シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

Fire HD 10 レビュー!Alexaにも対応した安くて実用的で使えるタブレット!


FIre HD 10 レビュー

AmazonのFire HD 10(第7世代)は32GBモデルを15,980円の格安タブレットで、タイムセールでさらに安くなることがありますが、こんなに安いと「安かろう悪かろうなんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも大丈夫。Fire HD 10なら普通に動画や音楽を楽しんだり、インターネットをしたり、電子書籍を観たりするのなら快適に使うことができます。

また、Amazon Alexaにも対応したので声で操作できるEcho ShowのようにFire HD 10を使うこともできるようになりました。

ここでは、Fire HD 10はどんな格安タブレットなのかをデザイン、スペック、使い勝手などを徹底レビューしています。Fire HD 10の購入を検討している方は是非参考にしていただきたいです。

追記:4月23日まで開催されているAmazonタイムセールによって、Fire HD 10が5,000円OFFの10,980円で購入できます。購入を検討しているなら今がチャンス!

Fire HD 10 タブレット レビュー

Fire HD 10

Fire HD 10は時期によっては1万円くらいで購入できるので「1万円台の10インチタブレットなんて安かろう、悪かろうなんじゃないの?」と思うかもしれません。

確かに1世代前のFire HD 10(2015)はかなり時代遅れなスペックとなっており、安かろう、悪かろうなタブレットだったかもしれません。しかし、2017年10月にFire HD 10は新型モデルになっています。

新型のFire HD 10(2017)は旧型よりも画面解像度が向上、CPUの性能が向上、RAMの容量が増えて大幅にスペック向上しており、まともに使うことができるタブレットへと進化をしているのです。

Fire HD 10の良いところ
  • 画面サイズが10.1インチで大きい
  • フルHD(1920 x 1200ピクセル)に対応
  • クアッドコアCPUと2GB RAMで快適に動作
  • ステレオスピーカーで動画を迫力サウンドで楽しめる
  • ストレージ容量が32GBと余裕がある
  • Amazon Alexaに対応(2019年4月)
  • チープな筐体だから子ども用にも使える
  • 端末価格が安い
Fire HD 10の残念なところ
  • カメラの画質が悪い
  • スペックが少し時代遅れ(価格が安いから仕方ない)

スペックが低いのは価格相応なのかなと思いますし、正直なところデメリットらしくものがほとんどありません。15,980円でこのスペックなら十分満足することができると思うんですよね。

また、2019年4月にAlexaに対応することで話しかけることでFire HD 10を操作できるようになったのでAlexa専用端末でもあるAmazon Echo Snowをわざわざ追加で購入しなくてもOKとなります。

Fire HD 10とFire HD 8の比較レビューは(→ Fire HD 10とFire HD 8、どっちが買い?画面の大きさやスペック・使いやすさを徹底比較!)をどうぞ!どっちを買うか迷っている方は参考にしていただけたらと思います。

では、Fire HD 10のスペックなど詳しくレビューしていきます。

Fire HD 10 新旧スペック比較

Fire HD 10(2017)とFire HD 10(2015)のスペックを比較してみましょう。

Fire HD 10 新旧のスペック比較
  Fire HD 10(2017) Fire HD 10(2015)
ディスプレイ 10.1インチ IPS
1920 x 1200ピクセル
10.1インチ IPS
1280 x 800ピクセル
CPU クアッドコア 64bit ARM MT8173
@1.8GHz + @1.4GHz
クアッドコア 32bit ARM MT8135
@1.5GHz + @1.2GHz
GPU PowerVR GX6250 PowerVR G6200
RAM 2GB 1GB
ストレージ 32GB/64GB 16/32GB/64GB
音声操作 Amazon Alexaに対応 -
OS Fire OS 5.3.4(Android 5.1) Fire OS 5.0(Android 5.1)
オーディオ Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク
カメラ VGAフロントカメラ、200万画素リアカメラ HDフロントカメラ、500万画素リアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド a/b/g/n/ac 5GHz帯対応
Bluetooth 4.1LE 4.0LE
センサー 加速度センサー、環境光センサー 加速度センサー、ジャイロスコープ
拡張性 microSDカード(256GBまで) microSDカード(200GBまで)
バッテリー 10時間 8時間
Miracast - 対応
サイズ 262 x 159 x 9.8mm 262 x 159 x 7.7mm
重量 500g 432g
価格 32GB:15,980円
64GB:19,980円
16GB:29,980円
32GB:32,980円
64GB:35,980円

サイズは同じ10.1インチですが、画面解像度がHD(1280 x 800ピクセル)からフルHD(1920 x 1200ピクセル)に向上しているので画面が綺麗になっています。

