Amazon Fire 7 レビュー

AmazonのFireタブレットはとても安く購入できますが、Fire 7は5,980円〜の超格安タブレットとなっています。

こんなに安いFire 7ですが実際の使い勝手はどうなのか気になるところですよね。この記事ではAmazon Fire 7のデザイン、性能、使いやすさなどをレビューをしているので、気になっている方は参考にしていただけたらと思います。

2019年6月6日に基本性能を強化してAlexaに対応したFire 7の新型モデルが発売されるので、スペックなどを追記しています。

 

Amazon Fire 7 レビュー

Amazon Fire 7は2019年6月6日に新型モデルがリリースされますが、CPUがMediaTekの「MT8127B」から「MT8163V/B」に強化されて、ストレージ容量も8GB → 16GBに増えてスペックアップしています。

Fire 7の良い点
  • コンパクトサイズのタブレット端末
  • 5,980円で買える超格安タブレット
  • タイムセールでさらに安く購入できる
  • プライム会員ならプライムビデオ、ミュージックなどのサービスを使える
  • インターネット、SNS、アプリ、ゲームも楽しむことができる
  • Alexaで音声操作ができる(2019年モデル)

Fire 7はとにかく安く買えるタブレット端末です。16GBモデルなら5,980円という驚きの金額です。この価格でもインターネット、SNS、メールなどは普通に使えますし、コストパフォーマンスはとても良いです。

Fire 7の残念な点
  • アプリ数が少ない
  • 動作が少し遅い
  • 液晶の色合いがあまり綺麗ではない
  • 画面が小さい
  • カメラの画質が悪い

端末価格が安いので仕方ない部分ではありますが、1万円以上するタブレットと比べると動作が遅いと感じることはあるでしょう。とはいえ、新型のFire 7は性能が強化されたCPUを搭載したので改善されているでしょう。

では、Amazon Fire 7を詳しくレビューしていきたいと思います。

Fire 7 新旧 スペックの比較

2019年モデルのFire 7はディスプレイサイズ、解像度、カメラなどは同じスペックとなっていますが、CPUプロセッサが64bitに対応したクアッドコアCPUに刷新されたので、動作速度はかなり改善されているでしょう。

Fire 7 新旧 スペック比較
Fire 7
年式 2019 2017 2015
ディスプレイ 7インチ
1024 x 600 IPSパネル
(171 ppi)
プロセッサ クアッドコア
64bit ARM MT8127@1.3GHz
クアッドコア
32bit ARM MT8127@1.3GHz
RAM 1GB
ストレージ 16/32GB 8/16GB
OS Fire OS
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
カメラ VGAフロントカメラ
2メガピクセルHDリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
シングルバンド
b/g/n
microSDカード 最大512GB 最大256GB 最大200GB
バッテリー 7時間 8時間 7時間
サイズ 192 x 115 x 9.6mm 191 x 115 x 10.6mm
重量 286g 295g 313g
価格 16GB:5,980円
32GB:7,980円
8GB:5,980円
16GB:7,980円

メインメモリ(RAM)の容量が1GBと少ないのでマルチタスクで使うというのはちょっと辛いところがあります。

しかし、インターネットしたり、YouTubeやAmazonプライムビデオで動画を見たり、プライムミュージックで音楽を楽しんだり、Kindleで本を読むなど基本的なタブレットの使い方であれば特に問題ないでしょう。

それにしても、Fire 7はタブレット端末としては価格は異常な安さですよね。新型のFire 7はストレージ容量が8GBから16GBに倍増していますが、価格据え置きの5,980円と良心的となっています。

ここからのFire 7の実機レビューは2017年モデルとなっていますが、2019年モデルを手に入れ次第、新たな画像を追加し2017年モデルと比較していきたいと思います。

パッケージと付属品

Fire 7はオレンジ色の袋型のパッケージに梱包されており、中にFire 7本体、充電ケーブル(Micro-B USB)と5Wの充電アダプタ、説明書などが入っています。

Fire 7 付属品

電源を入れるとFire OSが起動します。

Fire 7 起動

ちなみにFire OSはAndroidがベースとなったもので、基本的な使い勝手はAndroidとさほど差はありませんがAndroidで利用できるGoogle Payなどのサービスは利用できないのでAndroidアプリをインストールすることはできません。

