シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

ニンテンドースイッチにおすすめのmicroSDカードは?転送速度によるロード時間の違いについて!


ニンテンドースイッチ おすすめのマイクロSDカード

ニンテンドースイッチには32GBのフラッシュメモリが内蔵されているので、ダウンロード版のゲームデータや画像データやセーブデータを保存させることができます。しかし、容量的にはかなり少なくて厳しいですよねー。

ニンテンドースイッチはmicroSDカードで容量を増やすことができるようになっていますが、PS4などは大容量のHDDを搭載しているのに対しニンテンドースイッチは本体サイズの兼ね合いからフラッシュメモリ(SSD)を採用するしか方法がなく、よりコストが安い低容量のフラッシュメモリが採用されたのかもしれません。

 

ニンテンドースイッチ おすすめのmicroSDカードはどれ?

スイッチのストレージ容量とゲーム容量について

ニンテンドースイッチ本体に内蔵しているフラッシュメモリの容量は32GBですが、OSのシステム領域にも使用されているため、実際にユーザーが保存することができるのは約26GB程度と、意外と多くないのが実情です。

ゲームカードを購入した場合はストレージにゲームデータを移動させることはありませんが、ダウンロード版を購入した場合にストレージにゲームデータを保存する仕組みとなっているので、ダウンロード版の購入を続けているとスイッチのストレージがいっぱいになってしまうことになります。

では、ニンテンドースイッチのゲーム(ダウンロード版)のデータ容量はどれくらいあるのかをみてみましょう。

  • ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド:13.4GB
  • ドラゴンクエストヒーローズ1・2:26GB
  • マリオカート8DX:6.7GB
  • スプラトゥーン2:5.5GB
  • ドラゴンクエストX オンライン:9.4GB
  • FIFA18:13.4GB
  • ファイアーエムブレム無双:13.6GB
  • スーパーマリオオデッセイ:5.5GB
  • ゼノブレイド2:13.1GB

特に容量が多いのがドラゴンクエスト ヒーローズで1本ダウンロードしてしまったらニンテンドースイッチのストレージを使い切ってしまうことになり、その他のデータを保存することができない状況になってしまいます。

さらに、各ゲームで定期的にアップデートも当たり前のように配信されることになるので、ゲームカード(パッケージ版)だとしてもアップデートのデータはスイッチのストレージに保存することになり、スイッチの遊べば遊ぶほどストレージ容量の圧迫は必至ということになってしまいます。

基本的にゲームカードでニンテンドースイッチを遊ぶ人は32GBもあればゲームの更新データなどがあったとしてもそれなりに遊べると思いますが、ゲームをダウンロードして遊びたい人はマイクロSDカードの追加は必須といってもいいかもしれませんね。

では、ニンテンドースイッチにはどのようなmicroSDカードを選べばいいのか。容量、転送速度などを調べてみて、おすすめマイクロSDカードを紹介したいと思います。

microSDカードの種類と容量

ニンテンドースイッチは以下の規格のmicroSDカードに対応しており、2TBのマイクロSDカードをスイッチに入れることでストレージ容量を最大2.3GBまで増やすことができるようになっています。

  • microSD:〜2GB
  • microSDHC:〜32GB
  • microSDXC:〜2TB(現在販売されているマイクロSDカードは512GBまで)

現在販売されているmicroSDカードの容量は16GB、32GB、64GB、128GBが主流となっています。容量が多ければ多いほどスイッチのストレージ容量を増やすことができますが、必要に応じて容量を選べばいいでしょう。

遊び方 SDカードの容量
パッケージ版のみで遊ぶ 必要なし
パッケージ版・ダウンロード版で遊ぶ 32GB〜64GB
ダウンロード版のみで遊ぶ 64GB〜128GB

パッケージ版をメインで遊ぶ方はmicroSDカードの必要性はほぼないでしょう。

パッケージ版・ダウンロード版のどちらでも遊ぶ方は32GB〜64GBのmicroSDカードがあればおそらく問題ないと思います。ダウンロード版のみで遊ぶ方は64GB〜128GBのmicroSDカードがあれば十分でしょう。

なお、ニンテンドースイッチのダウンロード版のゲームデータはセーブデータと分離されているので、遊ばなくなったゲームを削除してストレージ容量を空けることもできるので、ダウンロード版でしか遊ばない人でも、microSDカードが必ずしも必要というわけではありません。

再度遊びたくなった時にゲームデータをダウンロードすることで続きから遊ぶことができるようになっています。

microSDカードの転送速度

microSDカードには規格によって転送速度が異なっておりクラス分けされています。

ダウンロード版はスイッチにmicroSDカードが入っている状態で自動的にマイクロSDカード側にデータが格納されマイクロSDカードから随時データが転送されるようになっています。