Fire HD 10(2017)に搭載されているCPUは64bitに対応したクアッドコアプロセッサに刷新されて、メインメモリの容量が1GBから2GBに倍増するなどし旧モデルよりも30%ほど高速化されたのでアプリの起動、ゲームの動作がスムーズになり操作感が向上しています。

ただし、本体サイズの厚さが分厚く重量も重くなってしまいました。そのおかげなのかバッテリー駆動時間が8時間から10時間と長くなったのでタブレット端末としての使いやすさは向上しているといえるでしょう。 

では、詳しくFire HD 10のスペックを確認していきましょう。

Amazon Alexaに対応

2019年4月に配信されたのアップデートでAmazon Alexaに対応しました。

Amazon Alexaは声で操作することができる機能で、例えば天気を知りたいときに「アレクサ、今日の天気を教えて」と話しかけるだけで天気を知ることができますし、料理のレシピもFire HD 10に触れることなく教えてもらうことができるのでめちゃくちゃ便利です。

スリープ状態からでも「アレクサ!」と呼びかけることで色んなことをしてくれるので便利ですよね。個人的にはホーム画面を呼びかけるだけで表示してくれるのが何気に嬉しい。

他にも色んなスキルをインストールすることができるて路線情報をリアルタイムに調べたり、英語の勉強に使ったりと使い方次第ではかなり便利になるのかなと思います。

また、コントロール画面から「Showモード」に切り替えることでホーム画面からEco Showと同じような画面に切り替えることができます。

Fire HD 10 Showモード

Fire HD 10はEco Showと違って端末が薄いので壁にフックでも取り付けて本体を置けるようにして、Showモードにしておけば高機能な時計としても使うことができるので、なかなかいいですね。

フルHDの高解像度ディスプレイを搭載

Fire HD 10のディスプレイサイズは新旧ともに10.1インチですが新型のFire HD 10(2017)のディスプレイ解像度が1,280 x 800(149ppi)から1,920 x 1,200(224ppi)に高画素化しています。

Fire HD 10 ディスプレイのスペック比較
  Fire HD 10(2017) Fire HD 10(2015)
ディスプレイ 10.1インチ IPS
1920 x 1200ピクセル
(226ppi)
10.1インチ IPS
1280 x 800ピクセル
(149ppi)
バッテリー 10時間 8時間
サイズ 262 x 159 x 9.8mm 262 x 159 x 7.7mm
重量 500g 432g

つまり、HD画質からフルHD画質に向上したことにより、Amazonプライムビデオの動画コンテンツをより綺麗な画質で楽しむことができるでしょう。

Fire HD 10のディスプレイはフルHDなのでFire HD 8のHD画質よりもドットが細かいので電子書籍のKindle本の文字表示もより細かく表示することができます。

フルHDディスプレイとHDディスプレイの綺麗さの違い

Fire HD 10(2017)はフルHD画質なので画面の文字が見やすくなると目にも優しく疲れにくくなるので長時間の読書もすることが可能となるでしょう。

なお、Fire HD 8はHD画質のディスプレイなので、Fireタブレットシリーズの中でフルHD画質のディスプレイを搭載しているのはFire HD 10のみということになります。

CPUとRAMの性能が強化された

Fire HD 10は新旧モデルともにクアッドコアのCPUプロセッサを搭載しています。旧型は32bit CPU/1GB RAMだったのに対してFire HD 10(2017)は64bit CPU/2GB RAMに性能が大きく向上しています。

Fire HD 10のGeekbenchでCPUの性能を計測してみました。

Fire HD 10 CPUの性能

Fire HD 10 新旧のスペック比較
  Fire HD 10(2017) Fire HD 10(2015)
CPU クアッドコア
64bit ARM MT8173
@1.8GHz + @1.4GHz
クアッドコア
32bit ARM MT8135
@1.5GHz + @1.2GHz
GPU PowerVR GX6250 PowerVR G6200
RAM 2GB 1GB
シングルコア 1478 748
マルチコア 2876 1512

Fire HD 10(2017)のCPUの性能はシングルコアが1478、マルチコアが2876となっており、Fire HD 10(2015)のシングルコアが750前後、マルチコアが1500前後と比較して新型・Fire HD 10のCPU性能は旧型モデルと比較して1.8倍ほどの高速化したということになります。

スコアだけで比較すると2014年に発売したiPhone 6と同じくらいの性能なので不安を感じる方もいるかもしれません。

しかし、FireタブレットのFire OSは軽量OSなので動作速度はそこそこ速いので、Amazonプライムビデオの動画を観たり、インターネットをするくらいなら問題ないレベルで使えるでしょう。

また、Fire HD 10に搭載されているRAMの容量が1GBから2GBに倍増されたので、マルチタスクによりアプリの切り替えも快適にできるようになったので普通の使い方なら動作が遅くてイライラすることはないでしょう。

