シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Fire HD 10とFire HD 8、どっちが買い?画面の大きさやスペック・使いやすさを徹底比較!


f:id:kazu-log:20180601124107j:plain

Amazonの格安タブレット・Fireシリーズは7インチ、8インチ、10インチの3モデルからラベますが旧Fire HD 10の価格が高く性能がイマイチだったのでFire 7かFire HD 8のどちらかを選ぶ傾向があったと思います。

しかし、新型のFire HD 10(Newモデル)は旧モデルから性能が大きく向上して価格も大幅に下がって魅力度がアップしました!Fire HD 8とFire HD 10のどちらを購入しようか迷ってしまいますよね。

ということで、Fire HD 8とFire HD 10の画面の大きさ、スペック、使いやすさなど、何がどう違うのか比較をしてみたいと思います。なお、Fire HD 8の2018モデルが2018年10月に発売されましたが前面カメラの画素数アップと400GBのmicroSDカードに対応したマイナーアップデートとなっています。)

 
↓ FireタブレットをAmazonでチェックする ↓

Fire HD 10とFire HD 8、どちらを買うべきか比較レビュー

本体デザイン・サイズの違い

基本的なデザインはFire HD 10がモデルチェンジしたことで3モデル全てが同デザインに統一されましたので、各モデルの違いはディスプレイサイズと性能の違いだけということになります。

左から2017年モデルのFire HD 10、Fire HD 8、Fire 7の3機種となっています。(Fire HD 8の2018年モデルはデザイン・サイズともに変化ないので見た目は全く同じです。)

Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7 画面の大きさ

こうやって並べると本体サイズはかなり違いますね。Fire 7とFire HD 8は近いサイズ感がありますが、Fire HD 10は別格のサイズ感となっているのが分かります。

Fire HD 10、Fire HD 8、Fire 7 デザインの違い

ここからは10インチのFire HD 10と8インチのFire HD 8の2機種をメインに比較していきます。

Fireタブレットはの画面比率(アスペクト比)16:10のディスプレイを採用していることもあり、画面比率4:3のiPadに比べて長細いデザインとなっています。なので、Fireタブレットを手で持った時のサイズ感は非常にコンパクトな印象があります。

8インチと数値上大きそうなFire HD 8でもこのように片手で持つことも可能です。

Fire HD 10 サイズ感

少しだけ厳しいですが10インチのFire HD 10も片手で持つことが可能となっています。

Fire HD 8 サイズ感

10インチサイズのタブレットを片手持ちできるのって意外ですが、それだけ画面サイズが縦長ということなのです。iPadは9.7インチですがこのように片手で持つことはできないので、画面比率の違いによって見た目の印象はかなり異なります。

Fire HD 10とFire HD 8の本体サイズの違いはFire HD 10はFire HD 8よりも縦に5センチ、横に3センチ、厚みが0.1ミリほど大きくなっています。

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2018)
サイズ 262 x 159 x 9.8mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 500g 369g

操作ボタンの配置もまったく同じとなっており、上部正面右から電源ボタン、USBポート、マイク、3.5mmヘッドフォンジャック、音量ボタンの並びとなっていますね。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 操作ボタン

microSDカードスロットは本体右側に搭載されています。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 SDカードスロット

Fire HD 10とFire HD 8の本体左側にスピーカーが2つ搭載されており、臨場感あふれるステレオ再生をすることが可能。

どちらもDolbyオーディオに対応しているので、この小型サイズのタブレットにしてはFire HDの音質はなかなか良いように感じます。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 ステレオスピーカー

内蔵スピーカーの音質は本体サイズの大きいFire HD 10の方がFire HD 8よりも良くなっています。

サイズ的にFire HD 10の方が余裕があるので内蔵スピーカーのサイズが少しだけ大きいのかも。Fire HD 10の方がより力強い音を再生することができるのでAmazonプライムビデオで動画を見たり、プライムミュージックで音楽をガンガン聴きたい方ははFire HD 10を選んだ方が良いでしょう。

 

画面サイズと解像度の違い

Fire HD 10に搭載されているディスプレイは10.1インチ(1920 x 1200ピクセル)となっており、Fire HD 8の8インチ(1280 x 800ピクセル)よりもFire HD 10の方が高精細で大きな画面で表示することができます。

なぜかマルチタッチのポイント数がFire HD 10の方が少なくなっているのが気になるところですが、実際には5ポイントもマルチタッチできれば十分なので特に問題はないでしょう。

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2018)
ディスプレイ 10.1インチ IPS
1920 x 1200ピクセル
(226ppi)
8インチ IPS
1280 x 800ピクセル
(189ppi)
マルチタッチ 5ポイント 10ポイント

10.5インチのiPad Proと10.1インチのFire HD 10の本体サイズの違いはかなり大きいです。インチサイズは10.5インチと10.1インチと近くなっていますが、iPad Proの画面比率が4:3なので横幅があるのに対してFire HDは16:10と縦に長い画面サイズになっているのです。