裏技でAndroidアプリをインストールすることもできますが、Fire OS向けのアプリがいくつかリリースされているので基本的には必要ないでしょう。

 

外観デザイン

Fire 7のカラーはブラックのみで電子書籍リーダーのKindle同様に丸みのあるデザインとなっています。背面中央部分にAmazonのロゴが印字されているので、側から見ればすぐにFireタブレットを使っているんだなということを確認することができます。

Amazon fire 7 筐体素材

筐体素材はプラスチック素材で表面は細かいシボ加工が施されているので手触りはサラサラとしておりKindleの質感と似ています。高級感はありませんが5,980円という価格を考えれば相応の質感なのかなと思います。

少し傷が付きやすくブラックの筐体は傷や汚れが目立ってしまいます。できればKindleのようにホワイトモデルがあれば嬉しいのですがFireタブレットのカラーラインナップはブラックしかありません。

片手でも持ちやすいサイズ

Fire 7は7インチ(1024 x 600ピクセル)のディスプレイを搭載しており画面比率は16:9となっており、他社のタブレットと比べると少しだけ長細いデザインになっています。

Fire 7 片手で持てるサイズ

ただ、長細い液晶のおかげで7インチという画面サイズでも片手で持つことができるのもFire 7の特徴となっており、本体全体が丸っぽいので持ちやすさは抜群です。なので、電子書籍端末のKindleと同じように片手で持ってコンテンツを楽しむことができるでしょう。

fire 7 片手で持ったところ
AppleのiPadシリーズのディスプレイは4:3の画面比率となっているので縦持ちした時の横の画面幅がそれなりに広くなっているので、iPadを使っているユーザーがfire 7を見ると画面の長細さに少しだけ違和感を覚えるかもしれません。

fire 7とiPad mini
左:fire 7 右:iPad mini 2

しかし、16:9の画面比率は動画コンテンツに適したものとなっており映画を見る時はiPad miniと同じくらいの大きさで見ることができます。つまり、本体サイズを抑えつつ動画コンテンツは迫力あるサイズで楽しむことができる優れた画面サイズになっているのです。

Fire 7の本体上部の左から音量ボタン、ヘッドフォンジャック、充電用のUSBポート(Micro-B)、電源ボタンが搭載されています。

Fire 7 操作ボタン

とてもシンプルな操作体系となっています。

リアカメラの画質

Fire 7の本体左上にリアカメラが搭載されています。

Fire 7 リアカメラ

Fireタブレットのカメラは200万画素のイメージセンサーを搭載していて現在のスマホに搭載されているような画質の良い写真を撮ることはできません。とりあえずカメラが付いてます程度のものでカメラアプリを起動した瞬間、「あ…汚いわ。」となります。なので、写真を撮影したいなら普通にスマートフォンのカメラで撮影したほうがいいでしょう。

参考までにFire 7で写真を撮影してみました。

Fire 7 カメラ画質1

ぱっと見は綺麗に撮影できていますが、200万画素なのでよく見ると写真の画質は荒くノイズも多いです。蛍光灯など薄暗い部屋の中での撮影はかなり厳しいものになるのかなと思います。

Fire 7 カメラ画質2

とりあえず記録はできるのかなぁというレベルのカメラの画質となっています。ちなみに、上記2枚の写真は16:9で撮影したものですが、カメラアプリの設定から4:3に変更することができます。

ただQRコードを読み取るアプリをインストールすることでQRコードからの読み取りが可能となるのでカメラがあることで実用性はあるでしょう。

モノラルスピーカーで音質は普通

Fire 7には本体右下にモノラルスピーカーを搭載しています。

Fire 7 モノラルスピーカー

音質は普通です。特別悪くもありませんが、良くもありません。Amazonビデオで映画を見ると画面が7インチとそこそこ大きいだけあって物足りなさを感じてしまうかもしれません。スピーカーの音質に関してはFire 7よりも上位モデルのFire HD 8やFire HD 10の方が良いです。

microSDカードでストレージの容量を増やせる

Fire 7はmicroSDカードを追加することができます。本体横にSDカードスロットが搭載されているので、そこにmicroSDカードを入れることができます。最大で256GBまストレージ容量を拡張することができます。

