoなら月々2,970円で20GBのデータ通信、5分音声通話ができますし月々の費用も抑えることができるので月々の費用を抑えることができます。

\ahamoならスマホ料金を2,970円に/

Xperiaの比較・おすすめはこちら