つまり、microSDカードの転送速度によってゲームの読み込み速度や快適性に影響を及ぼすことになるのです。SDカードは転送速度によってこのようにクラス分けされています。

  • Class 2:2MB/sec
  • Class 4:4MB/sec
  • Class 6:6MB/sec
  • Class10:10MB/sec

数百円で購入することができるmicroSDはClass 4のものが多く、1000円以上のmicroSDならClass 10に対応しているカードが多く、Class 10のmicroSDカードであれば1秒間に10MBのデータの転送を保証しているカードということになります。

Class 10のmicroSDカードでさらに価格の高いものになると、転送速度を向上させた規格としてUHS-I/UHS-IIに対応しているカードもあります。

  • UHS-I(スピードクラス1):最大転送速度104MB/sec、最低転送速度10MB/sec
  • UHS-I(スピードクラス3):最大転送速度104MB/sec、最低転送速度30MB/sec
  • UHS-II:最大転送速度312MB/sec

そして、ニンテンドースイッチはUHS-IのマイクロSDカードを使うことを推奨しています。

同規格のmicroSDカードを選択することでロード時間が短縮するなどより快適にゲームを遊ぶことができるようになります。

UHS-IIはハイエンド一眼レフカメラなどで採用されている規格で連続撮影や4K撮影などで威力を発揮しますが、まだまだ一般的ではない規格ですね。価格も高いですし、ニンテンドースイッチは対応していないので無視してOKです。

ニンテンドースイッチ公式ライセンスのmicroSDカード

ちなみにニンテンドースイッチの公式ライセンス製品となるホリのmicroSDカードはClass 10のUHS-Iに対応した(読込80MB/s 書込15MB/s)の高速通信をすることができるカードとなっています。

容量は16GB、32GB、64GB、128GBから選ぶことが可能となっています。

少し前に比べると値下げされたようで64GBモデルまではリーズナブルな価格となっているようです。128GBモデルになると一気に価格が跳ね上がってしまいますね。1万円超えは高い...!

この64GBのマイクロSDカードを購入すれば問題はないでしょう。

並行輸入品のmicroSDカード

ただ、任天堂が推奨しているマイクロSDカードは価格が少々高いので、同じ価格を出すのであればもうワンランク容量の多いマイクロSDカードを手に入れることができます。

例えば東芝の並行輸入品のmicroSDカードならClass 10のUHS-Iに対応した(読込90MB/s 書込20MB/s)とホリの製品よりも高速で容量が多いマイクロSDカードをかなりお手頃価格で手に入れることが可能です。

  • 東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 32GB:1,750円
  • 東芝 Toshiba 超高速U3 4K対応 microSDXC 64GB:2,850円
  • 東芝 EXCERIA microSDXC 128GB:5,150円

128GBモデルだと半額で購入することができるのでかなりのお得感がありますし、おそらく64GBのマイクロSDカードでブランド品を買うなら東芝の並行輸入品が最安値じゃないのかなーと思います。他のメーカーで、ニンテンドースイッチに入れるのにオススメのマイクロSDカードを紹介していきます。

Samsung microSD EVO Plus

Samsung microSDカード「EVO Plus」は最大読出速度95MB/s、最大書込速度20MB/sの性能を持ったカードですが、SamsungがNintendo Switchで動作確認を実施したカードとなっているので、安心感はかなり高いでしょう。

  • Samsung microSD EVO Plus 32GB:1,680円
  • Samsung microSD EVO Plus 64GB:3,469円
  • Samsung microSD EVO Plus 128GB:7,580円
  • Samsung microSD EVO Plus 256GB:19,595円

最大で256GBまでの容量を選ぶことができます。まあ、さすがに256GBになると価格が高すギルので128GBの容量が現実的なのかなとは思いますね。

Transcend microSD

TranscendのmicroSDカードもはUHS-Ⅰに対応し最大速度60MB/sの性能を持ったカードです。また、TranscendがNintendo Switchで動作確認を実施したカードとなっているので、こちらのマイクロSDカードも安心感は高いといっていいでしょう。

  • Transcend microSD 16GB:1,180円
  • Transcend microSD 32GB:1,680円
  • Transcend microSD 64GB:3,080円
  • Transcend microSD 128GB:5,980円

最低容量16GBの容量も選べるのでスクリーンショットの画像を保存したい程度であればいいのかもしれません。

家電量販店で買うと高い...