Fire 7 microsdカードスロット

8GBモデルを使っているとすぐに容量がいっぱいになってしまうので、32GB程度のmicroSDカードを追加するのがいいかもしれませんね。

ちなみにユーザーが利用できる容量が8GB中5.6GBとなっており、実際にちょっと使っただだけで空き容量が3GBほどしかない状態になってしまったので、普通にFire 7を使っていればすぐにストレージ容量はいっぱいになってしまうでしょう。

Amazonなら128GBタイプのmicroSDカードもかなり安く購入できます。

ディスプレイの大きさ・品質について

ディスプレイサイズは7インチとなっており、漫画単行本よりも少し小さく、小説よりも少しだけ大きいサイズとなっています。

Fire 7と単行本の大きさ比較

小説を読むにはちょうど良いサイズですが、漫画を読むには少し画面が小さいと感じてしまうかもしれません。

Fire 7のディスプレイは1024 x 600ピクセルと解像度はかなり低い液晶パネルが搭載されていますが、IPSパネルを採用しているので発色は悪くありません。

Fire 7 ディスプレイ品質

とはいえ、スマートフォンのディスプレイの高解像度化が進む中でのFireタブレットの解像度の低さは顕著に感じてしまいます。特に文字の細かいYahoo!のトップ画面を開くと文字が潰れてしまいます。

Fire 7 解像度

Fire 7のピクセル密度は171ppiとなっており無印Kindleの167ppiよりも少しだけ解像度が高くなっていますがその差を見分けることはできないのでほぼ同じ解像度といっていいでしょう。

KindleとFire 7 比較
左:Kindle 右:fire 7

Kindleは光の反射がなく紙の本を読んているかのような質感があるので電子書籍の文字はとても見やすくなっていますが、Fire 7の保護ガラスは光を反射してしまうので明るいところでは少し見にくいと感じてしまうかもしれません。

なので電子書籍を見るならe-ink(電子ペーパー)を採用していて文字の視認性が良いKindleを選んだ方がいいのかも。

上位モデルの電子書籍リーダー・Kindle Paperwhiteなら300ppiの解像度ですし、電子書籍リーダーとしての利用をメインで考えているならFireタブレットではなくKindleの方がいいと思います。

Kindleについてはこちらの記事で詳しくレビューしているので参考にしていただければ幸いです。

基本的にFireタブレットは画面比率が16:9となっていることを考えると本を読むよりも動画を見るのに適した設計になっているといっていいでしょう。

CPUの性能・操作感

Fire 7はクアッドコアのCPUが搭載されています。

  • CPU:MT8127@1.30GHz
  • GPU:Mail-450 MP
  • RAM:1GB

クアッドコアと聞くと性能がいいのかなと思ってしまいますが、Fire 7に採用されているCPUは32bitプロセッサなのでそんなに速いものではありません。

GeekbenchでCPUの性能を計測してみると、シングルコアで364、マルチコアで1,185というスコアとなっており、AppleのiPhone 5/5cに搭載しているA6プロセッサを搭載していると同じくらいの性能となっています。

20170713150408j:plain

2018年に2014年にリリースされたiPhone 5と同じくらいの性能のプロセッサで大丈夫なのかと不安ですが、Fireタブレットに採用されているFire OSは非常に軽いので普通に使うことができます。

アプリの起動が少しだけモタツキがあったりしますが動作がめちゃくちゃ遅くてイライラしてしまうようなことはありませんし、プライムビデオの動画も問題なく再生することができます。

ただし、RAMの容量が1GBと少ないので3Dグラフィックを多用したゲームアプリを遊ぶのは少々難しいかもしれません。モンストやパズドラなどのゲームなら問題なく遊ぶことはできるでしょう。

Fire 7(2019)はAlexaに対応

2019年モデルのFire 7は音声アシスタントのAlexaに対応しています。

Fireタブレットは先駆けて10インチモデルのFire HD 10がAlexaに対応しましたが、Fire 7が続いて対応したことになります。

Alexaに対応したFire 7なら話しかけるだけで音楽をかけたり、天気を調べたり、色んなことができるので、とても便利に使うことができるでしょう。

 