タブレットの大きさ比較

iPadは元々は縦持ちをベースにして横幅もある4:3という画面比率が採用されていますが、Fireタブレットは映画などの動画コンテンツを見るのに適した16:10というアスペクト比が採用しています。Amazonプライムビデオの視聴などFireタブレットの使用用途を見ると納得いく画面比率になっているといえそうです。

ディスプレイ解像度は、Fire HD 10が1920 x 1200ピクセル(フルHD)で、Fire HD 8は1280 x 720ピクセル(HD)となっています。どれほど文字が見やすくなっているのか、分かりやすいように両機種で同じコンテンツで比較してみました。

HDディスプレイとフルHDディスプレイ

もうね、一目瞭然ですね。HD解像度のFire HD 8は文字が潰れてしまって何が表示されているのか判別できませんが、フルHD解像度のFire HD 10は文字を判別できるほどしっかりと綺麗に表示することができています。

Fireタブレットのブラウザを使ってYahoo!JAPANのトップ画面を表示させて比較してみました。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 ブラウザ画面

画面の大きさの差以外にも表示領域もより広くなっていることもわかります。Amazonプライムビデオの一覧画面も一度に表示されるコンテンツの量がかなり多くなっていますね。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 Amazonプライムビデオ

一度に表示される情報量が多いので操作性は確実にFire HD 10の方が上となっています。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 YouTube

このようにコンテンツを楽しむのなら画面サイズが物理的に大きいFire HD 10が適しているといえるでしょう。実際に使ってみても結構使いやすいディスプレイサイズですし、この大きさのタブレットが15,980円で買うことができるのはなかなか凄いですよ。

↓ FireタブレットをAmazonでチェックする ↓

ただし、Kindleアプリから小説など文字ベースの電子書籍を読むのにはFire HD 10はあまり向いていないように感じます。

というのも、画面に表示される文字のサイズが大きくなりすぎるので非常に文章が読みづらいんですよね。漫画や雑誌については画面が大きい方が読みやすいですが、小説はちょっとイケてない感じです。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 Kindle画面

フォントサイズは設定から変更して行間を狭くすることができますが、最小にしたとしても文字が大きいと思ってしまうので小説を読むのには本当に向いていないのかなぁと感じます。

20171104022317j:plain

まあ、FireタブレットはAmazonプライムビデオやYouTubeなどの動画コンテンツを見るのに適した端末となっているので、小説などの電子書籍を読みたい人は紙の質感で読むことができる電子ペーパー(e-ink)ディスプレイを搭載しているKindleシリーズを使うのがオススメです。

CPU・RAM 性能の違い

Fire HD 10とFire HD 8の心臓部となるCPUプロセッサとメインメモリ(RAM)の容量、ストレージ容量はこのようになっています。

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2017)
CPU クアッドコア
64bit ARM MT8173
@1.8GHz + @1.4GHz
クアッドコア
64bit ARM MT8163
@1.3GHz
GPU PowerVR GX6250 Mali-T720 MP2
RAM 2GB 1.5GB
ストレージ 32GB/64GB 16/32GB
OS Fire OS 5.3.4
Android 5.1
Fire OS 5.3.3
Android 5.1
バッテリー 10時間 12時間

プロセッサはどちらも64bitのクアッドコア(4コア)CPUが採用されており、RAMの容量はFire HD 8は1.5GBなのに対しFire HD 10は2GBとなっており、少しだけ余裕のあるメモリ周りとなっています。

Geekbench 3を使ってFire HD10とFire HD 8のCPUプロセッサの性能を計測してみました。

Fire HD 10 vs Fire HD 8 CPUの性能比較

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2017)
シングルコア 1478 629
マルチコア 2976 1731

Fire HD 10の方がシングルコアで2.3倍ほど、マルチコアで1.8倍ほど処理性能が高くなっていました。このスコアはAppleのiPhone 6とiPad mini 4に搭載しているA8チップよりも少しだけ性能が高い数字となっているので、それなりに快適に動作することができるようですね。

実際にFre HD 10を使ってみたところ、ウェブブラウザの動作も快適です。さすがにiPadよりも快適かと聞かれると厳しいですが、普通の使い方なら十分にこなすことができる性能は持ち合わせているのかなと思います。とりあえず大画面のタブレットを使いたいというニーズには答えてくれるのではないのかなと思います。

 

カメラ性能の違い

2017年モデルのFireタブレットにはリアカメラとフロントカメラが搭載されていますが、カメラの画質はあまり良くないのでFireタブレットにカメラで記念撮影をするのは絶対にやめておいた方がいいと思います。なお、2018年モデルのFire HD 8はフロントカメラに200万画素のカメラにグレードアップしています。

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2018) Fire HD 8(2017)
背面カメラ 200万画素
前面カメラ VGA 200万画素 VGA