こういう下調べはとても大事だと思います。

僕はニンテンドースイッチを手にしてすぐにmicroSDカードがいるかなと思い、何も考えずに家電量販店に売っていた価格が高くてスペックが低いmicroSDカードを購入してしまいました。任天堂が推奨している最大読み込み速度に届かないサンディスクのClass 10のUHS-I(最大読込48MB/s)のmicroSDカードを買ってしまったんですよね。

サンディスク microSDカード

これ...3500円くらいしたんですけど。家電量販店に置いてあるSDカードって異常な高さですね。家に帰ってAmazonを見て価格の安さに目ん玉飛び出してしまいましたよ。任天堂が推奨している(読込80MB/s 書込15MB/s)の転送速度の半分くらいなので、普通にホリのカードを購入すればよかったなと少し後悔しています。

microSDカード

追記:ニンテンドースイッチを購入して1年ほど経過します。

ダウンロード版のゲームもいくつか購入しているので、スイッチ本体のストレージではなくmicroSDカードにゲームデータを入れて使っていますが、任天堂が推奨している転送速度よりも遅いマイクロSDカードでも普通にゲームを楽しむことができるので、とにかくUHS-Ⅰ規格に対応していれば特に問題はないのかなと思います。

ニンテンドースイッチにmicroSDカードを入れる

せっかくなのでニンテンドースイッチのmicroSDカードスロットにカードを入れてみましょう。

ニンテンドースイッチとmicroSDカードテーブルモードで使うときのスタンドを引っ張り出すとカードスロットが顔を出します。ここにmicroSDカードを入れます。

ニンテンドースイッチにmicroSDカードを入れる

再起動が必要となるので再起動をします。

ニンテンドースイッチを再起動

これでmicroSDカードを使うことができるようになります。

最大読込48MB/sのmicroSDカードでも個人的には特に遅いと感じることはありませんでした。普通に使うことができそうです。試しに最大読込48MB/sのmicroSDカードから読み込んだゲームと本体メモリから読み込んだ時のロード時間を比較してみました。

microSDの書き込みと読み込み時間

ドラゴンクエストヒーローズ1•2 体験版をmicroSDカードを入れた状態でダウンロードをします。つまりmicroSDカードにゲームデータが格納されることになります。

ドラゴンクエストヒーローズ1•2 体験版をダウンロード

1GBのデータをダウンロードするのに7分2秒ほどの時間がかかりました。

microSDにゲームデータをダウンロード時間

オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定します。

ロード中

約20秒の時間がかかりました。

microSD 読み込み速度

本体メモリの書き込みと読み込み時間

次にmicroSDカードを抜いた状態でドラゴンクエストヒーローズ1•2 体験版をダウンロードします。つまり本体メモリにゲームデータが格納されることになります。

1GBのデータをダウンロードするのに5分49秒の時間でダウンロードができました。microSDカードにダウンロードするよりも2分ほど早くなっていますね。

20170307164647j:plain

オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定すると約17秒となり、microSDカードから読み込むよりも3秒ほど速くなっていますね。

20170307164801j:plain

やはり本体メモリからロードした方が速いようです。

 保存場所 ニンテンドースイッチ
本体メモリ
microSDカード 時間差
1GBのゲームデータのダウンロード時間 5:49 7:02 1分13秒
オープニングからゲーム画面移行までの時間 17秒 20秒 3秒

これらは最大読込48MB/sのマイクロSDカードを使っての結果なので任天堂が推奨している(読込80MB/s 書込15MB/s)のスペックを持ったmicroSDカードなら本体メモリと同等、もしかしたらそれ以上のパフォーマンスを発揮するかもしれませんね。

 

サンディスクが色々な実験を行なっていました。

当然ながら内蔵メモリのスピードが一番速いです。

  •  内蔵メモリ > UHSスピードクラス3 >  UHSスピードクラス1 > ゲームカード

ゲームカードが一番遅いってどうなんだろうか...。ゲームカードの入れ替えの手間を考えると個人的にはダウンロード版のメリットがかなり大きいなーと思ってしまいますね。 

まとめ

ニンテンドースイッチはパッケージ版とダウンロード版、どちらでも遊ぶことができ、それぞれのメリット・デメリットがあるかと思います。

パッケージ版のいいところはコレクションとして集めることができたり、中古で安く購入したり売ったりすることができることでしょうか。ダウンロード版のいいところはゲームカードの差し替えをしなくてもゲームを切り替えることができることでしょう。

スマホに慣れてしまった僕にとってはゲームカードを抜き差ししてソフトを変えること動作がすでに億劫になってしまっています。そんな人は大容量のmicroSDカードを追加することをお勧めです。