Fire HD 10の実際の操作感を動画で

とはいえ、実際にどんな操作感なのか分からないと思うので、Fire HD 10の操作している動画を撮影してみました。

これだけ滑らかに動作すればタブレットとして十分快適に使うことができるのではないでしょうか。実際に我が家では子どもの動画視聴用タブレットとしてFire HD 10を使っていますが、十分すぎるくらい快適に使うことができています。

カメラの性能は退化

Fire HD 10はリアカメラとフロントカメラが内蔵されていますが、Fire HD(2015)はリアカメラが500万画素、フロントカメラはHD(1,280 x720)とまあまあのスペックでのカメラとなっていましたが、Fire HD(2017)はリアカメラが200万画素、フロントカメラはVGA(640 x480)とかなりスペックダウンしています。

Fire HD 10 カメラのスペック比較
  Fire HD 10(2017) Fire HD 10(2015)
リアカメラ 200万画素 500万画素
フロントカメラ VGA HD

カメラのスペックダウン現象はすべてのFire HDシリーズで起きており、要はFireタブレットで写真を撮影する人はあまりいないからとりあえずカメラが付けておいてQRコードの読み取りに影響がないような低スペックカメラに刷新したんでしょうね。

Fire HD 10(2017)のリアカメラでスプラトゥーン2のアミーボを撮影してみました。

Fire HD 10 カメラの画質

とりあえず撮影できるレベルです。パッと見は綺麗に写っているようには見えますが拡大するとにじみやノイズがかなり乗っていて解像度も低くなっています。暗いところだとほとんど使い物にならないかも。

まあ、普通の人は手持ちのスマホで写真を撮ると思うのでFireタブレットにカメラの性能を求めても仕方ないでしょう。あくまでメモで写真を撮ったりQRコードの読み込みができるレベルのカメラだと思えばいいのかなと思います。

Bluetooth 4.1LEに対応

Fire HD(2015)のBluetoothは「4.0LE」でしたが、FIre HD(2017)は「Bluetooth 4.1LE」に対応しています。

Bluetooth 4.0LE(Low Enregy)も省電力機能が追加されたバージョンとなっていますが、Bluetooth 4.1LEはモバイル回線の電波干渉を抑えたりデータ転送の効率化が施されたバージョンとなっているので、Bluetoothアクセサリ利用時の性能が向上していることになります。

ジャイロセンサー非搭載

Fire HD 10(2015)は加速度センサーとジャイロスコープセンサーが搭載されていましたが、Fire HD(2017)はジャイロスコープが廃止されました。代わりに環境光センサーが新たに搭載されています。

ジャイロスコープは端末の向きや回転などを検知することができるセンサーですが、ARを使ったアプリを動かすには必須機能となります。

例えばポケモンGoはジャイロスコープやGPSといった機能が必要となってきます。しかし、ポケモンGoはFireタブレット非対応なので、そもそもジャイロスコープを使う用途がないのが実情です。

なのでジャイロスコープを廃止して実際に利用価値のある環境光センサーを搭載したということなのかもしれません。

 

Miracast(ミラーリング)に非対応

Fire HD 10(2015)は外部モニターに出力することができるミラーング機能・Miracastに対応していましたが、Fire HD(2017)はMiracastが廃止されてしまいました。

タブレットを外部モニターに出力できる機能は当たり前に搭載されている機能でもあるので、それが利用できないのはちょっと残念ですね。例えば、AmazonプライムビデオをFire HD 10で再生してテレビに出力するということができません。

テレビでAmazonプライミビデオを楽しみたいなら素直にFire TVを購入しろということなのかもしれません。

 

Fire HD 10 本体デザイン

では、Fire HD 10(NEWモデル・第7世代)の外観デザインを見ていきたいと思います。

Fire HD 10 パッケージと付属品

パッケージはAmazonおなじみのオレンジの袋型の箱に入っています。

Fire HD 10 パッケージ

Fire HD 10本体の他に充電アダプタ、USBケーブル、説明書などが同梱しています。

20171101154842j:plain

充電アダプタの出力は9Wタイプとなっていました。

Fire HD 10 充電アダプタ

8インチのFire HD 8やFire HD 7は5Wの電源アダプタが採用されていましたが、バッテリー容量の大きいFIre HD 10はより容量の大きい9Wの電源アダプタが採用されているようですね。

Fire HD 10 筐体デザインと質感

Fire HD 10の本体正面は他のサイズのFire HD 8やFire 7と同じデザインとなっており、エッジ部分が丸みを帯びた手に馴染むデザインが採用されてます。

Fire HD 10 本体デザイン

今時のタブレットにしては本体の薄さがけっこう厚いですよね。Fire HD 10(2015)は7.7mmと薄型デザインでしたがFire HD 10(2017)は本体の厚みが9.8mmもあり、ほぼ1センチの分厚さを誇っていることになります。