200万画素のイメージセンサーの実力を確かめるために実際に撮影してみましたがパッと見でもノイズが多く画質が荒いのが分かりますよね。

20171104150912j:plain

20171104151219j:plain

注意しないといけないのがFire HD 10は本体サイズが大きいので手ブレしやすく、同じ感じで撮影をしてもFire HD 10はどうしても手ブレしてしまう場面が多かったです。Fireタブレットのカメラはあくまでメモを取る時に使う程度にしておいたい方がいいのかもしれませんね。

Wi-Fi 通信性能の違い

Fire HD 10とFire 8 HDの通信性能やセンサーや拡張性は以下のとおりです

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2018)
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n/ac
5GHz帯対応
デュアルバンド
a/b/g/n
Bluetooth 4.1LE
センサー 加速度センサー
環境光センサー
拡張性 microSDカード
256GBまで
microSDカード
400GBまで

Fire HD8は2.4GHz帯のWi-Fiにしか対応していませんが、Fire HD 10のWi-Fiはより高速通信をすることができるac規格(5GHz帯)の電波に対応しています。

なので、Amazonプライムビデオなどの動画もコマ落ちすることなく再生する事ができます。ただしWi-Fiのアンテナが小さいのか電波強度が弱いので、iPhoneやiPadでバリ3の場所でもFire HD 10では電波を拾うことができないこともあるので期待しない方がいいでしょう。

Fire HD 10とFire HD 8はマイクロSDカードを入れることでストレージ容量を増やすことができます。2018年モデルのFire HD 8は最大で400GBまでのマイクロSDカードの容量に対応しているので、漫画や動画コンテンツを山のようにダウンロードして楽しむことができるようになっています。

Fire HD10とFire HD8の価格の違い

Fire HD 8のストレージ容量は16GBと32GBとなっていますが、Fire HD 10は32GB・64GBの二つの容量から選ぶことができ、価格差はこんな感じになっています。

  Fire HD 10(2017) Fire HD 8(2018)
価格 32GB:15,980円
64GB:19,980円
16GB:8,980円
32GB:10,980円

同じ32GBモデルで比較すると5,000円の価格差となっています。この価格差をどう見るかですね。32GBモデルで比較するなら、たった5,000円で画面が大きくなりディスプレイ解像度がHDからフルHDになり、CPUの性能が約2倍、RAMの容量も増えて、Wi-Fiの通信性能が高くなるという見方ができ、少しでも快適に使いたいならFire HD 10が断然おすすめです!

 

まとめ:動画を見るならFire HD 10がオススメ!

Fireタブレットの基本的な性能はさほど変わらないのでサイズの大きさの違いでどちらのモデルにするのかを検討すればいいですが、Fire HD 10の方が少しだけCPUの性能が高いので少しでも快適に使いたいならFire HD 10を選ぶべきでしょう。

Fire HD 10の特徴・選ぶべき人

  • 画面サイズが大きいので迫力ある動画を楽しめる
  • 解像度が高いので電子書籍が見やすい
  • CPUの処理速度が速いので快適操作ができる
  • 5GHz帯のWi-Fiに対応しているのでコンテンツのダウンロードが速い

基本性能はFire HD 8よりも高いのでとにかく快適にFireタブレットを使いたいならFire HD 10がおすすめ!通常価格は32GBで15,980円、64GBで19,980円となっていますが、定期的にセールをしていることもあるので、そのタイミングを狙うのもいいでしょう。

Fire HD 8の特徴・選ぶべき人

  • 本体サイズが小さいので持ち運びが楽チン
  • 価格が安くてお手頃で買える
  • 最大400GBまでストレージ容量を拡張可能

動画をそんなに見ないなら小型でコンパクトボディなのに性能がそこそこ高いFire HD 8を選ぶのがいいのではないでしょうか。

Fire HD 10の個別レビューはこちらを参考にしてください。

Fire HD 8とFire 7についてはこちらをどうぞ!

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物するならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。

Amazonプライム会員になってプライムビデオが見放題に

年額3,900円必要となりますがAmazonプライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツを無料で見ることができるAmazonプライムビデオが見放題となります。

すべての動画が見放題になるわけではありませんが、相当数の映画やアニメなどの番組を見放題となるのでかなりお得だと思います。Fireタブレットとプライムビデオの相性が良いのでFire HD 10を買う前にプライム会員になっておくことをおすすめします!時期にもよりますが割引価格で買得たりしますよ。

Amazonプライムのメリットはこちらの記事をどうぞ!

電子書籍だけ見るならKindleがおすすめ

電子書籍だけ楽しみたいならFireタブレットではなくてKindleを選んだ方が幸せになれると思います。こちらの記事で詳しく書いているので是非とも参考にしていただければと思います。

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。

(この記事は2017年11月に公開したものを2018年9月に修正・加筆しています。)