まとめ:Amazon Fire 7がおすすめな人

Fire 7を使うのがおすすめな人はこんな感じでしょうか。

Fire 7がおすすめな人
  • コンパクトなタブレット端末が欲しい
  • とにかく安いタブレット端末が欲しい
  • Kindle端末からのステップアップに
  • 子ども用にタブレット端末が欲しい

安いタブレットが欲しい

Fire 7は5,980円から購入できるのでタブレット端末としてかなり安いので、とにかくやすくタブレットを使いたいならオススメの端末ですが、性能は抑えられているのでその点は理解しておいたほうがいいでしょう。

とはいえ、あくまでプライムビデオやプライムミュージックなどAmazonのサービスを快適に使えるようにセッティングされた端末なのでAmazonのサービスをメインで使うならFire 7は最適なタブレットとなっています。

インターネットやゲームしたりすることを目的で購入すると動作が遅いし、アプリの数もAndroidやiOSと比較するとかなり少ないです。

なので、ゲームで遊びたいなら手持ちのスマホを使うかスペックの高いタブレットを購入するのがおすすめです。

Fire 7の最大のメリットは安さです。あくまで2台目のサブ機として考えるならFireタブレットはアリなのかなと感じます。

Kindle端末のステップアップに

FireタブレットはFire 7の他に画面サイズの大きくなったFire HD 8やFire HD 10があります。普通に考えると画面の大きいFire HD 8やFire HD 10の方がいいですが、Fire 7の本体サイズはKindleと横幅が同じくらいなので、片手で持って操作してコンテンツを楽しむことができます。

Fire 7とKindle
左:Fire 7 右:Kindle Paperwhite
Fire 7とKindle Paperwhiteの本体サイズ差
  • Fire 7:192 x 115 x 9.6mm
  • Kindle Paperwhite:160 x 115 x 9.1 mm

なので普段の生活ですでにKindleを使っていて同じ感覚でタブレットを使いたいという方はFire 7を選ぶメリットはかなりあるように感じます。片手サイズのタブレットで映画を見たりすることができるのはなかなか素敵なものですよ。

子ども専用タブレットが欲しい

実は新型のFire 7は通常モデルだけでなくキッズモデルも選ぶことができます。キッズモデルではなく通常モデルでもAmazon FreeTime Unlimitedに加入することで、キッズモードにして子ども向けのタブレットにすることも可能となっています。

Fire HD 8とFire 7を比較レビューについてはこちらどうぞ!

より大画面でコンテンツを楽しむことができるFire HD 10のレビューはこちら!

FireタブレットはAmazonプライム会員になることでAmazonビデオやミュージックなどを使うことができるようになり最大限の力を発揮することができます!Amazonプライム会員になってからFire HD 8を買うことをお勧めします!

Amazonプライム会員でプライムビデオが見放題に

Amazonの有料プランのプライム会員になると一部の映画やアニメなどの動画コンテンツをを無料で見ることができるAmazonプライムビデオを利用することができます。

すべての動画は見放題になりませんが、かなりの数の映画やアニメなどの番組をプライム会員の年会費(3,980円)のみで見放題となるのでかなりお得だと思います。Fire タブレットとプライムビデオの相性は抜群なのでFireタブレットを買う前にプライム会員になっておくことで、時期にもよりますが割引価格で買うことができることもあります。

Amazonプライムの詳しいメリットについてはこちらの記事を参考にしてください!

Amazonではサイバーマンデー やプライムデートいった大型セールを定期的に開催しています。Fireタブレットも安く買うことができます。

Fire 7をお得に買う方法

Fireタブレットを買うなAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にFire 7を手に入れましょう。

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。

本を聴くAudible(オーディブル)もおすすめ

ちなみにオーディオブックのAudible(オーディブル)をご存知ですか?オーディオブックサービスで本を朗読で聴くことができるので、すきま時間やながら作業で本を読むことができる画期的なサービスです。

↓ 30日間無料体験できる ↓

実際にAudibleを使ってみたのですが、思っていたよりも良かったです。本を読みたいけど読む時間がなかなか取ることができない人におすすめのサービスですよ。

Kindleのレビューについてはこちらを参考にしてみてください!