Fire HD 10 本体の厚み

操作ボタンは本体上部にまとめられています。

Fire HD 10 操作ボタン

正面左から音量ボタン、3.5mmヘッドフォンジャック、MicroUSB(Type-B)、電源ボタンが搭載されています。本体横にあるカバーを開けるとmicroSDカードも入れることができます。

SDカードスロット

Fire HD 10は最大256GBまでのmicroSDカードを使えるので本体のストレージ容量が少なくなって困るということはなさそうです。そもそも、FireタブレットはAmazonプライムビデオなどをストリーミング再生をメインで利用するのでストレージ容量はあまり気にしなくてもいいと思いますが。

筐体に採用されている素材はシボ加工されたプラスチックです。高級感はありませんが手触りは良いので持ち心地はまあまあ良いのかなと思います。

Amazon

カメラはフラットタイプのレンズが搭載されていますね。

Fire HD 10 カメラレンズ

スピーカーは本体左側に2基搭載されています。

スピーカー

Fire HD 10のステレオスピーカーはDolby Atmosオーディオに対応しており、広がりのある立体感のあるサウンドを楽しむことができます。特に映画とのサウンドと相性がよく、タブレットにしては音圧も大きく台詞もとても聴きやすいスピーカーになっているのかなと思います。

まとめ:Fire HD 10はコスパ最高の格安Fireタブレット!

旧型のFire HD 10(2015)は価格が高い割にスペックがかなり微妙だったので、どうしてもFire HD 8やFire 7に目が向きがちになっていました。しかし、2017年10月に発売したFire HD 10(2017)は性能が大きく向上してとても使いやすタブレットになっています。

Fire HD 10(2017)を使うメリット
  • 画面が10.1インチと大きくて見やすい
  • 画面解像度が向上して画面が綺麗に
  • CPUとRAMが強化されて動作が快適に
  • 丈夫なので子ども用に適している
  • 端末価格が安い

端末価格が安いだけではなく巨体も意外と丈夫なのでお子さんの動画専用機としてFire HD 10を使うのもかなりアリです。実際に我が家では動画大好きな娘にFire HD 10を渡してYouTubeやAmazonプライムビデオを見てもらっています。

結構乱暴に扱うことがあったりするのですが、1年以上子どもたちに使わせても壊れることなく動作し続けてくれています。

アルミ筐体を採用しているiPadのように凹んでしまうということもありませんし、多少豪快に扱っても大丈夫なくらい丈夫ですし、端末価格が安いので多少傷付いてもショックを受けることもありません。

Fire HD 10 手で持った感じ

Fire HD 10は32GBモデルなら15,980円で購入できますが、定期的に開催されているタイムセールなどを組み合わせることができれば、さらに安くFire HD 10を買うことができます。

2万円超える価格になるとスペックに見合っていないと思ってしまいますが、1万円くらいで購入できるなら普段使いのタブレットやAlexa専用端末としても、Fire HD 10という選択肢もかなりアリなのではないでしょうか。 

Fireタブレットは16:9の比率の縦長ディスプレイなのでインチ数の割に画面が小さく感じてしまいます。なので、個人的にはFire HD 8を買うくらいなら、大画面で性能が高いFire HD 10を選んだ方が快適で良いのではないのかなと思っています。

なお、Fire HD 10の本体カラーはブラックしかありませんが、純正のカバーを装着すれば4つのカラーから選ぶことができます。

Fire HD 8やFire 7のレビューもあります。参考にしていただければ幸いです。

Amazonプライム会員になってプライムビデオが見放題に

Amazonの有料プランのプライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツを無料で見ることができるAmazonプライムビデオを使うことができます。

すべての動画は見放題になりませんが、かなりの数の映画やアニメなどの番組をプライム会員の年会費(3,980円)のみで見放題となるのでかなりお得だと思います。Fire HD 10とプライムビデオの相性が良いのでFire HD 10を買う前にプライム会員になっておきましょう!時期にもよりますが割引価格で買うことができることもあります。

Amazonプライムの詳しいメリットについてはこちらの記事をどうぞ!

Amazonではサイバーマンデー やプライムデートいった大型セールを定期的に開催しており、Fireタブレットも安く買うことができるかも?

Fire HD 10をお得に買うする方法

Fire HD 10を買うならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。

電子書籍だけ見るならKindleがおすすめ

電子書籍だけ楽しみたいならFireタブレットではなくてKindleを選んだ方が幸せになれると思います。こちらの記事で詳しく書いているので是非とも参考にしていただければと思います。

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。

(この記事は2017年11月に公開したものを2019年3月に修正・加筆しています。)